津軽平野煮干ツアー・2003・08・22/23

2003年8月22日

今日は法事で青森に行く、渋滞に引っ掛るといかんのでだいぶ早く出発し
空港に向かう。
かなり早く着き出発までは待ち時間が長かったが慌てずにすんでよかった。
待っている間に朝食をすませうとうとしているうちに出発時間。寝不足もあ
り乗ったとたんに爆睡し起きたら着いていた。到着しレンタカーを借りいざ
出発、法事の時間までにまずはラーメン。

1軒目は朝9時半ごろから営業している鳴海@青森に向かう。早い時間帯
なのかまだ店には数人しか客はおらず静かである。だいぶ歴史があるよう
でひなびた感じが一段と風情がある。
 


中華そば、思ったより煮干のがつん度は無かったがすぱっと切れのいいス
ープはややしょっぱめ。立つ寸前のしょうゆと鶏の塩梅がよく、多加水のざら
っとしたやや縮れ麺と絡みがいい。太い麺はしっかりと火が通っていてもっち
りしていて鵜舞。チャーシューは
かなり大き目の2種類の肉が2枚、厚みもあり柔らかくしょっぱすぎず重量感
がある。全体にすっきりとしていくどさは無く朝から食べられる鵜舞ラーメンで
した。

次はアスパムのそばにある○海ラーメン@青森である。店内は広くテーブル
席だけで60席ぐらいある。店主がレジに座っていてそこでオーダーをとるシス
テム。店内は煮干のいい香りが漂っています。
 
ラーメン中、麺は並や小が無いだけあって量は多め。200gぐらいありそう、
中ぐらいの白っぽいストレート麺は硬めではないがへたらず好みの麺です
ねぇ〜。スープは煮干がこれでもかという効き方ではないけど、いい塩梅の
効き方でするすると麺と一緒に入っていき鵜舞です。

次は駅周辺からちょっと離れた中華そばイワキ@青森大学・青森。青森大
学のすぐそばの住宅地の中にある。
 
中華そば手打ち麺、平打ちのざらっとした縮れ麺はやや硬めでぼそっとした
感じがある。少し濁りのあるスープはもったりとしてすぱっと切れるタイプでは
ないが、くどさはまったくなく麺との絡みもいい。チャーシューは肩ロースで柔
らかく煮こみ過ぎと言う事は無くしっとり感があり薄味で鵜舞。

イワキを食べ終わったところで11:30、出だしが早く絶好調である。

次は弘前に向かう途中のつねた食堂@浪岡・青森、駅から離れたところにあ
るのに駐車場は満車、店内は満席で待ち客もいる。店に入り少し待って着席。
 
ラーメン、これはここまでの中で一番わかりやすいお味です。煮干が効いてい
て甘めなスープは旨味も強く中ぐらいのちりちり麺とよく絡む。チャーシューは
苦手なタイプだった。

次は弘前市内に入り三忠食堂本店@弘前に向かう、もともと蕎麦屋だそうで
外観もそう言う風情。店内は弘前の観光にまつわるものが置いてある。
 
中華そば、ちりちりの細い自家製麺はふわっとした食感がいいですねぇ〜。
スープは甘めで煮干は強すぎず、かえしとの塩梅がよく鵜舞です。食べて
いて実にほっとするやさしい味がとてもよかったなぁ〜。ざる中華も食べて
みたかった。

食べ終わって法事に向かう。

法事が終わり夜は鮨金@弘前、お任せであれこれと食べ追加で包丁技術
を駆使した烏賊で〆る。ここの鮨はいつ食べても鵜舞ねぇ〜、しかし店主が
鰺ヶ沢に帰ってしまうのが残念だなぁ〜。


2003年8月23日

昨晩寿司屋から帰ってきて横になりふと気がつくと朝であった、ぐっすり寝た
ので体調もいい。出かける時間ぎりぎりまで寝ていて、朝食を食べられず。
花を購入し墓参り、雪の時期とは違った雰囲気で神妙な面持ちでお参りする。
その後所用で青森まで行く、思ったより時間がかからず所用が済んだ。ちょ
うど昼前で胃の動きもよさげないい感じ。

