(臨時特別号:2004年10月25日(第3.0版) 発行:ITボランティアサークルi-net)

『【重要】平成16年新潟県中越地震ボランティア関連情報』
地震発生からしばらく時間が経過したため、ボランティアに関する情報もより細かく発信されるようになりました。
現在比較的新しい情報を掲載しているサイトについて以下に記載しておきます。
(なお、本NEWS内の千葉県社協の記事については、その役目が終わったと思われる時点で適時削除致します)


 ★新潟県地震災害対策本部
            ・・・中越地震に関する情報が掲載されています。
 ★新潟県災害救援ボランティア本部ホームページ
            ・・・中越地震のボランティア情報が掲載されています。
 ★災害救援たすけあい掲示板
            ・・・義援物資以外でボランティア活動で必要になる器具や物資、サポートに関する情報の掲示板。(携帯からも参照可能)
 ★新潟県中越地震関連情報(For携帯)
            ・・・携帯用の中越地震に関する情報を掲載しています。
 ★災害救援たすけあい掲示板(For携帯)
            ・・・携帯用の義援物資以外でボランティア活動で必要になる器具や物資、サポートに関する情報の掲示板。


以下、参考資料として、これまでの記事を掲載致します。内容は直接お問合せください。
【参考】平成16年新潟県中越地震のボランティアの注意
(新潟中越の地震について(県社協より)(転記))

健康福祉千葉方式のメーリングリストにおいて、
「新潟中越の地震について(県社協より)」の情報がありましたので転記致します。(2004/10/25 21:30現在)

◇ポイント
「ボランティアなどが被災地に向われても道中の安全が保障できないし、まだ余震があるので2次災害の恐れもある。今は待機してほしい。」


なお、ボランティア募集や救援物資、寄付受付などの情報も常に変化しますので、最新情報については下記記載のURLや、近隣の社会福祉協議会にお問合せください。

 【参考】健康福祉千葉方式MLご加入の皆様  (2004/10/26 21:30)

 先ほどは長いメールをお送りしてスミマセン。千葉県社協の佐野です。
 早速ですが、先ほど →千葉方式のみなさんにも情報提供、ボランティア(*企業の車などは救援物資輸送のカギになるかもしれません)や救援物資の寄付願い、義援金願いをしたいと考えていますので、すいませんがしばらくお待ちください。←とメールいたしましたが、このことについて「災害救援ボランティア・支援物資登録用紙」が完成しました。
 
 ★ここであらためて皆様にお願いがあります★

 様々な形で何か支援したいと思う方は、添付した登録用紙に必要事項をご記入のうえ、お住まいの市町村社会福祉協議会にぜひ登録をお願いします!県域・広域の団体・企業については県社協のボランティア・市民活動センターでも登録OKです。 新潟県社協からは、状況把握・情報収集が続いているため、人や物資の具体的なリクエストはまだありませんが、登録していただいてあれば素早い対応がとれます。 その場合、早速社協から登録されたみなさんにご連絡がゆき、現地に向っていただくか、物資を寄付していただくことになります。 なお、若干費用はかかりますが、社協のボランティア保険に加入していただくとベターだと思います。
  物資登録票.xls へのリンク
  個人登録票.xls へのリンク


 新潟県へは夏の集中豪雨による水害時にも、千葉県から社協職員と多くのボランティアが支援に向いました。私も被災地で、住民のリクエストに対しボランティアを派遣するマッチングをやりましたが、小さな町に全国から毎日約1,500人も駆けつけ、連日日射病で倒れる方がでるくらい熱心に作業してくれました。 あの泥だらけで荒廃した街が復興している最中に、無情にもまた地震が・・・。
 皆様の「福祉力(ちから)」を新潟県民にもぜひ注いでください。よろしくお願いします!
 下記に千葉県社協担当窓口、市町村社協連絡先を記載します。転載大歓迎です。

●各市町村社会福祉協議会の連絡先 → 
http://www.chibakenshakyo.com/html/b/f-link.htm

●千葉県ボランティア・市民活動センター рO43(204)6010 Fax043(204)6015
   E-mail:h-suzuki@chibakenshakyo.com E-mail:katori@chibakenshakyo.com


