気まぐれdiary

12.24 丹沢・南山  雪が降ったので白馬を見に南山へ
南山山頂 蛭ヶ岳白馬尾根 雪で出現します

南山から宮ヶ瀬ダム
   
12.18 荻野高取山〜華厳山〜経ヶ岳〜仏果山〜高取山
東丹沢周辺は昔、修験者の行場で、石仏や山の名前にその名残がたくさんあります
登山口荻野集落から眺めた高取山(右) ゴルフ場脇を登ると次々と石仏が現れます
弘法大師・不動明王 弘法大師
弘法大師・如意輪観音(?) 弘法大師・薬師如来
地元の俳人の句が刻まれた発句石 大山が良く見えます 荻野高取山
経ヶ岳 近くに経を収めたと言われる大きな岩があります 仏果山付近の岩稜
   
12月6日 高取山  今年は遅くまで紅葉が楽しめました

愛川ふれあいの村 イチョウ色に染まってました
メタセコイアもきれい 高取山から宮ヶ瀬ダム
高取山展望 矢印の丹沢、滝子山の間から甲斐駒が見えます
   

 


11月20日 生藤山  鎌沢−佐野川峠−三国山−生藤山−鎌沢
登山口の登里集落 季節外れのリンドウ
初冬の気持ちよい山道 三国山 久しぶりのハセツネコースでした
生藤山
   
11月16日 竜ヶ岳 割石峠−端下峠−竜ヶ岳−石仏−本栖湖−割石峠

竜ヶ岳から南アルプス(左から)聖岳、赤石岳、悪沢岳
休日なので多くの人。 12月末〜1月はダイヤモンド富士で賑わうようです
精進湖・御坂山塊 富士山、青木ヶ原樹海
石仏から竜ヶ岳 今は荒れ放題の東海自然歩道
   
11月15日 扇山  梨の木平−扇山  
富士山展望ハイキング
扇山から富士山、御正体山 扇山の紅葉 今年はかれている葉が多いです

道の駅なるさわから富士山
   
11月14日 南山  愛川公園−湖岸道路−権現平−南山−愛川公園
愛川公園風の丘から雨乞山 宮ヶ瀬ダム
宮ヶ瀬ダム いまだに満水状態で流木も多い 南山権現平の紅葉

南山から丹沢連峰、宮ヶ瀬湖 
   
11月10日 高取山 (高取山から宮ヶ瀬湖)
台風から1ヶ月経っても水は濁ったままです 台風前の宮ヶ瀬湖
   
11月7日 大山  広沢寺−不動尻−唐沢峠−大山−日向薬師−日向山−広沢寺 

広沢寺から大山〜日向山周回 裏側コースは殆ど人に会いません 

まだ倒木箇所がありました 大山山頂付近から三峰山
大山から富士山、表尾根 日向山
   
11月1日 鹿俣山   玉原湖−玉原湿原−ブナ平−鹿俣山−玉原湖

玉原湿原草紅葉
ブナ地蔵 ブナの原生林が美しいブナ平
鹿俣山頂から玉原湖、赤城山
   
迦葉山弥勒寺   

鞍馬山鞍馬寺、高尾山薬王院とともに日本三大天狗にゆかりのお寺です

25年ごとに特別開帳。次回は2025年らしい。拝観できるかな。

10月31日 武尊剣ヶ峰山

武尊剣ヶ峰山・沖武尊(右奥)

ここでもトレランがあるらしい 獅子ヶ鼻山 登山道はありません

スキー場付近は紅葉でした 剣ヶ峰山から沖武尊
   

10月8日〜10日   ぶらり京都

平野神社
桜の頃は大混雑する平野神社も今は閑散 境内の紫式部が満開
   
金閣寺

久しぶりの金閣寺は外国人だらけ  ご本尊も拝観できない観光寺院
 
船岡山 四神相応の玄武にあたる場所 
船岡山から左大文字山 船岡山三角点 三等なのに立派
 
今宮神社例大祭 
今宮神社 門前のあぶり餅店

雅楽が演奏され舞が奉納される
   

上七軒゛寿会゛  
今回旅行の目的、上七軒歌舞会、秋の寿会でした

日本人より和服の似合う外国の方もいました 上七軒歌舞練場
   
   

