日  記

2004年4月


2004年4月30日

麺休日

今日は多忙でござる〜、昼の時間があまりとれず近くでおろしうどん。

夜もぐったり気味でラは無し。
さつま揚げ、トマトサラダ、マグロステーキ。


2004年4月29日

予想外〜

今日は煉瓦亭に行くので置物君を迎えにいく。
そこまで行って行かぬわけには行かない伊藤@王子に当然行くでしょう〜。
店に着くとすでに満席で待ち客もいる、ちょうど入れ替わりのようで数名出て
来た。ほとんど待たず座れた。
肉そば、煮干の効いたスープと腰があり味がある麺が
鵜舞!。やはりお
代わりがしたくなった〜。
だがここで我慢し次の煉瓦亭@森下に向かう。

なかなか趣のある外観がいいですねぇ〜。なかは広く1階2階ともテーブル席で
50ぐらいはある。
ラーメン、う〜んしみじみシンプルイズベスト。昔ながらの鶏がらしょうがしょうゆ
味でほっとしますねぇ〜。もちっとした麺となると、チャーシュー、わかめ、ねぎだ
けで満足感あり〜。
オムライス、これまた地味だけどなかなかに鵜舞。程よい焼き加減の玉子とケチ
ャップは相性がいいねぇ〜。チキンライスは味付けが濃くはなくいくらでも入って
いきます。これは次回は大盛りだなぁ〜。
やきめしをもらって食べたがこれがまたほのぼのとして鵜舞ねぇ〜。

この辺でおなかの具合もよくなってきていよいよ本日のメイン大勝館@浅草
向かう。浅草六区にくるのは何年ぶりだろ。ホールの入り口の横に食事処の入り
口がある。
つけめん、やや硬めでむっちりとしてしていて味は薄めだが食感はいい感じ。
つけだれはちょっと煮詰めたような印象を受けた。動物系と魚系の風味は飛んで
いるが旨味と雑身がかなり濃密になって麺と良く絡む、一味を追加投入している
ようでかなりぴりぴりと辛いがいいねぇ〜。味玉になっていて黄身が熱々のゆで卵
としっかりと醤油色に染まったなるとがいい!。

昼のご乱行がたたり夜はおなかがすかず無し。。


2004年4月28日

麺休日

本日は多忙なり、守谷〜布施弁天で打ち合わせを済ませ急いで会社に戻る頃
すでに1時を回って近くで野菜炒め定食。会社に戻りまた打ち合わせ、仕事が
すすまんのぉ〜。

夜は帰りが遅くラは無し、湯島屋武造商店@湯島のタンタン麺を食べたかった。
オクラ豆腐、ブロッコリー、バンバン春雨、おこわ。


2004年4月27日

ぱんぱん2

昼はスエヒロ男とカツどん男と今日も
やよい食堂@愛宕である。
根性無しスエヒロ男はなんと!オムライス半分とな〜。半分といっても世間一般の
オムライスの大盛りぐらいはある。カツどん男はやはりカツ丼、初めてというので
並もり。
から揚げ定食、衣がほとんどない素上げ状態でそれが功を奏した。油っぽくなく
肉の旨味がそのまま感じられボリュームはたっぷりあったが食べきれた。それよ
りも定食のご飯で通常の2倍ぐらいあった〜。

夜は先週から始まっている湯島屋武造商店@湯島冷やし
メニュー2004
である。
冷やしラーメン」昼夜限定10食、むちむちとした細麺にとろみのある出汁の効いた
冷たいスープが絡みつき、麺とスープのうまさが際立つ。インパクトはないがし
みじみ鵜舞!。
ざる中華夜限定10食、よく締められたむちむちと腰の強い中太麺を鰹と昆布の
効いたつゆにつけてほおばるとストレートに麺の味が伝わってくる。別皿の刻み
ねぎ、細切りチャーシュー、きゅうりを合間につまむと一段と麺が鵜舞!。

冷やし2種のほかに
タンタンメン850円もデビューしているがおなかがぱんぱんで
食べられなかった〜。


2004年4月26日

ずっしりと重い

朝一で守谷まで行き打ち合わせ、その後当社のスエヒロ男の出先機関で書類の
修正と追加作業。昼前に何とか完了、と同時ぐらいに
「今日どうすん
の?、うどんW?、やよい?」
と火に油を注ぐような煽り烏賊。
それなら行きましょうと野田のドコモでモバイルを仕込みながらや
やよい食堂@愛宕
に向かう。
根性無しのスエヒロ男はメンチ定食、さてどうするかと迷うがオムライス大盛り。
しばし待ち出てきたオムライスは
でかい!。皿はカレーの大盛りと同じ皿、
その横にキャベツとスパゲッティが押し込んである。ケチャップたっぷりで味濃い目
、食べきれるか不安になったが以外にしつこさやくどさはなくおいしくいただけ完食。
その後にお茶を飲んだらおなかがふくれてきた〜。

夜はおなかがあまりすかず鮭とさつま揚げ。


2004年4月25日

春の風物詩

今日は先週食べられなかった両国に向かう、両国大勝軒@両国である。
奥に細長いつくりで手前に4人がけのテーブルひとつ、奥にカウンターが11席。
入ってすぐ右側に池袋の店の前で写した御大との2ショット写真と大勝軒への
移行する口上が貼ってある。

