日  記

2003年11月


2003年11月30日

EC Was Here@日本武道館

今日は武道館に行く前に中野で買い物、途中で付近の店を回る

まずは久しぶりの
中野大勝軒@中野に向かう。
つけそば、ほぼシャッターだったのでスープは浅めだがすっきりしている。
何よりも麺が鵜舞ねぇ〜、わしわしと食べ進んであっという間に麺が無く
なった。

次は夏に開店したという
鞍山@中野に向かう。開店時間の11:00を過ぎ
ても開かず15分ぐらい過ぎて開店。
チャーシュー麺、手延べ手打ち麺は平たく厚みがありむっちりとしていてな
かなかに鵜舞。腰が食べ終わるまで抜けず小麦の味をじっくりと楽しめます。
スープは鶏がらベースでしょっぱからずいい塩梅の塩分、ただ胡椒がかなり
効いていてスープを引き締めている。チャーシューはバラロールで脂っこくな
く食べやすいがもう少し旨味が残っていればよかった、見た目より淡白に感じ
た。
次も久しぶりの
和〜麺喰u中野店@中野に向かう、相変わらず店の活
気がないねぇ〜。
和〜めん、味がすっきりしている感じ。以前ほどの動物系の強さと言うより魚
系としっくりくる塩梅に感じた。麺はちょっとぬちゃっとした食感が好みではない
がすっきりとまとまっている、のだが、なにかもう一つ物足りなさを覚えたのは
気のせいか?。

昼が済み買い物の続き、その後夕方まで時間調整をして日本武道館に向かう。
エリッククラプトンジャパンツアー2003.11.30である。

開演前三々五々とオーディエンスが集まり始め気分が高揚していく。開演ちょっ
と前に友人3人と合流し着席、お約束どおり時間は始まらず15分押しでスタート。

1曲目はスタンディングでアコースティックギターを持ちWhen you got a good
friend
、1曲目から声の調子はよさそうでよく出ている。そのまま終わらずメドレー
でエレクトリックギターに持ち替え転調しCrossroadsにつながる。これは74年の
ツアー以来の構成でいいですなぁ〜。ソロは思ったより軽めに終わった。続いてこ
こ数年の長いイントロは省いたI shot the sheriff、いったんテンションを落とし
そこから盛り上がっていくパターンで期待したがあっさりと終わる。そして75年以来
のエレクトリックバージョンのBell bottom blues、相変わらず「
I Dont Wanna  
Fade Away〜
」のところには涙腺がゆるんでしまう。とうるるしているとReconsider
Baby
で渋く決める。次もまた久しぶりにネイザンのボーカルが聴ける曲がECとアン
ディのつまびくアコースティックギターで始まるCan't find my way home、これ
はウッドベースでやってほしかったな〜。とか思っているとクライベイビーを踏んでカ
ウントが始まった、もう〜これで決まりでしょうと言うWhite roomのイントロにはぞく
っときましたねぇ〜。ソロは綺麗にぴたっと決まっているように聞こえた、が、ぶち切
れるほどの高まりは無いがよかったな〜。こう言う曲の後は必ずと言って落ち着かせ
る曲が続く、I want a little girlこれはいいですねぇ〜。ジャジーでじっくりと味わう
ように曲を聴けます。続いてブルース2連発、Got my mojo workingHoochie
coochie man
、う〜む客の反応が今一である。ここは聴き所だと思うのだが〜、コ
ール&レスポンスが成立しませんね。とは言え久々のスライドは楽しめた。盛り上が
りがな〜と思っていたらChange the worldが始まったとたんに空気が変わる。
前回のようなジャムセッション風インプロビゼーション無しでいきなりイントロに入る。
途中のソロも無く淡々と終わる、う〜むもう少し弾いて欲しいなぁ〜。
次はFive Long Yearsと期待していたらBefore you accuse meですがな〜。
これはショックがでかかったな〜、さらっと軽くソロを流してはいたがいい出来だった
けどFive Long Yearsを聴きたかった!。
次は日本初公開のKind hearted woman、これはHave You Loved A Womanの
流れのようにアレンジはしてあるが涙ちょちょ切れになるくらいに聴きたかった曲で
、実際に聞くとじ〜んと来るものがありましたねぇ〜。じ〜んとしているといつものあ
のイントロが始まりました、Badgeです。途中のブレイクとブリッジには興奮させら
れます。そしてRiver of tears、静かな中の興奮が爆発するようなギターソロが
出なかったが味わい深い歌としみじみするギターにちょっと酔ってしまった。次には
驚いた!、Lay down Sallyである。85年以来18年ぶりの復活に思わずにんまり〜。
次からもうお約束の曲の並び、Wonderful Tonight、これはやらんと世のカップル
が怒ります。コンパクトにアルバムに近いバージョンですっきりと仕上がっていて、
うっとりとしてしまう曲にまた酔ってしまうのであった〜。
追い討ちをかけるようにいきなりイントロのリフで始まったCocaine、なのだが反応
が今ひとつ。最後の「コケイン」の掛け声で一応はしまったが爆発しない。とどめの
Laylaはリフの前のソロ無しでいきなり始まる、これは何度聴いても興奮するなぁ〜。
ソロはよれていたが何とかまとめて終わった。
EncoreSunshine of your love、一応盛り上がり次のしっとりと聴かせてくれ
Somewhere over the rainbowと続く。やっぱり最後はこの曲だとしっくりと来る、
ぎんぎんにのりのりもいいが穏やかに終わるのもまたよし〜。
ECのアンプかワイアレスのシールドの調子が悪いのか途中で普通のシールドに交換
していたがこのあたりも出来に左右していたのかな。悪くは無いが特によくも無かった
と言うのが今日の印象でした。しかしECは毎回違うので見逃せません。