西山周辺  
長岡天神−奥海印寺−楊谷寺−長岡天満宮−乙訓寺−西向日

楊谷寺(柳谷観音)  境内の眼力稲荷は眼病平癒に霊験あらたか
             天皇家ともかかわりの深いお寺です

昨今の朱印人気か、縁日限定の朱印、押花の朱印などオリジナル朱印がたくさんありました

楊谷寺(柳谷観音)
奥の院 庭園

愛染堂とあいりきさん パワースポットらしいです

 

長岡天満宮  ツツジが有名な神社ですが、今は人影もまばら

本殿 天満宮のシンボル
   

乙訓寺 桓武天皇弟の早良親王。暗殺の嫌疑をかけられ乙訓寺に幽閉。無念のうちに亡くなり、死後、怨霊として恐れられました。

乙訓寺 境内に建つ早良親王供養塔

   
9月27日  霧ヶ峰   八島湿原−鷲ヶ峰−物見岩−蝶々深山−御射山−八島湿原
前日登った北アルプスがよく見えました

鷲ヶ峰から北アルプス       穂高              槍ヶ岳     常念岳      大天井岳 
鷲ヶ峰から八ヶ岳連峰 蝶々深山の稜線
物見岩から八島湿原 物見岩はこんな顔でした
御射山神社 御射山の祭儀、競技場の跡

  草紅葉の八島湿原

   

諏訪大社

御柱 諏訪大社上社本宮
   
9月26日 蝶ヶ岳    三俣登山口−まめうち平−蝶ヶ岳
降水確立0パーセントの予報に槍、穂の展望を期待し、久しぶりに蝶ヶ岳へ
蝶ヶ岳山頂の眺め

         御岳山  乗鞍岳         焼岳           穂高岳                槍ヶ岳

三俣登山口駐車場は平日でも満車に近い状態

登りだしてすぐに名物゛ゴジラみたいな木゛

殆ど樹林の登り 時々常念岳が見えます ハイマツが出てくればすぐに蝶ヶ岳山頂
穂高連峰 蝶ヶ岳山荘・槍ヶ岳方面

蝶ヶ岳山頂から富士山・北岳・中央アルプス    穂高を含め、日本で1番〜3番の高さが勢ぞろい
   
荒倉山(韮崎市) 午頭山公園−平川峠−荒倉山

荒倉山は穴山橋、午頭山公園からスタート。平川峠は昔、鳳凰山のアプローチの使われていたようです。
登る人も殆どいないようで、登山道は枝や落ち葉で覆われ荒れ気味。鳳凰山が見えないのも残念な山。

   
午頭山公園から荒倉山・鳳凰山(奥) 登山口から荒倉山
富士山・八ヶ岳
   
9.13 瑞牆山  みずがき山荘−富士見小屋−桃太郎岩−瑞牆山−みずがき山荘

天気予報は悪くなかったものの、山頂付近は霧の中。人影まばらな百名山でした。

   
巨石の里宮 富士見小屋
桃太郎岩 瑞牆山
   
9.12 横尾山 信州峠〜横尾山

ついでに行く山がにあう横尾山。瑞牆山のついでに行ってみました。信州峠まで走りやすい舗装。
しばらく登ると眺めのいい尾根に飛び出し、南アルプス、中央アルプス、御嶽山が一望。

