日  記

2004年9月


2004年9月30日

やはりダブルですな

昼はわかとら家@取手でチャーシュー麺W・ねぎご飯。大盛りと言う手も
あったのだが机に腹がぶつかってはいけないので並盛。
やっぱりチャーシューWは鵜舞!、そこにねぎごはんとくれば言うこと無しの
お昼でございました。

夕方から斑鳩@九段モードになる、ただいつも行列がすごくてあきらめて帰る
割合が多くどうするかと思ってしまう。迷ったときは両方と言う格言通り九段下
に向かう。だめだったらとんがらし等のフォローも考えつつ店に着くと行列なし。
店内もすいている、ちょうどスポットに当たったようで迷わず突入。
ラーメン、うひゃひゃ〜ですねぇ〜。濃厚な動物系と安易にぶち込まないしっか
りとした魚系の塩梅のよさに思わず顔もほころんでしまう。つるぷりとした麺にし
っかりと絡むスープ、おもいっきりほおばりまくるとどんぶりの中は有無を言わ
さず空になっていた。特製大盛りにするべきだったなぁ〜。


2004年9月29日

本日も多忙なり〜

昼は忙しく三度一。

夜は焼きうどん、しそぎょうざ

さて夜臨時出勤の電話が来なけりゃいいが〜。


2004年9月28日

恋次郎復活記念

昼は時間が無く出かけられずおにぎり、遠くにわかとら家が見える〜。

夜は湯島屋武造商店@湯島でラーメン。
むちむちむち〜の麺が鵜舞!、おかわりしたかったなぁ〜。

風の便りで恋次郎1号が風邪が治って完全復活し今日は爆食していたらしい、
近々復活記念ツアーをせねば〜。
参加お待ちしております。


2004年9月27日

今日はオムライスでっせ

は、スエヒロ@北小金、本日のランチ「オムライス・ハムカツ」。
今日はデミソースで鵜舞!。

夜は近くで白身魚さくさく揚げ、青菜炒め、ふわふわ海老玉、海老はさみ揚げ、
烏賊のネギソース和え、〆に五目そば。
満腹〜。


2004年9月26日

なんとかかんとか

今日も朝に臨時出勤の連絡は無く一安心。

先日めぐ蔵@大森の宮本さんから新装開店レセプションの招待状をいただ
いていたが、臨時出勤があるので当日になるまでいけるかどうかわからずいた
がこれで安心してうかがえる。

店に着くと花輪がたくさんある、中に字はいると落ち着いた木作り。カウンター10席
とテーブル4*3席、ぽっぽっ屋よりは広くゆったりとしている。宮本さんに挨拶をし
燕麦麺醤油と燕麦麺塩とつけ麺をいただく。
レセプションゆえ感想は控えます。
正式開店は9月27日。

帰りがけイレブンフーズ源流@大鳥居に行く。
ラーメン、酒井製麺の平打ちやや縮れ麺は柔らかくは無くむつむちっとした食感で
味、舌触りがとてもよく鵜舞。とんこつや野菜を煮こんであるスープは、濃厚では
ないが味が濃い目で野菜の甘みが効いている。しょっぱくはいないがしょうゆ味の
ラーメンと言う主張がある。きくらげとたまねぎとわかめもいっぱい入っているし、チ
ャーシューも大きくて薄味ながら固くなくさっぱり感がいい。次回は大盛りで麺をも
っと食べてみたい。


イレブンを出たところに会社から「早く来い〜」と言う臨時出勤の電話がありそのまま
会社に向かう。
なんやかんやで帰りが遅くなっちまった〜。

夜は栃尾の油揚げ、秋刀魚、鮭、とろろご飯。


2004年9月25日

秋の狸祭り第一弾

高島屋で買い物が終わり駐車場に向かっていると、後ろから怪しげなギャング面の
凶悪2人組にぴったり寄り添われ丸善@日本橋の屋上まで一直線。なにやら混ん
でいるレストランに到着、有無を言わさずオムライスハヤシソースである。

とろっとした玉子とビターなハヤシソースが中のご飯との相性もよく、しょっぱくなく
くどくなくさらっとした舌触りもよくすーっと入って行き鵜舞!。あっという間に無くな
ってしまった。大盛りにすればよかったなぁ〜。

次は下町ツアーと言うことで北千住に向かう、
中華 なにわ 洋食@北千住
である。店に向かう途中今ではまず見かけない引き屋台の魚屋を発見、氷の入った
ケースがあり今では見る事は稀であろう。 

