盤上遊戯の世界        更新 2002.2.7
                                    2005.9.15
                                    2006.9.15
                           Omata Mitsuo  oamata@mua.biglobe.ne.jp


世界の将棋                              

チェス(chess)

 世界チャンピオンがコンピュータ(IBM)に敗れたニュースは世界中に流れ注目されました。
人間に勝てるはずがないという憶測や願望が崩れれてしまいました。オセロやチェッカーの事例
をみればコンピュータが勝つのは時間の問題だったのかもしれません。しかし、一時的にコン
ピュータが勝ったからといって人間の実力を上回ったといいきるのはまだ早いようです。

 日本のチェスのレベルは次第に高まっているようです。最近、羽生元名人が世界ののトップ
プレーヤに勝った ニュースがあり、チェスの人気が高まり人口はやや増えているのかもしれません。
 チェス教室があります。おすすめは、ジャック・ピノーさんの教室。朝霞チェスクラブに入会す
ると会報(チェックメイト)が送られてきます。またゲーム団体「盤友引力」のチェス担当の勝原
さんからは武蔵野チェスクラブの案内をしてもらえます。
 
 シドニーのオリンピックで参考種目としてチェスが採用されたといウワサがながれました。
ガセネタだったとのことですが、多くの人が期待をもっていることは否めません。2008年 オリンピック
が北京で 開催となったのでチェス、シャンチ(象棋)が採用される可能性もあります。
 アジア大会では正式な種目となったときいています。スポーツとはなにか? 
  改めて考えさせられます。

 チェスの歴史に関する研究が進んでいます。チェスのルーツはどこにあるか? イスラムの世界
から イベリア半島を経てヨーロッパに普及したというのが有力な説ですが、ロシアにも古い形の
チェスが 存在し、今後の研究の進展が待たれます。ロシアのチェス駒にはルークの駒が船の形を
しているのがあったそうです。

 歴史に興味あるか方は、「遊戯史研究11号、12号」の増川宏一の論文「美術工芸品として
のチェスの駒」をぜひ読んでください。その他、Webで検索すれば世界各地に多数の研究成
果があることがわかります。   (更新 2002.1.28 2005.9.15)
 

将棋(日本将棋:shogi、小将棋ともいわれた)

 将棋は世界に類の少ない駒40枚、盤は9X9のマス目のゲーム。そのルーツは研究されていますが、
まだ不明です。

 平安時代には中将棋とともに公家の間で指されていたことは確実で文献や出土品でおおよその状況
がわかってきています。ただしどこからまたはどんな形態で伝来したかについては諸説あります。

 将棋のユニークさは駒の再使用にあります。他の将棋ゲームは一旦捕獲あるいは殺されてしまうと盤
からはとり捨てられてしまいます。この駒の再使用は、日本の鎌倉室町時代の戦の実態を反映している
ことと推測できます。保元の乱のように兄弟一族が敵味方に別れたケースは稀ではなかったことに関係し
ているはずです。
  一方同一形状の駒を使うことから再使用のルールが生まれたと想像することも可能です。
 歴史についての最近の参考文献は
  「将棋の駒はなぜ40枚か?」増川宏一(遊戯史学会理事)著 集英社 2000年3月発行)など。

  現行の将棋のバリエーションゲームはいろいろ考案されています。
  2002年、中国で将棋のファンが急増、日本将棋連盟の奨励会へ上海からきた中国人の少年が
受験した ほどです。今回は入会できなかったのですが、いづれは囲碁のように外国人プロ棋士が
誕生することで しょう。
  英国では愛好者が多く、将棋の雑誌まで発行されていたほどです。詳しくは、
「NPO将棋を世界に広める会」にお問合せください。

