WeB-DoRaMa「犬夜叉」


【第1話】
『ついに登場!WeB-DoRaMa「犬夜叉」

犬夜叉「やっと始まったのかよ。しこんの玉を、うばおうとすると、すぐかごめが(おすわり!!)って言っちまうからなぁー。」
かごめ「おすわりっていって悪かったわね。」
効果音「ドカドカ(ころぶ音)」
犬夜叉「いてー」
かごめ「今の無しー。」
犬夜叉「くそぅ!」
珊瑚「まぁまぁ、やめなよ。かごめちゃん、犬夜叉」
弥勒「そうですよ(なでなで)」
効果音「どかっ(珊瑚に弥勒が殴られる音)」
邪見「殺生丸様あれは、バカ耳の犬夜叉じゃありません??」
りん「バカ耳バカ耳だぁー」
殺生丸「あれはバカ耳じゃなくてくそ耳だぞ!!」
かごめ「犬夜叉もう私、あんたといるといらいらくるの。だから実家に帰らせていただくわ。」
犬夜叉「あーいいよ。帰ってもかってにしな!!」
七宝「実家ってどこじゃ?」
かごめ「実家はね、平成時代のこの場所よ。かなり変わってるけどね。それじゃあ帰らせてもらうわよ。じゃあね!!」
殺生丸「くそ耳、仲間割れか?(ふっ」
七宝「かごめぇ〜。帰らんでおくれよぉ〜。」
かごめ「んもう!なんで淋しいっていえないのかな...。 犬夜叉のばか!」
犬夜叉「うっ...。 ゎ...わるかった。」
かごめ「ぃぬ夜叉ぁ...。」
効果音「むぎゅ。(抱きしめる音)」
かごめ「い、犬夜叉・・・って、弥勒様!?」
効果音「ドカドカドカ」
鋼牙「よっかごめ!!っていぬっころもいるのかよ。」
犬夜叉「いて悪かったな。オレも実家に帰らせていただくよ。」
珊瑚「あんた・・・実家なんてあったの?」
犬夜叉「俺も実家はあるぜ!!桔梗の野郎に封印されてたところ♪」
桔梗「犬夜叉封印してやる!!」
効果音「ばきゅ〜ん!!(桔梗が矢を放った音)」
りん「あ、桔梗さんだ♪サインして〜」
弥勒「やっぱり思ったとうりじゃ、かごめ殿より 珊瑚殿のほうがバストがあるの....」
犬夜叉「おいおい。でもなんでわかるんだ?」
弥勒「そりゃ〜。抱くからじゃ。 」
効果音「ぼかぼか」
珊瑚「・・・・・・(怒」
弥勒「珊瑚....私だってきれるときぐらいあるわ!....がぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」
桔梗「犬夜叉おまえはさきほど私がうった矢で封印したはずなのになぜしゃべれるのか。」
雲母「キャンキャン(そうだ!そうだ!)」
かごめ「桔梗私と矢を打ち競走を、しましょう。」
桔梗「やってやろうじゃないか。おまえになんかに負けるもんか。」
効果音「ピッピッピー」
犬夜叉「桔梗がんばれぇーかごめぇーがんばれぇー。」
効果音「バキューン(矢を打つ音)」
ナレーション「かごめのかちぃーーーー!」
殺生丸「うぐっ・・・」
ナレーション「殺生丸にはなんとさっきの矢打ち競走の矢がなぜか6本刺さっていた!」
りん「殺生丸様ぁ〜!大丈夫〜!?(泣)」
殺生丸「こんなもの引っこ抜いてしまえ!?」
効果音「ひゅんひゅん(矢打ち競争がまた始まったらしい)」
殺生丸「うがっ!!!」
りん「殺生丸様〜大丈夫ですか(泣)」
邪見「殺生丸様〜(泣)」
ナレーション「その頃…。弥勒と珊瑚がとてもいいムードになっていたのだった。」
