10.7 中禅寺湖畔 高山1667m 赤沼−高山−西ノ湖−赤沼

紅葉を見に日光へ 戦場ヶ原の草紅葉も枯れて今年の紅葉は色づきが悪そう 中禅寺湖周辺はまだまだ
標高の高い戦場ヶ原は紅葉が始まっていた 所々きれいな葉も
眺めはないけど静かな高山 千手ヶ浜あたりは紅葉とは無縁まるで新緑のよう
千手ヶ浜から男体山 千手ヶ浜の奥に静かな西ノ湖
   
10.6 社山 1286m 歌ヶ浜−阿世潟−阿世潟峠−社山−歌ヶ浜
 
中禅寺湖畔の英大使館別荘 三角形の社山
 以前キャンプ場もあった阿世潟 今賑わいは無い 阿世潟峠
男体山、中禅寺湖 紅葉はほんの一部のみ さらに登ると戦場ヶ原も見えてくる
かなり登ると山頂部が見えてくる 社山

山頂西側に展望地 庚申山(中央)〜皇海山(右奥) 
   

2020.9.30 精進湖〜精進湖登山道一合目往復
歩いたことのない精進湖登山道へ 8月に探して見つからなかったフジテンリゾートからの合流を確認
前回倒木に阻まれた場所を強行突破するとすぐに鳴沢林道に合流し精進湖登山道NO10に出ました
パノラマ台入口近くの県営駐車場をスタート しばらく東海自然歩道に沿って進む
青木ヶ原樹海の一角はうっそうとしてます NO17標識で精進湖登山道に合流し広い道が続く
樹海の道は景色が変わらず単調で疲れます ゆるい下りは走れますが岩がごろごろなので要注意

NO14標識で林道と交差

大室山付近の富士風穴

一合目に近づくとあたりが開けてくる NO10の標識がある一合目 精進湖から10キロほど

精進湖から子抱き(大室山)富士
   
2020.9.29 富士山五合目  吉田口馬返し〜五合目
夏に閉鎖されていた吉田口五合目までの登山道が9月26日から解除されました
1/2登山キャンペーン開催中 歴史を感じる登山道で、緑が気持ちのよい道でした



認定書、手ぬぐいなどいただきました


馬返しの鳥居をくぐり出発
狛犬ならぬ猿がお迎え

馬返しには禊場所、苔むした石碑が所狭しと並んでいます

四合五勺の御座石
閉鎖中の登山道 五合目付近の紅葉を初めて見ました
馬も寂しそう? ガスの切れ間から山頂が見えました

こんな静かな五合目は初めてです バスや人に隠れて見にくかった南アルプスがくっきり

五合目古御嶽神社、浅間神社北口本宮を参拝
   
9.18 南山
今年は天気が悪く、なかなか長距離の山行がかないません
久しぶりに南山へ行くと山頂はススキがのび放題 昨年と同じ頃の違いです
登山道はススキに覆われ、クモの巣に絡まれながら進む 宮ヶ瀬ダムは入場可能な場所が少し増えていました
   

   
8.31 倉見山 町民グラウンド−さすの平−倉見山−堂尾山公園−クマガイソウ群生地−町民グラウンド
小金沢山登山口の大峠は予報に反しガスで霧雨 雨を避け登ったことのない倉見山へ予定変更
登山口の西桂町民グラウンド・倉見山 しばらく中央道に沿って行く 三つ峠は雲の中
登山道入口の厄神社 さすの平から西桂の町並み
倉見山 残念ながら富士山は見えませんでした 堂尾山公園付近から富士吉田市街
   
8.26 竜ヶ岳 キャンプ場−石仏−竜ヶ岳−キャンプ場
今年の富士山は眺めるといろいろな景色がよみがえります

竜ヶ岳山頂 広い山頂を独り占め キャンプ場はほとんど水着の人でした

南アルプス南部がずいぶん近く見えます 聖岳〜赤石岳〜荒川岳
   
8.25 大菩薩嶺 上日川峠−石丸峠−大菩薩峠−大菩薩嶺−上日川峠
今年の夏は天気が悪く晴天が続かない 貴重な晴れ間に富士山見物
小屋平付近のマルバタケブキ 石丸峠からの富士山
石丸峠から熊沢山を越えれば大菩薩峠 登山競走で何度も登った峠 桃をもらったのが懐かしい
雲が多く南山アルプス甲斐駒がやっと見えたくらい 大菩薩嶺
   
