名古屋・大阪・京都・神戸・2005・04/29〜5/4

2005年4月29日

明日尾張一宮に行く用事があり一日早く名古屋入り。新幹線に乗り情報収集する間もな
く爆睡、気がつくと着く手前であった。

昼前に到着し栄からバスに乗り猪子石西原に向かう、ところが何をぼ〜っとしていたのか
バス停を2つ乗り越してしまい歩いて引き返す。いやぁ〜暑いですな〜、1`ぐらい大汗を
かきながら歩きやっと 中華そば三吉@猪子石西原・名古屋に到着。
前回しょうゆだったので中華そば塩にする。麺の茹で加減は程よい、塩分は少し強めに
感じた。あと鷹の爪が入っているがスープを壊すわけではないがちょっと気になる程度だ
が辛味が効いている、とかなんとか考えながら食べているうちに完食。なんだかんだと言
いながらも好きな味なんだよなぁ〜。

帰りは間違えずにバス停から乗り栄に向かう、 ら・けいこ@栄・名古屋である。
栄までは間違えなかったのだが陽気のせいか方向を逆に歩いてしまい道に迷いやっとの
思いで店に到着。
 
中華そばメンマ入り、ぷりぷりした太麺はつるんとしている。スープは前回より豚が出てい
て濃いめ、しょうゆだれが香ばしく感じたのは気のせい?。野菜はしゃっきり、メンマもしゃ
っきりとしている、もっとスープとのなじみがよければもっといいのになぁ〜。

ここでホテルに戻り休憩、お約束通り爆睡。

夜は スパゲティハウスチャオ 菱信ビル店@名古屋
 
ミラカンジャンボ、酸味がまったく強くなく食べやすい。片栗でとじたような餡はやや粘りが
あり極太の麺によく絡んで具とともにほおばると皿は空っぽ。あっさりとした辛味とまったり
とした餡、塩分も強すぎずいい。

おなかぱんぱんでもう一軒開きエビフライの店までまで届かず〜。


2005年4月30日

朝一番で尾張一宮に行く、そのまえに駅でころきしを一杯。

一宮に着きちょっと時間がありコーヒーを飲む、モーニングがつくということで注文。

これで250円。

所用が終わり地元の友人と合流し得道@尾張旭に向かう。
万博景気で渋滞すると思っていたら下も高速も渋滞なし、一宮から一時間ほどで到着。
 
つけめん、平打ちの幅広麺はもちっとして濃いつけだれとよく絡んで300gもあっという間
に無くなる。つけだれはちょっと辛目だがスーッと入って行く、魚粉が入っているが他の味
が強くさほどは感じず。

黒たいわん、これは辛い。すするとむせるがとんこつを覆い隠すほどの香辛料なのだが
ぐいぐいっと入っていく引力があった。

2杯食べおなかがふくれて次の店に行くのをやめホテルに戻りchez kobeのシュークリーム。

夜は友人と 日本料理 加瀬@矢場町・名古屋で食事会。
 
   えびとホタテの酢の物         お椀(しんじょうと竹の子)
 
     お造りいか・ひらめ           かつおの握り
 
   八寸串もの・ひらめ笹寿司       のどぐろ幽庵焼
 
     竹の子のてんぷら           もずく
 
       食事(和牛焼き)           黒蜜のゼリー
 
ここは満足の一言に尽きる。


2005年5月1日

昨日京都の友人から確認の電話があり京都に向かう、駅前で待ち合わせし愛車爆撃1号
に乗せてもらい出発。

1軒目は龍馬@京都、 車で移動のため方向がわからず。店はカウンターのみ、奥行きが
意外とある。奥にはずらりとオーディオが鎮座。
 
京の塩ラーメン、ほんの少し混濁したようなスープの色合いもよく薄切りバラロールチャーシュ
ーが5枚、なると、ねぎ、メンマ、白菜と余計な小細工無し。一口目にほんのりとにんにくの
味わいがあるが変な癖やでしゃばり等が突出せずスープとなじんでいる。そのスープは白
菜が入っているが過剰でない程よい甘みが塩の旨みや椎茸等であろうかベースのスープ
と合わさっていて鵜舞。麺は細いストレート麺で硬すぎずゆるさのない茹で上がりで絡みも
よくつるつると入って行き鵜舞。