と言っているうちに店に到着、かなり年季の入った外観で中に入ると煩雑な様相。
さっそくハンバーグを注文、バケット・サラダ・ライス・デザート付でなんと1000円。

しっかりと調理されたハンバーグはちょっと押すとジュースが出てきて、挽きは細かく
ふわっと口の中で消える。添えてあるジャガイモはかりっと揚がってあり鵜舞。人参
の茹で加減もよくいい塩梅の甘みが加えてある。途中でパンとご飯も食べ、終わると
デザートの登場、パンプキンのプリンは甘みとカラメルの苦味がまたいいねぇ〜。
洋ナシのシャーベットはしつこくない甘みと果物さがよかった。これで1000円とは信じ
られん!。3500円のコースもあり近々再訪せねばいけませんねぇ〜。
満足度素晴らしい!。

おなかの塩梅もよくなりここら辺で甘いものでもと愛玉子(オーギヨーチイ)@鶯谷

に向かう。駐車場探すのに手間取り店に着くといい感じでないの!、外装もいいが中も
歴史を感じるつくりでいいねぇ〜。
オーギョーチィを注文。

寒天よりもっちりとした食感と程よい甘さのフルーツシロップがぐいぐいと口に運んで
まったりとしたデザートでした。
店に似つかわしくないむさくるしい連中に店主も引いていたのではなかろうか(狸爆)。

夜、水茄子、ウインナ、トマト、海老饅頭、とろろご飯。


2004年9月24日

三無い遺跡建立か?、狸舟撃沈?

昼はぽーかろぅ@新松戸、先日から券売機の脇に出されていて気になっ
ていた生海苔塩ラーメンである。
生海苔塩ラーメン、生のりとスープをフライパンでであたためどんぶりに入れる。
水菜とメンマとチャーシュー、太麺にスープと海苔が絡み鵜舞。スープの旨味と
海苔の旨味が麺を引っ張り気がつくと完食。
生海苔を2倍入れたい、ご飯は必需なり〜。

そう言えば昼に凶悪3人組が3連飯したそうな、あぁ〜おそろしや〜。まぁ風邪か
ら恋次郎君が無事復活したそうでなにより、次回はお待ちしております(やよい爆)。

夜はつけ麺が始まったらーめん神勢。(かみせ)@本郷三丁目
つけめん、6〜7日熟成していると言う麺はへたれないが味が完全に抜けている。
皿に盛られ出てきた時点ですでにくっついており、ほどきながら食べるのは難儀
である。つけだれは酸味がかなりきつく麺をすするたびにむせる、醤油のような
味がするとは思うのだが酸味に完全に覆われてしまっている。スープ割をした
が旨味が増さず熱さで酸味が倍増しまたむせる。
麺の味が無い、酸味で旨味が感じ無い、麺がなかなかほどけない、う〜む?。

次はつけ麺が始まったがんこ12代目@本郷
つけめん、麺は締めている分細く感じる。つけだれは?と思うくらいに塩分控え
目と言うか薄めで麺との絡みは良からず。おまけにつけだれが出てきてから間
を置いて麺が出てきたのでぬるくなってしまっている。別に出てくるスープで割
ると塩分濃度が下がるだけ、スープだけを飲んでみたが旨味が乏しい。
しょっぱめではなく、熱々では無いつけだれのつけめんはう〜む?。


2004年9月23日

三無い遺跡

今日も西新宿に謎のコレクター集団が集合、あれこれ数軒偵察し色々みつく
ろう。うろうろ歩き回りおなかもすいてきた。

昼は祝日メニューの元祖一条流がんこ総本家@早稲田である。
合鴨のスモークスープ塩味、いつもの塩とやや色合いの違うスープは魚介が
効いていて塩分はいつもよりおとなしめ。スモークの香りがいい塩梅にスープ
にただよっている。メンマも塩分控えめ、珍しい白髪ネギ。合鴨はスモークの
香りと味もよくちょっと炙ってあり鵜舞。並盛にしたのは失敗であった〜。

まだこばらに若干の余裕がありかなり久しぶりの
高木や@早稲田に行く。
店に入ると女性1人しかいない、前は男性と2人であったのだが。
辛し味噌マイルドつけめん+定食セット、もそもそとした麺は味はあるのだが。
つけだれはずいぶんと簡略かされたようでやたら辛味がつよく旨味が乏しく
麺を食べるのが難儀であった。麻婆豆腐は何これ?と言う、塩分薄い、旨味
無い、辛味無いと三無い遺跡のようなお粗末さにつけ麺ともども撃沈!。

