東京タワー・恋人たちの戦い
〜世界一のテレビ塔建設、333mの難工事〜
  

大都会東京のシンボル東京タワー、都市を一望できるこの塔の展望台は、夏の花火を見る隠れた名所になっている。
東京タワーが造られたのは、昭和33年のことだった。333m、東京に世界一のテレビ塔が建った。。目もくらむ現場での4000トンの鉄骨の組み上げは、想像を超える難工事になった。立ち向かったのは20代の若者たちだった。トビの若頭桐生五郎、鉄塔が完成したら結婚しよう、恋の成就が、世界一の鉄塔にかかっていた。現場の技術監督平山は、工事の合間にせっせと彼女に手紙を書きつづけた。東京タワー完成の陰には、ひたむきな若ものたちのドラマがあった。

▼世界一の電波塔計画
現在の東京タワー 昭和30年の東京航空写真
該当テレビに見入る人々 当時の東京
日本電波塔会社設立 完成した設計図面
完成したのは昭和33年、当時工業製品などで、世界に誇れるものはほとんどなかった時代に、世界一高い鉄塔を造ろうとしたから世界は驚いた。333mの東京タワーは、自立鉄塔としては今でも世界一であり、現役のテレビ塔でもある。

昭和30年、東京港区を移した航空写真.。敗戦から10年、東京はまだまっ平だった。新しく生まれた娯楽、テレビが、人々を熱狂させていた。テレビの時代が幕を開けようとしていた。
このとき、テレビを管轄する郵政省は、大きな問題に頭を抱えていた。放送局が次々に建てる電波塔の乱立である。このままでは、首都圏は電波等だらけになってしまう。この問題の解決のために、浜田電波管理局長が、「各局の電波等を統合し、巨大な総合電波塔を建てよう、これで一挙に関東一円をカバーする。」という途方もない解決策を打ち出した。郵政省内では、そんな大きい鉄塔が、台風や地震に耐えられるわけがないと、反応は冷ややかだった。しかし、この構想に財界が飛びついた。テレビ事業に参加しようと、新聞社や映画会社などが、こぞって出資、構想は一気に動き始めた。

設計は、一人の老建築家、人呼んで塔博士、内藤71歳に委ねられた。浜田は、思いを内藤に託した。「東京に世界一の電波塔を造って下さい。復興の確かな証として、日本人に自信を与えたいのです。」と。
3ヵ月後、内藤は図面を書き上げた。塔の高さは世界一の333mにも達した。台風の風をまともに受けないよう、鉄骨はぎりぎりまで細くした。さらに、ミリ単位で組み上げることで、地震への強度を確保した。しかし、これほど大きく、これほど精密なものが造れるのか、みな不安に襲われた。
▼東京タワーを造った技術者とトビ職人
トビ職人たち 鉄塔上のトビ職人
鉄塔の基部 トビ職人鉄骨を登る
亮子さんへの竹山の手紙 東京芝に集結した男たち
世紀の難工事は、日本一の腕前を持つ男たちに委ねられた。トビの世界に黒崎ありといわれた黒埼建設のトビ職人たちだった。この仕事を誰よりも喜んだ若者がいた。桐生五郎25歳、腕と度胸で若手の筆頭を任された男だった。「燃えてた。はやく一人前になって、いい給料もらって嫁さんをもらうというのがあったからね。」

プロジェクトには、百戦錬磨のトビ職人たちを束ねる、現場の指揮官が必要だった。巨大で精密な塔の構造を把握し、同時に職人を率いて、世界一高い現場で働ける、体力と努力が求められた。そのとき、東京タワーの現場指揮官に任命された技術者は、竹山正明、まだ31歳だった。そのとき竹山は、NHK松山放送局の鉄塔を造っていた。どんなことにも動じない、肝の据わった男だった。世界一の電波塔を造る東京での大仕事に胸が高鳴った。「格好よく言えば、武者震いがありましたね。世界一の仕事に、それなりの覚悟と技術者としての意地がありましたからね。」
竹山は、この仕事を京都に暮らす一人の女性に知らせた。思いを寄せる8つ年下の伊沢亮子さん。竹山は、大仕事の決意を、便箋5枚にしたためた。竹山にとって、自分をわかってもらうには、やはり仕事しかなかった。「今度の日本電波塔は、テレビ塔としては世界一になります。命をかけなければなりません。」