大菩薩を下り富士吉田へ 吉田口馬返しから5合目も入山禁止 規制のない精進湖登山口から登れないか1合目
にほど近いフジテンリゾートに移動 精進湖からの道に合流できれば5合目まで登るつもりで探すもみつけられず
神社もあり登山道へ合流可能? それらしき道も荒れ放題 倒木に行く手を阻まれる 一度は登りたい精進湖ルートです
   
8.19 蓼科山 七合目登山口−蓼科山
岩に覆われた広い山頂は360度のながめ 短時間で登れる素晴らしい山頂です
7合目登山口 将軍平蓼科山荘
御嶽山 山頂の蓼科神社奥宮
南八ヶ岳 両神山

志賀方面〜浅間山
南アルプス 山頂ヒュッテ・荒船山
   
8.18 志賀高原笠ヶ岳・池めぐり 熊の湯−笠ヶ岳−前山−裏志賀山−ひょうたん池−木戸池−熊の湯
夏は高原が一番 池めぐりは40年ぶり 
しばらく熊の湯スキー場のゲレンデを登る スキー場はヤナギランが満開
笠岳峠から急登 山頂直下は急な岩場
300名山・笠ヶ岳山頂 熊の湯から眺めた笠ヶ岳
前山から笠ヶ岳 ちょっと遅いワタスゲ
志賀四十八池をめぐりながら裏志賀山へ
裏志賀山から赤石山、大沼池 ひょうたん池

志賀山から槍ヶ岳
   

8.17 野反湖周辺の山  キャンプ場−三壁山−かもしか平−エビ山−キャンプ場−志賀高原

数年前、対岸の白砂山登山以来  キスゲの頃に来たかったのですが連続雨予報 やっと来れました

榛名山、六合村経由で野反峠に出ると野反湖が広がり、風もさわやか
登山口の野反湖キャンプ場 三壁山に近づくと野反湖が

富士山がよく見えました 浅間隠山、鼻曲山 富士山の手前は奥秩父国師岳あたり

エビ山から草津白根山 かもしか平 7月は一面キスゲが咲くらしい
エビ山から浅間山 ハクサンフウロの咲くエビ山
湖畔のウメバチ草 横手山 志賀草津道路の白根山付近は駐停車できません
 
8.16群馬県の古墳めぐり
綿貫観音山古墳(群馬県高崎市)
野反湖へ向かう途中、群馬県の古墳群をあちこち見学。 出土品は大和の古墳と遜色ない立派なものでした
群馬県にこんな立派な古墳群があるのをはじめて知りました、地方の博物館は人も少なくコロナ時代の見学にぴったり
綿貫観音山古墳 石室 隙間もなくしっかりした作り
観音山古墳の出土品が今年国宝に指定 群馬県立歴史博物館に展示されてます
盗掘を免れ、3300点以上の出土品のなかには朝鮮半島や大陸のものと類似するものもたくさんありました
   
総社古墳群(群馬県総社市)
総社古墳群の一つ蛇穴山古墳 総社歴史資料館
   
保渡田古墳群(高崎市)

保渡田古墳群の八幡塚古墳 近くに古墳が点在し、かみつけの里博物館で埴輪など見学できます
後ろに見える榛名山群の噴火で埋まっていた古墳です
古墳の上からの眺めも良いです 発掘される前の風景(博物館の案内より) 

