M's Diary
2006年11月


2006年11月30日

武道館6日目

Eric Clapton Japan Tour2006 13th Nights 30.nov.2006 日本武道館

今日も目玉はRamblin On My Mind!
昨日と同じで16曲。 だがKey to The Highwayが2曲目に来てエレクトリックで
スローシャッフルでプレイ。 と言うことでアコースティックが1曲減った。
今日もデレク君のスライドが決まっている。
Little Queen of Spadesのソロは極めつけのフレーズは無いが昨日よりよかった〜。

2006年11月29日

武道館5日目

Eric Clapton Japan Tour2006 12th Nights 29.nov.2006 日本武道館
Five Long Yearsが落ちて16曲になった。
今日はデレク君の切れがよく、伸びた音のスライドが決まっている。
Cocaineのソロで珍しく音をはずしドイル君思わずにやり。
今日の極めつけはRamblin On My Mind、前回はドブロでやりそれ以前はエレキで初めて
アコースティックでプレイした。ギターの鳴りがよくフレーズも決まり歌もよくついつい聴き
こんでしまう。
Little Queen of Spadesのソロはかなりきていて、これまた素晴らしい!。


2006年11月28日

排水口

朝出がけに上のベランダで聞き慣れない雨音がし見に行くと、配水管が葉っぱ等で詰まっ
て後1〜2pで部屋に水が入りそうなくらい溜まっていた。これは緊急事態発生と有休をとり
排水工事に取り掛かる。寒いし雨でびちょびちょになりながら排水口から太目の針金を入
れ突っつくこと数時間。ちょとちょろと流れるようにはなったが降水量と排出量のバランスが
悪く放置しておけるレベルではない。悪戦苦闘し昼も食べず続けたがあきらめ業者に連絡、
1時間ほどできてくれ専門用具等を使い1時間ぐらいで見事貫通し排出OK〜。
自分の持ち場の掃除をまめにしていなかったのが原因、これからまめにせにゃいかんな。
夕方やっと遅い昼になり袋ラーメンでおしまい。

2006年11月26日



髭@平和島

栄寿司@京成立石 

両国いがらしや@両国 

続く〜。


2006年11月25日



徳多和良@北千住

平澤かまぼこ店@王子

BAR SOUTHERN COMFORT@王子

続く〜。


2006年11月24日

武道館4日目

Eric Clapton Japan Tour2006 10th Nights 24.nov.2006 日本武道館
曲は3日目11月23日と同じ。

Tell the Truthのドイル君のボーカルパートのバックコーラスにECが
入らず、ドイル君がECのほうを見て苦笑い。
Old Loveでは音を一瞬はずしていたが最後盛り返す〜。
Acoustic SetのDriftinはpluggedではなくマイクで音を拾っており生音
の響きがとてもよかったなぁ。イントロもないくらい弾き始めてすぐ歌に
入ってきた。
デレク君は張り切りすぎたか、昨日のようにぞくぞくっとは来ずきんきん
した音になっていた〜。
しか〜し、今回のリズムセクションはタイトでいいね〜。
Got to Get Better in A Little Whileのウィリーウィークスのベースソロ
はたまらんな〜。
Key to The Highwayは今日も間違えず完璧〜。
Running On Faithはわりとさらーっとしていた。
Any DayでたぶんオープンEチューニングで黒のストラトを弾いていたが
、スライド以外でオープンチューニングのギタープレイを初めて見た。

Wonderful TonightとCocaineは落ちてもいいのではないか?。
なんかこのバンドでのプレイに違和感をおぼえるんだよなぁ〜。
その代わりI Looked A Way・Keep On Growing・Why Does Love Got To
Be So Sad・Little wing・Bell Bottom Blues・Its Too Late・Im Yoursから
2〜3曲入ればいいなぁ〜。
ってこれじゃ「Layla And other Assorted Love Song」の
アルバム全曲やるってことになるか。

ライブ後CAFE RIJN@水道橋で一緒に行った友人と食事。

小腹が空きとど麺は白山ラーメン@白山でラーメン。
背脂醤油でスープの乗りがよく全汁。


2006年11月23日

武道館3日目


竃 新宿西口店@新宿
くんたまチャーシューメン・チャーシューめし。

Eric Clapton Japan Tour2006 9th Nights 23.nov.2006 日本武道館
曲は2日目21日のラインナップからBefore You Accuse meが落ちて
Any Dayが加わる。
今日もFive Long YearsとLittle Queen of Spadesのソロが鬼気迫る
勢いのフレーズ連発。
Five Long Yearsの右ひじ打ち3連発エンディングも完璧!。
CocaineのECのソロが今日は際立ってよかった!。
それにもましてデレクがのけぞりながらプレイするするスライドが今
までの中で一番輝いていた。

