WeB-DoRaMa「犬夜叉」


【第5話】
『戦慄の貴公子 殺生丸とススキの原野!?』
殺生丸「邪見、本当にこんなススキの原野に「父上の墓」があるのか?無かったら殺す!」
邪見「はい、殺生丸さま!確かな情報でございます!」
かごめ「あっ!!あっちに見えるのじゃない??」
犬夜叉「あのくそ野郎と顔合わせたくねぇから今回は俺は出演を拒否するぞ!」
かごめ「あっ、あそこに、お墓があるわよ      」
七宝「かごめぇー。そんな安易な展開は良くないんじゃないかなぁ〜。」
逆髪の結羅「もう次回になってしまったのかよーしかたねぇ〜の」
かごめ「でもさっさと見つけてさっさと済ませた方が早いじゃ〜んみたいな?(ギャル口調)」
冥加「そうは言っても犬夜叉は逃げてしまったし・・・。」
かごめ「ドコ行ったのかしら??」
弥勒「ふっ!あいつむっつりスケベだからなぁ〜。どっかのキャバクラにでもいったんのではないだろうか!?」
ナレーション「犬夜叉は・・・」
犬夜叉「ここだよ〜ん。」
ナレーション「そこで何をしている」
犬夜叉「秘密。」
弥勒「言わないとぉ風穴開くぞぉオラオラ〜(口調が変わる弥勒・・・。」
犬夜叉「やってやろうじゃんか!!」
かごめ「あなたたち、喧嘩してるなら一緒に殺生丸の持ってる四魂のかけらを取り戻してよー。」
冥加「犬夜叉さまの父の形見の「鉄砕牙」を手に入れるためには一丸となって戦わねばならんのだが。。」
草太「姉ちゃん、ここ、戦国時代なの?」
かごめ「あれっ?草太!あんたは危ないから、そこの井戸から帰りなさい!」
草太「え〜、姉ちゃんばっかりずる〜い!」
ブヨ「ぶーぶー」
かごめ「お願いだから帰って〜ん。」
殺生丸「今日はこの兄殺生丸が、主役だ。わかったか犬夜叉。」
犬夜叉「えっらそうに!」
かごめ「おすわりっ」
犬夜叉「ぐはあっ!」
弥勒「ふふふ。。ぶわぁはっははは!!!」
七宝「ちょっと、かごめぇ〜!そこで犬夜叉をすわらせたら話しが続かんぞっ!」
犬夜叉「そうだそうだ!」
かごめ「おすわりー」
犬夜叉「バタン!(痛ててててっっっ)」
珊瑚「ちょっと、かごめちゃん!やりすぎじゃない!」
かごめ「ごめん。」
桔梗「・・・・・おすわり・・・」
殺生丸「ぐおお!!!!」
邪見「どうされましたか、殺生丸さま!まさか桔梗の「おすわり」が効いたんじゃ・・・。」
りん「・・・わくわくわく・・・殺生丸様・・・おすわり!!!!!・・・ですぅ」
邪見「邪見、命かけても殺生丸様にきくわな・・・・・ あぁっ殺生丸様ぁ!!」
殺生丸「ぐおおぉぉ!!」
刀々斎「この馬鹿者が、わしの刀も使いこなせんくせに無理な注文ばかりするからじゃ。いい気味じゃ!」
殺生丸「うるさい!斬る!」
ナレーション「刀々斎はやられた!」
犬夜叉「殺生丸!てめぇ〜!」
殺生丸「ふん、半妖の出来そこないか。」
犬夜叉「なんだと〜!!」
かごめ「だって、そうじゃない。」
弥勒「なっとくします。」
七宝「まったくそのとうりじゃな。」
効果音「ぶぅおおおお!!!?(火を吹き溶岩を流す刀々斎)」
刀々斎「うひゃひゃ(笑)ワシがそんな簡単にやられるわけ無いぞ!」
かごめ「あんただれ?刀々斎じゃないわね!」
刀々斎「うひょっ!何をいうんじゃかごめちゃん!ワシはキミらの見方じゃよ!」
殺生丸「眠くなってきた・・・」
無女「殺生丸さま!わたしの胸でお休みなさい♪」
かごめ「ジュディオングの歌詞みたいね・・・魅せられて。」
犬夜叉「若い子は知らんぞ、そんなの。歳ごまかしてねぇか?かごめ・・・」