この方角から眺めるのが立派に見えるようです
   

8.4〜6 飯盛山〜湯の丸高原〜美ヶ原

7月はコロナの影響より梅雨の悪天で、山に行けたのは2日だけ。梅雨が明け、暑さを避け高原めぐり

湯の丸高原に向かう途中で飯盛山へ 八ヶ岳は見えず 飯盛山から清里の町並
1700mの湯の丸高原スキー場にトラックができ、クロカンコース
が整備されてました 県外の人も利用可能 
烏帽子の登りでシモツケソウ
稜線に出ると小烏帽子 烏帽子岳山頂
烏帽子岳から湯の丸山 湯の丸山から烏帽子岳 烏帽子の名が付いた形

湯の丸山頂の眺め

湯の丸高原の次は美ヶ原高原2000m近いので明け方は寒かった

美ヶ原高原
   

   
6.24 雁ヶ腹摺山(大月市)  大峠〜往復
久しぶりに県を越えた移動  一台先着があったけど誰にも会わず

大月インターから30分ほど 大峠登山口
峠までは舗装で走りやすい

大峠は富士山のビュースポットですが、雲の中

小金沢方面入口の東屋 雁ヶ腹摺山は東側の登山口から
大峠から真木小金沢林道は現在通行止め
梅雨時の森は湿気はあるけど、ひんやり気持ちいい 雁ヶ腹摺山 五百円札の富士山はここからの眺めです
今年は富士山に登れないので眺めに来たのですが残念
   
大野山

今年の富士山は眺めるだけ。東名都夫良野トンネルの真上にある公園から富士山を見に行きました

都夫良野公園から眺めた大野山 新東名の工事現場が見えました

大野山から富士山
大野山もウツギが満開 丹沢湖・西丹沢の山
   

南山 

県立公園もやっと開放、全国移動出来る日が待ちどうしい

南山から宮ヶ瀬ダム 山頂付近はウツギの花がいっぱい

ウツギ

八坂神社−供養観音−平代山−堂所山−監視所山

八坂神社(天王宮) 平代山
堂所山から大菩薩方面  津久井城山・小倉山
供養観音 監視所山の防空監視所跡
昭和中ごろまで疫病で亡くなった人を荼毘にふした場所
富士山を目標に飛来し、甲府、大月上空から東京に向かうB29
を発見通報し、防空体制をいち早く準備するための監視所   
 
南山   宮ヶ瀬湖、丹沢の峰が一望でき、よく出かける山頂です

南山から小金沢連峰 
   
相模原公園      小規模ながらネモフィラが咲いています

   
城山湖周辺 県を跨いだ移動自粛で市内中心に活動

スカイツリーがよく見えました

            筑波山

日光連山 うかい亭も休業中
   

   
4.11 泰光寺山・城山湖(相模原市)
城山ダム−泰光寺山−ニリンソウ群生地−草戸山−城山ダム

西山峠付近のニリンソウ群落
ニリンソウ 城山湖
   
4.10 津久井城山(相模原市)
しばらく遠出を自粛し市内中心に行動
ミミガタテンナンショウ ミツバツツヂ
イカリソウ サクラスミレ

城山からランドマーク・仏果山高取山

   
4.9 生藤山・醍醐丸(相模原市)
県立鎌沢駐車場−佐野川峠−三国山−生藤山−醍醐丸−鎌沢駐車場
県立鎌沢駐車場 10台位駐車可能 登山口の登里集落は桜が満開
登里のしだれ桜 三国山の桜 テングス病で以前より減ったみたい

三国山 何度も何度も通過した懐かしい場所  山で会ったのは2人だけ

ミツバツツヂも咲き始めました 御前山・大岳山
   
山中湖パノラマ台
富士山を見るとほっとします

山中湖から明神峠を越えて帰宅 ワインディグロードはライダーで賑やかでした
   
4.4 貫ヶ岳(山梨百名山)山梨県南部町
富士山も今回は雲の中 人にもまったく会わない山でした
登山口中沢集落には広い駐車場があって便利 登山口から眺めた貫ヶ岳
登山口付近から見える南アルプス 貫ヶ岳山頂
   