静かな決意、たぎる野心。昭和32年夏、さまざまな思いを胸に、男たちが東京芝に集結した。
▼精度と寒波と強風に悩まされる難工事
現場に運ばれた鉄骨 鉄骨アーチの上を歩く
クレーンの代わりのウインチ ずれた鉄骨接合部
昭和32年9月、工事の無事を祈り、厳かに碇礎式が行われた。まもなく、4000トンの鉄骨が、続々と現場に運ばれてきた。世界最大の電波塔を造る壮絶な戦いが始まった。鉄骨は、大型のもので20mを超える。たれも、これだけ巨大な鉄骨を組み上げたことはなかった。現場監督竹山の表情は厳しかった。
大型クレーンなどはなかった。巨大な鉄骨はウインチで引き上げ、人の力で組み立てる。狭い足場に立つトビの男たちは、運び上げられた鉄骨を、息を合わせて組み込んでいく。組み立てから接合まで、まさに手作りの塔だった。鉄骨の最上部には、桐生が立っていた。

鉄骨を組み上げる段取りも、職人たちの安全も、竹山の肩にかかっていた。「やはり、ああいう危険な仕事をやっていると、皆も、頭に血が上ることもあるんですよ。個々の作業員の性格を知っていた方が、何かにつけて仕事がやりやすいんですね。」竹山は、誰より早く現場に上り、指示を出しつづけた。唯一ほっとできる夜の時間には、京都の亮子さんに手紙を書いた。「仕事が毎日突貫突貫で、とうとう着替えがなくなったのに気がつき、今洗濯を部屋中に干し終えたところです。えんじの美しいネクタイ、早速締めています。」
鉄塔の外側を登る
鉄骨に力で上る
組み立て開始から3ヶ月過ぎたある日、現場に衝撃が走った。鉄骨と鉄骨の接合部分が、どうしても合わないのである。竹山は、基礎部分の組み立てにミスがないか徹底的に調べた。ミスは見つからず、工事は立ち往生した。竹山は、わらにもすがる思いで、鉄骨1本1本を測りなおした。あっと声をあげた。アーチ部分の鉄骨の曲げが、微妙に狂っていた。加工段階のミスで、誤差はわずかに15ミリだった。
昭和33年1月、東京に猛烈な寒波が襲った。寒さでトビたちの体は凍え、能率は落ちた。毎朝6時半、竹山は職人たちの足元が滑らないよう、霜を拭いて回った。

桐生も、巨大な鉄骨のてっぺんで格闘を続けていた。ある日現場に1本の電話が入った。群馬の母親から見合いの話だった。桐生は、半日だけ休みをもらって見合いの相手みさをさんに会い、一目で心を奪われた。母親にすぐに結婚を申し込んでくれと伝えた。

6月、現場の高さが増すにつれ、大きな敵が現れた。突然吹き付ける強風だった。足元を揺さぶられ、そのたびに鉄骨にしがみついた。午前10時のことだった。突然悲鳴があがった。トビの一人が足を滑らせ転落した。即死だった。塔が見える増上寺で、精一杯の葬儀が行われた。竹山は、事故を防げなかった自分を責めつづけた。
▼最後の追い込みと巨大アンテナの取り付け
巨大アンテナの引き上げ
取り付けられた巨大アンテナ
33年10月完成した東京タワー
放送されたご成婚パレード
高さ180mでの作業
鉄塔頂部
昭和33年7月、プロジェクトは最後の追い込みに入った。期限まであと3ヶ月しかない。鉄塔の高さは、まだ180mだった。トビの男たちは、日の出とともに現場にあがり、日が沈むまで懸命に働いた。

そのさなか、桐生に知らせが届いた。みさをさんからの結婚承諾の返事だった。飛び上がらんばかりに喜んだ。桐生は、ここで人生最大の作戦を考えた。鉄塔完成の翌日に祝言を挙げる。すぐに、神主と電車の指定席を抑え、みさをさんに切符を送った。みさおさん「電車賃を送られてしまったら、そんな悪い人でもないようだし、おとなしそうだから、いいんじゃないかということになっちゃってね。」