   
かやとの原から南アルプス 八ヶ岳
瑞牆山・金峰山 みずがき山自然公園は静かで車中泊には最高

8.26 吉田火祭り
神様を御輿に遷し諏訪神社を出発 富士山の御神輿 地面にお落とすのは珍しい

富士山の方から松明の火が降りてきて、最後に金鳥居下の松明に火が点けられ
   
8.26 石割山 石割神社登山口−石割神社−石割山−登山口

長い間通行止めだった道志道が走れるようになったので山中湖経由で吉田の火祭りへ 通り道の一山

石割神社

登山口から長〜い神社の石段 石割山山頂 富士山は見えず
   

8.25 鎌倉ライトアップ

甘縄神社 
極楽寺、甘縄神社、高徳院、長谷寺付近のライトアップ最終日。昼間に比べ江ノ電も空いていました

高徳院
   
8.24 山岳軍団かき氷  

夏恒例の山岳軍団カキ氷 城山はもう涼しい風が吹いていました    高尾山も人が少なめ。 薬王院で予約なしで食事ができました

   
8.6 山形花笠まつり

花笠まつりは大混雑もなくて、比較的ゆっくり観れます

一番元気だった自衛隊の集団 浴衣姿のこの人もパレードを盛り上げていました
   
8.5 湯沢七夕絵どうろう
元禄時代、京都から佐竹藩に輿入れした奥様の寂しさを紛らわすため始まった祭りだそうです

美人画の絵どうろうが街を飾ります 再現された奥様の行列

絵どうろうに灯りがともるといっそう美しく見えます

   
8.4 鳥海山  祓川ヒュッテ-氷の薬師-七高山-大物忌神社-新山
48年ぶりの鳥海山。以前とは反対側、矢島側から登りました。雪が多く、暑さがしのげました。
祓川登山口の朝 祓川ヒュッテからスタート
水芭蕉が咲いていました 登りだしてすぐに雪渓が・・・今年は雪が多いとか

七高山から鳥海山(新山)山頂  山頂付近もたくさん雪が
   
8.3 高松岳・山伏岳   泥湯-小安岳-高松岳-山伏岳-河原毛地獄-泥湯
泥湯温泉登山口 避難小屋のある高松岳山頂
高松岳から山伏岳 河原毛地獄
小安峡大噴湯  98度のお湯が吹き出る遊歩道はすごい暑さでした

座散乱木遺跡 案内板も草に埋もれていました

鬼首間欠泉

   秋田に向かう途中、宮城県大崎市の座散乱木遺跡に寄りました。3万年前より以前の地層から人工物とわかる石器が発見され、
   日本にも前期旧石器があったことを証明する大発見でした。2000年にその発掘が捏造とわかり、座散乱木遺跡は国の史跡から
   取り消されました。今は案内板も草に埋もれ、どこが遺跡かわからない状態でした。

雄勝小町公園 小町堂
小野小町伝説は各地にあります。雄勝町は小町の出生から92歳で亡くなるまでの伝説が残っています。

7.25〜26 富士山  

吉田口5合目−蓬莱館(泊)山頂−5合目

富士登山競走を走った山岳軍団のメンバーで令和富士登山を計画
関門など気にしなかった頃を懐かしみながら登ってきました

蓬莱館で急な岩場も終わり、ほっとします 蓬莱館からのご来光

崩落のあった、山頂直下、狛犬付近 山岳軍団メンバー無事山頂到着

8合目付近から相模湾、御殿場市、箱根連山
山梨県側は厚い雲に覆われ、富士登山競走山頂コースは5合目打ち切り
応援できず残念でした。静岡県側は初島や大島も見え、よい天気でした
   

7.10 高取山

昨年は、6月には梅雨が明けていたのに、今年は雨の日が続き、山へ行く日がほとんどない状態
久しぶりに雨が降らない一日を高取山へ。目の前の丹沢連峰さへ見えない。人も見えない山でした
   

宮ヶ瀬湖
   

6・30 上賀茂神社・夏越祓

京都市内あちこちの神社で夏越祓の神事があります 前半の厄を祓い、後半の無事を祈ります
   
茅の輪をくぐり
゛水無月の夏越の祓いする人は千歳の命のぶるというなり゛
の言葉を唱えながら、茅の輪を3回まわります
豆腐の振る舞いがあります

夏越祓 人形の紙に名前を書き厄を流します 午後8時〜

   
北野天満宮も夏越祓の準備中 紫陽花も梅雨に濡れ元気そう
   
法金剛院 (京都・花園)