かごめ「今、懐メロが流行ってんのよ!」
弥勒「僕の子供産んでください」
かごめ「OK」
犬夜叉「てっ、なんだよ。弥勒嫌いじゃなかったんだろ」
鋼牙「かごめはわたさ〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
犬夜叉「てめぇ、なに言ってやがる」
桔梗「犬夜叉!やっぱり私を裏切ったんだね。。。(涙)」
犬夜叉「ごめんねぇ〜★」
殺生丸「ぐぁ〜!もー次から次と出てくんな!!私が主役だぞ。それなのに・・・それなのにぃ・・・(涙)」
りん「そうだそうだ!」
弥勒「???????????????????????????」
七宝「どうしたんじゃ!!弥勒!!」
弥勒「ぐっぐはははははっっっ」
じいちゃん「ワシの子供も産んどくれ〜〜〜〜〜」
犬夜叉「ぼけ、あほか。」
七宝「どうしたじいちゃん?どうしたじいちゃん??どうしたじいちゃん???」
かごめ「どうしたの。七宝ちゃん。」
ママ「おじいちゃんは、こっちの世界に来たらいけないって、かごめに言われてるでしょ!?」
かごめ「ママまできたの!!はやくおじいちゃんを連れて帰って!!」
七宝「そう言うことだったのか?なら解ったぞ。」
かごめ「こっちの世界とあっちの世界の入り口がこの近くにもあるのかしら・・・?」
犬夜叉「しかし、かごめ!ここら辺りはススキしかないぞ!この中に井戸があるのか?」
殺生丸「もしかしたら、父上の墓が・・・」
じいちゃん「儂はさまようジジイじゃ〜〜〜〜!」
犬夜叉の父「わたしはここにいるぞ。」
北条君「おお!!ここにあったのか!!!」
殺生丸「おめえが、言うことじゃねえ」
効果音「ボッコーン?」
かごめ「ス・・・・キ・・・犬夜・・・叉・・・・・・・。」
犬夜叉「かっ・・・かごめーーーー。「」
かごめ「ねえ、犬夜叉」
七宝「3つ前のセリフの意味は何じゃ??」
珊瑚「かごめちゃんは、素直になったのよ!」
かごめ「スキスキ大好き犬夜叉〜」
犬夜叉「オレも。。。」
鋼牙「こらっ!犬っころ!てめえオレの女にちょっかい出すんじゃねぇ〜。」
弥勒「また出たか・・・。参ったなぁ〜。」
かごめ「犬夜叉の方が好き。」
七宝「かごめ、素直すぎるぞ!北条くんも心配してるぞ!?」
かごめ「やっぱり犬夜叉の方が好き。綱牙君は嫌い」
七宝「かごめ!漢字間違えとるぞ!?」
邪見「ところで殺生丸さま、お父上の墓は見つかりましたか?」
殺生丸「だめだ!半妖たちがじゃまで見つからん。全員殺すか!?」
刀々斎「おまえはあいかわらず過激じゃのう。」
殺生丸「何が過激だとぉ!!??お前も半妖たちとあの世へ行きたいのか?」
弥勒「あっ。綺麗なおなごが・・・。」
逆髪の結羅「法師さま♪わたしを呼び止めたのはあなた♪」
弥勒「私の子を生んでくれるか?」
逆髪の結羅「ゴメンナサイNGです。」
弥勒「ひでえ・・・」
珊瑚「まぁまぁ、法師さまー。げんきだして。」
邪見「殺生丸さま!なにやら犬夜叉たちの匂いがしますが・・・。」
犬夜叉「さっきから絡んでおるが・・・。」
殺生丸「邪見、ボケたのか・・・とうとう。」
かごめ「kaigosennt」
珊瑚「かごめちゃん!殺生丸の毒気に当てられたのかしら。雲母、助けに行くわよ!」
かごめ「よかった〜(犬夜叉にしがみつくかごめ)」
珊瑚「せっかく助けに来てみたけど損しちゃったわ。」
弥勒「どうせいつものちわ喧嘩じろう。ほっておきましょう。」
七宝「そうそう犬夜叉は器が小さいからねぇ。」
