伊勢うどん 岡田屋@伊勢市・三重県

 

場  所 三重県伊勢市宇治今在家町31
TEL    0596-22-4554
アクセス 近鉄山田線伊勢市駅下車し、伊勢神宮内宮の門前町おはらい町通り
(旧参宮街道)を目指す。伊勢市駅から三重交通バス外宮内宮循環線
で16分、内宮前下車、徒歩5分。すし久の同じ並びで内宮に程近い所
にある。
系  統 伊勢うどん
営業時間 10:30-17:00
休  日 木曜日(祝日の場合は前日休)
席  数 卓4×10  2階席もあるらしい
駐車場 5台
値  段 2007.05
      伊勢うどん420円           中華そば570円
 

      伊勢うどん420円           中華そば570円
 
玉子入り伊勢うどん470円 伊勢うどん冷520円 
玉子とじうどん570円 きつねうどん570円 
かやくうどん570円 天ぷらうどん570円
伊勢うどん定食730円 
並そば520円 玉子丼530円 親子丼580円 
他人丼580円 肉丼580円
コメント 伊勢うどん
地元の人の日常食として戦後発達した伊勢うどんは、その軟らかさから
離乳食としても親しまれている。昔は自宅や商店でそれぞれ自家製の
麺を作っていたが、今は主要4大製麺所製の物が使われている。喫茶
店では焼きうどんとして提供しているし、地元のスーパーでも売られてい
る。元々伊勢うどんのタレは醤油・みりん・水あめ・昆布でタレが主材料
で、この店のものはそれに鰹だしが効かせてあり、甘辛く見た目ほどしょ
っぱくない。 麺は太目の麺で断面は長方形。軟らかく、麺自体も重いの
で、箸で持ち上げるとぶつっと切れる。軟らかくもちもちした麺で、表面が
醤油のタレにすぐ染まる。具は入っておらず、薬味の葱の小口切りが緑
色を添える。麺の白、葱の緑、タレの黒がはっきりした色のコントラスト。

中華そば
スープは鶏がらで、白醤油を使っているため、一見塩ラーメンを思わせる
ような黄金の透明なスープ。麺はストレートの細麺で、やや軟らかいが小
麦の味がして良い。具の蒲鉾、細めのもやし、豚ばら肉の煮たもの、めん
ま、小口切りの葱が和風スープにあっている。この中華そばのスープが、
伊勢うどんのタレからは想像もできないもので、また食べに行きたい。
(平成16年夏 鬼権 記)

一 覧 トップへ