(第11号:2001年11月26日 発行:ITボランティアサークルi-net)


ブレークタイム;しし座流星群大出現!!
 2001年11月19日未明、しし座流星群がありました。これまで何度となく流星群での流星撮影にチャレンジしてきたのですが、ようやく満足なものが撮影できましたので、ちょっとだけ掲載させていただきますね。
 ちなみに、スキャナにて写真を読み込んだため、ちょっと画質が落ちています。。。写真のほうがもっときれいなので見たい方はご連絡してくださいね!
 写真1は、今回のBEST1です。流星の発光している色が変わっていくのがわかりますね。

 写真1;『火球!?』

写真2:『街の明かりと流星』
 撮影場所は千葉県我孫子市です。
 撮影時間は2001/11/19(月)0:30〜5:00、使用したフィルムはISO800で50mmの固定撮影。高感度フィルムでチャレンジしてみました。シャッタースピードですが、メモを取ることができなかったのですが、明るいものでも5分も開放していないと思います。
 この日は雲量0。でも多少ガスっていたかな。
 家から近場での撮影だったので、車が出入りしてしまって、撮影にはちょっときつかった。。。
 左の写真は、街の明かりと流星です。綺麗ですね。
 流星群ですが、0:30〜1:00くらいまでは、それほど流れていませんでした。こころの中で「前回、前々回のように流星群の予報を裏切る結果になるか?」と心配していましたが、1:00から2:00にかけて第一波がありました。
写真3:『小流星!?』

写真4『2つの流星』
 2:00から3:00まではそれなりに流れていましたが、流星もちょっと休憩でしょうか。それとも目が慣れてきたせいでしょうか。ちょっとひと休みといった感じでした。
 

 3:00から4:00にかけては、本当に流星群でしたね。T.Vなどで放送されている流星とは、またちょっと違った雰囲気。天頂付近を凝視していると、流星が数秒に1つは流れている状態。そして、数十秒に1つはマイナス等級の流星が流れてました。このときカメラがちょっとづつ故障し始めてしまって。。。
 4:00以降は、落ち着いてしまいました。が、実は写真2のように地平線に向かって流れる流星が多かったですね。なにか科学的な理由があるのかな。。。
 ということで、4時間でフィルム3本消費して、この成果でした。では。

写真5:『微流星』

←第10号はこちら 第12号はこちら

赤い羽根募金つき広告です
↑赤い羽根募金つき広告です↑