犬夜叉「なんか言ったか!?(怒)七宝。弥勒?」
冥加「犬夜叉さま、そんなことより殺生丸さまの匂いが近いですぞ!」
犬夜叉「へっかかってこいってんだぁ〜」
殺生丸「だからさっきからここに居るってば!」
かごめ「冥加じじいも年だから・・・」
「わしは冥加と違うて若いわい♪」
桔梗「私のほうが若い。(年齢詐称)」
ナレーション「桔梗が一番年増だと想うぞ」
桔梗「なぜだ〜〜〜」
犬夜叉「はっ〜どいつもこいつも〜」
七宝「前から疑問じゃったんじゃが、何故犬夜叉はいつもいばっとるんじゃ?」
犬夜叉「なんでっておまえ、それは俺が昔ボーイスカウトの団長だったからにきまってるじゃねえか!」
えり「死ねー、犬夜叉」
あゆみ「死ねー、犬夜叉」
犬夜叉「おめぇーら、誰だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
かごめ「あたしのあっちの世界の友達よ。ギャグで言ってるのよ!」
犬夜叉「ギャグで言うのに、何でバタフライナイフや、トカレフなんて持ってんだよ!」
かごめ「あっちの世界の秩序ってものなの!」
犬夜叉「秩序!?なんだよそれ!そんな難しい言葉話すなよ!」
弥勒「危ない!かごめさんの友達から邪悪な気が・・・!もしや奈落の罠か?」
神無「良くぞ見破っよ・・・・・・。魂をとったのよ・・・・・。」
犬夜叉「イキナリでて来てなにぬかしてるんだ。ぼけ!」
鋼牙「いぬっころ!!餌の骨だ!!食え!!」
犬夜叉「ワンッAクゥン・・・てっおい!」
かごめ「わぁ、おいしそうー。」
なずな「そうよ!かごめちゃんのヴァージンは犬夜叉が守っておやり!」
鋼牙「それがもし残ってるとすれば確実に俺のものだ。なぁ、か・ご・め!」
ナレーション「ダッ!(かごめしっそう!!)」
鋼牙「かごめ・・・カムバッ〜〜ク(大泣)」
犬夜叉「カムバッ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ク(泣)」
珊瑚「犬夜叉、みんな見てるわよ!恥ずかしくないの。いつもの犬夜叉らしくないわ?」
弥勒「おすわりいいいいいいいいいいい!」
犬夜叉「おまえじゃ効かないよ!」
殺生丸「おい、半妖のバカ犬!」
犬夜叉「あっ、てめえこんなところにいやがったな。ぶっ殺す!」
七宝「かごめはどうしたんだ!犬夜叉と鉱牙!」
ナレーション「現在にもどってた。」
犬夜叉「かごめ今何してんだろう・・・。」
珊瑚「まったく、うじうじしてるなら迎えに行って来いつうの!このトウヘンボクが!」
犬夜叉「うっせぇ!誰があんな奴・・・」
弥勒「あんな奴?そんで?(茶化す弥勒)」
犬夜叉「テメエらいい加減にしやがれっ!!」
ブヨ「zzzzzzzzZZZZ」
犬夜叉「頼む、起きてくれ・・・・」
ブヨ「ミギャー!!ミャミャギー!!」
かごめ「な〜に!ブヨったらうるさいわよ。あっちに行ってなさい!」
七宝「おや?かごめぇ、いつの間に帰ってきたんじゃ?」
かごめ「ブヨが来ちゃったのよぉ〜。帰してあげなくちゃ!?」
弥勒「かごめさま、ここは仲直りしてブヨも一緒に四魂の玉を・・・・。」
ブヨ「ぶよぶよ!ぶよよぶ〜!(めんどくせ!さぼりて〜!)」
犬夜叉「かごめ!…っ(←相当嬉しい) なっなんだヨ。帰ってきたのかヨ!」
かごめ「むっ!別にあんたのために帰ってきたんじゃないんだから関係ないでしょ!何よ・・・」
草太「犬夜叉も かごめもてれる 秋の午後 なんてね〜」
ナレーション「シャレになってないぞ草太。」
