WeB-DoRaMa「ハンター×ハンター」



【第1話】
『インターネット×カキコ×ウェブドラマ』
ゴン「やっと始まったね!!(管理人の要望が多くて時間がかかったけど)」
キルア「ああ!!これから楽しくやっていこーぜ!!(ったく管理人め!!)」
ナレーション「みんな文句ばっかりである」
効果音「ドッカーン!?」
クラピカ「なんだこの音」
レオリオ「俺の腹の音」
クラピカ「はぁ!?(怪物だ・・・。)」
ブハラ「俺のでもある」
クラピカ「(それならなっとく)」
ヒソカ「フフッ」
ミト「フフッ」
カストロ「フフッ」
ゴトー「フフッ」
ゴン「なんでみんなヒソカパクってんだよ。っつーかカストロ死んだんじゃなかったのか」
カストロ「管理人が私のアイコンもつくってくれたのです!!!」
ヒソカ「それじゃあ、僕がもう一度殺してあげようかな?」
クロロ「ふふふ」
イルミ「「・・・・・・・・・・・・・ふぅ。」」
フェイタン「ひまだね。」
クロロ「天気がE→から今日は皆でボランティア☆」
ネオン「クロロひさしぶり〜vvv」
クロロ「ああ。。久しぶりだな・ネオン・・」
ヒソカ「クロロひさしぶり〜vvv」
マチ「おいっ!!あんたはいつも団長とあってるでしょう!!」
クロロ「まあいいじゃないか」
クラピカ「クロロ死ねぇ!!「チェーンジェイル」」
効果音「ジャラジャラ(クロロの体にチェーンジェイルがまきつく音)」
クロロ「わーー(どうやら無反応。)」
ナレーション「クロロはMっけがある。軽いプレーのような感覚だ。」
デメちゃん「ギョギョぃ〜」
ポックル「俺玄獣ハンター」
キルア「あ?ゴンはどこだよ」
効果音「プ〜〜」
ネオン「ごめーんvv」
ナレーション「どうやら認めたようだ・・・。」
クロロ「かわいいからいいじゃないかvvv」
ナレーション「・・・・・(絶句)」
ヒソカ「ゴンは僕の獲物ね♪邪魔はさせないよ♪」
クロロ「みんなでヒソカの邪魔大会しな〜い?参加者募集中だよ。ヨロシコ☆」
シズク「はいは〜い♪」
カストロ「いいねぇ」
マチ「アタシはヒソカ側に回るからねっ!」
クロロ「なっなぜだ〜いつもマチはヒソカを嫌がっているじゃないかー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
クラピカ「旅団がいっぱいだ〜(@_@)」
ウボォーギン「団長!!逃げろ〜!!鎖野カが団長たちの事狙ってるぞ〜!!!」
クラピカ「おまえ、まだ、生きてたのか〜私がまた殺してやる〜!!「チェーンジェイル」」
ウボォーギン「うぎゃゃゃゃあああああああなぁんちって☆俺のボディは、鉄並さ☆(強がってるだけ。じつは、 ダメージかなりきてる。)」
マチ「それっただ強がっているだけじゃない。」
キルア「ぁあうぜ〜。」
ゴン「キルア!お待たせ〜」
クラピカ「おいっゴン・キルア、その他いろいろ!!私の旅団殺しに協力しろ!!!!!!!」
シズク「デメちゃんいくよ!!!!「ウボォーの体の自由を奪っている鎖を吸い取れ」(←って無理か)」
デメちゃん「ギョ〜(無理だー)」
シズク「あっそうだよね。無理だよね。鎖野カ、生き物だもんね」
ウボォーギン「2度目はそうはさせない。おまえらみんなてつだえ。」
クロロ「それじゃあ手伝ってやるか。」
シズク「じゃ、私寝るから。」
デメちゃん「ギョギョギョ―(俺もー)」
パクノダ「今デメちゃん俺って・・・・・?」
キキョウ「きゃぁーーーーーーー」
ゴトー「どうしました!?」
キキョウ「そっ掃除機がしゃべってるわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
シャルナーク「「ブラックボイス」(←意味不明)」
効果音「ぐさっ!!!!」
ナレーション「さぁ!!シャルナークは誰をあやつったのか?」
ミルキ「ぐふふふふふふ」