大法師(おおぼし)公園 山梨県富士川町

山全体が桜で埋まってます
桜の名所も人影まばら うっすら富士山も見えました
桜まつりは中止ですが、社会の営みに忖度なしで咲いていました

大法師公園から八ヶ岳
   

3.24 杓子山・鹿留山(忍野村)鳥居地峠−高座山−杓子山−鹿留山
富士山の雪が多い3月は美しい姿で会えます 杓子山はウルトラトレール以来
鳥居地峠から登りだすと高座山が見えてきます 振り返れば富士山 急だけど気持ちいい尾根です
雪をまとった宝永山 南アルプス・富士吉田

杓子山 360度の展望 

巨木のある鹿留山 静かな山頂です
   
3.23 文台山(都留市)
富士山の見える山も、一時みぞれ 富士山と対面できず
未舗装の林道を登って登山口 1台がやっと 丹沢と似た風化した登山道
山頂は展望の乏しい文台山 地味な三角点
   
3.13 愛川公園−南山−権現平−韮尾根−愛川公園
愛川公園は平日でも大賑わい 親子連れが目立ちました 宮ヶ瀬ダムは入場禁止で人影なし
あせびが満開 アカバナ三椏  赤いのはめずらしい
南山から宮ヶ瀬ダム 人の姿が皆無 つつじがそろそろ咲き出しました
   
3.11 大山 日向キャンプ場−見晴らし−大山 往復
3月7日開通した伊勢原大山ICを利用して大山へ 圏央海老名南JCT経由で貸切のよう
伊勢原大山ICを出ると大山は目の前 見晴らし付近は三椏が咲いてます
真鶴半島と伊豆半島(奥) 大山から南アルプス 富士山は雲の中
   
3.6 丸山 芦ヶ久保−丸山−金昌寺
丸山は眺めがよく、周辺の見所も多く、秩父ではお勧めの山です 
芦ヶ久保果樹園村付近は梅が満開 武甲山 ふっくらした山容が年々変わって行くのが残念
丸山から両神山・白い峰は八ヶ岳 秩父4番札所金昌寺 
境内にはおびただしい数の仏様が点在しています
   
3.5 法性寺(秩父札所32番・小鹿野町)
お寺の山全体が岩盤の表面に形成される風化穴(タフォニ)で成り立つめずらしいお寺です
法性寺山門  タフォニの中にお堂が
風化した岩屋にお堂や仏様が祀られています
急な岩場を登るとお船岩に祀られた観音様 お船岩から武甲山
   
3.3 日向山(厚木市) 七沢森林公園−巡礼峠−むじな坂峠−白山 往復
七沢森林公園は三椏が満開で柔らかな香りが漂っていました アップダウンで軽いトレランコースです
丹沢周辺はあちこちで三椏が満開です
巡礼峠 坂東札所を巡る巡礼道です 日向山の眺め
   

2.20 伊豆稜線歩道・西伊豆スカイライン
伊豆稜線歩道に沿ってスカイラインが通っているので所々で簡単に山頂に立てます
仁科峠から西伊豆スカイラインをドライブ 土肥駐車場から登った伽藍山はスカイラインが通過
達磨山から戸田港 西伊豆スカイライン・金冠山
   
2.19 河津桜

想像していたより静かでした 
河津桜の原木 菜の花も満開
かっぱの寺栖足寺  
   
観音山石仏群(河津町) 湯ヶ野−梨本−観音山石仏群
山道は殆ど人が入っていない様子 下りで道を失いそうになりました
湯ヶ野町営Pから出発 道沿いの石碑
苔むした石仏に往時の賑わいを感じる 六地蔵

観音山石仏群

荒れ放題の登山道を登り到着
   
2.18 大平山 伊東マリン−丸山公園−大平山−柏峰−伊東マリン
丸山公園から山道へ 江戸築城の採石場跡 (加賀前田家の印)
大平山から富士山 柏峰から小室山
柏峰から大室山 伊東の町、初島を見ながら下山
   
2.12 城ヶ島 久しぶりに城ヶ島は風が強くて寒かった

城ヶ島から富士山
城ヶ島灯台 馬の背洞門
房総半島 伊予ヶ岳・富山 城ヶ島のニホンスイセン(八重品種)
   