じいちゃん「イヤ!なかなか良い句じゃ、草太!修行したのぉ〜!?」
草太「やっぱり〜?ナハハ♪」
犬夜叉「おいおまえらが、来るところじゃねえよ〜」
かごめ「と言うより帰ってよ!!(爆)」
犬夜叉の母「こんにちはいつもうちの犬夜叉がお世話になってます。」
犬夜叉「あ、ママー・・・じゃなかった、母上!」
かごめ「・・・ママ・・・?(ぷっ)」
弥勒「ぷっくっくっく・・・ママだって、ママ!似あわねぇ〜(爆)」
七宝「こら!弥勒!」
弥勒「これは失礼・・、まさか犬夜叉の口からママなんて言葉がでるとは」
犬夜叉「うっせー!」
犬夜叉の母「まあまあこの子ったら、お友達になんて口をきくの?そんな子に育てた覚えはありませんよ。」
犬夜叉「こ、これは失礼いたしました・・・・。ママ・・・じゃなかった〜〜〜!!!母上・・・。」
鋼牙「・・・・・い、犬ッころ。・・・・・おまえ、ママってよんでたのか?」
殺生丸「・・・母親、か・・・(寂しげな表情)」
邪見「どうなされました、殺生丸さま?」
殺生丸「なんでもない。(涙を拭う)」
りん「ねぇあの人なにモン」
邪見「りん様!あれは、おおかみ族の一族で自信過剰の鋼牙でございます!」
鋼牙「なんだと!てめぇ誰が自意識過剰だって!?」
犬夜叉「お前だよ。」
犬夜叉の母「殺生丸〜会いたっかっわ〜」
殺生丸「オヤジ…じゃなかった、父上は元気か?」
犬夜叉の母「ん!もうラブラブよん!お父さんなんて新婚の頃を思い出すなぁ〜とか言っちゃって・・・毎晩・・・うふっ(はぁと)」
七宝「毎晩、なんじゃ?美味いモンでも食うとるんかのう。」
かごめ「コドモはいいの!そんな事知らなくても。」
七宝「ワシは,7009歳じゃ!(爆)子供じゃない!(嘘)」
逆髪の結羅「あなたたち。この人をどうにか、して下さい!!」
冥加「やっぱええのう・・・(鼻血がでてる)」
奈落「殺生丸、それに犬夜叉もおるのか。ふっ、これは都合がいい.」
かごめ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
七宝「うわっ!!奈落じゃ〜〜〜〜!」
犬夜叉「……来やがったな、性懲りもなく!」
りん「邪見〜奈落って、だ〜れ?レポート用紙2枚以上で答えてちょ★」
邪見「奈落とはですね、・・・・・・・・・・・・・・・(説明中)・・・・・・・・・・・・・・・・・とゆう奴なんです。りん様。(様付け。」
りん「ぜんぜんわかんない!?」
かごめ「犬夜叉早くやっつけて」
犬夜叉「言われなくとも・・・たたっ切ってやるーー!!」
奈落「ひょいっ!(軽くかわす)未熟者の下等生物め!」
ブヨ「ぶょ〜ん。」
奈落「きゃあん!猫ダメな人なの、あたしぃ!!」
ナレーション「奈落は去っていった・・・」
犬夜叉「さ〜て!来週の犬夜叉は??」
殺生丸「まてまてまて〜!今回の主役ってワシやん?なのに出番少なかったんちゃう?」
かごめ「だから?」
殺生丸「ワシ、めっちゃかわいそうやんかぁ。・・・泣きたなってきたわ。」
かごめ「さ〜て!来週の犬夜叉は???」
殺生丸「無視かよ〜!」
犬夜叉「それではまた来週!ジャンケンポン!ウフフフフフ!」
かごめ「あんさん、そらぁ「サザエさん」やろ!」
犬夜叉「とにかく次回へ★」
殺生丸「次は,「犬夜叉たちの現代観光」です!お楽しみに!(分かんないけど)」
珊瑚「そうだと楽しそう★」
かごめ「んじゃバイバイ★さようなら」
殺生丸「さようなら」
邪見「次回は私を主役にぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