バショウ「悪趣味な、ミルキが笑う、こわいなあ。俳句。」
シャルナーク「やばっ!?ブタをあやつっちゃったよ!?」
ブハラ「ブタどこ?!ブタ食べたかったんだよ、ん?そこか!!」
効果音「むしゃむしゃ…。(ミルキの食べられる音)」
ブハラ「なぁんちゃって☆☆☆」
ウボォーギン「はやく手伝ってクレーーーー!!」
クラピカ「お前はもう、死んでいる・・・・・・。」
ウボォーギン「アーメン」
カルト「・・・・・・・・・・・」
ゼノ「ククク、この今日買ったスナイパーライフルで団長暗殺してやる。」
クラピカ「まかせたぞ、焼くそぅ」
ゴン「あーもう!みんなやめやめ! ばかじゃないの?子供じゃないんだから...まったく....ばーーーーーーーーーーーーーか!」
ナレーション「それから、一ヶ月後・・・。」
ゼノ「今日こそ団長を暗殺してやる!!」
クラピカ「たのんだぞ。お前だけが頼みなんだ、ゴルゴ15。」
ゼノ「約束の金はスイス銀行にいれておいてくれ。」
クロロ「ククク、お前らの計画なんぞばればれだ!!」
ナレーション「なーんてことはない。」
レオリオ「楽しい話でもしようじゃないか。」
ゴン「どういう話?」
レオリオ「例えば・・・」
キルア「怪談話」
ゴン「ボクの得意分野だね!それはある夏の日でした…」
キルア「うん、それでそれで?」
ゴン「...わすれちゃった!」
キルア「どんなオチだ・・・。」
ゴトー「坊ちゃま。突っ込みに切れがありませんな(ふふ・・)」
ゴン「へへへ〜♪」
ナレーション「はい!気を取り直して次の話!クラピカどうぞ〜!」
クラピカ「それはある夏の日でした…」
シズク「ちゃんと怖い話にしてね」
ボノレノフ「なに?」
クラピカ「夜中に私が一人でトンネルの中を歩いていると、誰もいないはずのトンネルから足音がきこえてきました。」
クロロ「ひぃぃぃぃぃぃ」
クラピカ「私が止まると音もとまりました。進むとまたなりだしました。その足音は自分の足音でしたとさ。めでたしめでたし。」
クロロ「ぐあ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!おれのはなしすんなーーー!」
ナレーション「どうやら今の話は、クロロがクラピカに話したお話でしたとさ☆」
シズク「何よそれ!全然こわくないじゃん〜」
ボノレノフ「俺の顔の方が恐いじゃん」
ナレーション「ボノレノフは、おいとこう。」
ヒソカ「僕が殺ってあげようか?」
ナレーション「ヒソカもおいとこう。」
師匠(クラピカの)「おう小僧....。  おれさまの新しい水着...ビキニはにあってるか?」
フェイタン「お、おぞましい。」
ヒソカ「ビキニならボクのほうが・・・フフッ」
パクノダ「おえ〜(嘔吐)」
センリツ「・・・・・・。」
クラピカ「ポ・....かわええ。」
バショウ「バショウさん ああバショウさん バショウさん 俳句。」
ハンゾ〜「ばかじゃないのか!?くらえ!!」
効果音「ドスッ!」
バショウ「ぐ、ぐぅぅ・・・。」
ハンゾ〜「今から、日本人っぽいやつらだけで一番強いやつを決めようじゃないか!!」
バショウ「どうやって?」
ハンゾ〜「あんた死んだんじゃ?」
バショウ「眠りから今さめたのだ!!!!勝負だ!!カカロット!!」
サトツ「くだらないですね」
ボノレノフ「日本人っぽいってオイラも入ってるか?」
イルミ「あんたはどっちかというと....ミイラ人?」
ヒソカ「マチィいっしょに食事しなぁい☆」
マチ「やだね(このあたしをくどきおとそうとするなんて百年早いんだよ)」
ヒソカ「弁当でもいいからさぁ〜☆コンビニ弁当〜☆」
マチ「(時計を見ながら)ああ、たしかにもう三時近いねぇ」
クロロ「何の話してるの〜」
マチ「弁当でも食べようとコンビニ弁当・・・」
シズク「どこで買うの?ミニス○ップそれともセブイ○ブン?」
ゼノ「旅団死ねぇ〜」
クラピカ「クロロ〜(@_@)」
