大阪2008・07.25〜27

2008年07月25日

醤油そば 一信@春日出

暑いのでつけそば大盛り煮玉子。

麺がやや平打になり、肉味噌をほぐしながら麺をつけすすると旨味と酸味が麺と
合わさり鵜舞!。


一信でつけそば大盛りを食べた後、表に出ると強烈な暑さにめまいを覚える。
次に移動するも暑さによれよれ〜。
中華そば カドヤ食堂@今福鶴見
熱い中華蕎麦を食べようと思ったのだが食欲も落ちてつけそば大盛り(300g)。

こりは抜群に鵜舞。
柔らかめに茹で上げられたもちもちした平打ち麺に豚と魚の効いたつけだれが
まとわりつき、ぐいぐいぐいーんと引き付けて300gの麺とつけだれはあっと
いう間にどこかに消えた。
こりはたまらんうまさじゃ〜。
大盛りを食べた後の大盛りだがハンデなどまったく感じさせないすんばらしい
つけそばだった。


今回の最大の目的である虎一番@西大島に久々の訪問。

某氏のさまざまな誘惑を振り切り行った。
直前になってから地元住民さんをお誘いし、お付き合いしていただきました。
先に着いたので大将の仕事を観戦しつつ唐揚げ小と生でぷはぁ〜。

胃の塩梅もあり唐揚げは小にしたが大を頼みたかった。
「今日は一人?」と大将の問いかけ、それでも手さばきは見事。
程なく到着し乾杯。
すると久しぶりに対面する出来立てチャーシュー盛。

これですがな〜、レアでお肉の旨みがばつぐーんに鵜舞!。
餃子、ぷりっとしたエビ等が入っていて、この値段でいいのか!と
思うほどの素敵なお味にビールも進む君。

胃の塩梅もよくなってきたので〆に冷し。

これがタマランチ会長〜。
紫蘇と山芋が入ってかるくにこごり状のスープは鶏の旨みが来るが
魚もがんがん来る、それでいてえぐさはなく麺に絡みまくりの助。
鶏とチャーシューがうま〜。
これはいかんでしょう〜というくらい鵜舞!。
いや、うますぎる!!!!!。
鶏塩をちょっといただいたら、これもいかん!。

鶏と魚がぐいぐいでつ、うま〜。
ちなみに「冷しざるもうまいよ〜」と言われたが時すでに遅し。
おなかいっぱいで入りませんでした。
超満足〜。


2008年07月26日

狸組合理事長の煮干メール、「もすもす?、中崎町にある喫茶Y (キッサワイ)@中崎町ちゅう
処にいってカレー定食のレポ提出するように」と言う業務連絡であった。

外観は遠くからでも目立つ、中に入るとカウンターとテーブルでさほど広くは無い。
壁には女将と舞台俳優の2ショット写真が大量に張ってある。
カウンターに座りカレー定食を注文。
しばし周りを眺めていると揚げごぼうの甘辛煮が出てきた???。

続いて煮込みハンバーグが出てきた、ここで食べ始めるとベーコンエッグが登場。
 
続いて肉じゃが君が現れる、するとまた煮込みハンバーグが出てきたので「これ出ましたけど」
と言ったら間違いだったようで引っ込んだ。ここでほっとしたのは言うまでもない。

あらかた食べ終わったところにカレーライスがやっと出てきた。

鶏がほぐれてよく煮込まれている。
「ヨーグルトをたっぷり入れているのよ〜」というだけあって、酸味がややありヨーグルト特有の
渋みも感じるがじつにさっぱりしていて夏向けのカレーとしてうまい。
ぱっつんぱっつんではなく苦しくは無かったが「おかずおかわりする?」と言われたときは恐ろしく
なり丁重にお断りしました。
しかし、5品もついて800円とはおそるべし喫茶Y。
他のメニューは怖くて頼めんほどのとんでもない店であった。
トーストは1斤らしいし、サンドイッチもかなりすごいらしい。


夜は梅田、飲んで食べて楽しいひと時。

2008年07月27日

中央市場をぐるりと見学。
その後大阪寿司 ゑんどう@大阪中央卸売市場で朝食。
あなご・うに・たい・まぐろ・はまち。
あなご・赤貝・帆立・マグロ・松茸。
ひらめ・エビ・鮑・マグロ・煮蛸。



むほほ〜。

麺哲@豊中で平松式鰯麺。
うほほ〜。

麺が鵜舞〜、出汁の鶏と魚の塩梅がど真ん中に来てま〜す。
それで一段と麺のうまさが際立つように感じた。
つみれもうま〜。
レタスで昔を思い出し、じ〜んときた。
食べにきてよかった〜♪。
うしゃしゃしゃ〜。

すし楽@伊丹

昼定食はにぎり10貫と鉄火巻と赤だしで1050円。
玉子・鯛・鮃・海老・烏賊・鮭・鮪・エリンギ・かんぱち・うなぎ・鉄火巻き・赤だし。
 
 
 
 
 
 
ネタは大きめでしゃりは小さめ。
鮃と鯛の捌き方に特徴がある、厚めに切りそれを開いて切る。河豚の切り方と同じ。
噛み締めると素材の味が一段と感じられてうまいなぁ〜。
単品のいかしそを追加、これは食べた事の無い巻物でうまい。

すし楽の後三笠屋@伊丹

たこ焼き、お手ごろな値段で、熱々とろとろ。
たこ焼き10個200円


ソースもくどくなく暑い夏にはもっと熱くなる〜。
近所の人がけっこう来て買っていく。
関西文化は素晴らしい。