むろや@四谷三丁目 
特ラーメン(ラーメン」+トッピング大盛り)、以前のようなざらついた舌触りが無く
なり程よい旨味が出ている。麺が思っていたよりもちっとしてスープを持ち上げて
鵜舞。

めん処 藁屋@曙橋
油そば、脂のしつこさは無く茹でた卵と辛子を会えたのが麺の上に乗り、一気に
かき混ぜて食べるともちもちした麺とたれが絡みまくり適度な酸味と辛味で全麺。


2006年11月22日

最強タッグ

昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「めんちかつ・カニピラフ」。


夜は湯島屋狸造商店 でかまあげとりつけめん。
お代わりしそうになった〜。

2006年11月21日

武道館2日目

わかとら家@取手でラーメン+ミニねぎ丼。
う〜む。


Eric Clapton Japan Tour2006 8th Nights 21.nov.2006 日本武道館
曲は初日20日と同じ。
昨日のFive Long Yearsのスピードが異常に早かったが、今日はオリジナルに近い
速度に戻りTell the Truthとメドレーではなくいったんブレイクしいつものイントロで始
まり右ひじ打ち3連発エンディングも決まった!。 ソロもまた素晴らしく鳥肌〜。
それ以上によかったのがRunning On Faith、染み入るような歌声とギターがいい〜。
間違えっぱなしのKey to The Highway、きょうはドイルの処は間違えず歌わずドイル
君安心しにこやかに歌っておった。
Little Queen of Spadesのソロがたまらん〜。
今日は特にブルースのソロが素晴らしく興奮〜。

2006年11月20日

武道館初日

会社で出前のモツ丼。

Eric Clapton Japan Tour2006 7th Nights 20.nov.2006 日本武道館
Pretendingが落ちFive Long Yearsが加わり、お約束の右ひじ打ち3連発エンディング
が出たっ!!!。 と、その時スティーブジョーダンのスティックがすっぽ抜け空中を
飛んでいった。あ〜やっちまった〜と言う顔がおもしろかった。

2006年11月19日

味はいいのだが

白亜館 葵@新栄町・名古屋
Lunch Menu Degustation
三種類の食前のお楽しみ(サーモン・豚肉生ハム・コンソメロワイヤル)
・フレッシュフォアグラのソテー蓮根のガレット バルサミコ風味
・本日のスープポタージュ
・三河湾産鮮魚シェフスタイル(真鯛・ムース仕立て・柑橘ソース)
厳選牛フィレ肉のグリエ上質な赤ワインソース
・ワゴンサービスによる10種類のデザートから4種
・プティフール

味はとてもおいしかったのだが待合席と近くやかましい。
そこに座っていたおばさん、帰りのスーパーの買い物の話は出てからにしてくれ。

2006年11月18日

Rainbow Night

Eric Clapton Japan Tour2006 6th Nights 18.nov.2006 レインボーホール@名古屋
オープニングはTell the Truth。、Any Dayが落ちBefore You Accuse meが加わる。
Outside Woman BluesのところでECが間違えてNobody Knowsのイントロを弾き
あわててやり直した。
Running On Faithが終わりまだ椅子とマイクの片付けが終わらないうちにスティーブ
がカウントをしAfter Midnightが始まりスタッフとメンバーおおあわて〜。

味処 叶@栄・名古屋
最初に入りカキ丼と味噌カツ丼を注文、次の客がエビフライ、次の団体が味噌カツ丼
を注文。出てきた順番はエビフライ・味噌カツ丼・カキ丼で、出てきた頃には同行者は
ほとんど食べ終わっていた。
味噌カツ丼しかり牡蠣丼の味噌ソースは悪くはない。
しか〜し、カリカリで香ばしすぎる牡蠣はジュースがほとんど無くパン粉揚げのようだ。
これで1300円取るとはさすが名物である。
貝汁も頼んだのだが殻が割れていたり、大きさの割には身が極小で硬い。
味噌カツ丼にいたってはハムカツかと見間違うような厚みしかなく熱々でもない。
食べると硬いハムカツの味噌かけのようでであった〜。
帰りがけ何気に厨房が目に入りふと目をやると揚げて切ってあるカツがステンレスの
ボウルに山になっておった。