効果音「ずるずる」
ナレーション「どうやら旅団たちはコンビニで買った盛りそばをのんきに食べていたみたいだ」
ゴン「ああっ!!!!!!!!!!!!ヒソカが人間のもの食べてるーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
キルア「ひょええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ゴン「デメちゃんも食べてるよ!!!盛りそば!!!!!!」
キルア「怪物ヒソカと掃除機デメちゃんが信じられん」
ナレーション「デメちゃんは食べているというよりすっているんじゃないのか?」
効果音「ずずずずず〜」
キルア「おい!レオリオまで食ってんじゃねーよ!」
レオリオ「え〜いいじゃないか」
クラピカ「ダメじゃないか!レオリオ〜。このそばは旅団用に毒が入ってたのに〜」
レオリオ「ぐはぁ!!!!!(吐血)」
シズク「失礼ねドクなんて入ってないわよ」
レオリオ「入ってるじゃないかぁ」
クラピカ「まっまさか旅団がゴンたち用の毒入りそばを食べて、レオリオが毒の方を食べちゃったのか!?そんなバカな〜誤算だ〜!!」
ゴン「だてさて次回は恋×イジワル×七変化です! お楽しみに!」
デメちゃん「ギョギョ!?(勝手に次回にするなよぉ〜。)」
ナレーション「次回にした奴でこ〜い!!!(しおP)」
キルア「ところでまだ続けていいのかい?」
ノブナガ「私は昔はとってもつよかったのだ、だって私は織田信長だよ。カッコイイだろう」
マチ「……あんたバカ?」
シズク「ノブナガってそんな奴だったかナ?」
ノブナガ「はっはっは〜俺は強いぞ最強だ〜!!!鎖野カ倒すぞ〜」
マチ「は?鎖野カそこにいるじゃん」
効果音「ばき!ごき!ぐっちゃ!」
マチ「ってあんたが倒されてんじゃん」
クラピカ「雑魚はけーれ!江戸っ子でいっ☆」
クロロ「ふっ!」
クラピカ「なんだ!その!さり気ない笑いは!」
デメちゃん「ぎょぎょ!」
シズク「何デメちゃんおなかすいた。じゃハンバーグ食べにいこっか。」
ヒソカ「そうはさせないよ・・・・フフッ」
ボノレノフ「だったらミーの肉を是非ミンチにしておくれや〜」
ハンゾ〜「俺が。。>>>>」
ヒソカ「きみごときがぼくにかてるはずないよ☆」
シズク「もう、そんな言い争いはいいからさぁ。早くいこーよ!!」
デメちゃん「ギョギョギョギョ〜!(そうだそうだ!はやくデニーズで和風ハンバーグが食いたいもんだぜ!俺は和風が好きなんだぜ!)」
アモリ「そう(おいといて)」
マチ「あ、もう12時近いよ。レストランこむよ。」
シズク「私はデメちゃんと二人でいくの。ほかの奴はくっついてこないで(怒)」
ノブナガ「私は強いのだぁーハッハッハッハッハッ」
デメちゃん「ギョ〜ギョギョギョ!!(こんなヤツ等ほっといてさっさと昼食取ろうぜぇシズク!)」
ナレーション「二人はレストランへ向かった。」
ヒソカ「ついてこないでっといわれると僕の心はうずくよ☆フフフ・・」
マチ「ヒソカはあたしがどうにかしとくからシズクとデメちゃんはとっととレストラン行ってきなよ。」
シズク「サンキュ、マチ。」
マチ「礼なんかいいから早く食べにいきな!」
シズク「は〜い。行こっか?デメちゃん!」
デメちゃん「ギョギョギョ(はやくしろ!)」
ナレーション「そしてシズクとデメちゃんは無事デニーズに着くことができた。」
シズク「デメちゃん、ハンバーグおいちいでしゅかー?」
デメちゃん「ギョギョギョ〜ン(赤ちゃん言葉はやめろ)」
ミルキ「私はミルキ、ミルキーはママの味だよ、子供はみんなミルキーがすきだけど歯をみがかないと虫歯になるよ」
シズク「ムシャムシャ…おいしいね〜このハンバーグ。(完全に無視)」
ナレーション「なんかデメちゃんのアイコンが無いのが寂しいなぁ〜。」