2003年11月29日

4連魚ならず

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「ビーフシチュー・目玉焼きサラダ」。
今日のお肉は大きく柔らかでうまかった〜、お代わりしたかったなぁ〜。

スエヒロの後当社のスエヒロ男と流山に行く、用件がすぐ終わり会社に戻
る途中スエヒロ男が「最近ひがしに行っていないね〜、ちょっと寄る?」と
火に油を注ぐような一言で
ひがし@馬橋に向かう。
今日はしょうゆラーメン、相変わらずいい味出していますねぇ〜。もちもち
の太麺と煮干の効いたスープが鵜舞ねぇ〜。ママとマスターの顔を見ると
ほっとします〜。

夜は帰りが遅くなりラは無し、自宅で牛鍋。熱いがうまい。


2003年11月28日

3連魚(麺休日)

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「天丼(アナゴ・烏賊)」。
今日のは今まで食べたスエヒロのアナゴの中では一番
鵜舞!
大きさもそうなのだが肉厚でいて大味ではなく、しっとりと品のいい脂が乗
っていて言う事無し。烏賊も小ぶりだがいいですねぇ〜、そのうえご飯が
鵜舞。

夜は鶏団子、牡蠣トマトスープ、鮭、マカロニサラダ等。


SSAの音を聞いたけどなかなかに熱演でいいねぇ〜。


2003年11月27日

麺休日

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「ポークエビピラフ・ぶりてり焼」。
昨日のカマスに続いて今日はぶりと魚続き、かりっとした衣がよくてり
焼と言うよりムニエル。ピラフはエビたっぷりでよかったねぇ〜。

夜は串揚げ、鶏団子、きのこご飯でぱんぱん〜。
CDRを焼こうとおもっていたが横になっているうちに爆睡。


2003年11月26日

Ec Was Here! (麺休日)

昼は一週間ぶりのスエヒロ@北小金、さてさて今日はなんぢゃろうと店に
向かう。
本日のランチ「照り焼きハンバーグ・かますバター焼」、んんん?かますの
バター焼とな?。カマスは一夜干しでしか食べた事が無いがどういうのだろ
う?。照り焼きはとろみがなく甘すぎずすっきり、お肉にたれがよく絡んで鵜
舞。かますはほっくり柔らかな太刀魚の癖を抜いたようなすっきりとした白身
が鵜舞!。まったく癖が無く干物のイメージとはぜんぜん違っていてこれは
いいですねぇ〜。

就業後すっとんで新宿のCDショップに向かう、「コンサートフォージョージ」
が今日発売である。87年のプリンストラストでECとジョージハリスンの共演
でしか見られなかったwhile my guitar gentry weepsが今度はポールとの
共演である。それよりもECでbewere of darknessとwah wahが聴けるとは〜。
いいねぇ〜、素晴らしいねぇ〜、ECのギターは
鵜舞ねぇ〜。
あとECのDVD等を仕込む、おとといSSAに行った某S氏も真っ青になるような
ブツもありました。
これで週末のECライブがいっそう楽しみになったなぁ〜。


2003年11月25日



昼はスエヒロではなく
美久仁@増尾
当社のスエヒロ男が「今日はちゃんぽんが食べたいのだ〜」と雄たけびを上げ
増尾に車を走らせる。
久しぶりに牡蠣ちゃんぽん、牡蠣がいい味出しています。食べている最中にお
品書きを見ると以前から気になっていた皿うどん太麺があるのを思い出だした。
追加で注文、透明な餡ではなくちゃんぽんスープのとんこつのとろりとした塩味
で太麺によく絡む。細麺の堅焼きよりはこっちのほうがこのみですねぇ〜。

夜は
湯島屋武造商店@湯島である。
もりそば、やはりこの麺は好みです。むっちりとして味が濃く、強いつけだれに負
けない鵜舞麺でした〜。あぁ〜満足。


2003年11月24日

長野駅周辺

今日は時間が少ないので長野駅周辺を回ってみる。

まず11時からと早い営業時間の
中華そば豊龍本店@長野に向かう。
駅からまっすぐに抜ける道の途中で、わかりやすい場所にある。外観は派
手だが中は木作り、カウンターとテーブルで落ち着いた感じ。

中華そば、かなり濃いしょうゆ色のスープは見た目ほどのしょっぱさはなく、
さらりとして醤油のうまみと豚のうまみが感じる。思ったより鶏は強くはなく
昆布のうまみも感じる。具は薄切りのチャーシュー、メンマ、九条ねぎ、な
ると。麺は修行先の麺とはかなり違い、低加水なところは同じだがもちっと
していてなかなか好みの麺です。この麺がよくスープを吸いほおばると一体
感がありよかったなぁ〜。

次は歩いてさほど離れていないまとや@長野に行く。

中華そば、あっさり魚系だが脂が多くちょっとくせがある。鶏よりとんこつが
強いのだろうか軽い感じはなく旨みたっぷりの濃いスープです。具は薄味の
大きな炙りチャーシュー、大ぶりなメンマ、切り方の違う2種類のねぎ、海苔。
麺は柔らかめ、強いスープにはもう少し硬めなら負けないかな。