中将棋
 駒の数は92枚、盤のマス目は12X12と大形。取った駒は使えない。駒の数は多く働きは多様です
。特に獅子という駒は強力で2手連続して指す特権持っていて、まさしく戦でのライオンを彷彿とさせます。
古代インドの戦いの場にライオンが登場すると象や馬が萎縮してしまったそうです。獅子は序盤の接近に
威力を発揮します。また合い駒がきかないので、王将をたちまち詰めてしまうこともできます。ただし、終盤
盤面に駒が少なくなり、大走りという強い駒が働きだすとその威力は相対的に落ちてしまいます。

 昭和3年ごろから13年ごろまで中将棋が盛んに指されていたそうです。大山15世名人は好んで指され、
それが将棋の棋力の向上に役立ったと述べておられます。
  しかし、現在、プレイされているのは極少数です。 面白そうなゲームではありますが、時間を要するのが
難点。最近駒(佐藤敬商店製)をいただいたので並 べてみましたが駒の動きを覚えるまでがたいへん。

 2005年1月、日本最初と思われる、中将棋名人が誕生しました。会場は千駄ヶ谷の日本将棋連盟。
 2005年夏から毎月第4土曜日に中将棋の同好会を日本将棋連盟の道場で催すことにしました。
主宰は、日本中将棋連盟東京支部です。


 獅子王というパソコン用対局ソフトがあります(作者は将棋ソフトで有名な山下さん)。
2000年6月三浦、情報処理学会のコンピュータ将棋大会の際、初めて経験しました。コンピュータ
になんとか勝利、ちなみにぼくは初段格です。
 2000年12月2日の遊戯史学会総会で日本中将棋連盟(会長:向井康晃)のホームページの存在
を知りました。
    http://chushogi-renmei.com/  
ルール、通信対局、公式戦。詰め将棋、歴史、リンク集と豊富です。
また中将棋より多数の駒を用いる大将棋や大局将棋もありますが、実際どのように対局されたかは
不明です。駒の数が多いと盤に初期配置させるだけでも容易ではありません。

象棋(シャンチ:xiangqi、中国将棋)

 競技人口はチェスとならび、数億人とみなされています。中国国内では公園などの人だかりの中
で象棋を指している光景に出会います。指すというよりは打つという感じです。正確には「下象棋」
といいます。下手人の下(手を下すの意味)にあたります。

 日本将棋との相違は取った駒の再使用がないこと、駒の数が32個、「砲」など異なった動きをす
  る駒があることです。
  日本国内での愛好者はすこしずつですが増えています。ぼくは日本シャンチ協会の会員で、
 最近、会員有志で西東京支部を設立し、例会(毎月第4土曜日)を練馬総合教育センターで
 開催しています。
 
 象棋について詳しくはメールで説明いたします。あるいは、web検索で、chinese chessと入力を。
インターネットでの対局も可能です。たとえば、Clubxiangqi 
 2000年12月東マレーシアのクチン市で、アジア象棋選手権戦がありました。日本から4人出場。
日本は16チーム中13位でした。2001年12月、マカオで世界選手権戦が開催されました。残念
ながら日本は最下位。
 2005年8月には世界象棋選手権大会がフランスで開催されました。アジア以外での始めての
世界大会となりました。   (2002.2.8、2005.9.15)

チャンギ(韓国・朝鮮将棋)

 象棋の盤駒を利用してもゲームが可能なことから、チャンギのルーツは象棋といえそうです。しかし
駒の動きはダイナミックで面白いゲームとなっています。
   新宿の「コスモ」で月例会(第1土曜日 主催チャンギ東京支部)が開催されていましたが、
コスモの閉店にともない、現在は、毎月第2、4土曜日19:00〜21:00 東大駒場の留学生会館
で行われています。どなたでも参加自由

 チャンギと囲碁は南北統一促進の一助となると思われます。ルールなど 詳しくはメールで説明または
専門のホームページを紹介します。

 2000年8月24日、MSOプレ大会(東京ビッグサイト)で、インターネットによる韓国との国際対局
が実現しました。ぼくも参加し、当然ながら負けましたが、接戦だったと思います。
 12月はじめてチャンギのメッカである大阪桃谷公園でチャンギ対局。公園の屋外に盤駒が常備
されているのに感心。2001年7月にも再度訪れました。 (更新2001.9.26、2005.9.15)
 2005年9月 大阪桃谷公園以外でも対局できる場所ができたそうです。(大田さんの情報)

