大阪・2002夏・最終章

Part1

2002年 8月23日

明日所用があり朝早くこなければいけないのだが、早起きがつらい
ので前日の夜に大阪入りする。先週不調でこれなかった2軒に行く。

まずは秀次郎@豊中・大阪、店に着くと思っていたより混んでい
なくて満席にはなっていなかった。
まずは話しに聞いていた「ひでじろファイナル特別裏メニューつけ麺」
水で締めるとこんなにも食感が違うとはおもわなんだと思うほどにぷ
りっと腰が強く麺の味も濃く鵜舞麺に変身しています。その腰の強い
麺を甘めでぴりと辛くほんの少し酸味のあるつけだれにつけると鵜舞!。
タデギを使った辛みは余計な味は加えておらずすっきりとした辛みが
いっそうつけだれを引き立てうまさを増しています。スープ割はじわぁ〜
っと旨みがきていいですねぇ〜。かなり満足いたしました〜。
帰りには表に数人の待ち客がいました。

次は龍旗信@石津川・大阪、豊中から梅田まで戻り地下鉄で難波
に行き南海本線に乗り換え石津川で降りる。真っ直ぐ行かず高架脇を
行き右曲がって行ってみる、昼間通ったときと違いにぎやかなネオンが
まぶしく引き込まれそうだった。
 
まずは龍旗信ラーメン、旨みが出ていて鵜舞ですねぇ〜。濃い出汁で
すっきりしているけど昼間食べたときより濃厚な感じがしました。それに
麺がいいですねぇ〜、もう〜好み!。

次は28日から発売されるつけめん、麺はラーメンと同じ麺を使用。しか
し同じ麺とは思えないほどにしっかりしゃきっと締まった麺は腰が強くの
どごしも
鵜舞!いです。甘味のあるつけだれは、濃厚感があり麺
との絡みもよく揚げねぎが程よく利いていてまったりしていて
鵜舞
すねぇ〜。別皿で味玉と豆苗と玉ねぎが付いています

サイドメニューの「堺カラシナ巻」も28日から始まります、これも食べてみ
たいなぁ〜。こちらも大満足でした〜。

2軒食べ終わりシアトル系コーヒーを飲みながら夜は更けて行くのであった〜。

2002年 8月24日

朝は早く起きて手早く所用を済ませに行く。昼前に一度終りさてお昼は
どうするかと思っていたら、黒Tシャツの男氏から電話があり奈良に行
こうと言う事になり4AーGに乗り込み向かう。途中高速をがんがん行き
思っていたより早く着いたが地図を見るとやっぱり遠いなぁ〜。
途中で中学生の時以来の本場の奈良の鹿を見られた、道路を平気な顔
で通っていたのには驚いた。

無鉄砲@奈良 、カウンター10とテーブル2つの店に入るととんこつの
香りが漂い食欲が湧いてくる。と思っていたら魚系のいい香りもぽわぁ〜
んと漂ってくる、とんこつとしょうゆの2本立ての店です。
とんこつラーメン、スープがかなりとろりとしている。一口飲むと鵜舞!。
これはたまらない味です、濃厚かつ嫌味やくせがなく素晴らしい!。麺は
多加水のややウェ〜ブで腰も有りうまい麺です、その麺と濃厚なスープ
が絡むとめちゃくちゃ鵜舞ですねぇ〜。濃いのにバランスがよくスープと
麺が一体化していて最後まで飽きずに完食、残った髄の量も多かった。
ちょっとしょうゆも味見させてもらいましたが、こちらも鵜舞ですねぇ〜。
とんこつとしょうゆが両立している素晴らしい店でした〜。
こりゃまた来なければいかんでしょう〜。

次はちょっと離れた狭山のつけめんの店に向かう。純情屋@狭山・大阪
である。
 
つけめん、かなり太い低加水の自家製麺。だいぶ硬めに茹でてありいくら
かもそっとした粉っぽさがまだ残っている。もう少し柔らかめのほうが好み
かな、つけだれはしょうゆが立っていて麺にしょうゆ色がつくくらい。あっさり
としていて麺自体を味わうのにはいいかもしれない。