法金剛院 蓮が見頃でした
法金剛院は鳥羽天皇中宮の待賢門院が再興 花の寺で有名ですが
本尊の阿弥陀如来、地蔵菩薩は迫力満点 近くに待賢門院の御陵があります
   

大菩薩 6.26

上日川峠−福ちゃん荘−唐松尾根−雷岩−大菩薩嶺−大菩薩峠−上日川峠

         聖  赤石  悪沢          塩見          白根三山         鳳凰三山    甲斐駒    鋸

雷岩からは南アルプスが一望  1時間も歩くと素晴らしい眺めが待っています

富士山と大菩薩湖 大菩薩峠
登山競走でなんども登った大菩薩峠は懐かしい景色です
 
富士山を眺めに  6.17〜18

金時山(南足柄市) 

金時神社登山口P−奥の院−金時山−登山口P

登山口の金時神社 おいしい金時水が出ています 金時神社奥の院

いつも賑わう山頂も静かでした あいにく山頂部は雲の中 

大涌谷、仙石原、芦ノ湖、駿河湾、伊豆の山々がよく見えました
   

高川山(都留市)

道の駅つる−天神峠−馬頭観音−高川山−道の駅つる

登山口の郷土資料館 昔は学校 隣の神社
巨石をくりぬいた手水鉢 峠にある馬頭観音
高川山(山梨百名山)富士山は今日も雲の中
   

北陸の山 6・3〜7

大日ヶ岳(岐阜県郡上市)

ひるがの高原登山口−展望台−大日ヶ岳

大日ヶ岳山頂 大日如来が祀られています

大日ヶ岳から加賀白山  一等三角点の山は展望良好

御岳山 
北アルプスと乗鞍岳(右)
 
夜叉ヶ池(福井県南越前町)
2003年、岐阜県側からマラニックで登って以来   今回は福井県側から登ってみました

今庄ICから広野ダムを経由し登山口へ   落石のあるちょっと気味悪い道でした

夜叉ヶ池と夜叉ヶ池山 池にはサンショウウオがいっぱい
   
青葉山(福井県高浜町)
青葉山ハーバルビレッジ登山口−西峰−東峰−熊野神社−登山口
高浜町から眺めた青葉山(若狭富士) しばらく登ると見えてくる若狭湾
青葉山東峰 東峰〜西峰は岩場の続く道
西峰の神社 青葉山西峰(左)東峰(右)
見る場所が変わると若狭富士とは程遠い形
青葉山登山口の中山寺
秘仏 馬頭観音が有名
中山寺境内は眺めも良い
   
多禰寺山(京都府舞鶴市) 多禰寺〜多禰寺山
登山口の多禰寺 飛鳥時代、当麻皇子創建の古刹 多禰寺山は天測点のある一等三角点
若狭湾が眼下に広がる多禰寺山
   

 三陸周辺つつじの山へ

束稲山(一関市)  駒形山展望台−経塚山−音羽山−束稲山

音羽山から焼石連峰

数年前、雪が多く途中で退却した束稲山へ。音羽山は予想外のつつじの山でした。

駒形山から栗駒山
 
徳千丈山(気仙沼市)
本吉側から見た徳千丈山
山頂から三陸海岸
徳千丈山から室根山
気仙沼港周辺はリニューアル。トラックが頻繁に行き来していました
9時前でも開いていた、謙さんのKポートでくつろぎました
 

五葉山(大船渡市) 赤坂峠−五葉山−日の出岩往復

五葉山もつつじの山ですが、まだ赤坂峠付近に咲いている程度でした
山頂付近は山桜が満開でした
五葉山から三陸海岸
五葉山日の出岩付近から早池峰山

鷹生ダムから五葉山、赤坂峠(右端)
 
室根山(一関市)

室根山  山頂付近まで車で行けます。まだつぼみでした。

 
平泉、毛越寺庭園  広くて気持ちのよい庭園はほかにありません

達谷窟 毘沙門天が祀られています


 