その他世界の将棋

 タイ、ミヤンマー(ビルマ)、ラオス,カンボジア、モンゴル、インドなどさまざまな将棋が現存し遊ばれ
ています。最近はチャンギを除き、チェスが一般的に遊ばれています。チェス盤を使うチェッカーも人気。
詳しくは梅林勲著「世界の将棋」、岡野伸著「世界の主な将棋」、「マックルック」に紹介されています。
タイのマックルックを含む対局ソフト「世界の将棋Windows版」が市販されています。


囲碁の世界

囲碁 (囲棋 go パドック)

 日本でルールが洗練され世界に広まっています。マインドスポーツとしてチェスとならびオリン
ピック種目に登場することでしょう。現在その推進運動が開始されています。

 日本での囲碁の歴史は古く、「正倉院の御物」に精巧華麗な囲碁の盤石が残されており、中国ある
いは朝鮮半島からもたらされたゲームであることは疑えません。最近では,中国や韓国のレベルが向
上し、日本と対等になったようです。世界最強の女子選手が韓国の棋戦に出場。逆に韓国選手が
中国のリーグ戦に参加とか?
 中国のルールと日本とはやや相違があります。中国ルールのほうが合理的という説があります。いずれ
世界統一の基本ルールが生まれることでしょう。

 アメリカ選手権戦やヨーロッパ選手権戦が行われています。囲碁は日本、韓国、中国のゲームではなく
なり、柔道のように国際的ゲームとなってきました。
 囲碁に関するwebサイトはいろいろあります。インターネットの上では多数の人が参加し対局を楽しんでいます。
囲碁に関するホームページはキーワード「囲碁 go」で検索するとでてきます。

<参考文献・図書>
 ■平本弥星6段著 「囲碁の知 入門編」が2001年4月 発行されました。ベストセラーになりました。
  購入・購読をおすすめします。2001年6月に出版記念囲碁会が東京でありました。
 ■「囲碁の文化誌 ―起源伝説からヒカルの碁まで」 水口藤雄 日本棋院発行 2001年11月 1000円
   著者は「三浦囲碁ミュージアム」館長 遊戯史学会会員

「囲碁散歩」として、「ネットワークテーブル第34号」から小俣がエッセイを連載開始。


連珠への招待

 連珠(renju)は五目並べといわれて盛んに遊ばれていましたが、近年日本では愛好者が限定されてい
るようです。世界では連珠愛好者は増加しています。特に中国で急増。ロシアでも多数の連珠ファンをか
かえています。連珠の世界統一ルールは日本のルールが採用されています。

 1999年は連珠命名100周年にあたり、記念行事が京都で開催されました。マスコミに報道される
機会が少なく関係者は今後の普及を図るべく努力しています。
 2001年8月、京都で連珠世界選手権戦を開催。優勝者=世界選手権保持者はメリティ(エストニア)
連珠指導者として優秀な選手を育てています。インターネットで教室を開設。各国で
この伝統あるゲームの面白さを知り、ファンが広まりつつあります。

 日本各地に連珠の例会がありますので、ご興味ある方はメールしてくださるか、下記日本連珠社
のwebサイトへアクセスしてください。日本連珠社では現在会員を募集中、会員には会報「連珠世界」
を送付します。年会費:正会員 2万円、購読会員 1万円
http://www.renjusha.net/ 
  または web検索で 連珠またはrenjuと入力。
世界各地の連珠サイトがリストアップされてきます。 
2005年7月末から8月初旬、エストニアの首都タリンで世界選手権戦が行われました。日本から13人
出場、岡部7段が7位となりました。優勝はメリティ、プロを目指しているとのこと。