次は近くのるるも@長野、外観でちょっと引いたが入ってみる。
醤油、塩、味噌の3味で無化調の北海道ラーメンと言うこと。るるもは背脂が
入っているのでパスしてあっさりのかつおしょうゆラーメンを注文。
チャーシュー、メンマ、なると、ねぎとシンプルな構成なのだが、食べたらびっ
くり。平打ちっぽい麺は硬めと言えば硬めなのだが硬すぎずむちむちっとして
いて鵜舞麺ですねぇ〜。スープはとんこつ等をじっくり煮込んだと言う事はあり
とろりとはしていないが濃厚、そこに節粉ではないかつおのスープを加えてあり
とても無化調とは思えない濃厚で旨みがかなり強いスープになっています。
このスープに負けない強い麺といっしょにすすると実に
鵜舞!。これは
参りました〜、わしわしと食べ進みあっという間に麺が無くなった〜。これなら
ノーマルな醤油と塩にも期待ができるなぁ〜。

次は今日のメインのわいちに行く、ブラインドが下りたままで
「本日休業」
の札がかかっている。日曜日定休日なのだがここまで来て臨時休業とは〜。

てなことをしているうちに時間になり帰還〜。

夜は関西式のすき焼き。


2003年11月23日

鵜にひかれて丸長参り

昨日はとっとと寝たので目覚めはいい、早速レンタカーを借りに行く。ちょうど
わいち@長野の場所が同じとおりにあった。ナビ付きの車を借り場所をセット
しいざ出発〜。

まずは一軒目の
丸長@須坂である。須坂の駅から一本道の通りにあるショ
ッピングセンターの中にあると聞いていたのだが見つからずうろうろ探してやっ
と見つかる。下の駐車場に車を止め2階に上がるとフロアーは丸長だけである。
噂には聞いていたがつけめんらーめんは昼だけで夜はカラオケ居酒屋になり
麺類はらーめんのみだそうです。

えのきつけめん、さっとゆでたえのきがつけだれに入っている。つけだれはあっ
さりと鶏で、甘み酸味は強くなく辛味も控えめ。丸長の中でもかなりあっさり目で
ある。しか〜し、麺がよかですねぇ〜。平打ち縮れぴろぴろの
極太麺
鵜舞ですねぇ〜。量は多くは無く200g弱ぐらい、あっさりなつけだれと不思
議によく絡む麺でした〜。

満足感を得て次の丸長@信州中野に向かう。延徳駅まで来たら周りは何
もなく店も無し〜。途方にくれ通りかかった近所の人に聞いたらすぐにわかりま
した。店に着くと20台ぐらいある駐車場はほぼ満車、店は2階で上がると待ち客
がいる。待っている間も客が増え席に付く頃には20人ぐらいになっていた。そこ
からしばし待つ、ずいぶん待つ。店内を眺めていると筑波丸長のカレンダーを発
見。
つけめん、須坂とほとんど同じ形状の平打ち縮れぴろぴろの極太麺が登
場。こっちのほうが量は多い、300gぐらいはありそうでこんもりとお山になってい
る。麺の食感と味は
鵜舞!、濃い目のしょうゆで甘みと辛味と酸味はほど
よくこの麺なら何ぼでも入っていく。わしわし食べているうちに麺があっという間に
無くなった、大盛りにすればよかったなぁ〜。この混み具合では追加も出来ずあ
きらめて帰る。しかしうまかったなぁ〜。

大満足で次の丸長@湯田中に向かう。遺跡を目印に着いたのだが気がつか
ないで通り過ぎてしまった。丸長の大きな看板は上のほうにあり座席の目線では
気づかず普通の民家のような外観で赤い暖簾で気がつく。
つけそば、つけだれは醤油が強く鶏で生姜も強い。わかめが入っているのは愛嬌
かな。麺は中ぐらいの丸いやや縮れでかなり柔らかい、そのぶんつけだれとの絡
みはいいのだが麺にもっと吸引力が欲しかった〜。

続いて現存するラーメンとつけめんのある丸長のれん会最後の店の丸長@長野

に向かう、ここで現存店を回り終える。長野市街地で広いとおり沿いにありすぐ見つ
かる。

つけめん、つけだれは色合よりは濃くはなくねぎとごまが多い。甘みと酸味と辛味は
ほどよくしょっぱすぎない。麺は青海苔がかかっている、丸い細めの麺は柔らかめ
でつけだれとはよく絡むが引きがかなり弱い。硬めならまた印象が変わるかもしれ
ない。

この後時間が悪く他のの店を回れず善光寺参り、長野に来たら行かなければいか
んでしょう〜。

ホテルに戻りデーターつくり等してから休んだら爆睡!、気が着くとだいぶ遅くなり
夜の部は出かけられず〜。近くで軽くつまんでおしまい。


2003年11月22日

長野ツアー

この連休を利用して行けないでいた長野に向かう。
渋滞に引っかからないように朝早く出発、中央高速は渋滞なしでがらがら。
飯田にだいぶ早く着き2軒の店の場所を確認し、時間まで一眠り。