10月、鉄塔は250mまで組み上がり、いよいよ最後の難関、関東一円に電波を発信する巨大アンテナが運び込まれてきた。長さ94m、精密部品の塊だった。このアンテナを塔のてっぺんに設置する、史上例のない引き上げ作戦である。10月9日、東京は、見事な秋晴れだった。現場監督の竹山と桐生は、高さ250mの地点で、巨大アンテナを待ち受けた。風は微風、「作業開始」竹山の声が響き渡った。アンテナがゆっくりと引き上げられた。テレビ時代の幕開けをかけた一発勝負の大仕事である。アンテナは、250mまで引き上げられた。その時だった。足場が大きく揺れた。風がにわかに強くなり、秒速16mに達した。危ない。竹山は、直ちに作業中断を命じた。 巨大アンテナは、250mで宙ぶらりんになった。職人たちは、鉄塔にしがみついた。1時間過ぎても、風は一向に収まらない。トビ職人桐生は、じりじりしていた。アンテナがあがらなくては、明日祝言はあげられない。竹山は決断し、号令をかけた。アンテナは、ゆっくりと動き始めた。足場が風に煽られるなか、男たちは必死で巨大アンテナに立ち向かった。15時47分、オーと完成があがった。巨大アンテナは、見事333mの高さに取り付けられた。世界一の塔が、東京に完成した瞬間だった。

翌日、桐生は、無事みさをさんと結婚式をあげた。
34年1月、最初の電波が、関東一円に発信された。3ヵ月後、皇太子と美智子日のご成婚パレードに、1500万の人々が、テレビの前にくぎ付けになった。東京タワーの仕事をやり遂げた現場監督の竹山は、亮子さんに晴れて結婚を申し込んだ。
竹山は、「嬉しいというよりは、ほっとしましたね。風やその他で工程が予定どおりに行かなかったし、アンテナの吊り上げが完成したときはほっとしたわけですね。」
桐生は、「無事に安産したという感じかね。自分の責任の中で、できるだけいい仕事をしようという気持ちは、職人はみな持っていると思うんですよ。ただ、それだけじゃないですか。」
▼東京タワーと二人のその後
上陸した伊勢湾台風 びくともしなかった東京タワー
タワー展望台の桐生夫妻 京都での竹山夫妻
東京タワーが完成して1年後、伊勢湾台風が上陸した。東京タワーにも、風速52mの強風が襲い掛かったが、びくともしなかった。

親方になった桐生さんの傍らで、みさをさんは飯場を仕切り、3人の子どもをもうけた。42年前、みさをさんに突然舞い込んだ見合いの話、相手は無骨なトビ職人だった。決心のつかないみさをさんは、ある日、こっそり現場を訪ねた。そそり立つ鉄骨の1番上に、黙々と働く若者がいた。トビ職人桐生は輝いていた。それが、結婚を決めた理由だった。

現場で男たちを指揮した竹山さんは、思いを寄せた亮子さんと、完成した翌年結婚した。今、二人が出会った京都で静かに暮らしている。
亮子さん「自分の彼がそういう仕事をしていることは、お友達にも誰にも言ってはいないけれど、心の中では誇りでしたね。100通を超える彼からの手紙は、宝物です。私がこの世を終わるときは、お棺に一緒に入れてほしいなと思っています。」

作成者所感:
今なら、当然クレーンを使う2000トンにも及ぶ鉄骨の引き上げを、ウインチで巻き上げるというクラシックな方法で、世界一の自立鉄塔東京タワーを造り上げた実話の記録。2〜300mの高さでの危険をいとわぬトビ職人の作業には、驚きというほかはない。その陰に、技術監督とトビの若頭に、恋人とのかけひきの人間ドラマがあったとは、事実は小説より奇なりというところか。
それから40年以上経った現在、世界一高い自立テレビ塔東京タワーが、現役で働いているのはすばらしいことと言わねばならない。


個別 since 07.03.01