東京の浅草で毎月第1日曜日12:00  浅草連珠会(運営 丸田光治5段)主催の
浅草オープン が開催されています。どなたでも参加できます。
(更新2001.9.22.1.28、2005.9.15,2006.9.15)


その他の遊戯はおって紹介いたします。世界各地にはさまざまなゲームがあります。
参考資料:「季刊 ゆうぎ史 Newsletter of The Academic Society of The Game's History」


http://www.renjusha.net/ (社)日本連珠社 2001年8月京都で世界大会開催

http//:www.nk.rim.or.jp/~saien/RenjuSha/  (社)日本連珠社紹介
http://homepage1.nifty.com/matsurenju/ 連珠苦楽部 松浦浩さんのページ
http://www.nihonkiin.or.jp/ 日本棋院囲碁ホームページ
http://net-kiin.com/index.html ネット棋院 酒井9段が主宰 
http://plaza15.mbn.or.jp/~yss/  コンピュータ将棋と囲碁 山下さんのYSS(AI将棋)と彩のページ
http://www.silverstar.co.jp/  コンピュータ将棋と囲碁 シルバースター(銀星)社
Handtalk,Goemateの陳さんのページ(英文)

日本将棋連盟


柿木将棋
http://chushogi-renmei.com/ 日本中将棋連盟 (東大阪市) 会長 向井康晃   




イベント 予告


イベント 実施済

☆ ゲームマーケット 
2002年3月21日 (木 祝日)10:30より 19:00 台東区民会館9F 
   中古ゲーム用品の販売・オークションなど
   各種ゲームができるテーブルも設営された。
☆ 世界のチェスと将棋展示
2002年1月〜2月    大阪商業大学アミューズメント産業研究所

★第2回新宿ゲームフェスティバル
 2001年11月18日(日)10:00〜16:00
 会場:新宿郵便局9階(新宿駅西口) 入場料:千円(中学生以下無料)
 主催:NPO盤友引力(囲碁サロン宇宙内  TEL:03−3205−1746)
 ゲーム愛好者団体「盤友引力」の主催で囲碁、将棋、チェス、連珠、象棋、麻雀、オセロ、チャンギ、
 ラミーキューブ、バックギャモンその他さまざまな盤上ゲームが展示され、それぞれ上級
 者が初心者にルールを説明し、楽しくプレイを行った。今回はゲームラリーを実施。各種のゲームに参加
 した人が高得点を争った。
  <併設>全日本盲人オセロ全国大会:

★マインドスポーツオリンピアード  例会
 2001年11月4日(日) 13:00〜20:00 会費500円  
 テラハウス 東京工科専門学校 JR東中野駅すぐ
 各種ボードゲーム、カードゲームの愛好者や関心ある人の集い
 ゲーム専門家でコレクター&プレイヤの草場純さんが面白いゲームを紹介

★象棋選抜大会  
 2001年9月22〜23日 於:杉並公開堂
  優勝 趙国栄(中国専業棋士) 2位 山崎秀夫、3位服部

五竜陣大会 優勝 酒井(?)
★第7回世界選手権・第3回女流世界戦・京都オープン・P.S
*スケジュール      会場:
京都市 パークホテル
  日程     http://www.renjusha.net/ 
 結果詳細

2001/8/4(土)  QT(予選) 1−3回戦  − − −
8/5(日)  QT(予選) 4−6回戦 − − −
8/6(月)  QT(予選) 7回戦 − − 開会式
8/7(火)  AT 1−2回戦  1−2回戦 − −
8/8(水)  AT 3−4回戦  3−4回戦 − −
8/9(木)  AT 5−6回戦  5−6回戦  1−3回戦  −
8/10(金)  AT 7−8回戦  7−8回戦  4−6回戦 −
8/11(土)  AT 9−10回戦  9回戦  7−8回戦 −
8/12(日)  AT 11回戦 − ブリッツ大会 閉会式
連珠世界選手権 メリティ(エストニア)優勝