1軒目の
新京亭@飯田が9時から営業しているのを思い出し店に行く。
先客はおらずぽつんとさみしいが座る。
中華そば、鶏としょうがのオーソドックスなスタイルに魚が入っているのかな。
実に穏やかな味にほっとする、平打ちのストレート麺は量が多く200gぐらい
あり食べ応え十分。そしてずいぶん長く滑らかでもっちりとしていて鵜舞麺
です。麺とスープをすするとぐいぐいっと入って行きの麺も大目の麺もすぐ
無くなってしまった。満足度が高い中華そばでした。

新京亭で食べた時間が早くまだ次の
飯田大勝軒@飯田の開店まで時
間がありまた一眠り。
開店ちょっと前に店に行くと2階席でまたせてもらえた。開店時間を過ぎ程なく
もりそば登場。
見た目は大勝軒だが味はかなり違う、と言うか別物と言ってもいいかもしれ
ない。豚の強さはなく鶏のスープに甘みと酸味を加えたようなすっきりとした
軽い口当たり。麺は熟成させた透明感のあるぷりっと歯ごたえがありつるっ
としている。しょうゆ色も薄く薄口のような色合い、それでいて麺と絡むので
全部食べた。なんか違和感を感じるのだが麺が無くなっていた、大勝軒だと
思うと抵抗感があるかもしれないが別だと思えば普通にたべられるかもしれ
ないなぁ〜。

次の
上海楼@飯田は店のそばまで行ったのだがすぐに見つからず、結局
電話をして場所を教えてもらい到着。
中華そば、新京亭とよく似ている。とある情報によれば系列らしいが確認出来ず。
長方形に見える麺は柔らかめで厚みがあるように見える、もう少し硬めなら平打
ちに見えるかな。長さはやはり長く気持ちもちっとしている感じもする。鶏と魚系
は強く感じないが昔ながらの安心できるお味に満足しました。

この後長野に移動、ところがアクシデントにあう〜。車が故障し途中でディーラー
に運んで修理依頼。あーだこーだとしているうちに時間だけが過ぎて行き、
へろ
へろになり遅く長野に着き、夜のラの気力もなくホテルでご飯。
夜行くはずだった店はパス〜。


2003年11月21日

固定観念つ〜のは

昼は3人でスエヒロ@北小金、今日はランチではなくオムライス。
相変わらずいいねぇ〜。

夜は
ラーメン処 潤@池袋のプレオープンで中華そば。
背脂、煮干、太麺である、やや苦味と揚げねぎの焦げ臭さを感じるものの
けっこう好みで気がついたらどんぶりはからっぽ。背脂のくどさはなく、麺
のもっちり感とすっきりしたスープはとても食べやすかった。このへんが
がつん度を求めると物足りないという人もいるんだろうなぁ〜。


2003年11月20日

Hot 'Lanta(麺休日)

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「和風ハンバーグ・麻婆豆腐」。
デミグラスソースではなく、かぼすのきつくない酸味の効いたさっぱりしょうゆ
ソースがハンバーグをぐいぐいっと食べさせる。そしてなぜか麻婆豆腐、ぴり
りっと辛味が効いてこれまたご飯にあって鵜舞ねぇ〜。
これで700円でいいのだろうか?。

夜は昨日よりうまくなっているはずのきのこ汁、マカロニサラダ、ハツタケご飯。
予想通り味がなじんで鵜舞!、そして久しぶりのハツタケごはん。以前はちょ
こちょこと秋になるとハツタケ取りに行っていたがここ数年ご無沙汰していた。
知人から電話がかかってきて「この間行こうとおもっていたのにどこ行ってん
だよ〜」。「また行ってきたから分けるよ〜」とおすそ分けしてもらった。このハ
ツタケをとりに朝早く松林にいったな〜。
そういう思いを噛み締めながら食べるとうまさ倍増〜。

先日とおとといABBとECのCDを購入、やっと聞けた。
やっぱりデュアンオールマンのスライドは鵜舞ねぇ〜、これだけ泣かせるスライド
はそうそうない。アメリカンユニバーシティとアトランタはオンな録音でリアルであ
る。オフなミックスはあまり好きではないのでこういうミックスだとどきゅ〜んと前
面に飛び出てきて迫力がある。フィルモアはオフなミックスだがこれでもかとてん
ぱった緊張感ぴりぴりのプレイがやはり素晴らしい!。

ECのアルバムはバラードと言うのには無理がある感じもするが曲順がいいねぇ〜。
最後はお約束通りLaylaで〆るのが泣かせる〜。


2003年11月19日

きのこの日(麺休日)

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「ビーフシチュー・目玉焼きスパ」。
今日は3種類のお肉が鵜舞!、いつもよりちょっと酸味があるがさらっとしたソー
スが食欲をそそる。人参、ジャガイモ、たまねぎ、ブロッコリーと野菜も補給〜。
メニューに無い小鉢が出てきたら、おからでこれがまたいいですねぇ〜。

夜はとん汁を作ろうとせっせと作業をしていたら、いつの間にかにきのこ汁にな
っていた〜。椎茸とシメジ大量、人参、大根、里芋、蒟蒻、栃木の地牛蒡、ねぎ
を煮込んで無添加味噌で仕上げる。化学調味料は入れていないのだが味噌と
野菜の旨味がよく出ていてこれが鵜舞〜。きのこ汁つくりと同時にマカロニサラ
ダも作る。ご飯は日本茸飯協会理事なら当然きのこご飯である〜。


2003年11月18日



昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「牡蠣フライ・せりのおしたし」。
日常的に食べても飽きが来ない、特に牡蠣は好きだしひんぱんでもいいんだけ
ど日々変わる楽しみもまたいいねぇ〜。
せりのおしたしがよかった〜。