夜はエリンギ、インゲン、牛、ハンバーグ、トマトサラダ。


2004年9月22日

狸メール

昼はわかとら家でチャーシュー麺と思っていたが、午前中の守谷の打ち合わせ
が終わり急ぎの書類を作らなければ状態になり会社に戻る。
帰る途中にスエヒロ@北小金。本日のランチ「ヒレカツ・冷奴」
柔らかカツがおいしゅうございました。

夜は久しぶりに
むさし野@松戸
中華そばと季節のご飯、今日は栗ご飯・鰹たたき・烏賊刺。
ぴろぴろ麺と拳骨の効いたスープが鵜舞!、がご飯がもっとうまかった〜。
大満足なゆうげでした。


2004年9月21日

A定食次はB定食

昼は鎌ヶ谷市役食堂でAランチ。
メンチカツ・目玉焼き・小鉢ご飯・味噌汁・おしんこで500円なり。

夜は湯島屋武造商店@湯島でざる中華。
今日はいつもよりむちっ!。


2004年9月20日

ぱりぱりでしっとり

ぐっすりと寝ているところにECコレクターから電話で起こされいつもの公園に集
合するようにと声がかかる。のこのこ起き出し支度をし西新宿に向かう。

その前にお昼は元祖一条流がんこ総本家@早稲田、祝日メニューで
ある。まずは帆立揚げワンタン醤油並盛、さくさくぱりぱりの生ホタテ入り揚げワ
ンタンは中のホタテが硬くなっておらず皮との食感の違いと甘みと旨味が楽しめ
る。スープは通常スープだと思う、塩分強めだが頭痛がするほどではなく麺との
絡みもよく鵜舞。違うのは今日のスープは何も入れずとも辛味が最初からついて
いてきりっとした端正な顔立ちであった。
続いて帆立揚げワンタン塩並盛、スープ以外は醤油と同じ。だが、塩の甘み、旨
味は醤油のように独自の強い風味が無いのだがスープと麺に負けず各自のうま
さを引き出していてこれまた満足な一杯でした。

ぱんぱんの腹を抱え西新宿に向かい用事をこなし帰宅。
その後よるまでCDR焼にいそしむ〜、くたびれた。

夜は鶏香草焼、笹寿司。


2004年9月19日

取らぬ狸のカロリー腹

昨日爆睡したので今朝ははすっきりと目が覚める、とそこにおそろしげな電話が。
「今日は春日部に行くでしょうねぇ〜」と大文字にし
なければいけないような口調におそれおののき途中で置物2号をピックアップし
春日部に向かう。高速が連休で渋滞しているかなと思ったらがらがら〜ですい
すい〜。
ラーメン 中庸@春日部にちょっと早めにつき店の前の駐車場で待つ。
しょうゆラーメン、うっすらと濁りのあるスープは鶏と魚系がどぎつくない効き方
で旨味は出ている。しょっぱすぎず飽きの来ない穏やかな味。麺は細麺でぶち
っと切れるいさぎよい歯ごたえ、もう少しむっちりとした感じがあればなおいい。
インパクト・パンチとやらは無い、そういうもの欲する方には不向きであろうがこ
れは
好みのお味〜。

次はさほど離れていない井之上屋@春日部
しょうゆ海老ワンタンメン、う〜むぶち込み系である。動物系は感じるが脂と節粉
でよく味がわからない。ワンタンは海老ワンタンと言う名のわりに小ぶりの海老を
小さく切り海老よりはるかに多い鶏の挽肉団子と言う構成。麺は平打ちの太麺で
のびにくい。

小魚屋に行くと閉店しておった〜、そばのるあっぷは夜営業だけで埼玉を後にし
かいらく@王子に向かう。
ワンタンメン、今日のスープは前回より動物系が強くかなり骨太な仕上がりに
なっている。そのスープともっちりとした麺が絡んでいいですねぇ〜。ワンタン
はちゅるちゅるぴろぴろで好み〜、けっこう量が多く食べ終わったと思ったら下
にまだ隠れていて食べ応え十分。満足でした〜。