特製もりそば、やや透明感のある麺は柔らかめだが、かみしめると断面のの半分
を過ぎるともちっとした食感に変わる。つけだれはもみじ、野菜等の入ったスープ
で動物系は鶏と豚がメインであろうと思うが、動物系の強さと魚系の節の出具合は
さほどではなくあっさりとしていて、魚系の旨味成分は良く感じる。酸味はさほど強
くはなく甘みが強い。チャーシューはとりたてて言うことはない凡庸なお味。
池袋大勝軒系ではあるがどちらかというと池袋と代々木上原の中間から代々木寄
りのような印象であった。人によっては代々木系の大勝軒のように感じるかもしれな
い。池袋系のような豚と魚の印象が強くはないので物足りなさがあるのだけれどもこ
ういう味って好きなんだよなぁ〜。と言う事で再訪してみたい。

食べている最中に想像もしない知人が急に現れびっくり!、「やっぱりいたよ〜」と
ニヤニヤしながら入ってきた。どこで聞きつけたか「俺のほうが着くのが早いと思っ
ていたのになぁ〜」と鋭い読みである。
食べ終わり森下のつけめん店に行くが本日も開いていない、夜だけの営業なのだろ
うか?。

森下で別行動になり次のらーめん だんだんや@高田馬場に向かう。
先客は無し、仕事振りは丁寧である。
豚骨醤油らーめん、けっこう豚が良く出ている。にんにくも強めだがそれに負けない
豚がでてややとろりとしてけっこうしょっぱいがいいですねぇ〜。麺がまたいいです、
やや柔らかめだがもちもちっとした食感と舌触り、つるつるしていないのでスープが
よく絡み鵜舞です。
同行者の冷やしサラダ麺を食べたが麺のうまさをもっと引き出していてこれは大盛り
で食べてみたい。

夜は牛焼き、トマト、竹の子、玉子かけご飯。


2004年4月24日

ぱんぱん〜

今日は置物君を両国に招待しようと電話をかける、何度呼び出しても出ない!。
こちらの動きを察知して逃亡したのか?、それならと迎えに行くが気配が感じら
れず表札に煮干を10本刺して近くの店に行く。

伊藤@王子である、前回かなりうまかったので再訪である。量が少ないので
肉そば大盛りにしてみました。
今日の麺は言うことないねぇ〜、むちむちでいて麺の味が濃く食感、舌触り、味と
もに良く実に
鵜舞!。大盛りにして大正解〜、煮干もびんびんで麺、スープ
と交互にすすっているうちにもう無くなっていた。もっと麺が食べたくお代わりしたか
ったが次があるのでまた次回〜。

次はがんこ総本家@早稲田、土曜日は週変わりラーメンと言う事でどういうの
が出るか楽しみ〜。店に着くと行列はなく店内も空きがあった。
今日の週変わりはオム玉しょうゆラーメン、中盛りで注文。

メンマとねぎだけのしょうゆラーメンに、軽く塩味で炒めたたまねぎと肉をちょっと硬め
の玉子で包んだオムレツが乗っている。これは遊び心有でいいですねぇ〜。
「がんこはこうじゃなきゃいかん!」という人にはどうかと思うが、ミスマッチのような感
じはあるかもしれないがオムレツと麺とスープを食べ進んでいると玉子の甘みがスー
プに溶け出して普段とは違ったがんこの味が味わえる。これはこれでなかなかに好
みの味で、麺の量も多く食べ応えもあり鵜まかった〜。今日も完食なり〜。

さすがに大盛りと中盛り2杯でおなかもぱんぱんになりもう一軒はあきらめ〜。

夜は軽めにハヤシライス、鮭、めかぶ。


2004年4月23日

おいでませ北小金

昼はゆったりと時間が取れ
スエヒロ@北小金へ向かう。
本日のランチ「親子丼とシュウマイ」。
甘すぎずしょっぱすぎないたれととろりとした玉子が鶏肉と絡み、ご飯がさくさくっと
入って行き鵜舞!。シューマイも肉の食感がよく程よい味付けでいいですねぇ〜。

次は塩ラーメンの細麺を食べたくて
ぽーかろぅ@新松戸に行く、券売機の上の
メニューを見ると「本日の特製ラーメン・キムチ冷麺」と言う事で思わず買ってしまう。
キムチ冷麺、麺は太麺、味玉、短冊切りのチャーシュー、小松菜、メンマ、キムチと
ボリューム感はある。麺の状態がとてもよくむちむちとして歯に感じる心地よさがとて
もよく麺の匂いも感じず鵜舞!。もっと麺の味が濃ければ言うこと無いねぇ〜。ただ
スープの癖のある酸味が強く気になった、もっと酸味が弱ければ塩スープの旨味が
感じられてよかったのではないだろうか〜。

夜は帰りが遅くラは無し。
八宝菜、海老炒め、ブロッコリー、茄子揚げ浸し等。


2004年4月22日

なぜ右に行かずに左に行ったのだ〜?

