M's Diary
2006年9月


2006年09月30日

神楽坂

昼は石臼挽き手打 蕎楽亭@神楽坂
お昼の穴子天ざる・会津地鶏塩焼き・だし巻玉子・桜さしみ・松茸天ぷら。
一品料理もいいが蕎麦が鵜舞。
香りは強くは無いが味がよく軽めのつゆが蕎麦を引き立てる。
再訪間違いなし〜。

夜はLe Mange-Tout@牛込神楽坂


前菜3種(温泉たまごのセップ茸ソース・帆立グリルムール貝杏茸添え・牛ハツソテー)
甘鯛の松笠焼風
ズッキーニと赤ピーマンの冷製スープ
鴨とフォアグラのソーセージ
トロピカルフルーツマンゴーソース
エクレアと牛乳のシャーベット
エスプレッソ
オレンジパフェと焼き菓子

席の間隔が狭く、となりのおねいちゃんが舞いあがって声高でうるさく話がききとりにくい。
特別にぎやかな客筋だったのかな。


2006年09月29日

硬いか?

昼はめん処 藁屋@曙橋でつけめん大盛り。
前回よりむちむちとしと言うより硬い茹で上がりの麺だが、節が適度に効いた
つけだれで400gの大盛りも難なく完食。
ラーメンも食べたかった。

おやつにカスタードシューとチョコシュー。

夜は牛焼・おから・ポテサラ・フランスパン。

2006年09月28日

プレーンがいい

昼ははスエヒロ@北小金、本日のランチ「ハヤシライス・プレーンオムレツ」。
オーソドックスなメニューだがいいねぇ〜。

夜は鰤照り焼き・松茸ご飯。

デザートは草わらびもち。

2006年09月27日

参りました

昼はやよい食堂@野田でオムライス大盛り。
前回より丸みと張があり、スパゲッティも倍。
必死に前進を試みるも1/2地点で玉砕。
体力の限界を知り引退を決意!。

夜は西新宿詣での帰りにむろや@四谷三丁目
「来月から始める限定の塩ラーメンの試作食べて見ます?」と言うご好意!。
ご好意に甘えて食べますとも〜。
試作なので正式販売のとは具材等ビジュアルは違う。
昆布のとろみと、ほどよく効いた節粉が嫌味が無くもっちりとした麺と絡んで
鵜舞!。
さて本番はどうなるのか楽しみ〜。

デザートは黒糖わらびもち。

2006年09月26日

新味噌

昼は美春@北松戸で和ぶし醤油ラーメン試作品。
美春では初めてかもしれない「特に効かせた煮干」と鰹節、今まで の美春
には無い和風色の濃い新しいラーメンと見たっ!。

夜は湯島屋狸造商店@湯島で新味噌ラーメン。
旧バージョンよりややとろみがありしょっぱさ控えめ、出汁濃い目。
中太の縮れ麺にスープが絡んであっという間に無くなる。
お代わりだったか〜。

2006年09月25日

きのこフェチ

昼はスエヒロ@北小金、ランチではなく「ヒレカツ重」。

夜は鰈煮つけ・松茸ご飯。

2006年09月24日

並ぶ?

昼は20日に新装開店したすゞ金@早稲田でうな重上。

続いて梅もと@鬼子母神で支那そばと新メニューの煮豚。

2006年09月23日

美味也

昼は寿司処 梁川@早稲田で鉄火丼(中トロ)と握り(特上)。
接客上手なママが「テレビに出た〜」とかで、はしゃいでいてでやかましいが、
ネタもいいし味もよくうまかった〜。

夜は唐揚・きのこ煮・冷やしおでん・胡瓜浅漬け

2006年09月22日

チャーシューは厚くないほうがいい

昼はわかとら家@取手でチャーシュー麺。
小ぶりで厚めのチャーシューは香りが乏しく厚さゆえの食感がいまひとつ。
麺は茹で加減もよくスープとすする快感もまた良し!。

夜は湯島屋狸造商店@湯島とりつけめん
麺を何もつけず1/3、つけだれにつけて2/3。
うまいですな〜。

2006年09月21日

忘れたい事もある

千葉に出張。
八千代で渋滞警報発令中なので早めの昼を取っておこうかと勝田台へ向かう。

昼はかなり久しぶりに丸長@勝田台、代替わりしてから初めて。
開店時間になっても開かない、1分経過、5分経過、そしてやっと開店。
開店時間がいい加減だが得意の臨休にぶちあたるよりましか?。
つけめん大盛り、スバイスはかなり効いている。八王子の時と変わらないくらい
効いている。が、甘すぎ君、限度を越えた甘さでつけだれにとろみというか麺に
しっかりとまとわり付く。大量にぶち込まれた節粉で口に中はじゃりじゃりになる。
甘さのせいなのかわからないが、スパイスがぴりりではなく苦味が強く感じる。
麺は鵜舞のだがこのつけだれですべてぶち壊し〜、あ〜残念。
当然のことながらスープ割りする気もおこらず。
八王子の味は美しい思い出として忘れましょう。