2.5 嵯峨山(富津市) 小保田−下貫沢−すいせんピーク−嵯峨山
千葉の低山は倒木がひどくどこも一苦労 嵯峨山を目の前にして倒木がひどく撤退
下貫沢付近の水仙群落の写真を見ていったのですが水仙は殆どなし(写真は10年前のものでした)
道の駅のニホンスイセン 一番ひどかった嵯峨山の倒木
水仙ピーク 以前付近は水仙の群落があったらしい 山頂付近の瘠せ尾根
珍しい国土調査の図根三角点(昭和30.40年代頃) 登山道は河津桜が満開でした
   
2.4 伊予ヶ岳(千葉県南房総市)
登山口平群神社 人気の山だけあって倒木が整理されていました
伊予ヶ岳山頂

片側は切れ落ちている

伊予ヶ岳から富山

下山後近くの笑楽の湯へ

   
大日山(千葉県南房総市) 登山口−大日山−坊滝−登山口

台風被害の復旧も山は殆ど手付かずの状態 大日山も林道側に通行止めの表示があったので尾根側から入山

登山口に立派な駐車場があります 登りだすと倒木だらけ
大日山山頂の大日如来像 大日山から富山
すぐ近くにある伊予ヶ岳 山頂から通行止めの林道を下るとかなりひどい状態
倒木を登ったりくぐったり一苦労 増間ダムの梅が満開
   
2.3 チバニアン(千葉県市原市)地磁気逆転の地層
地磁気逆転の地層 ビジターセンター
洞窟を抜けると 滝に出ます
   
大福山(千葉県市原市) 養老渓谷−上古屋敷−大福山
梅ヶ瀬渓谷からの道は通行止め 起伏のない眺め
不思議な雰囲気の狛犬? 大福山山頂の白鳥神社
   

清澄寺(千葉県鴨川市)

清澄寺(日蓮宗) 宗派の変遷があったのでいろいろな仏様を拝観できます
弘法大師の石碑 大日如来の石仏(真言宗の本尊)
日蓮上人が初めて「南無妙法蓮華経」を唱えたところだそうです 麻綿原高原への林道は通行止めで行けませんでした
 

清澄寺、笠森観音ご朱印  達筆で美しい
   
笠森観音(千葉県長南町)
坂東札所・笠森観音 子育て楠 通り抜けるとご利益があるとか
   

   