2019.4.15〜4.23 熊野古道・紀伊山地霊場めぐり

 












龍門山

根来寺
粉河寺








生石ヶ峰



高野山
護摩壇山





奇絶峡
高尾山







古座の
一枚岩








 


興福寺
中金堂

明日香




山上ヶ岳
天川弁才天



馬越峠
天狗倉山


八鬼山越


大吹峠




大門坂








串本
橋杭岩





樫野岬
潮岬


 

4.11 新倉浅間神社
 前日の雪、車は混雑しそうなので、久しぶりに電車で富士吉田へ。
 大月発の電車は殆んどがアジア系の外国人。右に左に流れる桜に、スマホも右に左に。賑やかな車内でした。
 下吉田から神社の石段を上がれば忠霊塔のあるビューポイント。絵になる場所はほんの一角。順番待ちでした。(約30分)
 新倉浅間神社からの富士山は日本の紹介に良く使われるらしく、外国人が訪れたいスポットらしいです。
 外国人の持つカメラがすべて日本製なのには驚きました。他の国はカメラ作ってないのかな。

 
桜と雪景色 殆んど外国人
   
4.4 天城山 天城高原ゴルフ場-涸沢分岐-万三郎岳-万二郎岳-ゴルフ場
遠笠山   遠笠山入口ゲート-遠笠山               
 
 登山口の天城高原ゴルフ場には登山者用の広い駐車場があって便利です。
 花咲く前の何もない時期ですが、ブナ林が美しい山です。万三郎は一等三角点の山ですが、展望に恵まれないのが残念。 
 万二郎は南側が開け、細野高原や長九郎山が見えるので、少ない休憩ポイントです。
 
 ゴルフ場から1キロほどの遠笠山はついでの山にはお手ごろです。
 宗教法人の敷地ですが、登山者向けの注意事項案内板があるので登るのに差し支えはないようです。
万三郎岳のブナ林 万三郎岳山頂  残念ながら木の間から富士山がチラッとだけ
万三郎岳の一等三角点  
明治から大正に造られ三角点です 
天城山から遠笠山とゴルフ場

遠笠山入口ゲート前の駐車スペースに車を停め柵を越えます 砂利道がぐるり回って舗装になるとすぐに山頂です

遠笠山から天城山の眺めは申し分なし 右万三郎岳 左万二郎岳
   
4.3 暗沢山・高通山 高通公園P−長者ヶ原−暗沢山−P−高通山−高通公園
長者ヶ原 
電波塔が暗沢山
暗沢山も一等三角点
高低、知名度に関係なく設置されているのが面白い

山桜が満開の高通山

登山口から高通山

高通山から波勝崎 石部の棚田

高通山から西伊豆町雲見・富士山
   
4.2 城山・葛城山 道の駅伊豆のへそ−城山−葛城山−黄金崎−道の駅伊豆松崎

城山は巨人軍、長島さんがトレーニングで登った山で、登山口には説明版がありました
葛城山の背面登山口を登ると、楽な道から一転。転げ落ちそうな急斜面に緊張の連続でした

狩野川から城山 葛城山
箱根の山も良く見える城山 城山から富士山
長岡の町 葛城山付近は桜が満開
西伊豆・黄金崎

強風にわずか10分ほどでフロントガラスは塩だらけ 道の駅花の三聖苑伊豆松崎

3,25 小倉山(甲州市) ザゼンソウ公園-小倉山-上条山-船宮神社-ザゼンソウ公園
 ザゼンソウが咲く甲州市の小倉山へ。道の駅まきおかから15分ほど。ザゼンソウ公園に広い無料の駐車場があります。
 小倉山に登る沢沿いに遊歩道が設置され、まわりにはザゼンソウが咲いています。時期的に遅いらしいのですが、けっこう咲いていました。
 ザゼンソウに別れを告げ、開けた沢を登り尾根に出て、しばらくで小倉山です。千メートルにも満たない山ですが、展望は大満足でした。