帰りに北習志野によることも考えていたが渋滞にはまり寄らずに帰る。

夜はホッケ・揚げだし豆腐・水茄子。

2006年09月20日

珍しく肉類無しの組み合わせ

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「カニピラフ・烏賊バター焼」。
肉類無しでもかなり満足度高し〜。

夜は湯島屋狸造商店@湯島でとりそば。
この塩味がたまらん、もちろん麺のうまさは言うこと無し!。

2006年09月19日

狸造の企て

昼は美春@北松戸で塩ラーメン。
メニューの中では比較的におとなしめの思いはあるが、なんの麺・スープ・具
を完食にいたらしめる魅力はある。

夜は湯島屋狸造商店@湯島とりつけめん
ほんと、この麺はまんま食べても鵜舞。
つけだれにつけると旨さ倍増で完食、ごちそうさまでした〜。

2006年09月18日

むろやで塩つけ、塩ラーメンはまだ?

週末恒例のに新宿参り、これといった収穫も無く腹は減る。

御滝橋通りを歩いているとふと古武士@新宿があるのに気づき店の前に行くとプレ
オープンと言うことで入ってみた。
つけめん中盛り、節系が嫌味が無く効いて適度な濃厚感と一味の辛味がつけだれ
を締めている。麺は中太でやや縮れが入っている、この麺では濃いつけだれに張り
合うほどの力強さは無く味も薄くかなりの物足りなさだけが残る。茹で加減もよろし
からずや、さらに残る残り水もあってかさいごはへろへろで最初からもっちり感・むち
むち感もなくただただ残念であった。

満たされぬ思いを癒すためにむろや@四谷三丁目に向かう。
塩つけめん中盛り、麺は硬めでつけだれとの絡みはもう少し欲しいところだが
なんのなんの中盛りの麺を難なく食べさせる味わいはいいねぇ。
なんだかんだと思いながらもあっさりと完食、うまかった〜。

夜は秋刀魚・コールスロー・きのこ煮。

2006年09月17日

コラボレーション

午前中伊勢丹で買い物。

昼は早めだが分とく山@新宿
帆立の焼き物・舞茸とむかごの飯蒸・組肴(鯵黄身酢・いくら・天麩羅)・
蟹ともずくのお吸い物・御造り(鮃・しまあじ)・鮑の磯焼・生うにと鮑の炊き込みご飯
・桃寄せ。
普段はいくらの臭みがあるものが多くめったに食べないが、このいくらは臭みが
まったく無くうまかった。以前に釧路の和食店で食べて以来であった。
鮑の磯焼も、鮑と肝と岩海苔との組み合わせが悪いはずが無くほんのりとした
苦さが鮑の甘みを持ち上げ、旨味と食感が口の中で幸せを奏でる。
が!、炊き込みご飯はそれ以上であった!。
薄味に炊き上げてあり、鮑と雲丹のそのままの味が米に浸透し実に鵜舞!!!。
コラボレーションとはこういう事である。
できるなら土鍋全部食べたかった〜。

食事後あれこれ買い物をしていると、昼が早かったのかおなかがすいてきておやつタイム。
むろや@四谷三丁目でラーメン中盛り。

夜はメカジキソテー・筍ご飯・目玉焼き。
食後にいちぢく・いちぢくのクレープ。

2006年09月16日

煮干星人!

