(第7号:2001年09月25日 発行:ITボランティアサークルi-net)


我孫子市身体障害者福祉センターに行ってきました!
 2001年9月20日(木)に千葉県我孫子市にある『我孫子市身体障害者福祉センター』に行ってきました。前回のボランティアニュースでご報告した「車いすダンス講習会」にセンターの職員さんがいらっしゃっていた際にいろいろお話を伺い、とっても興味があったので、どんなところか見てきました。

『センター入り口風景』

絵画講座の中西さんの作品
 まずはセンター概要を教えていただきました。センターでは、我孫子市民18歳以上の身障者の方を対象にしたさまざまな活動しているとのことでした。
 センターの概要をお話していただいた後、サークル活動のひとつの絵画講座に案内していただきました。左の絵はその講座の方が描かれた絵です。
 絵の先生がいらっしゃってみなさん熱心に練習されていました。みなさんとっても美しい絵を描かれているので、ちょっと驚いてしまいました。私も絵は好きで、たま〜に美術館などに行くのですが、いや〜センターで絵が見れるとは思っていなかったのでとてもよかったです。右の絵は藤島さんの絵です。


絵画講座藤島さんの作品

絵画サークル中西さんの作品
「カメラのほうが昔からやっているんですよ。」とお話し頂いたのは左の絵を描いた中西さん。車いすはご自分の姿のようで、一番お気に入りの絵だそうです。

 さて、次のサークルはスピードボールのサークルです。スピードボール?みなさんご存知ですか??

 中央に立っている棒の先にひもが結んであって、ひものもう一方には柔らかいボールがついています。これをテニスラケットをちょっと小さくしたようなラケットで打ち返すスポーツです。ボールがみんなの前をくるくる回ります。

 私もちょっと混ぜていただきました。趣味で野球をしているので、かなり?自信があったのですが、なかなかどうして、これがうまくいきません。分析すると、打ったボールが円運動するためで、そのボールの動く先が読めないことがわかりました。しかし、みなさんはお上手でした。。。

『スピードボールのようす』

『スピードボールのようす』
 スピードボールのルールは種目によっていろいろあるのですが、ここのサークルではみんなが順番ボールを打ち返すルールとしていたようでした。ボールをうまく打つと、ちょうど打ちやすい高さをくるくるおと回るので次の人が打ちやすいのですが、うまくうてないとボールが変な回転をしてしまって、大変なことになります。
 右の写真にうつっている方はスピードボールを教えてくれている先生です。
 ボランティアでこのスピードボールを教えてくれているとのこと。先生のお名前は伊豆野さんというのですが、伊豆野さんは「世界大会第2位」の実績があるとのことです。ひゃ〜。
 興味のある方、挑戦してみてはいかがですか???

『スピードボールの先生 伊豆野先生』

『最後は整理体操 お疲れさまでした!』
最後はみんなで整理体操。お疲れ様でした。

センターではボランティアさんやいろんなお手伝いをしてくれる方を常に募集しています。
もし興味のある方いらっしゃいましたら、ご連絡くださいね。

『我孫子市身体障害者福祉センター』概要
◆住所;270−1112千葉県我孫子市新木1637
◆電話;0471−88−0141
◆設置目的;当センターは身体に障害のある方の機能訓練・社会適応訓練・創作的活動・スポーツ・レクリエーション・生活福祉相談・講演会等を行うことによって、その自立を図るとともに、生きがいをもった生活が営めるように、指導・支援をすることを目的とする。
<我孫子市身体障害者福祉センター資料より抜粋>

←第6号はこちら 第8号はこちら

赤い羽根募金つき広告です
↑赤い羽根募金つき広告です↑