まずは楽天食堂四川@問屋町・青森市である。店名どおり坦々麺が有名で
あるがあえてそれを頼まず中華そばにする。
 
焼き干し中華、やや混濁しているスープは動物系は強くは無いが煮干といい
塩梅に仕上がっている。クリアさは無いがいいですねぇ〜、少な目のスープが
先に無くなりそうでした。麺は平打ちのざらっとした縮れ麺、柔らか目ながらス
ープとともにすーっと入って行き間も無く完食。

次はさほど離れていない出し屋 五丈軒@青森市に向かう。道を一本間違え
てイトーヨーカドーの回りを一回りし、一本裏側の道をはさんだところにありま
した。外観はこっちでは見かけない大きな店名入りの赤い幕が張ってありわ
かりやすい。スープは澄ましスープと濁りスープの2種類があり澄ましスープを
選択。
 
中華そば手打ち、こっちの麺にしてはやや黄色味がありふわっと気持ちもっ
ちりとしている。スープはコピーどおりきれいに澄んでいる、見ていたら2つの
寸胴から入れていたようでWスープのようだ。やや甘めで煮干は突出してお
らず昆布がかなり強く感じる。津軽煮干と言われるタイプとは異なりラフさは
まったくなくきれいにまとまっていて、このまとまりが物足りなさを感じるかも
しれないが新しいタイプのラーメンではないかと思った。

2軒食べ終わったところで青森を後にし弘前に戻る、ここは絶対行かねばな
るまいと思っている店を逃してはならないんですねぇ〜。
撫牛子にあるたかはし中華そば店@弘前である。店に着くと駐車場がほぼ
満車、店内と外にも待ち客が並んでいる。回転がよくさほど待たずに入れた。
 
中華そば、前回はシャッターで食べたが午後になると変化すると言う情報が
あり閉店近くの時間帯近くに来てみた。シャッターでもすっきり感はまったくな
いが、この時間だと一段と煮干が出まくり苦味えぐみ雑味何でも来い!と言
う感じで一段と狂暴さを増している。それなのに鵜舞んですねぇ〜。今日の
麺は硬めに茹で上げていて絡みともっちり感が今一つなのだが、それを蹴
散らすようなスープと一緒にほおばると実に鵜舞!。雑とかラフとか言われ
ようと好きですねぇ〜、これがたかはしの中華そばである〜。
隣のざる中華大盛りがうまそうだったな〜。

次は中休み無しで通し営業をしている三忠分店そばや@松森町・弘前、こう
言う店があると助かります。本店と同じようなひなびた雰囲気がいい感じ、目
新しさやしゃれた感じが無くてもいいねぇ〜。
 
中華そば、本店より動物系が強く出ていて脂っ気も多く煮干もやや強め。
本店は蕎麦寄りに感じたがこっちはラーメンである。自家製の平打ち麺は
時間がたつとぴろ〜っとしてきて時間差で2度鵜舞。なんだかんだと言って
もほっとするお味に大満足であった。

4軒食べて一休みしたらお約束どおり寝てしまった。

夜は鮭塩焼き、わさび醤油漬け、かにの酢の物、〆に蜆の味噌汁と納豆お
にぎり。この納豆おにぎりが鵜舞!、お代わりをしてしまった。


2003年8月24日

昨日の納豆おにぎりがかなり気に入り、うひゃひゃ〜と喜んで横になってテレ
ビを見ていたら寝ていた。朝早めに起床、切符の手配の都合で帰る準備。
空港に向かい近くの営業所にレンタカーを置き空港に到着。ねぶた祭りは時
期的に見られなかったが、空港内に飾ってあるミニねぶたをじっくりと見学。


これはなかなか素晴らしいですねぇ〜、来年は本物のねぶた祭りを見に来
たいなぁ〜。