                

世界のゲーム万博〜Battle Of Brain〜
主催:MSO協会 http://www.msojapan.com/
日時:7月28日(土)・29日(日)11:00〜17:30
会場:有楽町/東京国際フォーラム ホールB
囲碁・将棋・その他 世界の各種ゲーム会 、展示品や販売もある
★シャンチ(象棋) 快速シャンチー 戸川杯 MSOロンドン派遣選抜
 
2001年7月20日(金)     会場:杉並公会堂
 主催:日本チャンチー協会(JXA) 事務局長 山田光紀 tel&fax 03-3399-1592
 ロンドン行きは3位の抜井さんに決定、ロンドンでは4位
★シャンチ(象棋) 全日本選手権大会
 
2001年4月29日(日)〜30日(月)  
 
会場:目黒区公民館
 主催:日本チャンチー協会(JXA) 事務局長 山田光紀 tel&fax 03-3399-1592

★連珠 あすなろ杯 初段を目指して 級位者の大会
 2001年3月4日(日) 会場:台東区
★Game Market 2001 来たれ! アナログゲーマー達!
 アナログゲームとは、非電源ゲームでパソコンやコンシューマゲームは対象外)
 2001年4月1日(日) 会場:台東区民会館 (浅草駅 下車5分)
 入場料:500円 (カタログ代を含む)   来場者 450人 盛況
 http://www.ac.wakwak.com/~kmura/GM/
マインドスポーツオリンピアード 第3回例会  第5回 2001年2月18日
リコー杯プロ棋士ペア囲碁選手権戦  
 12月2日(土)予選   12月9日(土)準決勝と決勝  会場:江東区有明TFTホール
 主催:(財)日本ペア囲碁協会
遊戯史学会 第13回総会 (報告は下記)
 2000年12月2日(土)14;00〜16:30   大阪商業大学本館6F大会議室
 講演:水無瀬駒について、  アジアの子供の遊び 
 総会後懇親会 
シャンチ・象棋 NCP(ノンチャイニーズ)トーナメント  
  11月12日 杉並公会堂   酒井清隆さん優勝、2位所司和春さん
第5回国際ゲームパーティ
 2000年11月5日(日)10:00〜16:00
 会場:新宿郵便局9階(新宿駅西口) 入場料:千円(同伴家族無料)
 主催:盤友引力(囲碁サロン宇宙内  TEL:03−3205−1746)
 ゲーム愛好者団体「盤友引力」の主催で囲碁、将棋、チェス、連珠、象棋、麻雀、オセロ、チャンギ、
 ラミーキューブ、バックギャモンその他さまざまな盤上ゲームが展示され、それぞれ上級
 者が初心者にルールを説明し、楽しくプレイをした。
  <併設>全日本盲人オセロ大会:優勝は来日韓国選手  盲人アスリート尾崎さんは3位
    