午前中所用で新大久保。

昼はめとき@新大久保で中華麺。
今日の中華麺は完璧!、言うこと無しに鵜舞!!!。
煮干がばっちりと効いて、茹で上がり最高。
メンマが旨けりゃ、チャーシューも鵜舞。

夜は筍ご飯・筍と栃尾の油揚げの煮物・キャベツの浅漬け・鶏の網焼き・唐揚。

2006年09月15日

久しぶりのカレー

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「ビーフカレー・鯵のフリッター」。

夜は鮭・ハンバーグ・目玉焼き・サラダ。

デザートはシャンパンムースと葡萄のチョコケーキ。 

2006年09月14日

かぶった

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「ポルトガル風ハンバーグ・鰆味噌漬け」。

夜は鮭・ごぼうサラダ・揚げだし豆腐。

2006年09月13日

鵜舞塩

昼は麺座 まねき@北松戸で塩ラーメン。

夜は、鯛・鱧・松茸の三色ご飯。

2006年09月12日

とり〜

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「エビピラフ・カジキマグロフライ・けんちん汁」。

夜は湯島屋狸造商店@湯島で新メニューのとりつけめん
鶏スープと魚出汁を合わせた塩のつけだれには春菊・揚げ・とりそぼろ・トマト・
鶏肉・ねぎが入っている。麺は大麦若葉が練りこんであり臭さが無くもっちりと
して味が濃く鵜舞!。

2006年09月11日

丼の日

昼はぽーかろぅ@新松戸でトマトラーメン・ミニ味玉チャーシュー丼。

夜は秋葉原で買い物の帰りにまぐろ亭でオオトロ丼。

2006年09月10日

窓から眺める緑と学校

昼はエノテカノリーオ@四谷三丁目でランチPranzo C。
外は残暑が厳しいが涼しい店内からふと窓に目をやり、誰もいない小学校の
グラウンドとプールが目に入る。
日曜なので子供達はいないが夏の喧騒が目に浮かぶ。

生ハムの塩分とオリーブオイルが上手く野菜を包み次への序曲となる。
一つ目のパスタ、スパゲッティーニであさりの出汁が効いてズッキーの食感と
ポッタルガの風味と舌触りがいい塩梅である。
リングイネは生バジリコの香りもたちアンチョビがひと味加えて濃厚なソースに
なっているがすーっと入っていった。
イサキの焼加減もよくかりっとさくっとした皮目と、ほろっとしっとりした身の甘みが
ソースと野菜で引き立つ。
仕上げの ドルチェミストはチョコレートケーキ・木苺のシャーベット・凍らせたプリン。
木苺のシャーベットは酸味は強いが、べたっとしない甘みがあり冷たくて いい。
ただ、ずき〜んと後頭部が痛くなるのが難点。
凍らせたプリンは最初しゃくしゃくっとして、数秒後にとろ〜っと甘みが来てうま〜。

  サンダニエーレ産生ハムとフィノッキ       アサリとズッキーニ、ポッタルガの
  オーナーのサラダ                  スパゲッティーニ
 
   魚介のラグー、軽いバジリコペースト      イサキのソテー黒オリーブ風味の
   和えリングイネ                    トマトソース
 
ドルチェミスト
チョコレートケーキ・木苺のシャーベット
・凍らせたプリン                     エスプレッソ
 



夜は鱈場蟹・松茸膳@下村商店・松茸おいなり。

2006年09月09日

ワンタンメン

昼は生駒軒@大京町、なかなかひなびていい感じ。
生駒軒のれん会というのがあって店の中に貼ってある銘板にはずらっと20軒ぐらい
書いてある。
ワンタンメン、ぼそっとした縮れ麺を予想していたが、縮 れた細麺で鶏がらしょうゆ。
つるっと加水が高 そうでもちもちした縮れ麺でからみがいい。
ぴろぴろワンタンと麺でいいねぇ。

次は生駒軒の先にある昇華@大京町
店先はにぎやかだが中は古いがいい雰囲気を醸し出している。
おやじ〜、掃除は開店前に終わらせておいてくれ〜。
おっ!ここもワンタンメンがあるね、好きなんだよねワンタンメン。  
煮玉子はなかなかいい艶を していてうまそうだ。
麺は海藻入りの麺?出前の電話で 玉子麺って言ってたが2種類あるという事か。
お〜かなり動物が強い、ワンタンは茹ですぎてぴろぴろどころかぶちぶちだが愛嬌か。
麺は海藻臭さはなく風味はいい、茹で加減はやや柔らかめ でスープがくっついていく。

夜は鶏チリソース・筍ごはん・サラダ。

2006年09月08日

オンザライス

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「ベーコン巻ハンバーグ目玉焼添・おしたし」。
目玉焼きですがな〜、当然オンザライス〜。

夜は舌平目のムニエル・マカロニサラダ・ナポリタン。
デザートに三方六(バームクーヘン)@柳月・帯広。

2006年09月07日

焼き魚

昼は回転寿司。

夜はむつ焼、鮭、ポテトサラダ。

2006年09月06日

天麩羅?