本日はせわしなくはなくひがし@馬橋に向かう、ところが中根の立体を渡って右に
行くはずなのに左に行ってしまった。
そのまま進んでなぜかグリルフレンド@竹ヶ花の前に止まってしまった。
行列はなかったが中はほぼ満席、座ってからしばらく待ってハンバーグWが登場。
今日はいつもよりしっとり感がちょっと軽かったが完食、うまかった〜。

夜はめかぶ、もずく、竹の子、稲荷寿司。
う〜む、山長@守口のいなりが食べたくなった〜。


2004年4月21日

季節を感じるのだが一句が出ない

超多忙につき昼は食べる時間は無し。
はらへった〜。

夜はむさし野@松戸に行く。
中華そばと季節のご飯(鯛めし・ぜんまいの田舎煮・こごみ)
かな〜り
鵜舞ですな〜、がっつりとまではいかなったけど大満足な中華そばと
ごはんでした。


2004年4月20日

よいしょっ!てなんだよぉ〜

しかし最近訳のわからぬよいしょが横行している、こう言うのをタイアップって言うん
かいな〜。ご苦労な事ですな。

朝から積算〜、あれこれと頭をひねりながらず〜っと思案。
昼前に「今日中に持ってきてもらえますかぁ〜」と急な書類の以来があり昼も食べ
ずに作り急いで守谷に向かう。帰りがけ何処かによってラーメンと思ったらすでに
15時をすぎていた〜。
夕方積算の件で来客があり打ち合わせ、何とか商談がまとまり一安心したところに
「例の件早くとりかかってくださいな〜」と電話、う〜む、明日から一週間がきつくな
りそうだな。
結局昼は無し。

夜は
湯島屋武造商店@湯島に行く。
ワンタンメン、ちょっとしょっぱく感じたが旨味十分で麺がむちむちっと
鵜舞!
ぴろぴろワンタンと細切りメンマがいいねぇ〜。


2004年4月19日

節粉ってね〜

今日は一日守谷で打ち合わせ、午前中の部が早めに滞りなく終わりちょっと早い
昼は取手大勝軒@新取手に行く。

中華そば、♪節粉節粉節粉〜♪が入っている。動物系と魚系が出ているので必要
はないと思うのは私だけだろうか?。とは言えぎりぎりの強さではあった、麺は細め
で硬い。とは言えほとんど完食、しょっぱさで最後のほんの少しが飲みきれなかっ
たが満足度はありました〜。

午後もまた打ち合わせ、ちょっとくたびれた。

夜はうど、海老、椎茸、わかさぎの天ぷら、ぜんまいの胡麻和え、昆布の柔らか煮、
じぶ煮。


2004年4月18日

ごきげんな昼下がりだったのだが

今日はなぜか代官山である、シチュエーションがまったく不似合いであるが代官山
である。海苑@代官山である、日曜日は12:00開店で、早く着いたので近くの
オープンカフェでお茶をする。これまた不似合いではあるがいたしかたなのである。
開店時間になり店に行くと落ち着いた空間でゆったりと食べられそうないい雰囲気。

海老団子のつゆそばと海鮮焼そばを注文、最初に焼きそばのスープが出てきた。
塩分控えめではあるがじんわりとした出汁が感じられ、キャベツ、人参、トマト、ジャ
ガイモが胃をやさしく刺激し食欲を増進させてくれる。スープを飲み終えたころを見
計らったようにつゆそばのチャーハンが登場、熱々ではないが米にきれいに卵が絡
んでいて塩分控えめでさくさくっと食べ進める。
そして海老団子のつゆそば、これは鵜舞ですねぇ〜。まず海老団子がぷりっとして
海老の味を生かした味付けで、鶏ベースの塩味のスープとのマッチングがとてもよ
くお互いに引き立てあっている。スープは梅と見事にあった塩味で濃すぎずぐいぐ
いっと飲める。麺は低加水のストレートで腰もあり茹で方も上々、ざらっとしている
のでスープとの絡みもよく実に
鵜舞!
海鮮焼そば、汁そばと同じ麺であろうと思うがぱりっと焼き上げていて野菜と海鮮の
炒め具合が絶妙である。最初はぱりっ!、ちょっとたつとしっとりと2つの食感と味わ
いが楽しめ
鵜舞焼きそばでした。

おいしいを2品を堪能し、店を後にして秋葉原に行きパーツを購入。帰りがけ近くに
話題になっていた 活力屋@秋葉原があるのを思い出し行ってみる。

中華そば
ストレートの細麺、透明感があり一見腰が強い感じがするが硬いだけで麺の旨味が
感じられない。歯ごたえ食感がいいとは言えず途中でだれる。スープがまた節粉ぶ
ち込み系で熱すぎ、なおかつ脂まみれでとどめがゆずの薄切りのような柑橘類がは
いっているがこういうぐちゃぐちゃしたスープにはまったく合わず、使っている意味が
わからない。ただ一口目から旨味成分が強くとってもわかりやすい味である。チャー
シューはぱさぱさ、なるとと青菜はうまかったが完食できず撃沈!。

つけめん
太目の麺は表面がざらついていてそのまま食べると一見歯ごたえがあるように感じ
るがつけだれにつけるとへろへろと激柔になる。麺の味自体は薄く他の要因であろう
と思われる香りと味が強い。具はなると、チャーシュー細切り、味玉、薬味で柚子、ね
ぎ。甘辛酸っぱで節粉ぶち込みと個性があるような感じはするがそうではなく今流行
のいいとこ取りのような味。節粉びんびん、へろへろ麺に撃沈!。

