函館烏賊祭り 2002・8

2002年 8月13日

先週末友人の「函館に烏賊を食べに行こう〜」と言う一言で急遽決ま
った函館行き。先週急いでホテルと飛行機を手配し準備万端。お盆の
渋滞と空港の駐車場の確保のためかなり早く3時間前に出発、いざ羽
田に向かうとがらがらでスムーズに到着。それでも駐車場の空きは少
なくもう少し遅れると待ち状態になっていただろうな〜。お昼を食べ3日
間の予定や店の選択の最終絞込みをしていたら搭乗時間。出発がか
なり遅れていたが座ったとたん爆睡、気が付いたら着いていた。

函館空港の外に出ると22度ぐらいで晴れてはいないが湿気も無くすご
しやすいなぁ〜。レンタカーの手続きをし乗り込み、いったんホテルにチ
ェックインし荷物を降ろすと6時をすぎていて1軒目に向かう。時間的に
3軒3杯が目標。

ホテルから車で15分ぐらいで五稜郭公園付近に到着、公園のの西側に
ある 東京らーめん麺吉@田家町は公園から近くにあった。

メニューの一番右は東京らーめん(しょうゆ)、細麺と太麺があり細麺に
する。一口目はややブタクサだが後は気にならない。とんこつがでてい
て昆布系か魚介系かぽわ〜んと旨みが出ていて 鵜舞!。細い縮れ麺
はあまり得意ではないがこの麺は腰もありスープと絡んでうまいです。
ちょっとしょうゆが立っているがさほど気にならずぐいぐいと食べ進んで
しまった。

次はしょうゆらーめん太麺、多加水の平打ち麺でこしもありもちっとしてい
てこちらも鵜舞!ですねぇ〜。

1軒目からかなり満足しました〜。

次は五稜郭近くの繁華街にある紅蘭@本町に向かう。丸井今井の隣に
あるはずなのにちょっと探してしまった。一本裏手の道の割と静かなとこ
にありました。
 

まずはしおラーメン、やや長方形のような多加水の麺はもっちりしていて
あっさりとしたスープとの絡みもいいです。チャーシューはももで苦手なタ
イプですがあっさりさっぱりしていて日常的に食べられるしおらーめんでし
た。

次はしょうゆラーメン、こちらもあっさりさっぱりでしょうゆがたっておらずこ
っちのほうが好みかな。


友人はここでダウン。

次は五稜郭のそばのあじさいに向かう、が探しても見つからない。やっと見
つけたら営業が終わっていました。それならとすぐそばのあじたかに行くと
本日売り切れ終了の張り紙が〜。

急遽予定変更して明日いく予定だった六花(りか)@田家町に向かう。
 

塩ラーメンを注文、最初に硬め、普通、柔らかめのチョイスができる。硬め
で注文、四角い黄色っぽい麺は柔らかくは無いが硬めというほどではない。
あっさりした塩のスープは可も無く不可もない平均的な味でした。

ホテルに戻りデータを作っていると、友人は胃が楽になったのか魚介を求
めて夜の松風町に消えて行くのであった〜。
そう言えば今回のテーマは烏賊だったな〜。

2002年 8月14日

今朝早く電話で起こされる、昨日早く起きて朝ご飯を食べに行こうと話して
いた。ぼ〜っとした頭もシャワーですっきりし目がさめる。友人は昨夜五稜
郭付近の飲み屋に行きまた食べてきたそうだ。

朝市まで歩いていきうろうろ見物、店ががずいぶん増えている。前からある
ところではなく南側が開発され10軒以上増えていた。行く予定だった道南
食堂はなぜかあいていない、休みなんだろうか。予定変更し近くの店に入
り烏賊ソーメンと銀ダラのハラス焼き、

         朝市              烏賊ソーメン
 

都内で食べるような白い感じではなく、半透明のこりっとした歯ごたえがあ
り甘味もありうまいですねぇ〜。銀ダラのハラス焼きは最初はしょっぱめで
すが、脂の乗りもよくちょいこてぐらいでご飯が進みます。

食べ終わり腹ごなしもかねて散歩、途中空き地だったところが煉瓦造りの
みせができていたり公園になっていた。ベイエリアまで行き金森倉庫等を
見学。建物の中はみんな店が入っている。

そこからさらに進み坂道を登る。教会等見てロープウェー口まで行くとかな
りくたびれた。ぐったりしたのでタクリ山頂まで行く、そこから見える風景は
さすがである。
 

ホテルに戻り一休みしてから出かける。

今日の一軒目はマメさん@末広町、朝散歩した先にあったのね〜。
けっこう大きな建物で中も広い、券売機のところから5人待ち。さほど
待たずにカウンターに座れた。

 

