北海道2001.5

1日目

2001年5月1日

小樽運河食堂ラーメン工房パート1+札幌2軒

今朝はずいぶんと寒い、朝早く羽田に向かう道路は混雑無し。空港も早い時間は
混雑しておらず、GWの谷間だなぁ。

搭乗し一眠りしたらもう千歳に着いた、小樽行きの電車に乗りしばしの睡眠をとる。
途中で目がさめて車窓からの眺めを楽しんでいると、電車での移動は初めてなの
に気が付く。車と違いなんかのんびりした気分、と思ったらまた寝てしもうた。小樽
に着く手前に目がさめる。おぉーさっぶ〜いのぉ〜。

駅を出てそのまままっすぐ港の方向に歩いていくと広い臨港線に出る、横断歩道
を渡り運河沿いに景色を楽しみながらゆっくりと散策。大道芸人やお土産屋等が
数店ある。浅草橋に到着し左折すると小樽運河食堂の煉瓦造りの大きな建物が
ある。


駅から徒歩で10分ぐらいだろうか。開店15分ぐらい前に中に入る、浅草橋ビアホ
ールは9時から営業しているが小樽運河食堂ラーメン工房は11時からの営業。
でびと一風堂は行列が長いがほかはさほどではない。
未食の くじら軒@小樽に並ぶ。

     くじら軒外観        支那そば
 

支那そば、鶏と魚系がよく出ているが突出しておらずバランスがいいうまいスープ。
麺も茹で加減がよくて固めの低加水だがスープと絡みうまい。チャーシューも柔ら
かくうまい。

大勝軒@小樽

 

特製もりそば、麺は柔らかめだがうまい、つけだれはそれほど濃い目ではないが麺
を楽しむのにはいい。チャーシューは3種類入っている。

でび@小樽

 

でびラーメン、とてもわかりやすいスープでかわいらしいどんぶりに入っている。と
ころが麺はしっかりしていていい麺です。ぐは チャーシュー3枚とねぎ。

すみれ@小樽

 

味噌ラーメン、麺と濃厚なスープの絡みもよく固めの麺がうまい、香ばしいチャーシ
ューも歯ごたえがありうまい。油はさほど多くないが熱さは同じでかなり熱い。

4軒食べるのに昨日までほどではないようですが、けっこう待っているのに疲れて
あとの2軒は明日に持ち越し。いったんホテルに戻るので南小樽まで歩いて行く。
たまには歩かないとなぁ〜、歩いて行く先には初代があるし歩く足も軽い。初代
前までくると無情にも「本日休業」の札が〜。そうなると駅までの足が重いことった
らありゃしません。さほど待たずに電車が来て札幌まで戻る。

2時間ぐらい休んで札幌の目標店に向かう、1軒目のほそ川@札幌南8条西6条
に行くと看板もなく何もないのにはショック!。
次の五丈源は定休日、次の狼スープは店が見つからない。住所と地図は合ってい
るのに店がありません。とほほなおももちでホテルに戻り、ほそ川に電話をすると
「南8条西6条に引っ越しました〜」。再び行動開始、ほそ川@札幌南8条西6条
に向かう。

ほそ川 つけめん


おそるおそる店に行くと隣はさんぱち。店に入るとカウンター8席、テーブル4*2席
のこじんまりしたお店。女将さんらしき女性に話を聞いたら3月に引っ越したばかりだ
そうでお店はきれい。自家製麺で某製粉メーカーの粉がおいてありました。つけめん
、自家製の平打ちの太麺は腰がありしこしこ感がありうまい麺です。つけだれはとん
こつと魚数種を合わせていて濃い目で麺とよく絡み300グラム近いのにつるつると入
っていきました。スープ割も美味しくいただけました。

次は福来軒本店@南16条西8条

福来軒本店しょうゆラーメン


しょうゆラーメン、店に入るとぷ〜んとにんにくの香りが漂い札幌だな〜と実感。かな
り濃い色のしょうゆでかすかににんにくの苦味が出ているがにんにくの効果有り。西
山の麺は柔らかめだが食べやすくスープが絡む。もやし等の野菜が麺と同量位入っ
ていてボリューム満点。見た目ほど脂っこくはない。イメージと違ったのでジモティに
聞くと昔ながらの札幌ラーメンだそうでした。

