the flight of the phoenix
   
    
                               

         
      飛べ!フェニックス
       
 製作・監督/R・アルドリッチ 
 原作/エルストン・トレヴァー
 脚本/ルーカス・へラー   
 撮影/ジョゼフ・バイロック  
 音楽/フランク・デ・ボール  
    
 出演
  ジェームス・スチュワート
  リチャード・アッテンボロー
  アーネスト・ボーグナイン
  ジョージ・ケネディー  
  ハーディー・クリューガー            
        
           141分
     
                              
    
             この作品以降、遊戯性を帯びた映画がアルドリッ
            チのフィルモグラフィーに並び始める。「特攻大作
            戦」「北国の帝王」「ロンゲストヤード」等がそれ
            にあたるが、このような傾向は「飛べ!フェニック
            ス」以前は無かった傾向のものだ。
          
             筋立てとしては、飛行機が人里離れた地に不時着
            し、そこからいかに助かるか、という遭難を題材に
            採った映画で、普通こういう映画は窮地に追い込ま
            れた人間同士の相克を生真面目に描くところだが、
            この映画は悲壮感を描き出すことにポイントを置い
            ているようには見えない。           
    
             登場する人間達はこの危機を「鬼ごっこ」や「缶
            蹴り」のように自分達で独自のルールを創り上げて
            いきながら脱出というゴールに至る遊戯を楽しんで
            いるかのように見える。なによりもフェニックス号
            にある資材で如何に生き延びるかという制限を自分
            たちの遊戯のルール創りの骨子として与えられたこ
            とで皆、生き生きとして見える。        
             ドイツ人の技術者に関するエピソードとそのドイ
            ツ人の言いなりになって組立直した(それもかなり
            乱暴な形態に)フェニックス号が飛んでしまう等と
            いう破天荒な事態はもう本当に子供の遊びの中での
            出来事としてしか捉えようがない。       
    
                    
             フェニックス号  
                                                   
              アッテンボロー&ジミー 

Top / Aldrich... / Filmography / Stuff / Actor / Books / pamphlet Video / Item / Notes / Site map / E-mail