夜はイサキのトマト煮、ペンネゴルゴンゾーラ。


2004年9月18日

ゴールデンコースで自爆

朝もはよから買い置き弁当氏から電話があり
「今日はどこに
行くんぢゃ〜」
と脅迫にも似た鋭い突っ込み。
それならと次のコースを提案する。
1番 春日部の新店〜やよい食堂で自爆
2番 わかとら家〜いまの家〜スエヒロ〜角萬向島で自爆
3番 筍狩り+まずい製麺屋ツアー(猛爆)
電話の向こうで声が聞こえなくなり蚊の鳴くような声で「2番」とささやく。
あやしげな恋次郎2号は飛んで火にいる何とやらで向こうから飛び込んできた。
実は恋次郎氏にも声をかけたが何やら察知したらしく「風邪でダウン〜」と言っ
て消えていった。結局凶悪2人組に上野でらっちーされ茨城方面。

まずはわかとら家@取手に向かう。
チャーシュー麺、相変わらずチャーシューは鵜舞!。くどさのないスープと麺を
食べ進みうまかった〜。

ちなみに恋次郎2号は何を血迷ったかスペシャルチャーシュー麺を頼んだかと
思っていたらバラブツ丼ハーフまで注文し一軒めにして撃沈。
買い置き弁当氏はご機嫌よろしく食べておった。

次はいまの家@守谷、まだ食べていなかったざるを注文。

盛り付けはよろしくないが麺が見た目の悪さと違い歯にぐっと来る弾力感ともち
もち間があり、しょっぱめのきんきんに冷たいつけだれにつけてほおばるとあっ
という間に無くなり完食。今日出なければ大盛りか特大で食べたいねぇ〜。

恋次郎2号は箸の進みが極端に遅く「どうした?」と聞くと鶏が強すぎらしい、ちょ
っともらうと普段よりかなりきつい。買い置き弁当氏のワンタンメンはは普段どお
りでかなりのぶれがあった。

続いてスエヒロ@北小金、黒板のメニューではスルーするし角万に向かう
はずだったが本日のランチ「和風ビーフステーキ・野菜卵焼き」と言う文字に吸
い込まれる様に入店。中に入ると会社では最近会わないスエヒロ男がにやけな
がら食べておった。

野菜卵焼きが無くなり白身魚のフライに変わったが、ステーキの塩梅を含めて
言うことは無いねぇ〜。うまかった〜。

恋次郎2号は先ほどとうって変わって完食しておった〜。そしてその横にはにや
にやした狸の置物が鎮座していた〜。

ここでぱんぱんになり角萬@向島には至らず〜。

帰ると即気絶、夕食も食べず爆睡。


2004年9月17日

煽り狸

昼はぽーかろぅ@新松戸、冷やしにしようかと思ったが醤油ラーメン細麺。
しょっぱくなく旨味がある、麺が硬めだったので次回はやや柔らかめで頼んで
みようかな。とは言え完食した鵜舞一杯でした。

次は知人から聞いた勝ちゃん@大金平、昔からの古い町の中華屋さん。店の中は
お背ににもきれいとは言えないが風情のあるつくりでカウンターとテーブルと座敷が
ある。駅からは遠く一本裏道に入ったところにあるがけっこうにぎわっていて地元の
人気は高いようだ。
スリーセット(ラーメン・ぎょうざ3個・半炒飯)を注文。
昔ながらのな味だがほっとする、今のご時世に350円のラーメンとは貴重である。大
き目のバラロールチャーシューにメンマ少々とネギとなるとの飾り気のない素朴な
ラーメンだがこういうのもまたいいねぇ〜。

夜は牛・空芯菜炒め、鮭、湯葉等。


2004年9月16日

暑さはまだまだ

昼は美春@北松戸、出がけに暑かったので冷やし坦々味噌つけめん。
冷たいつけだれが麺に絡みまくり、ごまと味噌と爽やかな甘酸っぱさが食欲を
そそる。前より辛味が増したが大盛りの麺はあっというまに無くなりうまかった〜。

「冷やし坦々味噌つけめんは一応9月いっぱいだけど気候の塩梅では10月ま
でやるかも〜」店主談。
こりゃもうちょっと楽しめそうだ〜。

夜は鯵の干物、かまぼこ、トマト、焼そば等。


2004年9月15日

マスター絶好調

昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「ハンバーグステーキ・かれいのフライ」。
店に入って注文し待っていると「あれ?」と聞き覚えのある声が聞こえた。
営業マンI氏である、同席し歓談しながら待つ。