今日もよく食べたし明日の朝はは早いので早めに寝よう。


2日目

2001年5月2日

小樽運河食堂ラーメン工房パート2+麻ほろ@小樽+初代@南小樽

朝ホテルから表に出たらおもいっきり寒い、風がとても冷たく慌ててフリースを着
た。外に出ない限り半袖でもいられるけど、うっかり外に出ると寒い。今日は普
通電車でのんびりと行く、車窓の左側に見える手稲山にはまだ雪が残っている。
昼近くになれば暖かくなるだろうけど、うっかりすると風邪をひきそうだ。

小樽駅に到着、駅を出てすぐ前の広いとおりを右に行き5分ほどで産業会館ビル
の交差点を左折、そのまま4分ぐらいで右手に日本銀行の建物が見えてくる。日
本銀行の真向かいの路地に赤い旗が立っている、その路地を左折するとすぐ右
麻ほろ@小樽が見える。

     麻ほろ外観         あっさりしょうゆ
 

1階はカウンターだけ、2階は家族連れ用に家族席のテーブルがあります。
無化調天然だしとうたっていて、材料等の説明書きがカウンターにおいてあります。
メニューの一番右ではなく一番上のあっさりしょうゆを注文、味噌はどうですか?
と聞いたら「けっこうくせがあるから初めての人にはすすめないよぉ〜」とのこと。
ぷ〜んとかつおのいい香りがして期待感が高まってきます。スープを一口、甘味
があり鶏と魚系のうまみが口の中にぽわぁ〜んと広がりまいう〜。うまみ十分
な美味しいスープに使う昆布は親戚が漁師さんなのでふんだんに使えるそうです。
りんごともうひとつ加えた果物の甘味がとてもよくうまいなぁ〜。旭川の低加水麺は
柔らかめですがスープとの絡みがよくいいです。ロースのチャーシューは程よい
味付けでメンマも歯ごたえと味付けがいいです。麺以外は自家製で、スープは魚系
が時間がたつと飛ぶのでストックし小分けであたためて出す気配りがうれしいです。
ご主人はちょっととっつきにくそうな感じですが話してみると気さくな方でした。また行
ってみたいお店になりました、こってりしょうゆと麻ほろを食べてみたいなぁ〜。

麻ほろの「絡めそば」と「とろチャーシュー」


メニューの中に「絡めそば(油そば)<スープ付>」があったが、妙に気になる。スー
プに入ってない旭川の麺はどうなんだろうと興味が湧いてくる。
それと「とろチャーシュー」、ほほ肉をとろけるくらい煮込んだチャーシューですが、
ほほ肉のチャーシューは食べたことがあるけどここのはどうなんだろう?。とても気
になる。

麻ほろのあと運河食堂に向かうと、すでに外の運河の近くまででびの行列が伸びて
いる。ほかの店は15人ぐらい、一風堂は30人ぐらいなので並ぶ。20分ぐらいで
入店できました。

一風堂@小樽

  一風堂外観     赤丸
 

都内で以前食べたイメージとはまるで違っています。あまりいい印象がなく都内では
足が遠のいていましたが小樽はよかった。赤丸新味を注文、スープは適度な濃度が
あり麺も固すぎず絡みもよくうまいです。チャーシューもうまい、が、もやしはいらない
と思う、水っぽさが出て余計に感じました。もやし以外はとてもよかった。

続いてがんこ@小樽、15人ぐらいの行列で10分待ち。

  がんこ外観     しょうゆ中間
 

しょうゆ中間、スープはしょっぱめだが気になるほどではないです、家元にに比べれ
ばやや控えめのような感じ。細い縮れ麺も固めで絡みもいいです、チャーシューもほ
ぐれるしうまい。ただもう少しすっきりした感じならもっといいかな。

おなかも膨れてきたので今日も南小樽まで散歩。上着無しでちょっと涼しいくらい、歩
くと少し汗ばんでくる。途中に北一ガラスやオルゴール堂等を見学、歩いている最中に
一風堂のK氏とすれ違う。初代@南小樽はもうすぐ、昨日定休日で食べられなかった
ので張り切っていく。