傷心の面持ちで帰宅。

夜は舌平目、ナムル、カプレーゼ。


2004年4月17日

がんがんがん・3がんこ〜

今日は両国に大勝軒があるということで向かう、出かける前に狸汁3号にお誘いの
電話をするが「あのさ〜、た・・・」と一言言っただけで電話を切られる(爆)。
再度電話するもどこかに雲隠れしたようなので置いて行く。
両国の前に森下交差点に新店ができたと言うので見に行く、開店時間を過ぎても
開く様子がないので素通りし両国へ向かう。
着くと確かに「特製もりそば・両国大勝軒」と書いてある、しかし11:30を過ぎても開く
様子がない。店の2回で布団を干している住民の人に聞いてみると今日は定休日と
言うことでした。「すいませんね〜今日は定休日なんですよ〜」と言っていたので店
の人なのだろう。
てな訳でどうするかと思案する。
そういえばちょっと先に両国から移転したがんこ15代目@亀戸があるのを思い
出し向かう。
両国のときよりわかりやすい外観で、亀戸天神のそばにある。
しょうゆ中間、頭痛がするようなしょっぱさはなく出汁は出ていて食べたことのあるが
んこの中ではとても柔らかいスープ。バラロールではなくロースのしょっぱくないチャ
ーシューが3枚。細めの縮れ麺とスープをほおばるとこれが
鵜舞!。凶暴なし
ょっぱさがなく旨味としょうゆのうまさと麺の絡み合いにぐいぐいっと食べ進み完食。
いやぁ〜うまかった〜。

がんこの後ちょっと先にある二郎@亀戸に向かう、すぐ着いたが20人ぐらいの行列が
ありあきらめる。ここでふと本郷のワンタンメンを思い出し向かう。
ところが秋葉原を過ぎがんこ@末広町の前に行くと行列は無し、なら行くでしょうと
向かう。ここは久しぶり、店の前はたまに通るが行列があるし車がとめにくいこともあり
久しく来ていなかった。
しょうゆ中間、いやぁ〜しょっぱい!。がんこならではのしょっぱさである、細縮れ麺に
旨味としょうゆが絡んでしょっぱいのだが鵜舞。大きなバラロールはスープに浸して置
くとやわやわで食べにくいがいいですねぇ〜。さすがにスープ完飲ならず〜。

続いてワンタン目当てでがんこ12代目@本郷三丁目に行く。外観より中は広く
カウンターとテーブル席でゆったりしている。
土曜メニューのワンタンラーメン、土曜日だと味玉付で700円。平日なら1000円なので
これはお徳。餃子ぐらいの大きさのワンタンが5個入っていて味玉付でボリューム十分。
スープはやはりしょっぱい、旨味が今日の中では一番強くはっきりした味。大きなワン
タンと麺とスープを交互にほおばるとなかなか鵜舞ねぇ〜。食べ終わるころにはおなか
もかなり膨れてきて満足感も十分でした〜。

夜はおなかがあまりすかずソーセージ、きのことほうれん草のオーブン焼き。


2004年4月16日

がっつりと麺

朝から月曜日に持っていく資料作りでひたすら打ち込み作業。

昼は久しぶりに美春@北松戸、平打ち麺ががっつり食べたくて味噌つけめん
大盛り+替え玉。こころなしか量が多いような感じ、ちょっと柔らかめだったけど
食べ応え十分でした。

午後からも続きの作業、ちょっとおなかが机にぶつかるが続行〜。夕方までに
何とか完了〜。

夜は牛焼き、ポテトサラダ、えび塩炒め。


2004年4月15日

一概には言えない

今日も守谷で打ち合わせ、思ったより時間がかからず早めのお昼はわかとら家
の前を我慢して通り越し取手大勝軒@新取手に行く。何回か来てはいるが
行列がすごく食べずに帰っていたが本日は時間が早いせいかまったく混んでい
ない。入り口の戸を開けると券売機がある、もり、ラーメン、味噌、支那そばと種類
は豊富。
もりそば、太い多加水の長方形の麺は味は薄めだがもっちりむちむちと弾力と歯
ごたえがあり心地よい。つけだれは甘みがだいぶ強く酸味は抑え目、にごってい
てとんこつと魚系が出ている。麺との絡みはどうかと思ったが意外によくつるつる
と入っていく。大盛りだったがあっと言う間に麺は無くなっていた。スープ割りはと
んこつと魚系が一段と感じられて鵜舞。なかなかよかったです。

さて会社に戻る途中にスエヒロ@北小金の前を偶然通ると、本日のランチ
「ビーフテリヤキ・オムレツ」。
吸い込まれるように店に入る、座ると女将が「すいませ〜ん、オムレツが売切れ
てしまったので他のでもいいですか?」との事。「いいですよ〜」と待っていると
ビーフテリヤキとたこの刺身、牛の薄切りがあまじょっぱくてご飯がぱくぱく入っ
て行き鵜舞ねぇ〜。

夜はサラダ、鮭、蛍烏賊、平貝等。


2004年4月14日

悪魔のささやき〜

今日は守谷で打ち合わせ、なかなか行けずにいる大勝軒に行こうと思っていた。
が!、打ち合わせが終わって車に戻りとボンネットに冷凍煽り烏賊が突き刺さっ
ておった〜。恐る恐る見てみると
「今日は柏方面に行きま
すです、よろしこ〜」
とな〜。とっととと逃げ帰ろうと車を走らせ6号
線まで来た時に
「もすもす〜今柏駅到着〜、お持ち
しております」
と悪魔のようなささやきが〜。観念し柏駅に向かうとすで
に準備運動済ませたような好調そうな顔をした置物君が
角ふじ@柏の前で立
ちすくんでいるのであった。
てなわけで塩ラーメン、麺硬い、麺味薄い。脂身多し、口の中びりびりで撃沈!。
その後のお茶がうまかった〜。