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「天ぷら(鱧・鰺・海老・茄子)・ハムサラダ」。
たぶん天丼以外でてんぷら単体のランチは初めて。
さくさくと揚っていてふっくら鱧が鵜舞〜。
オンザライスで天丼を作るのをわすれた。

夜はぽっぽっ屋@小伝馬町でつけめん2大盛り。
麺とつけだれの絡みはよくぐいぐい食べられ麺が少なく感じる。
ただぶちぶち切れていて食べづらかった。

2006年09月05日

新鶏そば

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「チキングリル・マグロコロッケ」。
むほほ〜。

夜は武造商店@湯島で新鶏そば。
すっきりした鶏の旨味がいい〜、もちっとした麺にスープが乗り鵜舞!。

2006年09月04日

鵡川のうっひゃひゃ

昼は美春@北松戸で昔風しょうゆラーメン。
久しぶりに食べた、油多めで熱いがぶち込んでいないかつおがいい〜。

夜は鵡川のシシャモ、春雨サラダ、芋煮。

2006年09月03日

オンザライス出きず

朝は青森空港でA朝食。

典型的なアメリカンスタイルでけっこうおなかいっぱいになった。
料理が出てきてから、はたと気がつく、目玉焼きがあるのにご飯が無いっ。
オンザライスできんではないか〜。

おなかも一杯になり一路羽田に帰還。

昼はむろや@四谷三丁目でしおつけめん中盛り+特製。

味の濃くない麺をがんがん食べさせるつけだれがいい〜。
これなら大盛りでもいいかも。

夜は鰈煮つけ、目玉焼き丼。

2006年09月02日

ニボラー

昼の一軒目は千葉食堂@西弘前
ひなびた風情の外観に見とれて暖簾が出たのも気づかず。
中に入ると古い食堂ではあるが民家風でもある。
ワンタンメン、中太の平打ち縮れ麺で表面がほんの少しざらっとしてスープの
のりがいい。スープは少しに詰まったような濃縮されているのだろうかと思うよ
うな動物がやや出たところに煮干が結構来る。
ちゅるちゅるぴろぴろのワンタンと麺をほおばれば何の文句がございましょうか〜。

続いて弘前にきたら烏賊粘粘ならぬ〜店のたかはし中華そば店@撫牛子
昼過ぎに着いたが満車でほぼ満席。
中華そば、お〜今日はいつもの凶暴さはないが濃厚でにぼっている。
ぷるぷるした麺をスープとともにすすると幸せじゃ〜。

続いて久しぶりに三忠食堂本店@和徳
何を血迷ったか唐揚げ中華。
ところがこれが鵜舞、あぶらっこくなくすっきりとしたスープはやさしい煮干。
なんといっても麺が鵜舞なぁ〜。

今日もはらいっぱいじゃ〜。

夜は地の素材を使った郷土料理と地酒の店、おばとみ@弘前で夕げ。
長もやし・みずのこぶとみがき鰊の酢味噌和え・黒石豆腐・細竹の煮付け・岩牡蠣・
銀鱈つけやき・青森牛・細竹と舞茸の炊き込みご飯・赤魚の汁物。
上品な味付けで山海のものをたっぷりと味わえた。

デザートはエスカルゴシュー。


2006年09月01日

夜の鍛冶町

昼はスエヒロ@北小金、本日のランチ、「ハヤシライス・オムレツ」。
むほほ〜。

夜、所用で羽田から青森に飛び弘前に向かう。

夜遅く弘前に到着し、繁華街の鍛冶町に繰り出す。

まずはととりぬーどると同じ建物の2階にある今村@弘前で手打ち中華。
煮干を使っていないしょうゆで、すっきりとしてしょうゆが強いがしょっぱくなく
やや太目の平打ち縮れ麺は硬め、ぷりっとしてスープとの絡みもよく鵜舞〜。

続いて同じ建物の1階のととりぬーどる@弘前で中華そばと焼そば(つゆ焼きそば)。
中華そばはかなり旨味が強く濃い、麺は平打ちやや細めでかなりやわらかく
するすると入っていく。
焼きそばは長崎ちゃんぽんのような丸く太い麺でちょっとすかすかな食感。
ソースのスープは酸味が強いが、想像していたよりくどくなく食べやすかった。

はらいっぱいじゃ〜。