弥勒「珊瑚ぉ。。すっ好きだ!?」
珊瑚「ほうしさまぁ〜〜〜!」
かごめ「この変態!のぞくなんて卑怯よ!」
七宝「「おまえ達はなんなんじゃ!オラのしっぽをつかむな!!」」
かごめ「「犬夜叉 シッポーちゃんをいじめるんじゃないわよ」」
犬夜叉「かごめ、そう言えばテーマソングが鳴るように鳴ったぞ!?」
桔梗「犬夜叉様!ステキです!?」
ナレーション「?桔梗の口調がいつもと正反対なのは気のせいか?」
犬夜叉「気のせい気のせい♪」
かごめ「気のせいにすな!(ぼかっ」
七宝「ぷ〜!」
ミョウガ「犬夜叉様 ワシではありません!ここらで失礼いたしますぞ。」
かごめ「ミョウガじいちゃん、すぐ逃げるんだから〜。」
弥勒「かごめさん、わたしの風穴で吸い込みましょうか?」
犬夜叉「ん!!妖気が漂ってきたぞ。何か来る。」
ナレーション「(妖怪)ガルルル……!」
神楽「こんにちわーー」
神無「奈落の命令です。あなた達をたおします。」
奈落「でてこい!!新しい妖怪ども!!」
最猛勝「むひむひ」
効果音「ドカドカ!!」
妖怪1「ガォーッ(犬夜叉死ね)」
かごめ「犬夜叉危ないっ!!」
犬夜叉「俺を襲うなんて甘いぜ!妖怪ども!」
妖怪2「ガォーッ(犬夜叉死ね)」
七宝「ここは オラにまかせて・・・(汗)」
犬夜叉「オレの必殺わざ爆流破を見せてやる!!」
珊瑚「飛来骨くらえー」
かごめ「矢を一本打たせてもらうわよ!!」
効果音「バキューン」
弥勒「風穴」
効果音「ゴォー」
桔梗「奈落!!おまえを封印する。」
効果音「バキューン」
鋼牙「奈落、仲間のかたきをうたせてもらうよ。」
ナレーション「その時、雷鳴の中をヤツが現れた!  どうする?犬夜叉一行」
りん「殺生丸様も加勢してくださぁい!あまり登場してないですよぅ」
殺生丸「天生牙!」
犬夜叉「何すんだよ。おまえはよ’!”’」
妖怪2「ガオーッ!!」
犬夜叉「風の傷!」
効果音「ドカーン!」
妖怪2「ウォーッ」
犬夜叉「きさま・・・・こうなったら斬鉄剣!!!」
かごめ「犬夜叉、あれ見て・・・・」
犬夜叉「妖怪がたおされてる。でもまだ一匹いる・・がくり」
かごめ「がんばれ!!犬夜叉」
七宝「さきおら達は、村に帰って待っとるからな。」
かごめ「じゃあ私は、実家で待ってるわ。ジャーネ!」
効果音「ヒューン(いどに落ちる音(かごめが)」
犬夜叉「早くたおしてかごめを引き戻してやる!」
ナレーション「そのころかごめの実家では・・・」
効果音「ピンホーン」
ゆうか「おじゃましまーす。」
かごめ「ゆうか私になんかようあるの?」
ゆうか「明日から学校いくの」
かごめ「ふーん・・・。」
草太「ねえちゃんいけばいいじゃん♪」
かごめ「なにちょうしにのってんのよ。」
草太「は?けんか売ってんの?カゴメ姉ちゃん??」
犬夜叉「はあはあやっとここまできたぜかごめ今日はここからにがさねえ!」
かごめ「いっ犬夜叉・・・・・・」
村人2「うぎゃああああ」
ゆうか「この犬さん何?かっわいー」
犬夜叉「カワイイって!オッ オレのことか?」
ゆうか「ほらほら、えりちゃん 白毛のむく犬が紅い服をきてるわ。」
えり「ホント!かわいい〜 芸はするのかしら」
かごめ「するわヨ こうすると つぶれるの 「犬夜叉おすわり!」」
えり「そうそうかごめったら」