湯島屋武造商店@湯島に行く。
もりそば、麺が太くなったような感じがしたが気のせいか?。もっちりと味のある
麺は鵜舞ですねぇ〜。


2003年11月17日

麺休日

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ「天丼(烏賊・穴子・鯵)・野菜玉子焼き」。
今日の天丼は鯵と穴子もいいが烏賊が鵜舞!、さらっとした甘すぎないたれと
てんぷらとご飯をほおばるといいですねぇ〜。

夜は鯛ちり等、昆布だしで鯛、湯葉、水菜、九条ねぎ、きのこ、栃木の地牛蒡を
さっと煮て食べると鵜舞。


2003年11月16日

小手先はいかんでしょう〜

昨晩張り切りすぎてやや二日酔い、こういう状態はいやぁ〜ひさしぶりだな〜。
とは言え遠征なので早起きをする、とっとと仕度をし置物2号氏が逃げない
うちに自宅まで行き車に乗せ出発〜。
首都高速から湾岸に出てアクアラインを行く、拍子抜けするぐらいがらがら
で渋滞はまったく無し。地上に出たら風が凄くて車が持っていかれそうだ〜。
風速計を見たら20m、これじゃ走りにくいわな〜。

予定より順調に走れ君津大勝軒@君津到着が1時間も早く車で寝て
待つ、30分ぐらい前になったら待ち客が現れ始めたので店の前で待つ。
開店前には20人ぐらいの行列になっていた。
池袋大勝軒の中ではスープの色が一番黒い。しょうゆも角があり
動物系がほとんど感じられない。魚系も強くはなく入っているのが
わかる程度でにおいのわりには薄いスープでしょうゆと甘みが目
立つ。酸味と辛味は弱く方向性が違うのだろうか?。麺は池袋系
統の中では一番太く長方形でそのまま食べると柔らかくないよう
におもうがつけだれにつけるとすぐへたる。麺の味も薄いしつけだ
れが割らずに飲める薄さなのできついとおもったが麺の量が少な
かったので一応麺は全部食べられた。具は四角いチャーシュー2
枚、なると、海苔、1/2ゆで卵。


梅の家に向かう、店はすぐわかったが駐車場が満車で停められず。
近くを探すが停められる場所がなくうろうろして
いるうちに行列は伸びていくのであきらめる。

即気持ちを切り替え次の
麺屋樹幸@土気に向かう。店に着くとなにやら
こじゃれたビストロのような店の外観。店の前で待つがすぐに中に入れた。

中華そばあっさりしょうゆ、表面の脂がスープと一体化せず浮いている。その
スープは確かにあっさり醤油である、ただじんわり系ではなくぐいぐい系でも
ない。動物系と魚系なのだが両方ともに弱くしか感じられず中途半端な印象。
こぎれいにまとめてはあるがそれだけ。チャーシューは炙ってはあるが肉の
旨味が出てくるわけではなく出がらしのような肉である。麺もどうと言うわけで
はなく麺の旨味が希薄な柔らかいわけではなく硬くもなくもっちり感も無い麺。
トータルではふ〜んと言う印象。
塩とこくまろ醤油をちょっと食べたが、塩は香辛料がスープの邪魔をしている。
ただでさえスープが弱く塩の引きも弱いのに余計だな〜。こくまろはあっさりに
背脂を加え醤油を強くしているだけにしか感じられなかった。

またまた満足感を得られず次の
栄家@稲毛に向かう。

中華そば並盛、お〜これはいいですねぇ〜。旨味成分ばりばりなのだが実に
ほっとできるノスタルジーな醤油ラーメンで、麺はどうと言う事は無い麺だけど
スープとよくあっています。厚めのチャーシューがいいですねぇ〜、これなら
チャーシュー麺でもよかったなぁ〜。
今日の中では一番安心できたお味でした。

夜は帆立釜飯、どる屋のチャーシュー、キャベツの浅漬け。


2003年11月15日

Like A Hurricane(麺休日)

昼はスエヒロ、今日のランチは「ベーコン巻ハンバーグとひらめのフライ」。
言う事ありませんねぇ〜、かりっと焼いたベーコンとハンバーグの相性も
よく鵜舞。ひらめも冷凍もののような臭みもなくふわっとしていてかりっと
揚がっていていいです。

夜はニールヤング「Greendale JapanTour2003」@武道館。

First Set 「Greendale」
Falling From Above
Double E
Devil's Sidewalk
Leave The Driving
Carmichael
Bandit  acoustic guitar
Grandpa's Interview
Bringin' Down Dinner
Sun Green
Be The Rain

1st Encore
Hey Hey, My My (Into The Black)
All Along The Watch Tower
Sedan Delivery
Love And Only Love

2nd Encore
Powderfinger
Rockin' In The Free World
Like A Hurricane

前半はミュージカル仕立てのライブ、後半はお約束のニール三昧。
約3時間に及ぶコンサートは凄かった、まだ聴き足りなかったなぁ〜。

コンサート終了後一緒に行った同級生4人で飯田橋で痛飲。今日の
ライブをあれこれ感想の言い合いや今月末のECの話などだいぶ飲
みつつ遅くまで語りあったのであった〜。


2003年11月14日

麺休日(スエヒロ週間)