ハンバーグのお肉の焼き加減もよく、かれいもさくっと軽く揚がっていてふわっと
甘みもあり鵜舞!。満足なランチでした。

夜は所用でいっぱい〜。


2004年9月14日

ネギ玉チャー

昼はいまの家@守谷でワンタンメンと思ったが、わかとら家@取手
ネギラーメン+三色丼を注文。

ねぎがいいねぇ〜、そこに熱々ご飯の三色丼でぱんぱん〜。
近々狸三度氏を連れてこなければいけないなぁ。(狸の氾濫爆)

夜は湯島屋武造商店@湯島
ラーメン、もちっとした麺がいい、お代わりしたかったなぁ〜。

そう言えば最近狸組会長は湯島に来てるのだろうか?。


2004年9月13日

もう一つのスモーキー

昼はいまの家@守谷でチャーシューワンタンメン。
スモーキーなチャーシューとぴろぴろワンタンと」もちもち麺が鵜舞。
これはにはぜひ食べて欲しい〜。

夜は近くでかぶと焼、烏賊刺、鯵フライ、〆に鮭雑炊。


2004年9月12日

きのこでおぢゃる

今日は西新宿の某店とタワーレコード、HMVをまわりCDを探す。

その前にお昼は鼎泰豊(ディンタイフォン)新宿高島屋店@新宿
小菜
蝦仁麺
紅焼牛肉麺
叉焼麺
蟹黄小龍包
蝦仁炒飯セット(蝦仁炒飯・小龍包・スープ・小菜)
等を食べおなかぱんぱん。

夜はきのこバルサミコ、きのこご飯、牛かつ。


2004年9月11日

しまちゃん@馬車道の一日

今日は横浜、関内につきうろうろしているとしまちゃんと出会う。
しまちゃんはホタテと甘えびで育った元気な15才、花の香りをかぐのが好きで
花に囲まれうっとりする日々が好きらしい。近所の人たちにも愛されまんまるく
育った。きょうは走らずずーっとうつらうつらといねむりをしている。

しまちゃんと別れた後新店のらーめん無(なし)@関内に行く。
開店時間を5分過ぎたころにやっと開店、入り口の内側に開くドアは入ってすぐ
にある券売機で買っている時あけるとぶつかってくる。
豚醤和風だし、丼から立ち上がる香りはとんこつと魚系、特に鰹が強い。とんこつ
はくさみはなく濃厚ではないが出ていてかつおがぐわぁんとくる、丼のふちに鰹の
粉らしきものが付着している。もっと鰹を抑えてとんこつが濃いほうが好みかな。
麺は太麺で弾力はあるがもちもちやむちむちではなく小麦の味は薄くスープのも
ちあげはさほどではない。具は海苔、メンマ、チャーシュー、小さいなると1枚。

次はらーめん神勢。(かみせ)@本郷三丁目
塩ラーメン、醤油のように風味の強さを感じないが、塩がスープのを引き出す力
を感じる。押しの強さはないがすなおにスープを伝えてちょっと柔らかめな麺だ
ったが絡み具合の塩梅も良く、ちょっともったりするダルな感じもまたいい。

夜は松茸と鱧しゃぶ。


2004年9月10日

狸三度は来なかった

昼はわかとら家@取手でチャーシュー麺チャーシューWを注文。

たっぷりとチャーシューを食べられたが麺が少なく大盛りにすればよか
った。とは言え鵜舞〜。

夜、狸三度氏と浅草で待ち合わせる約束だったが連絡が来ない。ちょっと待っ
たが仕事が押しているのではないかと思い連絡があるまで電話をせずとりあえ
ず一回り。

まずは最近できたらーめん神勢。(かみせ)@本郷三丁目
しょうゆラーメン、1/2ゆで卵、メンマ、青菜、海苔、チャーシューが入っている。
鶏と魚系がどぎつさがなく香りももよく立ち上がる。しょうゆは角がなく中細のむ
ちっとした麺と絡む。派手な味ではないがたべ進んでい行くと丼はからっぽに
なっていて完食。

次は信濃神麺烈士洵名@春日、店に気づかず店の前をうろうろしてしま
った。中に入るとメニューや素材の説明が壁に貼ってある。
ラーメン、かなり旨味がでていて何がなにやらわからないが旨味たっぷり。特に
昆布の旨味がよく出ていた。色が薄めの城しょうゆであると思われるスープは一
つの香辛料が浮かび上がってくる、これが最後まで気になった。麺はお勧めの
平打大麦焙煎麺、熟成が進んでいるようでぷちぷちと切れてたべづらい。
どんぶりとれんげも使いづらくとてもたべづらかった。


2004年9月9日

マスターだいじょぶか?