続いておいけらーめん さまた@京都、 まだ出来立てのような店構えは外観内装ともにおち
ついていい感じ。中の壁とメニューの裏には素材やらなにやらの能書きがあれこれと書いて
ある。
 
おいけらーめん、たれのかかった薄切りチャーシュー4枚、メンマ、ねぎ、薄めの味付けのし
てあるもやしとごてごてしておらずすっきりとした見た目がいい。スープはいろいろと素材が
書いてあるがよくわからず、甘みのつよいしょうゆでややくせがあるか?。麺はかなりゆるゆ
るなのだがスープとの相性がいいのかさほど気にはならなかった。なんでも硬麺人には不
向きであろう。

3軒目は福三@京都、 しょうゆと思っていたら同行の友人から「ここはぜ濃厚鶏そばですな」
と強いおすすめを受け濃厚鶏そばしょうゆを注文。
 
鶏油が絶妙に溶け込んだ濃厚なスープは濃い!、鶏がびんびんである。なのにいやらしさは
まったく無くぐいぐいと食べ進む、が、濃い!。細めのウェーブ麺にまとわりつき麺をすするた
びに鶏がついてきてこれは鵜舞!。揚げねぎが余計かなと思ったがそれでも満足感は
かなり高かったなぁ〜。

次に行くのだがcafe dojiで休憩、こじゃれたカフェで若いおねいちゃんやかっぷるばかりで
おやぢコンビには不向きか?。


十分休んで本日のメインエベントしゃかりき@京都に向かう。

前回着たときとんこつ魚でそれもうまかったが今日はラーメンとんこつ100%で注文。
ラーメン、うひゃ〜。とろっとしていて豚の旨味がでまくり〜。スープを飲んでも麺をすすっても
とんこつびんびんでこれは鵜舞!。麺は細いややウェ
ーブがかかっていてスープがよく乗りうまかった。

本日はこれにて打ち止めか?。

駅まで送ってもらい解散、阪急で大阪まで向かう。ホテルにチェックインし休憩するがおなかが
すかず夜は無し。


2005年5月2日

今日は爆撃機2号氏と食い倒れツアー、天六に集合し11:00昼の部開始。
うまい屋に着くとまだ開店前、春駒寿司も開店前。開店前まで商店街をぶらぶらと散策すると
いろいろと面白そうな店がある、途中路上動物園があり動物と子供が戯れている。

そろそろ時間になり春駒寿司本店@天六・大阪に行くとすでに満席でちょっと待つ。さほど待
たずに入店。
                              剣烏賊 
 
          鯛                    平目
 
         鱧・生蛸                つぶ貝
 
握り寿司、鯛、平目、つぶ貝、剣烏賊、生蛸。鮮度と仕事がよく鵜舞。ここは再訪ですなぁ〜。

続いてたこ焼き うまい屋@天六・大阪
 
たこ焼き、初めからソースがかかっておらずソースはテーブルに置いてある。外側がかりっと
焼けていているが焦げ臭くは無く中がとろりと出汁で味がつけてあり味付けが濃すぎずそのま
まで最後の一個を残し食べる。ソースがいらないと思うくらいそのままで鵜舞。最後はソースを
かける、変に甘すぎず酸っぱすぎず丸みのあるうまいソースだがかけないほうがもっと鵜舞。

続いて隣の洛二神@天六・大阪、ずいぶん久しぶり。
 
和風中華そば、以前来た時とずいぶん味が変わっている。前は濁った動物魚のスープでへた
りやすい中太麺だったが、濁りがほとんど無い動物出汁と魚出汁が効いて椎茸と昆布が強め
で油も多目の名前通りの和風中華そば。麺は以前より細くむちっとした感じでスープとのなじ
みもよく鵜舞。ただかつおが強いのだけはかんべしてほしかった。

次は神戸に移動する、神助@住吉・神戸である。前から食べたかったチャーシュー麺がお目
当て。
 
あっさりしょうゆチャーシューメンにごはん、以前と変わったのか2種類のチャーシューが入っ
ている。レアな柔らかなのと歯ごたえがあるロース、特にレアなほうは相変わらず鵜舞ねぇ〜。
スープは塩分がやや高めになっていて動物の旨みが以前ほど前には出てこないがいいです。
麺はやや細くなってスープがよく絡む、チャーシューをご飯に乗せ茶丼。いやぁ〜、満足ないっ
ぱいでした。

