大阪夏の陣・2005・8/6〜10

2005年8月6日

今日から大阪である、何故に大阪と言うと夏の陣である。別名「大阪夏の陣狸祭り開催中」と言う方
もおられる。と言うことで新幹線に乗る前に朝食を軽く食べ乗ってからは爆睡。一回おきてうつらうつ
らしていると新大阪に到着、今回は不測の事態を避けるべく策略をねっていたのだが軽く一撃される
ように爽やかサワデー氏に車に放り込まれ出発。

まずはきんせい@富田


店に到着すると奥の方にかなり怪しげなご一行様がいた。気がつかれないようにじっと息を潜めてい
たのだがそこに極悪ソアデー氏が到着し発覚とあいなる。てな事をしているうちに入店しテーブル席
へ座る。

 

鶏塩冷しラーメン、平打ちの太麺はかなりむっちりとしていて弾力感が強いがそれに負けない麺の味
がしっかり感じられ鵜舞。冷たいスープは魚介の旨みが豊富で脂も多く麺によく絡む、また鶏が鵜舞
んだなぁ〜。濃い出汁とむちむちの麺をほおばると昨年の冷しを上回るうまさに大満足であった。
唐揚げ、かりっと揚がっていてむしゃぶるように一皿たべてしまった。
チューチューカスタードも食べたかったが今回はがまん。

続いて向かうは一信@春日出
 

先月来たときはつけそばだった。ふと思ったらしょうゆそばを久しく食べていないのでチャーシュー
醤油そば玉子入りを注文。塩分濃度は下がっている感じがするが出汁の美味さは変わらず。麺と
スープの組み合わせが好きだなぁ〜、と思っているうちに全部なくなり鵜舞!。

夜は望麺会、1次会、2次会と進みあれこれ食べていろんな人としゃべり飲んで楽しかった〜。

2005年8月7日

昨夜のダメージはまったくなくすっきりと起床、朝から暑いのぉ〜。

今日の一軒目は無鉄砲大阪本店@大国町
 

醤油ラーメン、やや濁った背脂入りだがくどさはない。が、あっさりさっぱりではない、適度な濃厚感が
ありつるつると入って行き鵜舞!。

次はJRで神戸方面に移動、神助@住吉・神戸である。
 

こってり塩チャーシューメン、しょうゆより香辛料が多く以前よりしょっぱめの感じたがいいねぇ〜。
チャーシューはレアな感じがなく火がきっちり通っていた。



牛骨カレー5/8、香辛料が極端に強くはないがかなり好みのお味でした。

ここでいったんホテルに戻り休憩。

夜は疲れが残っていて電車の移動はやめてタクりのせや本店@服部・豊中に向かう。


バッテラ、鱧てんぷら、鱧おとし、かまとろあぶり、剣先いか・平目・トロサーモン・生海老のにぎり、
さざえ刺身、焼松茸にぎり、松茸と鱧の御椀、鯵棒寿司、うなぎ・茄子のにぎり、げんそば、ざる中華。

         バッテラ            鱧てんぷら
 
         鱧おとし
 
       かまとろあぶり          剣先いか・平目
 
    トロサーモン・生海老           さざえ刺身
 
         焼松茸                松茸と鱧の御椀
 
         鯵棒寿司            うなぎ・茄子
 
          げんそば            ざる中華
 

いやぁ〜、食べすぎた。が、うまかったなぁ〜。

2005年8月8日

今日も暑い、狸をとっつかまえて新店の吹田とっかり@吹田市・大阪に向かう。店に着くと外観は
ぴかぴかで中の木のメニュー板がいいねぇ〜。作っている最中の手元と導線がまだしっくりとして
いないがそれもまたよし。

 

しょうゆらーめん、これこれ!これですがな。正雀のおやぢの味を受け継いだ現代の若い世代が
作るとっかりの味、ほんのりと酸味があるようなしょうゆともちっりとした太麺がいいねぇ〜。派手さ
や小賢しい小細工はまったく無し、昔ながらのしょうゆらーめんは鵜舞!。
同行者の塩をちょっといただいたがこれまたしっとりと穏やかでいいですねぇ〜。