昼はスエヒロ@北小金
本日のランチ「和風ロースステーキ・目玉焼きサラダ」。
最近ステーキメニューが多い、マスターだいじょぶか?。肉をたんまりと
買い込んだようでしばらく期待してもいいのだろうか?。
そのお肉は柔らかくおいしゅうございました。

会社に戻ると当社の武蔵丸が「まだ食べられるでしょ、こまどり@八ヶ崎
に連れてってくださいよ〜」と言うのでいやいやながら行く。
ワンタンメン、昔ながらのしょうゆラーメンにちゅるちゅるぴろぴろのワンタンが
いいですねぇ〜。

夜はタコライス、春巻き、サラダ。


2004年9月8日

2枚重ねで食べたい

昼は馬橋の立体をまっすぐ進み小金にいくつもりが左に曲がってしまった。
ということなら久しぶりにグリルフレンド@竹ヶ花・松戸
ハンバーグWでございます。

ん〜一度でいいから2枚重ねにできないものだろうか?、マスターに頼んで
みるかな。

夕方提示で会社を出て秋葉原にパーツを買いに行く。
帰りに来集軒@蔵前、メニューの豊富な町の中華屋さん。中に入ると思
ったより広く4人がけのテーブルが8つと2階は座敷。おなかがすいていたの
でCセット、ラーメンとから揚げ3個と半ライスと茹でレタス。
あっさりとしたしょうゆ味の昔懐かしいラーメンとさっぱりとあがったから揚げと
たれの効いた茹でレタスでおなかもいっぱい、店の雰囲気としみじみした味に
満足でした。


2004年9月7日

自家製麺

昼はかなり久しぶりにすず豈(すずき)@野菊野団地
らーめん、今日はにんにくがかなり効いている、前回来たときは懐かしい
しょうゆらーめんと言う味だったが今ははっきりとしたわかりやすい味に
なっている。麺はもっちりとしていてスープをよく持ち上げる、にんにくの
辛味以外は変わっていないと思う。かれ〜なと思いつつ食べ進んでいる
うちにからっぽになっていた。この味がやっぱりすきなんだなぁ〜。

夜は湯島屋武造商店@湯島
うめしおラーメン、もちっとした麺が
鵜舞!。すっきりとした酸味と
ベースのスープと塩味があっという間に麺無くなった。
やっぱり鵜舞ねぇ〜。


2004年9月6日

とろろは鵜舞!

昼はひがし@馬橋で久しぶりにねぎみそラーメン。
記憶より辛く大汗かきかきじょばば〜で完食、あっつ〜い。

夜は何とかして横浜に行きたかったが所用が済んだ時間ではやはり間に
合わず。なんやかんやで遅くなりラは無しで、とろろごはん、鮭。


2004年9月5日

煮干人(にぼんちゅ)

先日雷文@町田の女将さんから新装開店レセプションの招待状をいただ
きうかがう。
高速の渋滞もなく雨降るなか順調に走れる、店に着くとぴかぴかの新築の
建物はやはり気持ちがいい。入り口の周りには御祝いの花が一杯、中に
も花があり華やいだ雰囲気。カウンター12席と旧店舗と同じぐらいだが客席、
厨房ともにゆったりとした作りで作業がしやすいだろうなぁ。。忙しい合間に
こちらに気がついた女将さんに挨拶をしラーメンと手作りの料理ををいただ
きしばし楽しいひと時を過ごさせていただいた。
正式開店は9月7日。

帰りにもう一軒と言うことでがんこ@相模原に向かう。
きょうの気まぐれ・塩のわか麺の海老油の味付ネギ麺。
麺はわかめの変な癖が出ておらずそれでいて麺に旨味を加えている。葱
はチャーシューと海老油であえてありたっぷりと麺の上に乗っている。塩
のスープはまったりとした旨味があり海老油の癖は感じられず麺とねぎと
ほおばると別のがんこのうまさを楽しめた。

