第3回春の笠岡シャコ祭り2009・03.27〜29

2009年03月27日

江戸蝦蛄組合の年次総会も終わりホッとしているところに「理事長ぉぉぉ〜、
笠岡蝦蛄組合の緊急理事会があるんですがいけそうもありませんんんんん!
たすけちくり〜」と、加賀蝦蛄組合理事長よりの応援要請が前日の夜中に
あった。
んんんんん〜今頃になってとは思ったものの組合相互懇親ということもあり
急遽笠岡に出張る事となった。

取り急ぎ朝一の電車に乗り岡山まで向かう。
岡山で待ち合わせるのに改札を出ると「よっ!おつかれさん!」と何事もなかった
ような顔をしている加賀の理事長の姿ががっが。
なんじゃこりゃぁー!と思ったがおなかがすいたこともあり天神そば@岡山天神
そばに各組合幹部と合流し向かう。

店の外観は生で見るといいっ!、こういう感じは大好きじゃ。
中に入ると雑然とした歴史ある空間がまたいいっ!。
作っているおやぢ・仕切っているおばばもまたいいねぇ。
天神そば。
ほほほほほほほほほ〜。
笑いがこみあげてくるくらいうまい。
いろいろ言われているらしいがいいもんはいいわな。
鶏と旨味の効いたスープが平打ちっぽいいいゆで具合の麺に絡みうまいね。



続いて中華一平@井原ぴりからのねぎとんはナイスコスパでうまいね。
シェアで唐揚、さくっとあがっておりうま。
海老天、これでいっぱいやりたい。
チャーハン、しっとりで中華屋さんのチャーハンだね。




そして三洋旅館@笠岡・岡山にチェックインしひとっ風呂あび休憩のはずが爆睡。


寝ていると「時間だよ〜」とたたき起こされる。
気力もみなぎり近所の薬局でドーピングセットを買い栄清丸@笠岡へ。


丁寧に書かれた手書きの御品書、心がこもっており震える。
つきだしは茎若布炊いたん・酒粕自家製からすみのせ・クギ煮。
茎若布がうますぎ君、まったりとしてすっきりとした酒かすがぐいぐい誘い
釘煮でまたぐいぐい。


頭から尻尾まで食べられるめばるから揚げはばきばき行きました。
サヨリ天ぷら、しっとりほっこりとして紫蘇の香りもまたよし。

驚きのサイズのげた煮付けは身が超厚く味も濃い。
味付けが抜群でぐいぐいじゃぁ〜。
ここで飯と思ったがまだ序盤なので控える。
さわら焙り、これまたいいサイズで店主自ら炙ってくれる。
ネットりの手前でいて皮の香ばしさと皮と身の間のすっきりした脂がいいねぇ。


スズキとさよりフライ、あ”ーーーーーこんなフライは食べた事が無いっ!。
白身に熱を加えた焼揚げ蒸とはまた違った旨さが恍惚の世界に引きずり込む。
浅利酒蒸し、超でかいあさりはむっちむちで濃厚かつ旨味のスカットミサイルの
ようなお汁がたまらん。


そしてメインエベントその1の蝦蛄丼じゃ。
もうね、自分のボキャブラリーのなさに困るくらい旨いっ!!!!!。
ぱさつき・しょっぱい・硬い等は皆無。
しっとり・いい塩梅・柔らかでフライにしているのに身の味を壊すことなく旨さを
引き出している。
そして出汁がそれを核分裂のように増幅させている。 


メインエベントその2のえび飯フルサイズ。
なんでフルなのにハーフの3倍もあるんじゃっ!。
と思いつつもその味を堪能。
スパイ加加減きつさ等は無く、柔らかな味わい。
オイルキャベツとコロッケをはさみつつ完食。
うまいねぇ〜。


〆のアイス珈琲を飲み、はらもぱっつんぱっつんになりやや動きが鈍くなった
ところでお時間となりかいさーん。
宿に戻り速攻爆睡眠。


2009年03月28日

いよいよ蝦蛄組合総会当日の朝を迎える。
昨晩あれほど食べたのにいはすっきりと快晴。
笠岡湾漁協(移転新社屋)朝市へ突撃!。
着くとすでに地元の人たちが突入寸前の異様な雰囲気。
移転したての社屋は超綺麗。
開店すると戦場のような様相にびびる。
いくらか隙間が出来たころあいを見はかり突入。
販売所は前よりひろくなり品数も多くなっている。





客が捌けた頃に茹でをお願いし、タウン誌イベントの今日の蝦蛄丼祭り用に
用意してあった長机と椅子に落ち着き待つ。
調理場はイベントの蝦蛄丼ようの殻剥きであわただしかった。
それを眺めつつ待っていると来ました蝦蛄君たちの軍団。
戦闘開始!の合図とともに食べ始める。
いやぁ〜1月のシャコもうまかったがそれ以上にうまい。
身がみっちりはいていて、しっとりふっくら甘みもありしぬー。



予約していただいていた活きシャコを笠岡湾漁協の特別な計らいで蒸して
いただきました。

注:
ココはあくまでも直売所でありますので調理等の要望はお受けしており
ません。
今回は特別にご配慮頂いてのことですので無理な要望は漁協の皆様に
ご迷惑が掛かるのでご遠慮下さい。