(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)
千葉県社会福祉協議会福祉事業部 佐野将彦
пF043-245-1102  fax:043-244-5201
E‐mail:sano@chibakenshakyo.com
(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)

【参考】平成16年新潟県中越地震のボランティアの注意  (2004/10/26 20:30)
(新潟中越の地震について(県社協より)(転記))

健康福祉千葉方式のメーリングリストにおいて、
「新潟中越の地震について(県社協より)」の情報がありましたので転記致します。(2004/10/25 20:30現在)

-----------------------

健康福祉千葉方式ご加入の皆様

 お世話になっております。千葉県社協の佐野です。
 早速ですが、連日報道がされているとおり、新潟中越の地震では地域住民にとって大変悲惨な状態が続いています。このことについては、今朝から幹部が集まって対応を検討しています。今現在の県社会福祉協議会の考え方を下記にお知らせします。

 新潟県社会福祉協議会からは、「県外からボランティアなどが被災地に向われても道中の安全が保障できないし、まだ余震があるので2次災害の恐れもある。今は待機してほしい。」と言われています。そのような不安定な状況の中、千葉県でボランティアさんを集って向ってもらうことはできないのが現状です。

 しかし、今できることもあると考えています。県社協での小口救援物資の調達や、県内の寄付を募ることです。ある四街道のNPO代表の方からは「おむつ」を送りたいため資金集めをしているので、県社協で集約して送ることができないかどうか電話がありました。
 
 なお、千葉県社協は関東ブロック協定(関東エリアの社協では災害時お互い助けあうという協定を結んでいます。)に属しており、幹事県である茨城県社協(2名)が今朝から現地に向っています。全国社協の方も向ったそうです。 この現地からの報告を受け、交通ルートの確保ができしだい、県社協職員・市町村社協職員の派遣と、県内のボランティアさんへの情報提供&呼びかけをすることになると思います。

 現在は幹部が市町村社協へFAXで流す県社協としての考え方を作成してる最中です。
 早急に千葉方式のみなさんにも情報提供、ボランティア(*企業の車などは救援物資輸送のカギになるかもしれません)や救援物資の寄付願い、義援金願いをしたいと考えていますので、すいませんがしばらくお待ちください。
 
 ●「災害救援ボランティア・支援物資登録用紙」に個別に登録してストックしておいて下さい。必要に応じて依頼させていただきます。(千葉県社会福祉協議会が登録用紙を作成しだいお知らせします。届けるルートは確認中)

〒260−8508千葉県千葉市中央区千葉港4番3号千葉県社会福祉センター 1階千葉県ボランティア・市民活動センター рO43(204)6010 Fax043(204)6015
   E-mail:h-suzuki@chibakenshakyo.com E-mail:katori@chibakenshakyo.com

★新潟県災害支援ボランティア本部の設置について

 10月24日(日)午前9時に、新潟県災害支援ボランティア本部が設置されました。*現地は混乱しているため、電話はしないようにしてください。

新潟県社会福祉協議会ボランティアセンター内「ボランティア交流室」 住所:〒950−8575新潟県新潟市上所2−2−2 新潟ユニゾンプラザ3F 

★災害状況は下記の新潟県災害対策本部のホームページを御覧下さい。
http://www.pref.nigata.jp/cotent/jishin/kujoho3.html

★市町村災害救援ボランティアセンターの設置について(10月24日現在)*現地は混乱しているため、電話はしないようにしてください。

長岡市社会福祉協議会  柏崎市社会福祉協議会  十日町市役所前  栃尾市社会
福祉協議会  川口町生涯学習センター  川西町社会福祉協議会  

★全国社会福祉協議会「地域福祉・ボランティア情報ネットワーク」ホームページについて http://www3.shakyo.or.jp/cdvc/

★市町村社会福祉協議会ボランティアセンターは、市民でボランティア参加希望者がいた場合、事前に現地の災害救援ボランティアセンター等で最新情報を確認し、活動に参加いただくよう御案内下さい。


(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)
千葉県社会福祉協議会福祉事業部 佐野将彦
пF043-245-1102  fax:043-244-5201
E‐mail:sano@chibakenshakyo.com
(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)〜(^-^)

-----------------------

2004年10月25日第1.0版
2004年11月02日第3.0版

←第33号はこちら 第34号はこちら