夜はラム、もろへや、葡萄、稲荷寿司。


2004年9月4日

国際通りをはさんで向かい合わせ

最近睡眠不足で昨晩は早く寝て、安眠をむさぼっているところに電話が
かかってきた。
「昨日は酒も飲まずに記憶無し系の弁当も
買わずおなかをすかせているのになんで
電話しないんぢゃ〜」
とご立腹の様子。
それならと煽り煽られカーにバルな浅草周辺パート2と言うことで駒形に
向かう。駒形むぎとろに行くといいお値段で連食には向かずパス、その足
で竜泉に移動。
手打ち蕎麦 角萬@三ノ輪である、中に入ると満席でかなり待つの
かなと思ったらすぐ席が開いて着席。座った後も続々と客が訪れかなりの
人気度である。何にするかちょっと迷ったが冷やし鴨南蛮そばを注文。
冷やし鴨南蛮そば、自家製手打ち麺は蕎麦と言うよりうどんなみの太さ。
麺の主張はかなり強い、汁は冷やしと言ってもきんきんに冷たくはなくぬ
るめではあるが肉を必要以上に冷やさずいい状態で食べられる。ちなみ
に肉は鶏でした。そして極太麺を甘めの汁とともにわしわしとほおばると、
思ったより食べやすくさくさくと食べ進め鵜舞ねぇ〜。
次回はもりかきつねで楽しみたいなぁ〜。

続いて道路を挟んだ向かいにある不二食堂@三ノ輪、角萬だけ食べ
て帰ってはいかんと言わんばかりの状況設定である。
店に入りやや左側に体が傾きつつ何にするか熟慮しミックスフライ定食を
注文。待っている間に店の雰囲気を味わう、壁の下半分がタイル張りで床
はコンクリート打ちっぱなし。経年変化であろうか床も傾き、実にいい味わ
いと雰囲気を醸し出していて作為的な建物とは違っていいなぁ〜。
としみじみしているとミックスフライ定食が登場。
烏賊が2つ、海老が2本、鯵が1枚、コロッケが1個となかなかのボリューム。
そして味噌汁おしんこごはん、その上にクリームシチューの小鉢である。
フライは脂っぽくなくさくっとあがっていて軽い仕上がり、ご飯は多くはない
がフライとともにぐいぐいっと食べ進める。シチューは家で食べているような
食べなれた味でいいですねぇ〜、これはどんぶり一杯は食べたいなぁ〜。
フライ、ごはん、シチューはほっとできる味わいでうまかった〜。
量は見た目よりあり胃にたまり満腹感がありました。
同行者のシチュー付カレーライスががまたうまかったねぇ〜。 

実に歴史を感じる建物が11月に取り壊され新しくなるそうだが惜しい。

夜はオムレツ、ちらし寿司、水茄子。


2004年9月3日

さくさく・かりっ!

昼はスエヒロ@北小金に行く。
本日のランチ「和風ヒレカツ・甘辛いり玉子」。
大根おろしがついて醤油をちょっとかけて食べると鵜舞!。

夜は所用でいっぱい、のはずだったんだが過ぎたるは及ばざる如し。


2004年9月2日

富蔵おぬしも悪よの〜

昼は最近の流れから天丼ではないかと読みスエヒロ@北小金に行く。
予想どんぴしゃで本日のランチ「海老天丼・ハムサラダ」。
大きめの海老3本と茄子天、あっさりめのたれが飽きさせずに食べ進めさせ
お重はからっぽ。うまかった〜。

夜はかなり久々に紺野商店@北習志野
もりそば、今日の麺はもちむちもちむちっとして小麦の味も濃く
鵜舞!
つけだれは最近はやりのような薄っぺらではなく動物系と魚系が突出はしな
いがしっかりと旨味が出ていて麺にまとわりつく濃度がありさくっと完食。
スープ割りもおいしゅうございました。


2004年9月1日

細麺と太麺

昼は流山に行く前にぽーかろぅ@新松戸に寄る。券売機を見ると細麺が
復活していた、迷わずチケット購入。
塩ラーメン細麺、麺が硬めだがちょっとたつとスープとのなじみもよくなりいい
ですねぇ〜。この麺でしょうゆも楽しめるなぁ〜。

もう一軒行ったが忘れた。

夜は昨日いけなかった湯島屋武造商店@湯島に向かう。
もりそば、もちもちの太麺が
鵜舞!。わしわし食べているうちにあっとい
う間に麺がなくなった。あ〜満足。