少年の顔を持った三十男の証言

奴がこんな顔なら、寂しがってこんなページ造るワケないでしょ。だいいち、もう三十代じゃないし・・・男は顔じゃないって。あ、こんなセリフ、ぼくがいうと、東大生が「東大なんて、たいしたことないっスよ」っていってるようなもんか...ごめん。
ぼくが美青年だと思ったあなた、わずかに当たってると思っててください。夢は大切にね。そんな夢見がちのあなたには妖精ちゃんがピッタリ
もどる 表紙へ