スパゲッティヨコイ@栄・名古屋
ミラカンvolume 1
太い麺はもちっとして硬すぎずゆるすぎず、その麺に胡椒の効いたトマトの和風
ソースが絡む。ボリュームもありかなり口の中の印象が強いミラカンであった。

中華そば こくや 原田屋@栄
東別院のこくやからコンビのかたわれの原田氏が栄に出した店。
中華そば(醤油)
東別院は行ってからかなり久しく、記憶からするとすっきりしてきゃしゃな印象が
残っている。 栄の店は鶏と魚のくどさのないすっきりしたスープは同じようだが、
以前よりかなり旨味の濃い仕上がりになっている。
見た目は同じように感じた麺はさらりとしているがスープの乗りもよくあっという間
に全汁。 チャーシュー・メンマ・海苔・葱・味玉とかざりっけがないと感じるほどよ
けいな飾りやギミックの無いスープ・麺・具の満足感はかなりで、2杯目に塩と思っ
ていたが醤油一杯の満足度に塩は次の楽しみとした。

日本料理 加瀬@矢場町・名古屋
季節のコース
胡麻豆腐・椀物(蟹のしんじょ)・平目と烏賊の刺身・握りずし(海老のすり身の入っ
た厚焼卵)・八寸(柿膾・フォアグラのすっぽん煮凝り包み・とうふよう・オクラと烏賊
の黄身合え)・のどぐろ西京焼・蕪蒸し・むつと銀杏と蟹・もずく酢・食事(しめじ御飯
と豆腐の赤だしと香の物)・水菓子(柿)。
これを堪能と言わず何と言えよう〜、旨いなぁ。


2006年11月16日

北小金


昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「ハヤシライス・オムレツアスパラきのこソテー添え」。
うほ〜。

夜は鰤照り焼き・サラダ。


2006年11月15日

スモーク

昼は久しぶりにわかとら家@取手でチャーシューメン・玉子・メンマ。
麺がやや茹でが甘いが全汁。

夜はすき焼き。


2006年11月14日

とりU

昼は近くの中華屋で五目あんかけやきそば大盛り。
野菜補給じゃ〜。

夜は湯島屋狸造商店
でとりそば。
麺旨し、スープもいい〜。


2006年11月13日

かまとり

昼はココ一でカキフライカレ。
う〜む。

夜は湯島屋狸造商店
でかまあげとりつけめん。
いいですねぇ〜。


2006年11月12日

八幡屋

昼に麺哲@天保山に行くも混んでいて断念。
モン パルナスでピロシキ。
 

ひとごこちつけて八幡屋へ向かう、商店街に到着するとそそるモツ屋がある。
名も無きモツ屋@八幡屋で 100g150円のレバーと腸と肺の鉄板焼。



椅子二つと持ち帰りだけのモツ屋で地元の客で繁盛している。
大阪市港区八幡屋2-3あたり。
うまかった〜。

続いてすぐそばの
末よし@八幡屋
中華そばと寿司5皿。
すし安くてうま〜。
中華そばはかつおだしが効いていてガラはほとんど感じなかった。メンマではなく筍・
ほろほろチャーシュー・かまぼこ・もやしと派手さまったく無し。
しか〜し、柔らかめの麺とスープの相性がよく鵜舞、90%汁。

もう一軒と思ったが時間が無くなる〜。

2006年11月11日

レスポール

昼は
旬菜 山崎@吹田昼のおまかせコース。

牡蠣のおかき揚げ
ジャガイモ饅頭のお吸い物
お椀・蓮根饅頭・鴨ロース薄葛仕立て
季節八寸・海老芋・黒豆松葉打・木苺・
猪口(佃煮・胡麻豆腐・高野豆腐・安肝)・シシャモ南蛮漬 
造り盛り合わせ
マグロ・ひらまさ・ほたて・あおりいか・たい
蕪とほうれん草焚き合わせ
鮭の西京焼

おいしい上にこれで5000円とは驚き〜。

夜は本日のメインエベントEric Clapton Japan Tour2006 1st Night Nov.11.2006 大阪城ホール@大阪
横浜アリーナを一回り小さくしたような大きさで、シートが全部赤で統一している。


