フランス リムーザン・ペリゴール美食の旅(4) 
                                          2016/3/3(木)~3/22(火)

3月 03日(木)          1泊2日  パリ
   04日(金)~ 7日(月)  3泊4日  ブールジュ(友人宅):パリから南へ約100km
   07日(月)~11日(金)  4泊5日  リモージュ:ブールジュから南へ約300km
   11日(金)~14日(月)  3泊4日  ペリグー:リモージュから南西へ約100km
   14日(月)~17日(木)  3泊4日  ブリーヴ ラ ガイヤルド
   17日(木)~19日(土)  2泊3日  ポアテイエ
   19日(土)~21日(月)  2泊3日  パリ
   22日(火)                 帰国

 昨年11月13日(金)のパリの同時テロで一旦はフランスへの旅行をあきらめていたが、そんなことを言っていたら
これから行けなくなるかもしれないと思い行くことにした。先ずは友人宅にお邪魔し、その後は夫婦2人で気ままに
失敗をしながら美食の旅をした。フランスの田舎の美味しいものをいっぱい食べたが、結局《旅は出会い、旅は人》
であった。思い出を数回に分けて報告をいたします。

*********************

=Brive la Gaillarde(ブリーヴ)= 3月14日(月)~17日(木)3泊4日

3月14日(月)   Perigueux18h10---(TER:普通電車)---19h19Brive la Gaillarde     ブリーヴ泊

 午後からプラントンへ行っていて、ペリグーからブリーヴへは予定より大幅に遅れて到着した。ただ、予約しておいた
ホテルは駅から300m程のところで直ぐに分かった。ドアは閉まっていたが、ガラス戸越しに中の様子が分かり、
ノックするとマダムが元気よく私たち夫婦を迎えてくれた。星なしの個人経営の小さなホテル。「ここは私のお城
ホテル・アンドレア、私の名前なのよ。私はイタリアーノ!」とどこまでも明るく、元気。マダムは重いバッゲージを
持ってくれて、2階の部屋に案内してくれた。部屋は窓の無い暗ぼったい部屋だったが、調度品はまずまず。ホテル
代が安いので我慢するか。

 
《フランス国鉄・ブリーヴ駅》                         《ホテル・アンドレア:陽気なマダムに迎えられた》

3月15日(火) ブリーヴ市内散策                                       ブリーヴ泊
 この旅で、《フランスの美しい村100選》の中で1番初めに指定された《コロンジュ・ラ・ルージュ》へ行きたくなったが為に
ブリーヴに3泊することにした。コロンジュへ行くためにはなかなか難しい。インターネットでバスの時刻表を調べても、見方が
複雑で要領を得ない。朝食をゆっくり済ませ、街をブラブラしながら観光案内所に出掛けた。「ボンジュール」若いマダムが
にこやかに迎えてくれた。「明日、コロンジュ・ラ・ルージュに行きたいのですが、バスはありますか?」彼女は奥の部屋から
バスの時刻表を持ってきてくれた。それは、何のことはない、私が家でインターネットで打ち出したのと同じものであった。
私は、「ありがとうございます。」と言って受け取ったが、「コロンジュ行きは、予約が必要のようです。」と彼女。「明日の
13時30分。2人でよろしいですね。」と言って電話を掛けてくれた。ところが、なかなか通じない。・・・・・・長いことコール
してくれたが、どうしたことか結局出ず終い。バス停を確認して案内所を後にした。

 

 

 ブリーヴは県庁所在地の町である。人口は5万人足らずであるがそれなりに大きい町である。大聖堂を中心に栄えている。
パリからトゥールーズ方面を行き来するときに何回か通ったことはあるが、滞在したのは初めてであった。のんびりした綺麗な
街だ。さすがに美食の町と言われるだけあって、《ホアグラ》や《トリフ)を扱う店や、また、最近ではパリでは惣菜屋さんをとんと
見なくなったが、ブリーヴには何軒かあった。私たちは、昼食用に惣菜屋さんで《鴨肉の赤ワイン煮》を買った。美味この上なか
った。(^_-)-☆
 《ホテルに戻るにはコロンジュへのバス停の近くを通るし、時間が丁度良いので行ってみよう。明日の下見にもなる。》というこ
とになり、ウインドウ・ショッピングしながら、ブラブラとバス停に向かった。5分も待つと、コロンジュ行きのバスが来た。
「ボンジュール、私たちは明日のこのバスに乗りたいのですが、予約が必要ですか?」と運転手に尋ねると、‟NON”
《そうだよなあ。定期バスに予約が必要とは、変だと思った!これで何とか行ける目途が付いた。》(^_-)-☆

  
《土産にブリーヴ生産のホアグラの缶詰を買った》          《惣菜屋のおじさんと》 

3月16日(水) One day trip(フランスの美しい村100選のコロンジュ・ラ・ルージュ)    ブリーヴ泊

       

 

 





 コロンジュへは予定通りバスに乗って出掛けた。ブリーブの町を抜けると緑の丘が続いた。フランスの田舎の美しい景色が車窓を
賑わせ、私たちを楽しませてくれた。30分も走ってバスはコロンジュの村にに着いた。コロンジュは町全体が赤いレンガ造りの建物
でできている。当に、コロンジュ・ラ・ルージュ《赤いコロンジュ》であった。シーズンオフということもあってか観光客もまばら。チョット
寂しい感じである。帰りのバスまで3時間ある。観光案内所に寄って資料を貰い、村を散策。1時間もすればもうどこにも行く当ては
ない。仕方なく家内はカフェで一休み。小生は村を見渡せる丘に登ってみることにした。丘の上からの村の風景は《フランスの美しい
村100選》に相応しく絶景であった。 緑の丘に赤いレンガの村が広がっていた。(^_-)-☆

3月17日(木) 
 朝早くブリーヴ・ラ・ガイヤルドを出て、次の目的地ポワテイエへ向かった。

                                                               つづく