ザゼンソウ 小倉山山頂の展望台

甲斐駒 仙丈ヶ岳は真っ白

白根三山
   
3,24 御殿場〜甲州市 大善寺
 箱根の金時山へ登る予定で御殿場ICを出ると当たりは真っ白。乙女峠を登ってゆくと立ち往生の車もあって雪が増えてきました。
 冬タイアを着けていても気を使います。登山口の乙女峠駐車場は5センチくらいの雪で閉鎖中。戦意喪失で金時山は即中止。
御殿場ICを出ると真っ白。乙女峠Pは雪で閉鎖 道の駅すばしり
釈迦堂から金峰山 甲府盆地と白根三山
大善寺山門 薬師堂(国宝)
   
3.17 猿投山(愛知県豊田市)
 豊田市の猿投山は、高尾山と似ています。簡単に登れ、眺めも良く、道も歩き安く、わき道も多かったです
 
猿投神社 誰かが落書きしたみたい・・・落書き禁止の看板がありました
山頂付近の巨石 七滝沿いの遊歩道
   
3.16 久能山東照宮
   

極彩色の社殿

模型の奉納・静岡は模型の発祥地
東照宮の修復で全国から優秀な職人が集められ、その後学校教材
から模型へ。バンダイ、田宮模型多くの企業が静岡県にあるそうです

   
3.16 足助(愛知県豊田市)
足助は紅葉で人気のようです。今の時期、飯盛山の山麓にカタクリが咲いていました
足助村(観光施設)も春の気配
細い路地が古い町らしい

猪鍋料理の入口

山城の足助城 城からは足助の街が一望
   
 3.15 八高山(浜松市)
黒俣-白光神社-八高山-小天狗-黒俣

森掛川ICから1時間ほどの登山口黒俣の駐車場(5〜6台)車を置いて出発。
古い神社を過ぎ、すぐ山頂に到着。南アルプス南部の山を眺めることができます。
白光神社
役の行者がこの地に入った記録があるとか、古い神社です
一等三角点の八高山
今流行の静岡百名山です
南アルプス南部の山々が良く見えます

3.12 東慶寺  

江戸時代も離婚が多かったようで、東慶寺は駆け込み寺で有名。境内に持っているものを投げ入れれば、身が守られ、法を犯して、妻を連れ戻しに来た者は厳しく罰せられたそうです。駆け込んでも保護されない現代より立派。ただし、鎌倉にたどり着くのが一苦労だったようです。
   
 2019・3・8〜9 ぐるっと富士山
伊豆長岡-葛城山-発端丈山-ゲートウェー函南
浅間大社-朝霧高原-三湖台-道の駅なるさわ

パノラマパークから葛城山 修善寺道路の頭上を通る葛城山ロープウェイ
葛城山・沼津アルプス 発端丈山
道の駅ゲートウェー函南 富士山本宮浅間大社

静岡県富士山世界遺産センター展望フロアの富士山はお勧めです 

道の駅朝霧高原 三湖台

道の駅なるさわ 降雪直後でぐるりと真っ白でした

2019.3.5 相模原グリーンハウス
相模原公園の桜が満開 グリーンハウス(温室)にはめずらしい花が咲いていました。

相模原グリーンホール

アリストロキア サルヴァドレンシス(中南米) クレロデンドルム クアドリロクラレ
2019.3.1〜3.2 秩父の花めぐり
 秩父の低山へ。今見頃の花を見に出かけました。もう、陽射しは春でした。

 小鹿野町、四阿屋山のロウバイ園から武甲山

 福寿草も見ごろ
四阿屋山麓に自生するセツブンソウ
蓑山のロウバイ

2019.2.23〜26 身延線沿線の山

 雪のなさそうな身延線沿線の山へ。道の駅とみざわで車中泊し、思親山登山口の内船公園に駐車。
 佐野峠まで車でも登れますが、待避所もなく、すれ違い困難らしいので、下から歩きました。
 佐野峠に着くと目の前に富士山がぱっと現れ、しばらく山道をたどれば思親山到着です。
 北口とちがって雪が少なく、黒々した大沢崩れは崩落がかなり進んでいるように見えました。
 いずれ、磐梯山のようになってしまうかも。南部の湯に寄って、富士吉田へ。

思親山(1030m)山頂

真っ白なのは南アルプス悪沢岳か?