     初代外観          しょうゆラーメン
 

こちらも混んでいます、店内10人ぐらい待ち。中に入ったらすぐ外に10人ぐらい
の行列。来るのは2年ぶりかな、期待をしつつしょうゆを注文。ぽわぁ〜んと魚系の
いい香りがします、多加水の加藤製麺場のぷりぷり麺は歯ごたえもよくこしもあり、
濃厚な魚系の効いたスープと絡みもよくまいう〜。大きなチャーシューも柔らかく
食べ応えがありうまいなぁ〜。

さすがにおなかがきつくなってきたのでホテルに戻り休憩。さてさてこのあとはどこへ
いくやら。

更新が夕方までかかりちょっと寝てから出かけようと思って起きたら、えらく遅い時間
になっていた。普段あまり歩かないから、昨日今日といつもより歩いてくたびれたのか
な。出かけるのがおっくうになってしまったのでこのまま寝ちゃうかな。ニュースステー
ションも終わってしまったし。あ〜もったいないなぁ〜。


3日目

2001年5月3日

旭川3発で打ち止め

今日はゆっくり寝ているはずだったが、昨日寝るのが早くたっぷりと睡眠時間を
取れて今朝は早く起きた。さて今日は旭川に行く予定、いろいろとお店の検討を
来る前からしていたが最終候補を絞り込まなくては。3店ぐらいに絞込み夕方ま
での店を検討中。今朝は昨日ほど冷え込まず日中は寒くなさそうです。札幌駅
まで歩き特急旭川行に乗るまでホームで待っていると、普通のにいちゃんがが
駅員さんの案内放送そっくりにコピーしてしゃべっていた。これには驚いた、一語
一句ありそうな内容でよくおぼえているなぁ〜と感心してしまった。指差信号まで
やったのには笑ってしまいました。そういえば何をぼ〜っとしていたのか駅に向か
って歩いていて、駅を通り越してしまい駅につかないなぁ〜と振り返ったら駅であわ
てて引き返してしまった。う〜む、年のせいだろうか?。

1時間半ぐらいで旭川に到着、20分ぐらいかけて散歩がてら駅から歩く。4条19
丁目の交差点を左に曲がるとつるやラーメン@旭川があった。

      つるや外観         しょうゆラーメン
 

カウンターと座敷とテーブル席で休みと言う事も有り家族連れがおおいです。後か
らぞくぞくとはいって来ました濃厚なとんこつ+魚系の濃い目のしょうゆスープ。中
細の固めの麺と絡みもよく油多めでこってりしてうまいです。特にチャーシューが
厚めで、とろとろではないけど歯ざわりもよくまいう〜。チャーシュー麺で食べてみ
たかった。

次の天金@旭川まで15分ぐらい町中を通って歩く、何度か来ているが以外におも
しろい。

      天金外観         しょうゆラーメン
 

しょうゆラーメン、とんこつとしょうゆでけっこうこってりしてしょっぱめ。麺とスープ
の絡みがよく油も多めだがさくっと食べられうまい。モモのチャーシューとメンマも
うまい。麺ざるはどこかで見たことが有るなぁ〜。麺は麻ほろと同じ「ふじの華」、
これって藤原製麺だよね。塩も食べたかったけど混んでいるのでさくっと食べて
退散。

蜂屋@旭川五条支店はすぐとなり、こっちも混んでいます。

       蜂屋外観        しょうゆラーメン
 

つるやと天金がけっこう濃かったので、つらいかなと思って入ったが意外と重たく
なくするすると入っていきます。見た目は柔らかそうな麺だが食感がいいです。
薄めのチャーシューは味がしみていてしょっぱめだが柔らかくてうまい。茹で方の
おじさんとオーダーを仕切るおばさんのやりとりがおもしろい。入り口の感じからは
感じないが64席もあり満席で次々とお客が入ってくる。

3軒食べ終わり札幌に戻って2軒ぐらい行こうと思い、しばらく休憩していたら時間
が無くなり慌てて札幌経由で千歳まで行く。もう少し食べたかったがしょうがないな
ぁ〜。また次回の楽しみにしておこう。しかし旭川が思っていたより濃かったなぁ〜。