一旦大阪に戻り夕方まで用事をこなし、夜は豊中である。
豊中と言えば
秀次郎@豊中・大阪 である。

ひでじろファイナル特別裏メニューもりそば塩(あぶらそば)、ラードではなく
胡麻油と塩だれを合わせた油そば。
麺のしっかりとした腰とアツアツ感が味わえてこれは鵜舞!。くどさやし
つこさがなく普段油そばを食べることはめったに無いがこう言う油そばな
らまた食べてみたいな〜。細切のチャ-シューもラーメンとは違った味わ
いが有りうまかたなぁ〜。


2002年 8月25日

今日はゆっくり起きコーヒーを飲みゆったりした気分。

梅田から阪急線に乗り高槻まで行く、茨木で乗り換え富田駅で降り改
札をでて左に行き一つ目の広いとおりを右折、そのままずっとまっすぐ
道なりに行くと歩道がある道になる。そのまま行くと車両通行止めのと
ころにぶつかるがそのまま直進するとT字路にぶつかったら右に行きま
たT字路にぶつかると左折しちょっと行くと信号のある五差路の交差点
を斜め右に行き右に郵便局のある信号を左折ししばらく行った右側に
彩色ラーメン きんせい@富田・大阪 がありました。早目に付いたの
で店の前で本を読みながら待っていると開店時間。




まずは限定解除とかかれているこだわりの塩 、ふわぁ〜っと鶏の香りと
旨みが来てそのあとからえぐみのまったく無い魚介系の複合的な旨みが
加わると相乗効果なのか
ぐぐっときました。低加水のストレート麺は腰が
強く
いいですねぇ〜。その麺を出汁の効いたスープとほおばると
鵜舞!
柔らかなしっとりとぱさつきの無いバラのチャーシューもうまい〜、つるつ
るぱくぱくと食べ進みあっという間に完食。いやぁ〜これはいいですねぇ〜。


続いてしょうゆ、甘味と味わいのあるかえしと出汁の効いたスープが合わ
さると
鵜舞!です。ここはいいですねぇ〜、両方とも鵜舞!
です。夏季限定の冷やし麺と言うつけめんも食べたかったなぁ〜。


富田から茨木まで行きモノレールに乗り換え、千里中央で乗り換え桃山
台に到着。阪急バスに乗り熊野町東で降り桃山台方向に少し戻り一つ目
の交差点を左に行くとすぐ右に五大力@桃山台・大阪 がありました。
しゃれた内装とBGMはいいけどなんかファミレスのような雰囲気、時間帯
と曜日のせいか。


一番右の五大力ラーメンを注文、いやぁ〜まいりました。全部食べました
が苦手な味に撃沈。


次に麺屋かしま@南方に行く予定だったが、時間が無くなり涙をのんで帰
る。


Part2

2002年 8月30日

今月からシフトが変わり、来月中旬以降多忙になりそうである。業務
引継ぎも進行中で、休みを取れるのも今のうち。と言う事で休める時
に有給をとり大阪遠征である、今回も新店中心にめぐる予定。

一軒目に一信@春日出に行こうと思っていたが、金曜日は夜営業だ
と思い込んでいて夜にしたが後で気が付いたら昼やってたのね〜。
そんなわけで新大阪からすぐそばの南方の
麺屋かしま@南方・大阪
(閉店)である。駅から汗を拭き吹き歩くと前回来た時より近く感じた。


エビワンタンメン塩 、ずいぶん骨太なしっかりとした出汁が効いたス
ープになっていて鵜舞!。麺も腰がありスープと絡むといいですねぇ
〜。なによりもワンタンがいいねぇ〜、ぷりっとしていてエビと肉の塩
梅と歯ごたえも心地よく鵜舞!。欲を言えば倍ぐらいワンタンがはい
っているといいなぁ〜。