思親山から富士山、愛鷹山 南側は雪が少ない

来月一部開通する中部横断道路(本栖湖へむかう国道300号より)

 2019年度に新東名〜中央道がつながり、選択肢が増え、便利になりそうです。
   
2019.2.22 はやぶさ2 記者会見

 はやぶさ2の延期されていたサンプル採取の記者会見がありました。
 遅れを取り戻すために毎秒10センチの下降速度を、4倍ほどにしたとか、いろいろ興味深い話が聞けました。
 りゅうぐうに到着してから、想定されるトラブル対策などに備えいろいろなシュミレーションをしていたそうです。
 最近、想定外と簡単に答えるケースが多いですが、JAXAの想像力を見習ってほしい。
 3億4千万キロ彼方のはやぶさを遠隔操作する覚悟も感じた記者会見でした。仕分けされなくてよかった。
 どんなサンプルを持ち帰ってくるか。無事帰還を願うばかりです。

   

JAXAの記者会見 ロケットも展示されています
   
2019.2.21 八菅神社〜鳶尾山
 山を下りて時々寄る、鳥居原園地。かき揚げ丼を食べに宮ヶ瀬湖へ。
 野菜のかき揚げがたっぷり乗り、ご飯はちょっと少なめで適度な分量。(750円)
 お腹を満たして、厚木の鳶尾山へ。登山口の八菅神社から30分ほどで山頂に到着。
 日本で最初の一等三角点の山だけあって気持ちの良い眺めです。
山岳信仰で栄えた八菅神社 桜の頃はピンクに染まる
2019.2.17 青梅マラソン

一年は早く、もう青梅マラソンの日。今年はめずらしくスタートを待つ陽射しが暖か。
ちょっぴりの体調不安に、マラニックペースでスタート。

折り返すと応援エイドが増え、20キロ近くで男の子とお姉ちゃんらしい二人が手を出します。
「ありがとう」男の子から小さな飴の包みをもらうと「やったあー」。後でお母さんもにっこり。
口に入れると甘酸っぱいラムネの味と幸せな気分が広がりました。

柚子饅頭、チョコ、バナナ、日向和田の太鼓エイドでヤクルトをいただけばあと一息です。
今年は3時間を越えましたけど、春を感じながら楽しく走った青梅でした。

 
2019.2.14 飯山観音・白山

坂東札所、飯山観音からわずかで登れる白山。湘南海岸、江ノ島、三浦半島など
海が良く見え、ランドマーク、スカイツリーなどビル群も良く見えました。    
   

白山展望台から江ノ島
 
2019.2.12 高取山

 高取山のベンチには、誰が作ったのか可愛い雪だるま。雪は殆んどなくなっていました。
 陽射しも少し暖かくなったような気が。冬タイヤを外せる日が待ち遠しい。
 
2019.2.4 奥武蔵丸山・芦ヶ久保氷柱
 山岳軍団ハイキングの翌日は秩父へ寄り、芦ヶ久保の氷柱を見て、展望のよい丸山へ陽だまりハイク。
 山頂付近は雪が融けて水溜り状態。木陰はカリカリ。山頂の眺めはいいのですが、特に両神山が素晴らしいです。

丸山から両神山

芦ヶ久保の氷柱
 
2019.2.3 天覧山〜日和田山
 山岳軍団の陽だまりハイキング。KENさんのナビで天覧山から日和田山へ。
 巾着田ではロウバイや梅の香りに春を感じて、のんびり楽しい一日でした。