松戸駅に送る途中でもう一軒と言う事で
福福@松戸に行く。
ラーメン、しょっぱすぎず程よい濃さで鵜舞!。高菜をほんの少しだけ入れたら
激辛!!!。

夜は鮭、さつま揚げ、ご飯、〆にクリームパン。


2004年4月13日

塩でっせ〜

昼はぽーかろぅ@新松戸に行く、なんだか今日は混んでいる。
塩ラーメン細麺+ミニチャーシュー丼、最近よくなったねぇ〜。ワンパターンな
書き方だけど派手さはないがじんわりとくるスープが鵜舞し、細めんがスープ
にあっていて
鵜舞。ミニチャーシュー丼は切ってあるサイズがいいし、冷たく
ても鵜舞。

夜はちらし寿司、玉子焼き。


2004年4月12日



昼はひがし@馬橋で塩ラーメン+味玉。
うまか〜です。

夜はぽっぽっ屋@小伝馬町、ラーメン大盛り野菜増しで極太根性ありの
麺をわしわしと食べる。はずだったのだが券売機に冷やしサラダラーメンを発見。
今年初である、だが不満がある。大盛りにするのを忘れた〜。わしわしと食べ進
んでいるうちに麺が無くなっていた、もっと食べたかったくらい
鵜舞!ねぇ〜。

てなことでよけいおなかが空き湯島屋武造商店@湯島に向かう。
ラーメン、むちっとした麺とスープがたまんないねぇ〜、またまた麺に満足でした〜。

そう言えば柏の某店で茹で置きの麺のづけめんを食わされたと激怒していた御仁が
おりました〜。パクルるのは見た目だけにしておけばいいのにねぇ〜。


2004年4月11日

爆睡

昨晩遅くからPのクラッシュで修復作業、なんでここで固まるんだ〜と言う所で
またかちこち〜ん。あれやこれやで寝るのが遅くなる。

昼過ぎに起きて近くできつねうどん、食べたら即寝。
目が覚めたら真っ暗になっていた。

夜は鮭、焼きたらこ、えびサラダ、穂先筍と菜の花、ご飯。


2004年4月10日

たまには言いこと言うねぇ〜

昼は流山に行った帰りに当社のスエヒロ男からの情報でくらま@南柏
合鴨の黒胡椒そばと言うの始まっていると聞き向かう。

合鴨の黒胡椒そば、鶏そば塩ラーメンとベースは同じだが、合鴨のスライス 、
白髪ねぎ、小松菜がのっていてねぎの上に黒胡椒がかかっている。 鴨は噛
み締めると味わいがじんわりと出てきていいですねぇ〜。そして黒胡椒が思い
もしない効果で、香りと味わいにプラス アルファを加えていた。塩分がもう少し
少なければもっと出汁の味わいがよりいっそう 楽しめたかな。とは言え満足な
あっさり塩そばでした。

夜はクリームスパゲッティ、海老のカクテル、ズッキーニのサラダ。


2004年4月9日

む〜ん

午前中柏で打ち合わせ、帰りがけに柏大勝軒@花野井・柏に寄る。
昼過ぎなのに行列は無し。
もりそば、つけだれのこの甘さはなんなんだろう?。異様に甘くひき肉たっぷ
りでひき肉の味が染み渡りそれ以外の判別が難しい。と言うより豚と鶏と魚
を使ってはいるのだろうが甘みで解らん。麺はすかすかで味が極薄、茹で
過ぎのスパゲッティを1時間放置したようなしまりのなさと跳ね返りのない食
感が不思議である。チャーシューは硬く旨味の無い肉、スープ割をしたらぬ
るく、旨味が出るかと思ったら甘みが余計に強くなった。最初に出てきたとき
つけだれの丼がべたべたしてすべり落としそうになった。

傷心の面持ちで帰ろうとしたら某営業マンI氏から悪魔のような電話がかか
って来た。
「今どこですか〜、柏駅のそばで待
っているんですけど〜」
角ふじ@柏で待っているの
で向かう。
こっちも行列はないが店内満席。
つけ麺、待ち席で待っていて順番が来てカウンターに座るとなんとタイミング
がいいのかすでに麺が茹で上がって丼に入っているではないですか。その
割りに間を置いてつけだれが出てきた。色の濃い極太麺は硬いのかと思っ
たら柔らかくは無いが締まった腰の強さは皆無で、先行茹でて待っていま
すタイプと見間違えんばかりの食感。脂とあまじょっぱさまみれのつけだれ
に麺をつけると熱でよけいホクホクとしてくる。チャーシューは硬いだけで肉
の旨味は感じられず柚子が違和感を増幅させていた〜。

夜はちらし寿司、かまぼこ、シチュー等。


2004年4月8日

酒井の麺

午後一で取手の取引先に行くので早めに出る。
昼は久しぶりの
わかとら家@取手
チャーシューメン、スモーキーなチャーシューは同行者は苦手だったようだっ
たが味気なさは無くいいですねぇ〜。麺はちょっと柔らかかったがもちもちと
して鵜舞。スープはしょっぱすぎず脂っこくはなくとんこつは濃厚とはいえな
いがよく出てうまかった〜。次回はバラチャーシューかスペシャルにしてみよ
うかな〜。