帰りに駅に向かう足も軽いなぁ〜。

次は前回来た時見つからなかった(閉店)である。
見つかればここにあったの〜と思うくらいわかりやすい場所で、扇町
の交差点のすぐそばである。外観はラーメン屋とは思えず、中もこじ
んまりとしたプチレストランのようなシンプルな内装です。鴨ラーメン
と林檎やと書かれていなければ気が付かないかもしれないなぁ〜。

肉入りラーメン、鴨を丸ごと使っていると言うスープは一口目から旨み
全開である。濃厚なコンソメのような味わいが不思議、丸井細めの麺
はつるっとしこしこと腰がありいい食感。大ぶりのチャーシューは厚み
もありジューシーでしっとりと肉々している。これがチャーシュー麺なら
どうなるんだろう?。

次はそとや@松屋町・大阪、ここもわかりやすい場所です。地下鉄
松屋町3番出口を出てすぐ左にありわかりやすい。店内もゆったりし
た作りでカウンター席とテーブル席の間も広く、壁が白塗りと白い幕
が張ってあり落ち着く。


メニューの一番右のそっぷラーメン、塩味のちゃんこのように多数の食
材を使っていると言う事ですが濁りの無い澄んだじっくりと味わいを確か
められるスープがいいですねぇ〜。それでいて腰のある麺と違和感も無
くするするっと入っていきうまいです。具は1/2ゆで卵、厚めの柔らかい
チャーシュー、白髪ねぎ、水菜、もやし。このもやしがいらないなぁ〜、せ
っかくのスープに臭みを加えていてじゃま。しゃきっとした水菜はいいです
ねぇ〜、はりはりラーメンはこの水菜がたっぷり入っているそうで興味が
ありますね〜。


そとやの後信濃路に行くが1時35分についたら、1時半までの営業で終了。
一旦ホテルに戻り休憩。

夕方今日のメインの一信@春日出・大阪に向かう。ここがまた駅から遠い
、阪神西大阪線の千鳥橋から歩くと20分ぐらい、JR西九条からだと30分
ぐらいかかり西九条からバスが出ているがタイミングが悪いと30分ぐらい
待つし。てくてくと千鳥橋から西に向かい歩く、汗がどっと出てきて拭きな
がら歩くと此花区役所が見えてくる。その先を進むと此花郵便局が見えて
来た。郵便局のところの交差点を左折し100mぐらい行った先の左側に店
がありました。住宅地の中に青い看板があるのですぐわかりました。


2種類しか無いメニュー醤油そばを注文、一杯づつ小鍋で温めています。
とんこつ、とり、いりこを使っているちょっと濁ったスープを一口、動物系の
臭みやくせは無いのにかなり出ていてややとろっとしていて、ふわぁ〜っと
魚系が後追いし鵜舞!です〜。これは素晴らしい!、出す直前に挽く黒
胡椒がアクセントを加えていて香りも芳しくていいですねぇ〜。麺は黒小
麦粉を使ったややウエーブの細麺で、思っていたより多加水でぼそぼそ
感が無くしこしこっと腰がありつるりとしていて鵜舞麺です。麺の香りもよ
くいっそう食欲が増していき気が付くとどんぶりは空になっていた。

こりゃまた来て食べなければいかんでしょう〜。

2002年 8月31日

今朝は寝坊して麺屋似行けず、出かけるまで2度寝をしてしまった。

地元の仲間に聞いた店が鶴見にあるので向かう。梅田から地下鉄
長堀鶴見緑地線似乗り「今福鶴見」駅3番出口を出て左に鶴見通り
沿いに行き一つ目の道を左折し100mぐらい行った先の十字路の左
角に中華そば カドヤ食堂@今福鶴見・大阪がありました。
店内は左と右にカウンターがあり、真中にテーブルが一つ。