通常は即売所で販売だけです。
2008年3月21日に移転し当日は、岡山タウン情報誌限定・シャコ丼を提供
していました。

食べたあと販売所をのぞいたら、朝になかった巨大ワタリガニを発見し購入。


蝦蛄に超満足し一休@笠岡に向かい朝ごはん。
中華そばと店主の心づくしのたまご黄身かけごはん(ご飯大盛り)。
これはメニューにはありませんのでご注意。
中華そばはきりっと醤油が効いてうまいねぇ。
たまごかけごはんはしぬほどうまい、そして白身のスープがむほほ〜。



一休から笠岡湾漁協に戻る前におっつあんの外観。
何度も笠岡に来ているのだがここには縁が無いのか食べるタイミングが
あわんなぁ。


そして蝦蛄丼祭りを見学するので笠岡湾漁協に戻る。
岡山タウン情報誌限定・シャコ丼・蟹海老の味噌汁・たこねぎぬた。



完全予約限定60食なので食べられない。
念のために聞いて見ると、なんと!キャンセルが出ていたっ!。
頼むでしょう、迷わなくても蝦蛄丼!!!!!。
岡山タウン情報誌限定・シャコ丼・蟹海老の味噌汁・たこねぎぬた。
天ぷらの蝦蛄は初めていただくが、フライとはまったく違うお味に感動!。
ふんわりやさしいくちあたりと出汁で下のご飯が進む事この上ない。
さすがに揚ったばかりの蝦蛄を調理すると言う事無しっ!。



はらがぱっつん20.0になり駅まで送っていただき解散。

笠岡蝦蛄組合の方々のご尽力と笠岡湾漁協の皆様のご協力より素敵な時間を
すごさせていただきました。
また来年もよろしくお願いいたします。

笠岡駅から大きな発泡ケースを抱え一路大阪へ。
大阪に到着し、蟹調理師に渡してホテルにチェックイン。
爆睡していたらふと気がつき池田へ向かう。

麺野郎@池田 
渡り蟹盛り、調理してある蟹は甲羅にみっちりぎゅうぎゅう詰め。
しっとり甘みのあるみはほっこりともしていてうまいっ!。
内子はほくっとしていてやがてねっとりしてくる。
今年度最強の渡り蟹を堪能。
海苔の香りも芳醇な鉄火巻き。


そして〆に限定濃口醤油、すんだ豚骨スープに魚がいい塩梅に効いていて
太目の縮れ麺にまとわりつきうまいっ!。
食べ終わる頃「塩もね」と言うかすかな声が耳に飛び込んできた。
当然頼むでしょう、塩サカタスペシャル。
ほほほほほ〜、こりはうますぎ君ですな〜。
ほんとはね、丼も食べたかったのよ。


池田の夜を堪能しホテルに戻り爆睡。


2009年03月29日

昨日の祭りの余韻を残しつつ阪急高槻駅を降り寿司圭に向かう。

店の前に着くと隣の店から昨夜見た記憶がある若者二人が出てきて、
「3度も店の前に来ておきながら食わんのかー」と両脇を抱きかかえられて
坊也哲@高槻に連れ込まれる。
で、ラメソ並を注文。
この店だけで使っていると言う太い麺がうまいねっ!。
鶏の効いた醤油スープもまたうまし!。
隣の人が食べていたとんこつ細麺もうまそうだったなぁ。


食べ終わり寿司圭@高槻に逃げ込みメインのお寿司。


牡蠣のホイル蒸、大ぶりな牡蠣は出汁で蒸されていてふっくらとしジュゥスィ。
その牡蠣をポン酢につけて食い〜の、出汁を飲みぃ〜ので激うま。


鯛の昆布〆、ちょっぴりのったもみじおろしと芽葱にほんの少しだけポン酢を
かける。
厚めの鯛の身の甘みとほんのりとした脂がポン酢によって引き出されてうまい。


鮃の昆布〆も同様にして口に運ぶと、鯛より歯ごたえがややあって噛むほどに
ねっとりとし甘さと旨味が際立うまいね。


金目鯛、初めはさっぱりとした旨味が徐々に引き出され爽やかな脂が口に広がる。


蛍イカ沖漬け、これはショックを受けた。
一般的な沖漬よりはるかに小さな烏賊でありながら、烏賊の旨味を蓄えなおかつ
繊細な味わいが口中に広がっていきこれは夢中になるね。


げそ塩焼梅肉添え、さっと振った塩が強すぎずゲソの甘みを引き出す程度の塩梅
がたまらない。
添えてある梅をつけて頬張ると、ゲソと梅の相性がこんなにぴったり合っている
事に改めて気付く。


赤貝、肉厚でさくっとした噛みごたえの後からふわ〜っと赤貝の香りと旨味甘み
が来てうまいよ〜。


剣先イカ、これはもう何も言う事無しにうまい。


もひょひょ〜♪。
うまー幸せじゃあ〜♪。

で、きんせい@交野でしおそばチャーハンセット・つけめんをシェア。
くるしい〜。