京都・大阪・2002・12冬の陣

2002年12月6日

明日所用で大阪の行くのだが早起きをしたくないので仕事が終わり次第
電車で向かう。

かなり遅く23:00頃着きおなかもすいて、どこに行こうかと考えをめぐらせ
ずとも決まり!。
先月開店したばかりのらーめん上方屋五郎ヱ門@福島・大阪である。
JR福島駅改札を出てから北へ進み、踏切をわたってすぐ左側ととても近
くわかりやすい場所にありました。着いた時は5人ぐらい待ち客がいたけ
どさほど待たず入店。厨房が外から見えるようになっていて調理状況が
よくわかります。

         外観


プライムハードを使用し内モンゴル産の天然かんすいと塩つなぎに名古
屋コーチンの鶏卵を用いた自家製麺。しおだれ、醤油だれは内モンゴル
産の塩、醤油を使っている。名古屋コーチン等と昆布、鰹等をブレンドし
たスープ。

塩らーめん、鶏の旨みがかなり出ていて舌に旨みが絡んできていいです。
自家製の麺はつるんと滑らかでもっちりした食感がとてもよく、小麦の味
も濃くて鵜舞!です。麺とスープを同時にすするとなんともいえないうまさ
をかもし出していいです。大きなチャーシューは程よい味付けで柔らかく
ていいです、これは好みですねぇ〜。
 
        塩らーめん


醤油らーめん、しょうゆがはっきりしているのに立っておらず、しょっぱくは
なくて出汁のうまさをぐいっとと引っ張っている。塩とは対極的にあるように
思ったがベースのスープは同じでもたれが変わると別の味わいがが出てま
た麺をすする魅力が一段と増してきます。これもまた鵜舞!ですねぇ〜。

        醤油らーめん


塩、しょうゆを食べてみてまず麺がうまいです、もちろんスープも素晴らし
く麺とスープが一体となりぐいぐいと食べ進めました。
この麺とスープでつけ麺を食べてみたいです。

2002年12月7日

午前中の所用が早い時間に終わり京都に向かう。
9月に京都に行った時2軒食べったあとおなかぱんぱんになりあきらめた
らーめん海老蔵@樟葉・京都(閉店)である。体調もよく満を持して向かう。
樟葉駅から車で10分ほどで到着、派手さの無い落ち着いた外観もいい。

まずは干しあわびらーめん、らーめんが出てくる前に別皿であわびの煮
こみが出てきた。あわびの旨味と餡の旨味が合わさり絶妙です。うまさを
楽しんでいるとらーめんが登場、らーめんにも別皿と同じ1個のあわびが
乗っていて2度おいしいです。細めの低加水麺で麺の味もしっかりしていて
硬すぎずいいです。スープは干し海老、あわび、椎茸でとっていて海老の
風味がかなり出ているのにくどさや椎茸くささもまったく無く、旨味もかなり
出ていて・・・うっ鵜舞!。

続いて海老蔵らーめん、これはシンプルな作り。チャーシュー、竹の子、
ときざみねぎ等で油がやや多め、派手さは無くがつんと来るインパクトは
無いがスープの旨味が素晴らしい!。角の無い醤油と見事にマッチしてい
て細麺がいくらでも入っていきます、これも鵜舞!ですねぇ〜。
チャーシューがまたいいですねぇ〜。

次は金華ハムらーめん、これにはやられました。うますぎる!、豚の旨味
がこれでもかと感じるくらい出ていてそれでいていやらしさがなく素直に鵜
舞!。きざんだ金華ハムとスライスしたハムが乗っていて、香菜もいいア
クセントで金華ハムを堪能できます。しかしハム自体のうまさもですがそ
れ以上にスープが鵜舞!、参りました〜。
うまかったなぁ〜、また来なければいかんでしょう〜。

海老蔵の余韻を楽しみながら次に向かう。
鶏がららぁめん ゆう@布施である。近鉄布施駅西側出口を出て横断歩
道を渡り二両半布施店の横を入り左側に店はありました。

          外観             鶏がららぁめん
 
鶏がららぁめん、具は白菜、細切りにんじん、手羽の煮こみ。この手羽が
箸でほぐれるくらい柔らかく煮こんであり、しょっぱくはなくて鵜舞!。中ぐ
らいの四角い麺もいいですねぇ〜。

午後は所用で食べ歩けず2軒でおしまい。

夜は望麺会2002冬である、讃岐料理「讃」@福島で地鶏石焼セット、上
海風豆腐サラダ、地鶏ユッケ、饂飩チップ、生じょうゆ饂飩、新鮮地鶏刺し
身盛り等うまかった〜。
夏以来久しぶりに再会する人や初対面の人ともうちとけて話しができ楽し
かったなぁ〜。2次会でワインを飲み久しぶりによっぱ〜し記憶が飛んだ。


2002年12月8日

朝起きると昨日のダメージが少し残っている、それにもめげず堺に向かう。
龍旗信@石津川である、久しぶりのしおは五臓六腑に染み渡り鵜舞ねぇ
〜。麺スープに大満足でした。

        外観                龍旗信ラーメン
 

次は鳳のべらしお@鳳・堺である、あっさりとした野菜の旨みがとてもや
さしい味でいいですねぇ〜。がつん度はないけど日々食べたくなるラーメ
ンでした。

          外観              塩らーめん
 

2軒食べたところで時間になり帰還〜。
やっぱり京都・大阪はいいなぁ〜。