オープニングのPretending はリズムセクションが変わった効果か、かなりファンキー。
途切れずそのままI Shot The Sheriffになだれ込む、おー初日からカッティングの切れ
が素晴らしい!。それよりも中間のソロが良すぎる!!!、初日からかなり飛ばしまく
っている。3曲目も続いてメドレーでGot To Get Better In A Little Whileに突入!!!。
日本では初めてやる曲、これまたファンキーでウイリーウイークスのベースソロがたま
らんなー。ここでクールダウンしOld Love、ところがクールダウンどころか突き刺さるよう
な叙情的なギターにうるうるきてしまった〜。ここでEverybody Oughta Make A Changeか
と思いきや、何とTell The Truth !!!!!。75以来31年ぶりに耳にする目にする曲に
脳みそが溶けた。Derek Trucksのスライドがびんびんに効いてオリジナルに近いアレンジ。
昔見たときのジョージテリーも良かったが、それを軽く凌駕するようなDerekのスライドには
たまげた〜。そのままMotherless Childrenへとつながる、74・85とはまったく違うサウンド
でEC・Doyle Bramhall II
・Derek Trucksのトリプルスライドは厚すぎる〜。
終わると椅子に座りアコースティックセット。
まず01以来久しぶりのKey To The Highway、Derekがドブロ・Doyleがハーモニカとセカンド
ボーカルで01の時よりアーシーな感じ。次がなんと〜Outside Woman Bluesだっ!。
アコースティックでは一度も聴いたことが無くこれはすんばらしいっ!!!!!。
と思っていたら次にSan Francisco Bay Bluesをやるとは。ECがKazoo)を吹くのを見られる
とは夢にも思わなんだ。続いてNobody Knows You When You're Down And Out、これ
はいつ聴いてもいい曲だなぁ〜。まったりしているとRunning On faith、この曲はエレクトリック
よりアコースティックの方がいい。次にリハーサルで使っていたチェリーレッドのLes Paulに持ち替
えてAfter Midnight。ストラトより太い音で厚みがある、メドレーでLittle Queen of Spades
に入る。なぜか途中でStoratcasterに変えたがブルースはストラトの音の方ほうが好みだなぁ。
次がボビーブランド風アレンジのFurther On Up The Road、以前のアップテンポもいいけど
ブルージーな今回のアレンジもまた味わいがある。
やっとここで皆様お待ちのWonderful Tonightでございます、今回もコンパクトにまとめてあり
うっとりする時間は無いがいいねぇ〜。
やっとLaylaのイントロでオーディエンスが沸く、このソロも初日なのにきっちりまとまったフレーズ
で扇情的なチョーキングにしびれる。Derek Trucksのスライドは言うこと無し!。ピアノコーダが終わ
りブレイクかと思うまもなくCocaine、出来ればWahを使って欲しかった。
アンコールはCrossroads、この曲も以前には無いアレンジで、ブラインドフェイスのライブのアレンジ
に近かった。

オーディエンスの反応はオーラス手前の3曲以外、特にブルースと70年代の曲の反応がいまいち
だった。
Motherless Childrenは落ちる可能性もあり、Outside Woman Bluesも落ちそう。
Bell Bottom BluesとWhy Does Love Got To Be So Sadがいつ日替わりで登場するかが
今回のツアーのポイントだな〜。
ドミノスの曲は今まででの日本公演の中で今回が一番いいかもしれない。

やっと長年の夢であった「大阪でEC Live」がかなった!!!。

ライブ後虎一番@立花・尼崎に向かう。
釜焼鶏
キャベツカレー炒め
春雨レタス巻き
とろける唐揚
焼き飯
オイキムチ
こだわり鶏塩ラーメン
鵜舞!、言うことありませんな〜。

ホテルに戻りデーターつくりが深夜までおよぶのであった〜。


2006年11月10日

洋食屋の魚

昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「カジキマグロバター焼・穴子天ぷら」。
うほほ〜い

夜は湯島屋狸造商店でとりつけめん。
うま〜。

<2006年11月09日

もつどんどん

昼は近くで今シーズンのモツ煮込みが始まったのでさっそくモツ丼。
大根多めでこってりあっさりでご飯に合うっ!。
今日は最後だったのでご飯1.0モツ1.5の変則大盛り。

夜はおでん。


2006年11月08日

チケット来た〜

昼は会社から出ずサンドイッチ。

帰ってポストを見ると。
お〜来た〜、EC Tourのチケット!!!。


夜はペペロンチーノ・ポテサラ・味もやし。

2006年11月07日

まるちょ〜ん


かなり久々に丸長@宮原
ひさしぶしに食べたつけめん、平打ち縮れ色白のむちもち麺に程よい甘さと酸っぱさと
辛味のつけだれがよく絡み全麺全汁。鵜舞なぁ〜。

続いてラーメンを追加。
らめその麺は細麺ストレート、やわらかげな最初のあたり具合だがもちっとして歯にか
える弾力がある。 かみ締めると口に広がる麺の味がとてもよく鵜舞!。
最初に生姜が来るガラスープの旨味が過剰気味ではあるが、それを跳ね除ける麺の旨
さがいい!。