次は近くの新店麺道 しゅはり@六甲道・神戸、各席に薄手の箱があり能書きとメニューがラミ
ネートされた紙が入っている。ここの丼を乗せるらしい。作業を見ているとベースのスープ、しお
だれ、和風出汁を合わせ鍋で暖めながら麺を茹でている。
 
潮らーめん、麺は太めの平打ちやや縮れで硬めだが生煮えではない。スープは塩分低めで出
汁の濃度は濃くは無くこのスープでは面の強さに負けていて薄すぎる。三つ葉が入っているの
だが味付けされたわかめのごま油と戻し不足であろうメンマの発酵臭で香りが立っていなかった。

しゅはりの後休憩し豊中に移動。

手打ちそば らっきー@豊中・大阪である、ここの鉄火丼がお目当て。豊中駅前の古いビルの
地下に店はあった。
 
鉄火丼、わさびじょうゆでづけj状態のマグロはややねっとりとしてしょうゆは強すぎず旨みもある。
マグロの量も多くこの味でこの値段とは驚きであった。

続いてめん処 本家 土手嘉@岡町・大阪、店の真ん中に大黒柱が立っているのは初めて見た。


 
焼き飯セット、焼き飯は見た目よりしょっぱくはなくチャーハンではなくほっとする古典的なやきめし。
中華そばはあぶらっけの少ないしょっぱめで細い麺がきりっとしたこれまた古典的なお味に懐かし
さが感じられて店の雰囲気とともに味わい深い一杯であった。

16:00になりここで昼の部終了〜、夜の部は続くのか〜?。

いったんホテルに戻り一眠り、目が覚めても胃はてんぱっていて夜は無し。


2005年5月3日

今日は仲間が集まり京都府相楽郡和束町でバーベキュー。
朝難波駅に集合し近鉄で西大寺まで行き、合流し車に乗せてもらい湯船森林公園まで行く。


現地に着くと先行グループはすでに炭火の支度中、その後続々と集まりバーベキュー開始。
いろいろな肉等を焼きおもいおもいにほおばり舌鼓をうち飲む。途中河原に降り話たりとあっと
言う間に時間は過ぎ夕方になる。
時間になり解散し三々五々帰途に着く、帰る途中無鉄砲に寄るが100人ぐらいの行列がありあ
きらめる。変更しまりおに向かうが結構疲れが出て途中で近鉄の駅で降ろしてもらいホテルに
戻る。

出かける気力が薄れ梅田でうどんを食べて今日はおしまい。


2005年5月4日

昨日の疲れか朝いったん目が覚めたが再び爆睡。前日に御大から食博のお誘いがあ
ったのだが大混雑で倒れてはいかんと思い、だいぶ寝てからいったん起きて不参加の
連絡をする。

昼前にのこのこ起きてチェックアウトし以前より煽られていた服部に向う。
のせや本店@服部・豊中である、駅を降りて右回りに踏み切りを越えていくと店はすぐあ
った。東側に出口があれば駅東口すぐ目の前と言うところ。

店に入ると見覚えのある色白な男がいるではないか、まるで待ち伏せされていたようなあ
まりにも良すぎるタイミングである。ともあれ同席し食事をする。

まずざる中華、鯵箱寿司、いか、かんぱち、蛸、剣烏賊、もりうどん(全粒粉)、さくら、か
んぱちはら、鯛、かまとろあぶり、よこわ、とびっこ、錦冷麺、ざるそば、おろし天ぷらうどん
(姫うどん)と食べ進む。
いやいやここの自家製麺は中華麺、そば、うどんで7種類あると言うことだがそのうちの4種
類をいただいたがなかなかに鵜舞。後3種類も食べなあかんですなぁ〜。すしもきっちりと
仕事がしてあり鵜舞、まだまだ食べたかったが体調をを考え〆の丼もあきらめてここでお
しまいにする。
        ざる中華               鯵箱寿司   
 
       烏賊・かんぱち            たこ・剣烏賊  
 
      もりうどん(全粒粉)          さくら・かんぱちはら
 
     たい・かまとろあぶり           よこわ・飛びっこ
 
         錦冷麺                ざるそば
 
     天ぷらおろしうどん(姫)


のせやを出ると時間になり新大阪から帰還。
いやぁ〜楽しい愛知・関西だったなぁ〜。