塩ラーメン、やや濁った動物系と魚介系のスープは旨みがかなり強い。
あっさり塩とは一味違った旨味があります。麩海苔の入った中太のスト
レート麺は、柔らかめの食感でつるつるしていている。ただへたるのが
かなり早い。
帰りに20人ぐらいの行列〜。

次は五稜郭に向かう、ここで友人と別行動し五稜郭のすぐそばにある
あじさい@五稜郭・函館に行くと2階から1階の階段に15人ぐらい待っ
ている。回転がいいようで15分ぐらいで入店。
 

塩ラーメン、昆布出汁の効いた旨みのある透明なすっきりしたスープ
いいですねぇ〜。
中太のストレート麺と絡まないかなとおもったらそん
なことはなくいい感じにまとわりつきつるつると入っていきます。さっぱ
りしているのに旨みが効いていていいなぁ〜。帰りに階段を下りると30
人ぐらいの行列が出来ていた〜。

次はすぐそばのあじたか@五稜郭・函館
 

こっちは回転が悪く一人しか待っていないのに20分ぐらい待った。
塩ラーメン、とんこつが程よいやや白濁したスープはややブタでさっぱ
り塩ではないがいいですねぇ〜。中ぐらいの麺は程良い硬さでいいで
す。さっぱりしすぎない動物系を感じるラーメンでした。

次は末広町に移動中につけめんという看板を発見。
麺神(めがみ)@若松町・函館
、つけめんらぁめんという看板でつ
けめんが売りらしい。
 

つけめんを注文、友人が和風つけめんにしたのだがなぜか和風つけめん
が出てきた。まぁいいやと食してみる。平打ち縮れの極太麺は柔らか目、
そばつゆのような和風の冷たいつけだれはやや甘め。麺の上に梅干、大
葉、大根の千切り、貝われが乗っていてつけだれの中にワカメと揚げ玉が
入っている。麺とつけだれの絡みはよくするすると入っていきます、熱い時
にあっさりと食べられるつけめんでした。

ホテルに戻り休憩しているうちに寝てしまい、19時ごろ電話で起こされる。
友人の「
夜は魚介だよねっ!」と言う脅しににも似た一言で決まり松風町
の郷土料理店に向かう。鱈場焼、蟹盛り、ホッケ、アスパラ、ジャガイモ等、
〆に雑炊。北海道の味を満喫し夜は更けて行くのであった〜。


2002年 8月15日

今日も早起きをして朝ご飯に行く、小雨が降っているが寒くは無くすごしや
すいな〜。今日は鮭のハラス焼き定食、友人は海鮮丼。食後散歩、適度
に歩きお土産等をチョイス、ホテルに戻りチェックアウトし出かける。

今日は老舗めぐり、1軒目は鳳来軒@十字街・函館
 

塩ラーメンを注文、年季を感じる店がまえに相応なじんわりとした味わいの
ある塩がほっとします。

しょうゆラーメン、こちらも穏やかな丸みのあるしょうゆのスープと麺をすすると
日常的なラーメンだなぁ〜と感じました。


次は鳳蘭@松風町・函館
 

ラーメン(塩)繁華街の一角にありながらはでさは無いけど安心できるじわじ
わっとしたスープと麺がつるっと入っていきます。

次はちょっと離れた松楽@千歳町・函館。通りから横に入った住宅地の中に
あるのに待ち客がいる。しばし待ち入店、カウンターと小さなテーブルだけの
こじんまりとした店ですが次々とお客が来ます。


しょうゆラーメン、他店とちょっと違う麺は自家製らしい。低加水で伸びにくく
あっつあつのスープとよく絡みいいです。もやしあんかけラーメンを頼む人が
多かったなぁ〜。

次は初日に行った東京らーめん 麺吉@田家町・函館、和風しょうゆという
のが気になって向かう。鰹出汁の和風しょうゆラーメンを注文。

細麺と手延べの平打ち麺と違う太い麺、もっちりさくっとした食感がいいです
ねぇ〜。鰹の効いた甘めのスープに太い麺を絡めてすすると鵜舞!、これは
いいですねぇ〜。普通のしょうゆもよかったけどこっちは一段とうまかったなぁ〜。

函館はがつん度は無いけど、毎日食べられそうな穏やかなラーメンが多かっ
たなぁ〜。