昼はスエヒロ@北小金でランチ、「オムライスと和風ロールキャベツ」。
ふんわり玉子で濃すぎないご飯の味付けがよくいいですねぇ〜。
熱々のロールキャベツは大きく、柔らかく和風に仕上がっていて両方とも
満足〜。

夜近くで海鮮鍋、エビ玉、ワンタンメン。
おなかいっぱい〜。


2003年11月13日

麺休日

昼はスエヒロ@北小金のランチでおぢゃる。
「ビーフカレーとチキンベーコンレタスサラダ」。
サラダが鵜舞!、かりっとしたベーコンとチキンの火のとおり具合がいい
ですねぇ〜。

夜は鱧のすり身と牡蠣の鍋、あったか〜でいいなぁ〜。


2003年11月12日

麺休日

昼は当社のスエヒロ男とスエヒロ@北小金に行く。
本日のランチ「牡蠣フライ・甘辛入り玉子」、やっぱりこの季節は牡蠣が
鵜舞ねぇ〜。かりっとした衣とジューシィさのアンバランス感がたまらん。
ご飯が進みちょっと足りなかったなぁ〜。

夜は帰りがだいぶ遅くなりラは無し。
キャベツ浅漬け、ほうれん草の胡麻和え、鶏肉団子等。


2003年11月11日

麺ですな〜

昼は当社のスエヒロ男とスエヒロ@北小金に行く。
本日のランチ「チキングリル・いわししそ巻」、これだからランチはやめられ
ないねぇ〜。食べた事が無いメニューが出てくるので目が離せない。
かりっと焼いたチキンにソースが絡み鵜舞!。いわしもフリッターのような
見映えだが違っていてふわぁ〜っとした柔らかな衣と、紫蘇がさわやかで
いわしをぐっと引き立てている。

夜は
湯島屋武造商店@湯島で味噌ラーメン。今日の味噌の麺はい
つもにもまして
鵜舞!、もちもちのむちむちでぴりっとしたスープをよ
く持ち上げてぐいぐい〜んと入っていく。もう一杯食べたかった〜。


2003年11月10日

精神修行はつらいものよの〜

昼は当社のスエヒロ男とスエヒロ@北小金に行く。
本日のランチ「ドライカレー・フランクソーセーヂナポリタン添え」久しぶりの
ドライカレー。今日のはだいぶ辛いが食が進む、大きいフランクは脂っこく
なくカレーとともに完食。うまかった〜。

夜は2晩目のおでん、京菜鍋、サンドイッチ、タイラーメン。


2003年11月9日

上には上がいるもんだ〜

今日は秋の房総観光でも行こうかと思ったが首都高速から関越に入る、
渋滞がまったく無くすいすいっと走れ予定より早く新所沢に着く。
早く着いたのはいいのだが近くに駐車場が無くあちこち探しても無くやっと駅の
近くで見つけ車を停めて目的の店新所沢大勝軒@新所沢に向かう。
麺は他の大勝軒より黄色見が強い。表面はぬめっとしていて舌触りはよくは無い。
へろへろな柔らかさでは無いがもちもち感は無く細めなのであまりいい食感とは
いえない。つけだれは甘め。


口の中をすっきりさせるのにお茶をがぶ飲みしてもなかなか収まらないまま
次の麺処 福吉@新所沢に向かう。一軒目からさほど離れておらずわ
かり安い交差点のそばにありました。
魚醤ラーメン、やられました〜。おもいっきり節粉ぶち込み系で鰹が強すぎて
動物系がよくわからない。麺は中ぐらいの平打ちのストレートでつるつるして
いてスープの絡みはもう一つ。スープは最初の段階で飽きて麺を食べるのが
やっとでした。

不完全燃焼のまま今日のメインエベントの浦和東口大勝軒@浦和

向かう。店の前を通り過ぎた先に駐車場があり車を止め歩いていくと10人位
の行列。もともとあった店のカウンターの背後の壁にカウンターを取り付けて
いて間が狭く通るときに両側の客にぶつかる。一番手前の道路側のカウンタ
ー席はもろに待ち客の目の前で食べていても落ち着かなさそうだ。案内され
て座った席は厨房側の道路よりだが一番端でなくてよかったな〜。しかしこ
のカウンターが傾いていてなんか落ち着かない。おねえちゃんがたれと具財
をどんぶりにいれ店主らしき人が麺茹でとスープを張っている。
もりそば、色の違う麺が2種類入っている。白っぽい麺は箸でつぶれるような
もの。つけだれは甘すぎて酸っぱすぎて辛すぎてしょっぱい。


夜は一晩寝かせた自作おでんと秋津屋@秋津の持帰自家製生餃子。おでんは
寝かせただけありこなれて角が無くなった、大根と白滝が特に好きだなぁ〜。
餃子は皮が特に鵜舞!、餡もうまいがもっちりして味のある皮がいいなぁ〜。
久しぶりに餃子を食べてうまかったな〜と思った。


2003年11月8日

過ぎたるは及ばざるがごとし

本日は休めず仕事。

今日の昼はスエヒロではなく美久仁@増尾、先日当社のスエヒロ男が家族
で食べに行きなかなか気に入ったらしい。そこでスエヒロ男を伴い向かう。
ちゃんぽん、作り手が変わってからスープは濃い目になり今日も変化は無し。
ほくっとした麺とスープがいいです、野菜が減ったのがちょっとおしいが満足な
一杯。
続いて皿うどん太麺焼きそば、これはかなり前から興味があったが未食であった。
ちょっと脂っこいが太い麺と野菜が醤油で絡めていいですねぇ〜。