1.25 鐘ヶ嶽(厚木市) 広沢寺P−覗きの松−浅間神社−鐘ヶ嶽−山の神隧道−広沢寺P

鐘ヶ嶽付近は修験の場所だったので今でも石仏、供養等など多く点在します

        浅間神社入り口

 
 鐘ヶ嶽の名前は、昔、竜宮から上げた鐘を山頂に収められたとか、上杉
 定正の山城で、合図のために鐘を置いたとか、案内がありました

登山口の浅間神社入り口

丁目ごとに仏様の道案内

勢至菩薩石仏 S56年頃の石仏

低い山ですが、山頂に近づくと岩が目立ってきます 大岩の安置された阿弥陀様

山頂の浅間神社 鐘ヶ嶽山頂
   

1.16 京都怨霊鎮めの神社めぐり

上御霊神社
 不運のうちに亡くなった神霊を祀ったのが起源とされています 
        崇道天皇、橘逸勢、吉備大臣ほか

怨霊を鎮めの神社は独特な雰囲気がありました

境内で勃発した畠山家の家督争いが応仁の乱に発展

   
水火天満宮  菅原道真の霊を鎮めるために創建された

登天石   菅原道真が天に昇ったとき立っていた石を祀る  

   
白峯神宮
 悲運の運命を辿った崇徳天皇が祭神  蹴鞠宗家邸宅地跡だったことから゛まり大明神゛も祀られ、スポーツ関係者が多く参拝

白峯神宮 鈴を鳴らしてから参拝します
崇徳天皇歌碑 サッカーの元祖
   

三時知恩寺 冬の特別公開 怨霊とは無関係

初めて拝観  何種類もの派手な朱印はすべて書置きで高い。ブームに便乗しているようで、ちょっと残念なお寺でした

三時知恩寺

珍しい扉止め
   
1.15 甲山・神呪寺(かんのうじ)  仁川−森林公園−甲山−神呪寺−甲陽園

仁川駅から仁川に沿って山に向かうと甲山が見えてくる 登山口にある地すべり資料館
資料館を見下ろす公園に地すべり犠牲者の慰霊碑がありました 森林公園見晴台 阪神競馬場が見えました
森林公園の石丁場 大阪城の石を切り出した場所です 広々した甲山山頂

神呪寺 平安時代初期、淳和天皇の頃に開創された古刹 甲山中腹にあります

   
聖徳太子縁の寺  大聖勝軍寺(八尾市) 蘇我・物部の合戦の地 
物部守屋大連墳 聖徳太子古戦場大聖勝軍寺

大聖勝軍寺太子堂 椋の木に祀られている太子像
聖徳太子に物部軍が迫ったとき、椋の大木が裂け、その空間に隠れ、難を逃れることが出来たといわれる椋の大木
   

聖徳太子縁の寺  勝まん院(大阪市) 愛染明王が祀られ、恋愛成就、愛嬌開運、商売繁盛の仏様

聖徳太子が建立した四天王寺の別院で、付属施設の施薬院(すべての病人を受容れた)のあったところ
勝まん院 本堂 
   
1.14 須磨アルプス 板宿−板宿神社−東山−横尾山−栂尾山−鉄拐山−旗振山−須磨浦公園−須磨寺
市街地から手軽に登れて、眺めもよく自然豊か、高尾山と似たところがあります
板宿神社 神社あたりから神戸の街が見えてきます

横尾山に続く瘠せ尾根 標高は低いけど風化してちょっと険しいです

すぐ下に市街地が見えるのが六甲らしい 鉄拐山 地元では初日の出で人気だとか

栂尾山を下ると急に住宅街 さらに鉄拐山、旗振山(左)へと続く   中央は淡路島と明石海峡大橋

最後のピーク、旗振山 須磨浦公園にある平敦盛の供養塔
   

須磨寺   源平にゆかりの深いお寺です

須磨寺参道 源平の庭 平敦盛、熊谷直実 一の谷合戦のシーンが再現

須磨寺本堂 奥の院

宝物館には笛の名手、敦盛愛用の゛青葉の笛゛が展示されていました

 
甲子園球場  来たことがなかったので途中下車
甲子園歴史館 高校野球の展示が懐かしかった バックスクリーンからの眺め
尼崎城 駅の近くの公園にあるレンガ造りの建物
   

1.13 蓬莱峡(宝塚市) 

 松本清張の内海の輪で知られた蓬莱峡。以前は遊歩道も整備されていたようですが、今は案内もなく、ふみ跡が入り乱れ、わかりにくい。 
 荒れた沢を歩き回って、やっと蓬莱峡にたどり着けました。
特異な景色です 屏風岩

蓬莱峡・背後の山は六甲山
   

1.9 相模湖−与瀬神社−矢の音−虎杖沢の頭−藤野

陣場山の手前にあって人も少ない静かな一角です
与瀬神社 少し登ると相模湖が見えてきます

矢の音 気持ちのいい尾根道

富士山がずっと見えます 虎杖沢の頭

 

1.4 高取山 眺めが素晴らしい高取山へ初登り

高取山展望

甲斐駒 高取山山頂
   
1.3 大山  伊勢原−大山寺−阿夫利神社−大山−日向薬師−伊勢原
阿夫利神社 茅の輪をくぐって参拝 登拝口でお清めを済ませ大山へ

大山から富士山・表尾根〜丹沢山
雲取山・飛龍山 日向薬師
   
1.1 高尾山初詣 今年も初詣は高尾山へ
薬王院 参拝の長い列 高尾山頂 以外に空いてました

稲荷台から筑波山がよく見えました