夜は鱒と鯛の押し寿司。


2004年4月7日

む〜ん

今日はさえず昼は近くでキムチラーメン。

夜はシュークリーム。


2004年4月6日

むて〜

関西5日目、朝早めに出発し無鉄砲本店に行く前に古墳を見て
大神神社@三輪・奈良で花見。
春の奈良路を堪能し無鉄砲本店@木津・京都に向かう。店に着くとぴか
ぴかの新店舗は木作りでいいですねぇ〜。
とんこつラーメン、これはね
鵜舞!!!と言うしかないねぇ〜。
かなりとんこつが出て効いています、まったりと濃厚なのだが変な癖はなくがん
がんととんこつが押し寄せてくる。ざらっとした細めの縮れ麺にスープが絡みつ
きぐいぐいっと食べ進めます。食べ終わるとぐったりとするぐらいのパワーに打ち
のめされ心地よい疲労感を感じた〜。
参りました!

無鉄砲の後大阪に戻りまずは、会津屋本店@玉出でたこ焼き。  
中がとろりとしていてけっして生ではなく出汁が効いていて鵜舞。もう一皿食べた
かった次があるからとあきらめ〜。

そして新世界ジャンジャン横丁で堪能。
まずは大興寿司@新世界で寿司。 
安くてうまい、特に白身がよかった〜。

続いてホルモン焼に行ったら設備工事中で臨時休業。

と次の八重勝@新世界で串かつ〜。
かりっとあぶらっぽさがなくいいですねぇ〜。まだまだ食べていたかったが
帰る時間ぎりぎりになり新大阪へ地下鉄で急ぐ、到着が発車5分前であわ
てた〜。

夜はラムチャップ、サラダ。


2004年4月5日

近場と遠く

関西4日目、昨晩寝るのがかなり遅く目が覚めたのが昼近くであわてて着替えて
出かける。

昼の部1軒目は
豚一@中崎町・大阪
久留米醤油ラーメン、けっこうとんこつがでていて濃厚。麺は細麺でスープがよ
く絡んでくる、寝起きの一杯としてはきついなぁ〜。ばさばさのきくらげはいらな
かった。黄色麺も選べると言うのが気になった。

続いて久しぶりの大阪 大勝軒@扇町・大阪、天六で乗り換え扇町から
歩く駅から出たところにある公園の緑も映え気持ちが良くちょっと散策。店に着
くとタイミングよく満席状態から空きが出る。
つけめん、麺が細くなったように思える。つけだれは動物系と魚系が熱いうちは
感じにくく甘さが際立っている。麺のもちもち感がなく硬めで絡みがいまひとつ。
冷めてくると出汁が感じられ麺のもちもちっとした食感がよくなってきた。

続いて前回定休日を知らず来て食べられなかった店に向かう。
麺家 じゃんぷ亭@南森町・大阪である、しゃれた外観で中もこじゃれて
いい感じ。
うしおだしの醤油ラーメン、麺は加藤の白っぽい縮れ細麺。スープは一度野菜を
炒め煮立ててどんぶりの中のかえしと節粉と合わせている。けっこうしょっぱいが
ぶしぶししておらず麺との絡みもいい、加藤の黄色っぽい麺よりは味がありスープ
との相性も良かった。

夜の部は地元の仲間と合流し豊や@長瀬・東大阪に行くが営業時間が変わ
っていて夜はやっていなかった。
そこで急遽奈良に向かう。

まずは華山(はなやま)@富雄・奈良、外観内装共に木作りで落ち着ける
空間。
醤油そば、味としては好みの味である。ただ動物系魚系の出汁が弱く感じられた。
昆布は効いているが鶏の旨味と節系が弱く、あぶらっけが無いのでそばつゆの薄
めのような印象を持ってしまった。麺は細めの縮れで茹で時間が早くまだ芯が残っ
ていてやや生煮え状態でヌチャットした食感が気になった。

もう一軒はまりお流ラーメン@尼ヶ辻・奈良、店の外観に驚き中に入りまた
驚く。かなりの数のメニューを見終わるのに結構時間がかかった。
こってりとんこつ太麺、とんこつはでているのだがしょうゆだれがあますぎるのとご
ちゃごちゃと素材やら雑味やらなんでもぶち込んだような煩雑なまとまりの無い収
拾のつかないごった煮のようなくどい味は持て余しスープはほとんど残した。それと
加水やや高めの太麺とはまったく合っておらず最後まで違和感がつきまとう。同行
者の細麺をちょっともらったらスープとのなじみと相性が良くするすると入っていく。
この太さで加水を下げてもしっくりとするかな。メンマは出来合いのような印象で食
べきれず。