夜はおでんを作る、作っている間の味見と匂いでいざ食べようと言う時にあまり
食べないうちに満腹〜。


2003年11月7日

4連牛ならず

昼は4日続けて牛はメニューは無いだろうと読みスエヒロ@北小金に向かう。
そろそろ天丼かオムライスではなかろうかと読む、店に着き黒板を見ると
本日のランチ「天丼(あなご・アジ)とほうれん草のおひたし」でおじゃる。久し
ぶりの天丼に期待、今日はアジがいつもより鵜舞!。しっとり柔らかでかりっ
とした衣にいい塩梅のたれが絡んで満足〜。

夜は輪舞(ロンド)@西麻布に向かう。
支那そば、先週よりやや太目に感じる中細麺でまるで和食の御椀のような出
汁を感じる。塩分控えめで鶏と魚系が極端に強くなくラーメンというより和を感
じた。塩分が控えめではあるけどよく麺とスープがなじんで
鵜舞!
ほかにカマンベールチーズと白身魚の揚げ春巻き、麻婆豆腐、ベトナム風焼
きそば等。


2003年11月6日

鍋の季節〜

昼は3日続けて牛はメニューは無いだろうと読みスエヒロ@北小金に向かう。
ところが予想を裏切り「本日のランチ・ハヤシライスと帆立バター焼」とな〜。
これはうひゃひゃ〜ですがな、ハヤシライスはだい〜ぶたべていなかった。
ランチに出ていたのかもしれないがタイミングよくあたらなかったのかもしれな
いなぁ〜。
程よい酸味と甘みのソースが柔らかお肉と絡んで、ご飯と一緒にほおばると
鵜舞ねぇ〜。帆立は小麦粉をさっとまぶしてさっと焼いてあり硬くならず、ほわ
ぁ〜んとしたやわらかさと邪魔をしない薄目の塩味がほたての甘みを引き出し
ていいですねぇ〜。本日も満足でございました。

夜は湯豆腐、我が家は先祖代々湯豆腐には鱈と決まっている。それも出来う
る限りスケソウダラである。真鱈より決めの細かい肉質があっさりといただけ
るのである。野菜は白菜と椎茸、ねぎ、春菊、そして最近手に入れた高知産の
ポン酢しょうゆをつけて食べると鵜舞!。
ふ〜あったまった〜。


2003年11月5日

麺〜

何やらいい香りが北小金方面から漂ってきたので昼はスエヒロ@北小金に向
かう。
狙いは的中である、本日のランチは「和風ビーフヒレステーキ・目玉焼きサラダ
付き」である。150gぐらいのお肉でこの内容でこの値段でいいのか〜、責任者
でてこ〜い、ありがと〜。と言うわけで本日も満足なり〜。

夜は昨日いけなかった湯
島屋武造商店@湯島へ行く。小雨降る中表に
5人ほどの待ち客、さほど待たずに入店。
もりそば、もりとかつけっちゅうのはこう言う事でっせ、どこぞの責任者でてこい!、
と言いたくなるほどのできばえ。
やはり麺ですねぇ〜、こういう麺だとなんぼでも入って行きますな〜。と言う事で
満足なもりそばでした〜。


2003年11月4日

麺休日

昼は4日ぶりにスエヒロ@北小金に向かう。
本日のランチは「ビーフシチュー・目玉焼きサラダ付き」である。2種類のお
肉とごろっと大きめな人参、ジャガイモ、大根、たまねぎ、ブロッコリーが入
って野菜もたっぷりと補給〜。もったりとしたソースが鵜舞〜。
味噌汁と思ったら予想も出来ないけんちん汁、これがまたいいんだよねぇ〜。

午後から熱っぽくなり、夜大喜に行こうと思っていたがやめてまっすぐ帰宅。
ブロッコリー、ポテトサラダ、ナムル、豆のスープ等。


2003年11月3日

レインボウブリッジ


今日はどうするかと思案をめぐらせる、某氏からの煽りもあるし。

神奈川新町の新店
横浜大勝軒@神奈川新町である。首都高速の渋
滞もなく順調に走り早めに神奈川新町に到着、近くに駐車場がなさそうで探
すと店のはす向かいにあり車を停める。
ちょっと車で待機し店に行くとすでに20人近い行列、並んで待っていると続々
と集まり行列が伸びる。店に入る頃には後ろに40人ぐらいの行列。
もりそば、ずいぶん黄色い麺がどんぶりにてんこ盛り柔目。
つけだれは豚や魚の香り、味が薄め。


神奈川新町から途中で高速に乗りさほど時間がかからず
岳家@港南台
に到着。店の外までとんこつのいい香りが漂ってくる、ここで狸の置物2号氏
の顔色もよくなり元気になった。
ラーメン、相変わらず
濃い!とんこつですねぇ〜。かなり濃いのだが飲ん
でも口の中にざらっとした違和感が残らずマイルド感さえ感じる。そのスープ
が太目の長方形のもっちりした麺に絡みまくり
鵜舞!、これはたまりませ
んな〜。