若い2代目らしき兄ちゃんが作っていたが、古い丸長の味を今の世代が作るとこうなる
のか〜。 来てよかった〜。
 
つけめん・ラーメン
 

夜は出前のにぎり。

2006年11月06日

はやし君

スエヒロ@北小金
本日のランチ「ハヤシライス・オムレツ」。
うほほ〜い、鵜舞〜。


夜はきのこご飯・きのこ煮・ポテサラ。

2006年11月05日

しげ〜

昼は髭@平和島でラーメン。
麺が気持ち硬めに感じたがさほど気にならず、前回より骨が強く感じた。
はぐはぐしながら鵜舞ので全汁〜。
次回はチャーシュー麺大盛り野菜増し脂増しだ〜。

夜はきのこご飯・きのこ煮・雲丹・ミニ胡瓜一夜漬・豆もやし煮浸し。

2006年11月04日

旋回通過

昼に「馬場二郎大ぶたW」で頭が一杯状態で向かうが周辺の駐車場の空きがまったく
無く数回旋回するも見つからず西新宿のCDショップに向かう。

小滝橋通りを通過中はやし家@大久保の前の駐車場が空車有で停止。
味噌ラーメンとメンマと味玉を注文。
お〜トッピングが多かったか?、麺300gで野菜もっこりでメンマはご飯茶碗一杯分あるし。
しゃきしゃき野菜をはぐはぐしつつ、麺をつるつるほおばり豆板醤でぴりっとして魚の風味
もあり、こってりさやくどさは無く全汁。
次はつけめん大盛りだな〜。
ちなみにこの店は普通盛り300g、少なめ200gちょっと、大盛り400g。
少なめにするとメンマか玉子がトッピングできる。


食後CDショップ向かう、CDの今日の掘り出し物は無し、本だけ購入。

夜はエリンソテー・あさりご飯・鮭。

2006年11月03日



昼に髭に行くつもりだったが所用で行けず。
ちゅうことで
むろや@四谷三丁目でござる。
久しぶりに限定塩ラーメンと限定塩つけめん中盛り。
初めのころの昆布が強いバージョンとうって変わり桜海老投入に変わっていた。
エビの風味と旨味はあるが極端な強さを押し出していなくいい塩梅。
塩分も強すぎず最後の全汁にいたらしめる塩分濃度で鵜舞。
 

夜、目玉焼きオンザぺペロンチーノ。
デザートに白くまアイスと富士柿。

2006年11月02日

徳狸

昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「ビーフシチュー・目玉焼き」。
うほほ〜、鵜舞〜。


夜、帰宅途中「北千住までこんかい!」と恐ろしげな電話があり、いったん帰って
車を置き向かう。 向かうは
徳多和良@北千住である。
店に着くとほぼ満席でちょうど帰るお客さんがいて席が空いた。
徳狸の頼んだ牡蠣佃煮をつまみ抹茶割りをごきゅごきゅしつつ、島あじ兜焼・
ほうぼうの刺身・ひらまさの塩焼を注文。
一品出てくる毎に抹茶割りも一杯づつ。
今日のお魚も実に鵜舞〜。
牡蠣佃煮は醤油が効いていてそれ以上に濃縮されたような旨味が口に広がる。
ほうぼうはあっさりしているだけではなく、身の中からじわ〜っとでてくるあじわいが
かみ締めるたびに楽しめる。
しまあじとひらまさは塩加減・焼加減ともに言うこと無し。身の旨味を塩が引き出す
と言う言い方では言い尽くせないうまさが醸し出されている。


岡狸氏が登場する前にすでに出来上がりよれよれ〜。
氏が登場し久々の再会に乾杯し完璧状態になり先に離脱し帰宅〜。
いやぁ〜、うんまかった〜。
 

 

2006年11月01日

松戸

昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「オムライス・ハムカツ」。
久々のオムライスはうま〜でおじゃる。


夜は二郎@松戸でラーメン。
ずいぶんしょっぱいがもちっとした麺が鵜舞!。
豚はしっとり柔らかしているがぱさつきはまったくない。
くどさや凶暴さはあまりないが80%汁〜。