マインド スポーツ オリンピアード協会(MSO協会)設立
   10月18日(水) 披露パーティ ホテルオータニ タワー「鳳凰の間」
   問い合わせ先:エムエスオージャパン社 http://www.msojapan.com/
                           TEL: 03−5212−3136
東日本大学OB・OG囲碁大会 
 10月8日(日) 9:30〜17:00  日本棋院市ヶ谷
 各大学(13〜5人)のチームでの団体戦  北大、朝鮮大や上海のチームも参加した。
★ マインド スポーツ オリンピアード (プレ大会)
  日本で8月22日(火)〜24日(木)開催  会場は東京ビッグサイト  
  詳しくは エムエスオージャパン社 http://www.msojapan.com/
ラミーキューブ日本選手権大会(Rummikub2000)  
 ・東京大会  7月20日 ・大阪大会 7月23日 ・横浜オープン 8月13日 
 ・決勝大会 9月10日  優勝者は世界選手権大会(パリ)へ招待。
 ・世界選手権大会結果 桑原さんおしくも第3位
   問い合わせ 06-6744-0123(エンゼル商事)
★ 宇宙オープン囲碁大会
 日時 7月16日(日) 11時   会場:囲碁サロン宇宙 JR新宿駅東口徒歩7分、西部新宿駅徒歩2分
 会費 2000円(賞品・コーヒー・席料)
 試合 クラス別4回戦 超初心者クラスあり
 指導碁 ロブハザット(富士通杯世界大会 欧州代表)、吉丸真里(インストラクタ) 指導料:1000円
第4回国際ゲームパーティ
 2000年6月4日(日)10:00〜16:00
 会場:新宿郵便局9階(新宿駅西口) 入場料:千円(同伴家族無料)
ゲーム愛好者団体「盤友引力」の主催で囲碁、将棋、チェス、連珠、麻雀、オセロ、チャンギ、
ラミーキューブ、バックギャモンその他さまざまな盤上ゲームが展示され、それぞれ上級
者が初心者にルールを説明し、実際に楽しくプレイが行われました。
囲碁棋士武宮9段が来場、バックギャモンに興じていました。
昼食時、会場に用意されたミヤンマカレーが人気でした。
 ----------------------------------------------------------------
遊戯史学会 第13回例会出席報告  
 2001年6月30日(土)14:00〜18:00    
   東大阪市 TTSセンター&大阪商業大学アミューズメント産業研究所
 講演 :投扇興の由来と現状 高橋浩徳
     お座敷ゲーム投扇興(とうせんきょう)伝統芸能として捉えるのは疑問で
     単なる遊びとみなしたいとのこと。この遊びは投壷に由来するのではない
     だろうか    
 講演+見学:世界の将棋コレクション展示   梅林勲
      良く整理された展示でわかりやすい。一般公開が可能となった
 懇親会:18:00〜 参加者約20人  
 
          
遊戯史学会 第13回総会出席報告  
 2000年12月2日(土)14;00〜16:30   大阪商業大学本館6F大会議室
 講演:大局将棋の復元について  熊澤良尊(将棋駒製作者)
      駒の総数804枚、種類は208種 盤は縦36目、横36目の巨大な
      完成品をアミューズメント産業研究所に収められた実物を見学。
      駒づくりを楽しむ会の主宰である熊沢氏が制作の目的と経過を説明
 講演:アジアの子供の遊び    池田宣弘(アジア子供プロジェクト)
      ジャンケンや指での数の表現が各国によってそれぞれ異なること。
      詳しくは「アジアの子どもの遊び-身近な国のおもちゃとその遊びかた-」
       編集 アジアこどものひろば 兵庫県在日外国人教育研究協議会 ¥500
 総会:理事改選、会費、学会のPRの件など 報告及び決議
 参観: 大阪商業大学アミューズメント産業研究所資料館
      日本のアミューズメント(コンピュータゲームを除く)の有数の資料館である。
 懇親会 17:00〜18:30  さなざまなゲームに関する話題が飛び交った模様
       森田正司(全日本詰将棋連盟副会長)と江場弘樹(Niftyゲームフォーラム
       マネージャ)と同席。

遊戯史学会例会 参加報告
 日時:平成12年5月13日(土) 14:00〜17:00
 場所:大林組東京本社 品川インターシティB棟3階(JR品川駅東口)
 内容: 「美術的観点から見たチェスの駒  増川宏一
      スライドで歴史的にも美術的にも価値のある各国のチェスの駒についての解説。
      抽象的形の駒が必ずしも古いものではなく、チェスの歴史は今後の研究に待つこと
      多いそうです。
      「アメリカ各州におけるゲーミング規制法の特徴について」 美原融
              ー最近の状況を中心としてー
      ギャンブルは悪かなどの質問があり、日本での沖縄でカジノを開催する構想につい
      ての質疑がありました。米国とことなり日本の社会環境が整うことが実施の前提とな
      るのでしょう。
   *例会終了後懇親会が行われました。       

                      戻り トップページ   前ページ