かごめ「「おすわりっ!!!!!!」」
あゆみ「かごめ〜この犬さんうごかなくなったわよぉoooo」
犬夜叉「オレの名前は犬じゃねぇー。」
草太「姉ちゃんかーちゃんがお茶わいたって。」
犬夜叉「かぁーごぉーめぇーーーーーー!!!(怒)」
かごめ「私の分とゆうかの分とあゆみの分とえりの分とあと犬夜叉の分もね。草太が持っていくのよ。」
草太「えぇ〜〜」
かごめ「やっぱいいわ。みんな私についてきなさい」
あゆみ「うん。わかった〜」
犬夜叉「いやだね(何故か反抗的)」
ナレーション「さぁいつまでかごめの家にいるつもりだろうか。犬夜叉連れ戻すのではないのか!?」
犬夜叉「さっさと帰ろうぜ日がくれちまうぜ。」
かごめ「いやぁよ!今からみんなでプリクラとりに行くの(>へ<)」
犬夜叉「何だよ。そのプリクラって奴は」
あゆみ「私はいぬさんと一緒がいいなぁ〜」
ゆうか「あーずるーい。私もいぬさんとがいい。」
効果音「ピンポーン」
おかあさん「はーい」
「悟ですけど草太君いますか。」
おかあさん「草太ぁ〜!悟くんが来たわよ〜!」
草太「え〜アイツが来たの?いないって言っといて〜!」
タタリモッケ「草太おまえをじこくに落とす。」
犬夜叉「やめろー!!」
かごめ「草太!こっちに逃げて!」
満天「わ〜〜〜〜〜ははははは」
ナレーション「いつの間にか妖怪が来ていたとゆう・・・。」
タタリモッケ「ふっふっふ・・・・。」
逆髪の結羅「きゃ〜きゃっきゃきゃきゃ!」
かごめ「なんか続々来るわよ妖怪が・・。」
肉づきの面「くわっくわっくわ!」
九十九の蝦蟇「ゲロゲロゲロッ!?」
犬夜叉「おいおいっ・・・どっから来たんだよこいつらっ・・」
蜘蛛頭「犬夜叉!死ねぇ〜!?」
ナレーション「なつかしいなぁ…。うん。(人事だと思ってお茶をすすっている。)」
弥勒「カザアナ!!!」
最猛勝「ぶーん」
かごめ「弥勒様!風穴で吸い込んじゃダメ!」
ミョウガ「そうじゃ、まだお茶が残っていたんだぞ!」
犬夜叉「おいみんな! オレたち こんなに のんびり していていいのか?」
七宝「そろそろ、四魂のかけらを探す旅に出んといかんのじゃ! 」
弥勒「そりゃ 犬夜叉はかわいこちゃんとプリクラ撮ったから・・・・」
珊瑚「わかった わかった じゃ 皆で 記念に撮っていこう 」
七宝「キララはワシといっしょに撮ろう!巨大化しないほうがかわいいぞ!」
弥勒「いえ。私は”かわいこちゃんと”と言ったのですが・・・」
かごめ「あら、かわい子ちゃんならここにもいるじゃない!!」
犬夜叉「どこに?(キョロキョロ)いねーじゃねーかよ!」
効果音「バコーン!(かごめのはりせんの音)」
かごめ「ふん!!珊瑚ちゃん一緒に撮ろ!」
珊瑚「e?」
ナレーション「珊瑚はきららと撮るもよう。」
犬夜叉「やっぱりかごめ....とろうぜ。」
かごめ「犬夜叉。....いいわよ! はいポーズ!」
ナレーション「犬夜叉は、フラッシュの音でびびり目をつぶった。」
かごめ「あ〜!犬夜叉目ぇつぶってる!もう1回!はいポーズ!」
ナレーション「今度は、ミョウガがプリクラのカメラ部分にひっついて妨害した。」
奈落「町をせんりょうしてやる。」
最猛勝「むひむひ」
かごめ「次回の犬夜叉は、せんりょうされた町またカキコしてねぇー。」
ブヨ「んじゃまた!」