同行者はつけ麺を注文したが、壁の「並450g」と言うのを見て怖気づいたのか
「少なめにしてください」と小さな声で言っておりました。途中で横の同行者を見
ると先ほどとは違い、つけめんをすごい箸の勢いで食べ進んでいる。おまけに
スープ割をせずつけだれを飲み干してしまった。
「何でスープ割をしないのぢゃ!」と言ったら「濃すぎる!!!」と言う事で思わ
ず根性無し!と言ってやった。とは言え筆者でもあのスープ割りはかなり濃くて
飲み干せる自信はありませぬ〜。

大満足感に浸り次の江古田丸長@江古田に向かう。つけめんが始まった
と言う事を聞いては行かねばいかんでしょう。いままではつけめんは無く、今年
行ったときはラーメンだったので楽しみ〜。横浜から向かう高速は予想とは違い
渋滞は無くがらがらですんなりと江古田に到着。
つけめん、つけだれの中に飾り切りした1/2ゆでたまご、脂身の多い肉肉している
チャーシュー、メンマ、なると。つけだれはお約束の甘辛酸っぱい濃い目で辛味が
やや強い。麺は細麺で茹で加減がよくさほど特徴があるわけではないがこの濃い
目のつけだれにからめると
鵜舞んですねぇ〜。これだよこれやっぱり丸長のこ
の味が好きなんだよねぇ〜。ほっとする味にかなりの満足感がありました〜。

夜はオムライス、コロッケ、オクラ、トマト。


2003年11月2日

はんなり

今日は買い物に行くので遠出は無し、一通りの買い物が終わると昼では
ないか。
そこで帰りがけに
四川飯店@永田町である(まったく脈略無し)。コー
スを注文しいろいろ食べる、その中で坦々麺を選ぶ。
思ったより辛すぎずしょっぱすぎず、ほんのりとした酸味があり中ぐらいの
ストレート麺とよく絡んでいいですねぇ〜。ごまも程よく効いてくどさもなく、
山椒が効いてさくっと食べられました。
デザート前だったけどもう少し食べたくなり海老塩焼きそばを追加注文。
焼いた麺にエビと野菜の餡がよく絡んで鵜舞です、もう少し麺が多ければ
よかったなぁ〜。
全体的にこってりしょっぱいのかと思っていたら、部分的にぐさっとぴりりと
来るけど飽きの来ないお味に満足〜。

夜はきのこご飯とサラダ。


2003年11月1日

枝分かれ?

今日は野沢で某氏が待っているので早めに出たのだがまぁ〜混んでいる事。
あっち回ってもこっちに行っても渋滞でかなり遅れて野沢大勝軒@野沢銀座
に到着。某氏はまだ待っていてくれた〜、例物を受け取る。どうもありがとうご
ざいました〜。
そして並ぼうと行列を見ると20人ぐらいであろうか、予想していたよりは少な
い。
もりそば、出てきた麺はかなり細いく色と縮れ具合が秦野に良く似ている。
柔らかめだがふかふかしてはいないがもっちり感もなく味も薄い、つけだれ
は甘く酸っぱく辛い。具はチャーシュー1枚、ブロック状のが1個、1/2ゆでたまご、
海苔、メンマと多からず少なからず。

野沢の後神奈川新町に行こうと思っていたが、行列待ちに時間をとられ渋滞
もあり時間がまにあわなそうなのであきらめる。

ふと気がついたのがひるがお@龍雲寺、歩いてもすぐそばである。さほ
ど歩かず店に着くと10人ぐらいの待ち、ちょっと待って入店。
しおらーめん、これは
鵜舞!です。脂っこくない塩のスープは動物系と
魚系の旨味がたっぷりで香りもよくぐいぐいっと入っていきます。メンマ、チャ
ーシュー、白髪ねぎ、岩海苔とシンプルですが実に味わい深いですねぇ〜。
おしいかな葱の上にかかっている魚介系の粉が食感を損ねているのと味を足
しすぎているように思えた。麺ももっとむっちり感があればスープとの相性がい
いかなと思う。とは言え満足な一杯でした。

次は同じせたがや系列の大大@自由が丘、こっちはとんこつと言う事で
楽しみ〜。
ぶたそば、ここの店主は魚介の粉末がよほど好きなのだろうか?。よく出てい
るとんこつだけでかなり
鵜舞と思うのだが粉末をいれることでひるがおと同
じような味の足しすぎをしているように思えた。それとこういうスープには細麺が合
わないと思うのは筆者だけであろうか?。
味噌二刀麺、これも豚そばと同じ感じがした。それでも味噌味噌しておらず濃
厚でいて鋭い切れ味があるのはカレー粉の効果だろうか。これも惜しいかな
せっかく鵜舞のにカレー粉が邪魔をしているように思えた。それとこのスープ
には細麺ではなく太麺だけで食べたかった。
煮干カレー、これは完全に和風カレーとでも言いたくなるような魚の効いたし
ょうゆ味のようなカレー。これも鵜舞のだがカレーにも魚介の粉をかけなくて
もいいのではないかいな?。

夜は今日オープンの、
中国茶と支那そばの現代中華茶屋「輪舞(ロンド)」@西麻布

中華そば昭和

鶏スープで魚系は入っていないそう、鶏が実によく出ていて口じゅうに旨味が
ふわぁ〜っと広がる。やや甘めのかえしとスープの織り成す楽曲がとても心地
良い。魚系は入っていないそうだがなぜか貝の風味を感じた。そして細麺がま
鵜舞!、むっちりもっちりした食感と麺の味が濃くスープとの絡みもよく
あっさりと完食。いやぁ〜、うまかったなぁ〜。