冥加「なにを言う!!主役はわしじゃ!!」
犬夜叉「・・・お前ら無理だろ」
珊瑚「あたしが主役なの!!犬夜叉が無理なんだよ。」
犬夜叉の母「あなた何を言うの?私の子供を批判する気?」
「犬夜叉〜☆あっはーんvv」
犬夜叉「げっ、楓ばばあじゃねえか」
犬夜叉の父「ばばあとは何を人聞きの悪い!!そんなことしつけた覚えはない。」
弥勒「まぁまぁ2人とも。喧嘩はやめましょう。(^^;)」
ナレーション「次回は、まだ用意出来てないので、まだ続くのだ!(by管理人)」
かごめ「だって、どうする?まだ引っ張れってさ。」
犬夜叉「やるしかねぇだろ。しかし殺生丸が真面目にやってないんじゃないかー」
殺生丸「呼んだかぁ?もう嫌だっぺやぁ!さげんワシなんぞ呼ばなきゃよかったぺやぁ。」
邪見「殺生丸様ぁ〜(涙)どこまでも付いて行きますぞ〜!」
奈落「かごめは、いい女だ。」
七宝「次回いこうよぉ!」
奈落「かごめはもらって行くぞ〜〜」
かごめ「あ〜れ〜〜〜〜〜!」
ナレーション「どさくさまぎれに奈落にさらわれてしまったかごめ。犬夜叉は無事かごめを救う事ができるのか!」
鋼牙「かごめ〜(泣)オイ!いぬっころ!女一人守れないなんて男失格だ!!!(爆と怒)」
七宝「「おお!!的確なつっこみだ!!」
犬夜叉「んじゃレッツゴー(半怒)」
弥勒「ところで何処へ向かうのだ!犬夜叉?行く当てはあるのか?」
犬夜叉「かご面と子だっぺ」
かごめ「!!!」
ナレーション「ハッハッハ!笑うなよ!(以上一人ツッコミでした。)」
桔梗「じゃまだ。奈落何のつもりだ。私という女がいるというのに!!」
犬夜叉「ガビーーン」
かごめ「えっ!?桔梗と奈落が!?」
犬夜叉「・・・・・・・・・」
かごめ「そんな」
弥勒「ショックですかかごめ様」
かごめ「え・・・・ι」
弥勒「オオアタリ〜!」
かごめ「チガウワヨ!!そんなに桔梗がすきなのね。実家に帰らせていただきます!!」
七宝「かごめ〜!違うわよがかたかなじゃ〜」
珊瑚「そういう問題じゃないでしょ!」
りん「奈落とやらが一人で悩んでるよ!殺生丸さま」
殺生丸「僕の出番だ〜♪」
かごめ「僕!?ていうかなにを悩んでんの奈落は!」
奈落「かぁ〜ごめときィ〜きょうどっちにしようかナァ〜」
犬夜叉「邪険に市説け。」
奈落「なんか変だぞ漢字が混ざってるていう問題じゃねぇー何故邪険!!?」
ナレーション「そろそろ本題に入りましょう」
かごめ「ナンヤネン!」
犬夜叉「もしや・・前に教わった・・やったった♪」
かごめ「さすが力だけのバカ犬。それをいうならやった!やった♪でしょ!」
ナレーション「そんな事はどうでもいいから。桔梗と奈落の恋の行方について話そう」
かごめ「どうでもよくなぁい!ていうかほんだいってそれ」
犬夜叉「桔梗がなんだぁ。」
かごめ「・・・次回に行きましょうよ。」
冥加「かごめさま!犬夜叉さま!次回の用意が出来ましたぞ!」
かごめ「次回は何!?」
弥勒「誰かが話をまとめれば次回へひとっ飛びですかね。」
犬夜叉「めでたしめでたし。」
殺生丸「よーし!次回こそはワタシが主役をきっちりこなしてやろう!」
犬夜叉「むりだな・・・」
殺生丸「何故だ!?」
奈落「そう、それは・・・。おまえは字を読めない(笑)」
犬夜叉「殺生丸、これなんて読むんだよ。→入場」
殺生丸「にんじょう...か?(人と入を読み間違えている)」
かごめ「次回は、【殺生丸、漢字検定を受ける】で決まり!!」
七宝「お楽しみにー!」