WeB-DoRaMa「犬夜叉」


【第3話】
『奈落御一行の一日!?』
  
奈落「悟心鬼、神楽、神無起きろ。」
悟心鬼「ねむーい」
神無「早く起きなきゃご飯たべれないよ。」
七宝「カゴメ〜。何だか暗くなったぞー。」
犬夜叉「お前等主役かよッ!!」
かごめ「それじゃ私たちは平成時代へ戻りましょうか!?」
犬夜叉「って町を救ったから、おまえしかいけねーじゃねーかよ。」
弥勒「またプリクラを撮りにいきたいもんですな。」
かごめ「わかったわ。おまじないとなえて上げる。犬夜叉おすわりしっぽうへんそう弥勒きせかえ珊瑚きせかえ。」
七宝「ボクも連れて行けぇ〜。」
奈落「おいお前ら!俺達が主役なんだからこっち優先だろ!」
神楽「そうだそうだ。早く消えろ!」
かごめ「もう、うるさいわね!!」
草太「あっ、ねえちゃんお帰り〜。今回は早かったねぇ〜。もうすぐ晩御飯だよ〜。」
おかあさん「かごめ!早く着替えてお風呂に入りなさい。いつも犬臭いんだから。」
かごめ「は〜い。    チャポン。.....」
犬夜叉「お〜い...かごめぇ〜!!!....ってうわ!」
かごめ「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
犬夜叉「ごめん。....これ!忘れもん。」
弥勒「・・・・・・」
ナレーション「そんな風に自然にのぞきができる犬夜叉を尊敬の目で見つめていた弥勒だった。」
最猛勝「ムヒムヒ」
草太「ねえちゃん、大丈夫か?」
かごめ「きゃーーーーーーーーーきゃーーーーーきゃーきゃーーーーー!」
奈落「かごめ、私と一緒に来るんだ。」
かごめ「きゃーーーー!おちる〜!」
犬夜叉「っか...かごめ!  抱。(カゴメを助ける)  むにゅ。(そのとき同時に胸に顔が....)あ。(//・///・//)」
かごめ「あ〜ん。ぃや! いぬやしゃぁ〜。 はやく顔をどけてぇ〜。 」
弥勒「カゴメ殿!....ナイスなボディですな! 尻は小さく。胸は大きく。乳首はうすピンク。 そして何よりやわらかいしの!」
かごめ「どうしてみんなして触ってるの!....弥勒様まで!...ぃゃん。 いい加減に...してぇ。  (そうだわ!)犬夜叉!どこでもイイから着替える場所にいって!」
珊瑚「絶対消されるぞ!あんたら!(とかいって触られてるかごめが羨ましい珊瑚。)」
効果音「天の声!?(これ以上、Hにしないように!)」
犬夜叉「しかたねぇなぁ〜。かごめ!ココで着替えろ!」
奈落「犬夜叉御一行を、封印する。」
犬夜叉「そうはいくか!」
かごめ「きゃ〜〜〜〜〜〜」
犬夜叉「かごめどうした!!」
かごめ「ってなんでここで着替えなきゃいけないのよっ!!」
七宝「ゴールデンの番組じゃなくてるぞ」
ナレーション「真面目にやらないと、高橋留美子先生が泣いてるぞ!?」
かごめ「もう!ナレーションさんは真面目すぎるわっ!」
りん「かごめさまプリクラってやつとりにいこうよっ」
あゆみ「うちも行く〜」
犬夜叉「プリクラは前回やったから行かねぇよ!」
七宝「そうじゃ!」
村人1「今日オープンしたばかりのカラオケは、いかがですか。新作いっぱいありますよ」
かごめ「いくら?」
村人2「一時間壱万円からでございます」
かごめ「高!?Σ( ̄ロ ̄lll)」
村人2「この村では安いほうですぞ!」
かごめ「1時間10万に出来ないの?」
犬夜叉「高くなってるじゃねーかよ!」
かごめ「じゃあいきましょうか?」
村人2「はい!5名様ごあんなーい!」
犬夜叉「おい!誰もカラオケに行くとは言ってねーぞ!」
かごめ「私が言ったじゃない。」
犬夜叉「そーゆー問題じゃねー!(怒)」
村人1「今日は、半妖サービスデーなんですけど。」
殺生丸「私はカラオケいってモーニング娘をいっぱい歌うぞーイエー」
犬夜叉「おい!もういくぞ!」
かごめ「そうね!皆いくわよ!はい!やった!やった!」
犬夜叉「何だそれ…?」
かごめ「え!?知らないの!?そっかー昔の人間だもんね★」
犬夜叉「その★がむかつく・・・・」
かごめ「あ!人間じゃなくて、は★ん★よ★う★だったね!うふ!」
弥勒「風穴!!」
効果音「ゴゴゴゴゴゴゴゴォォォ――。」
奈落「やっとオレの出番だな!」
珊瑚「奈落!?何をするつもりだ!!?」
奈落「ラーメンが食べたいぞー」
神楽「わたしもー。。。。」
「わしも・・・」
神無「おいらもだ、、、、、」
犬夜叉「ラーメンってなんだ」
「すごくうまいのじゃ。」
殺生丸「オレッチも大好き★」
ナレーション「屋台 登場」
悟心鬼「塩ラーメン食わせろー。」
奈落「今回はオレたちが主役だー。オレはチャーシューメンだぞ!?」
かごめ「私はチキンラーメンが好き、作り方もお湯をそそいで1分これでOKよ」
犬夜叉「チキン・・・・・?」
えり「わたしは脳みそ味。。。なーんちってぇ」
犬夜叉「えっ?」
逆髪の結羅「私はねーイチゴ味〜」
犬夜叉「そういえば、平成にチョコレートという食べ物があったけどおいしそうだったなぁ」
じいちゃん「あれは甘すぎる。」
かごめ「犬夜叉は骨で我慢しなさいね☆」
犬夜叉「わんわんっ!ってあれ?俺どうした??」
かごめ「犬夜叉ったら本物の犬になっちゃったーvv(苦笑)」
奈落「ラーメンはまだかぁ!!?遅いぞーー!!うおーーー!!」
村人1「ひぃ!すんませーん!」
「早くするのじゃ。」
殺生丸「『赤い革の首輪』にこい!」
弥勒「私は、修行でもしていますか」
ブヨ「んぎゃーあ。」
神楽「あら!ごめんあそばせー!」
奈落「いや神楽!おまえ以外の奴らが好き放題やってるのだ。全員呪い殺してやろう!?」
犬夜叉「ワンワン!」
悟心鬼「ほらほら、お手しろ!いぬっころ!ほれほれ!」
犬夜叉「おれは、いぬっころではなく、お犬だあーすごいだろー」
雲母「ニャーン」
タタリモッケ「じこくに落とす。」
犬夜叉「誰だ貴様はあああ!(←馬鹿)」
かごめ「馬鹿ね犬!」
百足上臈「ゲヒヒ」
かごめ「あらもう日が暮れるじゃない」
神楽「お休みなさい。」
悟心鬼「お休みぃー」
神無「お休みなさい・・・」
奈落「犬夜叉今回はおまえのことを見逃しておこう。」
桔梗「さよならー」
かごめ「次回の犬夜叉は、お月見?朔の日です。」