シズク「お願い!管理人さん!早くデメちゃんのアイコンさがしやがれ!!!!!!」
ナレーション「シズクは、空にお願いして帰った。」
シズク「ただいま」
マチ「デメちゃんどうしたの?消えてるけど」
クラピカ「今だ!!念を使えないおまえなど敵ではない。チェーンジェイル!」
フェイタン「掃除機でももとくといいね」
シズク「この掃除機なら鎖野カ吸い込めるしね(←って無理か)」
ナレーション「その後旅団たちは、その掃除機をデメちゃん風にするために、掃除機を改造した。」
デメちゃん「ぎょ〜」
シズク「私の願いが叶ったのねvvvデメちゃ〜ん!!」
マチ「アイコンはあるけど普通の掃除機なんだよね」
シズク「うん、念じゃないからね。」
ヒソカ「管理人の力はしょっせんこの程度だということだよ☆」
ナレーション「マチはヒソカにやぶれ、ヒソカがデニーズに潜入しこの後とんでも無いことが!・・しかしこのとき誰もそんなことは知らなかった。。。」
ゴン「でも管理人さんはボク達を造ってくれたんだから感謝しなきゃ。」
ナレーション「その通りである。」
マチ「上の発言書いたの管理人さんじゃないの!?」
レオリオ「マジかよ!」
「私が管理人で〜す。実体を知りたい人は、う〜ん?どうしよう・・・(何をしていいか解からない管理人)」
マチ「上の人とは別の人なんだね」
ゴン「解かったぞ!!管理人は、怒ったとだけに出る不思議キャラなんだね!!」
ナレーション「そうである(管理人がのりうっつた)」
ゴン「わぁすごぉ〜〜い〈棒読み〉」
クラピカ「おいおい!ぼうよみかよ! 」
ノブナガ「私は信長だ、豊臣秀吉は私の親友だ、どうだうらやましいだろう。ラッキークッキーもんじゃ焼きそれでは、バイキュー」
ゴン「ddd」
効果音「月にかわっておしおきよ」
マチ「私は、セーラーヴィーナスほほほ」
シズク「私達平和を守るセーラームーン軍団ちなみに私は、セーラーマーズよ」
パクノダ「私はセーラージュピターほほほ」
クロロ「マチたちって平和を守ってるの?」
ゴン「いやたぶん・・・・・・・」
キキョウ「私はセーラームーンふふふ」
カルト「私はセーラーマーキュリーふふっ」
マチ「主な活動は、盗みと暗殺たまに慈善活動も行う」
クロロ「旅団といっしょじゃん〜」
シャルナーク「やばいよ団長一気に人を五人もあやつっちゃったよ!!!」
クロロ「っていう事は、マチ・パク・シズクはおまえに操られてるのか?」
リールベルト「まじ?」
マチ「月に変わっておしおきよ!!!!!かくごしなさい」
コルトピ「ひえぇぇぇぇぇぇ!」
クロロ「(●)`m′)」
ヒソカ「おしおき・・・ゾクゾクッ。」
ノブナガ「私は信長、今日は巨人勝ったかな、でも今年はヤクルトの優勝だーハッハッハッ」
マチ「ふん!どうせ巨人が勝つに決まってるんだから。ホ〜ムラン!×2ま・つ・い!」
シルバ「月に変わっておしおきよ♪」
キルア「(*_*)!?親父どうしちゃったんだ!?」
シルバ「実はセーラームーンラブvなのだ」
キルア「親父!うちの豚ちゃんみたいなこと言うんじゃねぇよ!」
カストロ「セラームーンは実にいい!」
ミルキ「ブタとはなんだ!」
ゴトー「だって、ミルキ様はどうみてもブタですよ。」
ダルツォルネ「というわけで次回は...ミルキ×ブタ×キラメキだぞ!」
ナレーション「っていうのはうそである。まだまだ旅はつづく」
ゴン「いつこの話おわるの?もうお隣の犬夜叉は2話目なのにさ。」
キルア「さぁ?」
ゴン「はやく2話目になってほしいよぉ!!」
レオリオ「ちびまる子ちゃんも話がかわったしな!」
ナレーション「じゃあいきましょう!...次回はゴン×決戦×怒りです。」
ゴン「ボクはねぇ、「夏休み×宿題×2学期」がいいなぁ〜。」
ミルキ「ミルキはママの味がいいぞ」
ナレーション「とにかく来週のハンター×ハンターは主人公のゴンの提案で夏休み×宿題×2学期!また見てね〜!」