中華そばを注文、チャーシュー、海苔、メンマ、ねぎとシンプルなつく
りです。甘めで濃い目のスープは豚等の旨みがかなり出ていて鵜舞
です。適度な歯ごたえがあるしっとりとしたチャーシューがまたうまい
ですねぇ〜。国産小麦を使った細めの麺は腰もあり味が濃くてスープ
と絡めてほおばると
鵜舞!です。ガツン度や派手さはありませんが
極々普通においしく食べられるラーメンに満足しました。


次は昨日振られた信濃路@阿波座・大阪に向かう。地下鉄中央線阿
波座駅1番出口を出て左に行き一つ目の交差点を左折し次のT字路を
右に行ったすぐ左側にありました。店に着くと15人ぐらいの行列でした
が15分ぐらいで入れた。


宝天麺、店のの前で待っていたときセロリの香りがけっこうしたので気
になっていたけど食べてみるとまったく気にならない。トマトの味も思っ
たより強くなく酸味も少々、辛味はあるがちょうどいいくらいで食欲が増
し鵜舞です。麺は硬めにゆでてあるけどちょっとぬちゃっとした食感が
気になったし具のセロリがかなり主張が強かった。


ちょっと中休みを取り龍旗信@石津川・大阪に向かう。石津川で地
元の仲間と合流し店の前でちょっと待ち入店。


つけめん、つけだれは今日は脂控えめですっきりとしてる。その分塩と
スープの旨みがストレートに伝わってくる、腰の強い麺につけだれを絡
めるともぅ〜鵜舞!
です。すっきりしたつけだれもいいし、脂多め
でまったりしたつけだれもよくどっちもいいなぁ〜。


堺からしな巻も食べようと思ったけど鯖と言うことなのであきらめる。
鯖はちょっと苦手〜。


次は豊中に向かう、秀次郎@豊中・大阪である。
大将が今日で店を去ることにした。今後はどうなるかわからないが、大
将の作る最後のラーメンをじぃ〜〜〜っくりと味わって食べる。
塩ラーメン、鶏がじんわりと出てきていいですねぇ〜。腰の強さが増した
麺はスープとの絡みは変わらずなおかつ麺の主張があるのに突出して
おらず
鵜舞!。大きいチャーシューは言う事無し!、ワンタンはぴろぴろ
〜っとしていて好み〜。最後のラーメンをおもいっきり楽しんで食べられ
うまかったなぁ〜。


2002年9月1日

今日は帰るのであまり食べられないがきんせいの冷やしがお目当て。

富田からの道のりは先日来た時より近く感じられた、開店ちょっと前に
きんせい@富田・大阪 に到着。

お目当ての冷やし麺を注文、和風出汁の冷たいつけめん。濃い目の
つけだれは魚出汁が効いていて旨みが十分。細めの麺は締めたらか
なり硬くなるかと思っていたらもちもちで硬過ぎず鵜舞。麺をつけだれ
につけるとざらつきもなくつるつると入っていき鵜舞!。 これな
ら大盛りでもよかったなぁ〜。


次は正雀のとっかり@正雀・大阪 に向かう。駅に付き店を見ると
行列は無し、店に入ると先客2人。


塩ラーメン、思ったより穏やかなスープでもちもちっとした麺と相性が
よくうまいですねぇ〜。突出したものは無いけど気が付くとどんぶりは
からっぽになっていた。


次も阪急京都線の上新庄の天神旗@上新・大阪庄


しょうゆとんこつラーメン、しおとんこつは博多ラーメンでしょうゆなら
どうなんだろうと注文。一般的な博多ラーメンより醤油が効いている、
プラスごまが効いていてややとろり感がありいいです。とんこつ自体
は濃厚ではないですが胡麻ととんこつの組み合わせがよくうまいで
す。麺は特筆することは無い普通の博多の低加水麺。


もう一軒どこにするか迷っているうちに時間が無くなる、早いとこ決め
てかしま@南方にいけばよかったなぁ〜。