2軒食べ終わり生駒まで仲間に送ってもらい解散〜。


2004年4月4日

深夜のあすか鍋


関西3日目、朝起きて2度寝をしてしまい目が覚めたら昼近くになっていた。
あわてて起きて出かける。雨が降っているがさほど強くはないがちょっと寒い。

1軒目はラーメン濱@住道・大阪、住道駅からまっすぐ北上し突き当
たりを右に行き橋を渡った先の太東市役所入り口交差点手前角に店はあ
りました。
しょうゆ中間、味は頭痛がするようなしょっぱさは無く、おだやかなあっさり
とした味わいで出汁は濃いというほどではありませんが塩分に合った濃度
でした。ロースが2枚、れんげですくいながら食べないとほろっとすぐ崩れ
る。麺は黄色い細めの縮れ麺で大阪では珍しい、ぷりっとした食感で背脂
もくどさはなく適度な濃厚感を加えていました。

濱の次に久しぶりのカドヤ食堂@今福鶴見・大阪に向かう。そぼ降
る雨の中店に着くと外に10人中に2人の待ち客、そこから30分以上待って
入店。中でもしばし待ち座る。
塩そば、出汁はかなり濃い。濃いがしょっぱ〜い、が鵜舞!。2種類のチャ
ーシューがまた鵜舞、麺はちょっと硬めで絡みがもっとよければもっとうま
いはず。
豚丼はいいねぇ〜、普通盛りでもっと楽しめばよかったなぁ〜。

ここで昼の部は終わり、休憩とデーター整理。お約束通寝てしまい夜の部に
出遅れる。

まずは醤油そば 一信@春日出、に向かう。雨は上がったがちょっと
肌寒い。
醤油そば、言うことありませんねぇ〜。動物系がよくでていていりこも出ている。
塩分濃度は高からずしょっぱさを感じないけどうまみはしっかりと感じる。麺が
ぷりぷりの硬めだがしっかりと火が通っていて粉の旨みが感じられ
鵜舞!
それでもってチャーシューが
鵜舞!!!、肉の旨みがしっかりありし
っとりとやわらかでチャーシュー入りにすればよかったなぁ〜。

一信の後地元の仲間と合流するまで時間がありホテルに一旦戻る。テレビを見て
ぼ〜っとしていると他の仲間から電話があり呉越同舟となる〜。

仲間のくるまで龍旗信@石津川・堺に向かう。
ラーメン、麺がざらっと硬く感じる。出汁の効いたスープは塩分強めだが麺との
絡みも良く鵜舞ねぇ〜。
そのほかに盛り合わせ、すじ焼き、唐揚げ、たらこ丼を頼みつまむ。

とこれで終わりかと思いきや堺に鍋を食べに行こうということになり堺魚市場内に
ある
ながた@堺魚市場・堺に向かう。この時点ですでに日付変更線を越えて
いた。
店に着きまずは生ビールとげそ唐揚げ、刺身盛り合わせ、串かつ盛り合わせを
頼み和気あいあいと盛り上がる。そしてうどんすきの登場、きのこ、白菜、鶏、豆腐、
牡蠣、その他たくさんの具材がいい味を出していて鵜舞〜。うどんは追加、このうど
んがもちもちしていて出汁を吸い鵜舞なぁ〜。
そしてあすか鍋、牛乳和風だしで水菜、きのこ、肉いろいろはいっていてこれまた
鵜舞!。そして〆にまぐろづけ丼。
この後延々と深夜に及ぶのであった。

いやぁ〜満足なお味でした〜。


2004年4月3日

南京玉酢誰?

昨晩遅くちょっと寝不足、体調もよろしからず。
関西2日目、本日は神戸周辺。珍しく全店JRの路線上である。

昼の部1軒目は長田ラーメン 如意棒@新長田・神戸、新長田駅前
に出て右側を走る通りを南へ進み国道2号線をわたり神戸信用金庫のところ
を左折しまっすぐ行った先の左向かい角に店はありました。中は広くゆったりと
したつくりでくつろげます。メニューは2種類しかありません。
ラーメン、具はオーダーごとに切る肉の旨みたっぷりのバラチャーシュー、メンマ、
ほうれん草、海苔、ねぎとオーソドックス。麺は中ぐらいの平打ちに近い硬めのむ
ちむちっとしている。食べる前は昔ながらの味かと思ったがところがどっこい。
ふわ〜っと立ち上がるかつおの香りは強く、一口口に含むとけっこうかつお出汁
が強い。それでいてくどさはない、すっきり切れがいいとはいえないが麺と絡め
てすすると
鵜舞。欲を言えばもっと麺の味が濃ければよりいっそうのうまさが
楽しめるかな。

続いて神戸に戻りみなとや@神戸、国道沿いに歩いていくと黄色い店名と白
の幕ですぐわかる。
一番左のあっさりラーメン、鶏がらスープに和風出汁が加わっていて名前どおり
あっさりとしている。細めの麺はへたるのが早いが日常的な食事として飽きずに
しょっちゅう食べられる味でした。

続いて板宿から移転した三醤屋@元町・神戸、板宿とはまったく趣の異なる
コンセプトの店作りで場所に合った今的な木とモノトーンでおしゃれです。
支那そば、あっさりすっきりしているのだがじわ〜っとくる出汁の旨みが口に広がる。
海苔、チャーシュー、メンマ、1/2味玉とごちゃごちゃしておらず味わいと一体化した
シンプルさがいいですねぇ〜。一口一口食べ進みじっくりと味わっているうちに丼は
からっぽ、これは
鵜舞です。