日和田山から巾着田
 
2019.2.2 鎌倉鶴岡八幡宮・宝戎寺
 お正月は混雑していたので、鶴岡八幡宮へ遅い初詣。そのあとすぐ近くの宝戎寺を参拝。
 後醍醐天皇開基の宝戎寺。ご本尊の地蔵菩薩は優れた面立ちで、いつも参拝するとほっとします。

梅が満開の宝戎寺
 
2019.2.1 高取山
 今年初めて山が白くなったので、展望の高取山へ。300m過ぎたあたりから雪で、山頂は約10センチ。
 風が強かったのか、標識も雪化粧。キュッキュと感触を味わいながら雪と戯れてきました。

雪化粧した高取山
 

 

2019.1.30 幕山〜南郷山

 伊豆のへそで車中泊し、湯河原へ移動。海を見ながら走るのは気持ちいいです。
 湯河原町の幕山公園に着くと梅園の駐車場は満杯。少し下に戻って駐車。
 週末からは梅まつりで、気の早い梅もけっこう咲いていました。
 梅園の賑わいを過ぎ、山の上まで来ると人にも会わない静かなエリア。真鶴半島が一望です。

南郷山から真鶴半島、初島
 
2019.1.29 伊豆達磨山・金冠山
 9月に頼んだ車が先週納車。色々なアシスト機能を東名で試しながら、伊豆の山へ。
 伊豆稜線歩道は風が冷たいけど、富士山や南ア。沼津アルプスもよく見えました。 

達磨山から富士山、駿河湾
 
2019.1.26 高取山
 今年初めての高取山。宮ヶ瀬湖の後の甲斐駒は雲が多くて見えませんでした。

高取山

 
2019.1.17 浅草寺
 両国へ芝居見物の前に浅草寺へ。大賑わいの雷門。外国人観光客で溢れていました。 
 御朱印を頂くのも長い列。以前、あまり並んだ記憶はなかったのですが・・・最近、有名なお寺は何処も混んでいます。

浅草寺

 
2019.1.16 神田明神
 神田明神を参拝し、ウォーキングで上野西洋美術館のルーベンス展へ。平日でも結構人がいました。
 ルーベンスといえば、フランダースの犬でネロが観たかった画の記憶が。ちょっと期待はずれでした。

ビルに囲まれた神田明神
 
2019.1.9 佐原市・伊能忠敬記念館
 鹿島市から香取神宮や水郷佐原を散策。山車会館では江戸後期名工の技を見られました。
 伊能忠敬記念館で見た当時の地図は今の地図と殆んど同じでびっくりです。
 さらにびっくりは、伊能忠敬50歳の時、江戸の天文方に弟子入り。その後測量を開始したことでした。
水路に沿って古い町並みが続く佐原の街
 
2019.1.8  筑波山から霞ヶ浦
 丹沢から見ている筑波山から、丹沢を見ようと出かけました。ケーブルカーで山頂付近までいけますが、下から登ると
 山頂が近づくにつれ、急な岩場ので低山とは思えないきつさでした。丹沢は霞んで、シルエットを何とか確認できました
筑波山から霞ヶ浦
 
2019.1.4  丹沢大山から富士山と南アルプス
 富士山は何処から見てもいいですね。いつもお正月はすっきり晴れて、気持ちよい眺めです。
 大山裏山頂(神社の反対側)は人も少なくお勧めのポイントです。日向薬師に下って参拝。
三の塔と富士山
 

2019.1.2  鎌倉アルプス太平山から筑波山

 2日も毎年鎌倉へ。直通電車で港南台からスタート。円海山〜天園を過ぎ、岩場を登った太平山からは良く見ると、ラ
 ンドマークとスカイツリーの間に筑波山を発見しました。鶴岡八幡宮は凄い列でパス。
大平山からは筑波山が見えた
 
2019.1.1  陣馬山〜高尾山初詣
 毎年、1日は高尾山で初詣です。午前0時の山頂は大混雑ですが、明るくなると人が減ります。
 それでも、参拝は長い列が出来るので並ぶ覚悟がいります。今年は陣馬山から高尾山へ向かいました。
陣馬山からの元旦の富士山