三醤屋の後神戸南京町をぶらぶら。
ぶらぶらだけでなく唐揚げとしうまいを食べてしもうた、そのままぶらぶらみなと元町
から三宮まで3駅歩く。

一旦ホテルに戻り休憩とデーター整理、のはずがうとうとしているうちに寝ていた。
ちょっとだるさは残っていたが夜の部に出発。

まずは虎一番@立花・尼崎駅からけっこう距離があるのでタクる。
あっさりしょうゆラーメン、あっさりだが見た目とはぜんぜん違いかなり煮干が効いて
いる。薄くスライスされた肉はチャーシューと言うよりローストポーク、ミディアムレア
ぐらいで柔らかくジューシィで鵜舞。青菜は作るごとにゆがいている、しゃきっとした
歯ざわりと色合いがとてもいい。煮干が効いて出汁が強いがくどくないスープに中ぐ
らいのむちむちと硬めの麺が絡むのだが、麺がスープに押されていていまひとつ。
もっと味の濃い麺ならいいかも。

次は離れていてまたタクり麺屋 花星@立花・尼崎にいく。立花商店街の一番
はずれで住宅地にぽつんとある。
しょうゆラーメン、動物系が出ていてそこに魚系があわさりちょっと口に残る旨みがあ
るが細めの麺とよく絡んで
鵜舞!。味玉、かまぼこ、チャーシュー、ねぎと麺と
スープをさくさくと食べ進むとかなりの満足感がありました。
次回はつけめんと塩を食べてみたい。


2004年4月2日

花見〜

久しぶりの遠征で関西方面に向かう。

一軒目は
つけ麺 豊や@長瀬・東大阪、渋滞ががすごく車が動か
ん〜。近大の近くにあり学生の流れが多い、店はちょっと横に入った見過
ごしやすい場所にありました。
醤油そば、麺がいいですねぇ〜。つるっとしすぎずもちっとしてつけだれと
スープが良く絡んで
鵜舞。スープは思ったより色が濃くはなく食べやす
かった、しかし後半になりしょっぱさが来ましたが出汁は出ています。思
っていたよりインパクトはないが鵜舞ラーメンでした。

つけめん、かなりしょっぱいが麺をつけるといくらでも入っていきます。
麺につけだれがまとわりつき麺の色が変わりますが、よどみなく麺が
口に次々と入って行きあっという間になくなりました。
スープ割がまた
鵜舞!!!!!、塩分濃度は若干下がり
ますが出汁の濃度が上がりうま〜い。


豊やの後また大渋滞にはまりラッキー軒に行くも臨時休業。時間が遅く
なり昼営業の店の当てもなくなり通し営業の店で麺乃家@上本町・大阪に行く。
季節限定味噌ラーメン出汁がよくわからなかったけど後味すっきり。
唐揚げ、クリスピーなチューリップがぷりぷりでしょっぱくなく鵜舞。

次は依然として解消しない渋滞の中天六に向かう。
開店日以来の総大醤(そうだいしょう)@天神橋筋六丁目・大阪

醤油ラーメンチャーシューの煮汁で作っているのであろう醤油だれが
げくさくアサリの味と言うより癖が出ている。開店初日とあえて比較すれ
ば切れがなくもったりとしていたように思えた。麺の茹で加減も良くなくい
まいちだったがどんぶりはからっぽ。あと麺の入った二見食品@堺のダ
ンボールが外に出しっぱなしだったのが気になった。

3軒食べた後でもまた豊やのつけ麺を食べに行きたくなった〜。
と昼の部はここまで、ホテルにチェックインし休憩。

夜の部の一軒目は移転後初の圭蘭中華 壱学@服部・豊中市
けいらん中華、麺のにおいはさほど感じなかった、ちょっと細い感じがしたの
と硬めに茹であがっていた。鯛のスープはよく出ていてしょっぱめ。シチュエ
ーションの違いか感動感が薄く感じられた。

続いて麺哲@豊中に行く。
つけめん300g、つるつるの麺は相変わらず
鵜舞!。スープを小なべで
沸かしているせいかどうかわからないけど出汁は濃いけどちょっと煮詰まった
切れの悪さがありました。

でおなかがいっぱいになり坦坦@十三はパス、梅田に戻ろうと豊中駅で電車を
待っていると
「今どこ?桜ノ宮で待っているよ〜」
強制収用され桜ノ宮公園で花見。
ちょっと寒かったが濃厚な面子がそろいディープな話が面白い〜。
帰りがけ花京@京橋に行くが行列であきらめ、志匠@京橋で一枚ラーメン。
濃くてしょっぱいスープに細い黄色の麺、最初は硬めだがすぐへたりぬちゃっ
としていまひとつ。厚みのある大きなチャーシューはほろっと崩れるタイプで
見た目より淡白。

遅くまで食べちゃったなぁ〜。


2004年4月1日

卵は名古屋に限る〜

昼は部下と
美春@北松戸に行く。
北海味噌らーめん大盛り地粉、ぴりっと辛くもちっと鵜舞。でも大盛りに
しないほうがバランスはいいなぁ〜、1玉ずつ2杯食べたほうがいっそう楽
しめる。

夕方変えるとき会社から車を出す前にカーテレビをつけたら映像と音が
出なくてディーラーに持ち込み見てもらう。内部の接触不良らしく早めに
直った。

夜は刺身盛り合わせ、牡蠣フライ、たこマリネ、〆にヨード卵の玉子かけ
ご飯。
やはり名古屋コーチンにはかなわぬ〜。