硬麺やインパクトをお求めの方は他店をおすすめします。

続いて寿司 ゑんどう@大阪中央卸売市場、なぜか気になり再訪でござる。


板乗せ一枚5貫1000円のお任せ3皿と赤だし。はまち・鯛・マグロ・穴子・雲丹・平目・ホタテ・赤貝・
鳥貝・鱧・蛸・海老・あわび・さより・松茸。

  はまち・鯛・マグロ・穴子・雲丹     平目・ホタテ・赤貝・鳥貝・鱧  
 
  蛸・海老・あわび・さより・松茸


いやいや出汁の効いたしゃりとネタは美味いねぇ〜。もっと食べたかったが次回のお楽しみ。

続いて新世界のジャンジャン横丁に突入。


まずはホルモン道場@新世界・大でハラミ・盛り合わせ・ユッケ。

          ユッケ             はらみ
 
        盛り合わせ


ここのおやぢの立ち振る舞いが年期を感じさせ見る価値あり。料理は味濃い目だがもやしと
一緒に食べるとビールが進む。定食
スタイルでたべてもいいかもしれない。

続いてすぐそばの八重勝@新世界・大阪


蛸・烏賊・串カツ・しうまい、からっとして後味がよく鵜舞ねぇ〜。一軒目で来てみたい。

          どて焼            串かつ3本
 
        烏賊・蛸             しうまい
 
ここでいったんホテルに戻り休憩。

十分休憩を取り夜の部に突入。

久しぶりの龍旗信@堺に向かう、繁盛していて外でちょっと待ち入店。


塩冷麺、以前感じた立った塩は感じず丸く穏やかでいてスープの旨みと一体化している。冷たいス
ープと麺の絡みがよくぐいぐいと食べ進む。酸味もむせる事はなく柔らかでスープ一滴残らず無くな
った。久しぶりに食べたがやはり鵜舞!、唐揚もよかった。
 

同行者のラーメンと渡り蟹ラーメンをちょっといただいたがこれまた塩とスープの絶妙なうまさに感動。



しばらく間が開いたのが悔やまれるラーメンでした。

続いてラーメン大将 どんどん@沢良宜、外観を見たらしばし考え込んでしまうような見た目。
 

ぶっかけラーメン、むちっとした平打ち麺は自家製麺らしい、店の外観とは相反するような麺には驚いた。
冷たい汁は特筆する事は無いが麺がいいと食べ進めて完食してしまった。
麺類やら定食やら一品やらドライブインのようなメニュー構成でうまいんだかそうでないんだかよくわか
らない味でいてなんとも気になる店であることは間違いない。こりゃまた来るなぁ〜。

とこれで本日終了。


2005年8月9日

本日も暑い!、が、やっぞ!。
と言うことで以前より煽られまくりの踊るうどん@滝井・守口市に向かう。駅から近くわかりやすい
場所にある、店に着くと青色の幌ででこれまたわかりやすい。
 

熱いのにするかと思ったが帰りの暑さを考えぶっかけ舞茸天にする。
これはですね、うほほ〜い。しなやかで滑らかな麺は一瞬表面は柔らかく思うが、噛むとむちむち
っと跳ね返す様な弾力がある。それでいて硬すぎずごわごわしておらず噛む快感と飲み込む心地
よさがいいねぇ〜。そこにつゆが絡んでくるととんでもなく鵜舞!!!。これは素晴らしい!。
舞茸天はかりっと揚っていて噛むと舞茸の汁がにじみでてこれまたうまく大満足な一杯でした。

続いて久しぶりの麺屋 輝@淡路
 

つけめん、う〜む。何もつけず麺を食べるとかなりのぬめりがあり口当たりがよくない。つけだれは
濃いのだが麺としっくり来ず。

さらに梅田に戻り愛きょう屋@梅田に行く。


一番右に書いてあるこってりらーめんと半チャーハン空揚げセット。
 

透明感のある麺は柔らかそうな見た目とは違いもちもちとしていて麺の味もいい。スープはかなり
濃い目の鶏で麺にまとわりつきけっこう強いラーメン。とは言えぐいぐいと食べ進め鵜舞!。
セットはおとくですなぁ〜、濃いスープを和らげてくれあっという間にセットも完食。

いったんホテルに戻り休憩、色いろいろしているうち寝てしまい起きたら遅い時間になっていた。

さてさて夜の部はどうするかとグレートムタ狸さんに電話をすると豊中集合と言うことで麺哲@豊中
に向かう。店に着くとちょうどムタ狸到着。
 

盛り、うひゃひゃ〜!。このむちむちとして味の濃い麺が鵜舞!んだなぁ〜。つけだれにつけてすす
るとなんでこんなに麺が少ないんぢゃ〜と思うほどに鵜舞。

さてこれにて一件落着と思ったら「虎一番@尼崎にいきまっせ!」と言われ尼崎に向かう。


ここも久しぶり、ふと後ろ指刺され見て見ると黒板に数種類のメニューが書いてあり冷しラーメンにする。

濃い焼あごとさんま出汁ととんこつのゼラチンのとろみで麺が吸い込まれていく、燻製鶏がまた鵜舞!。
具は燻製鶏、錦糸卵、レタス、ちくわ天、笹葱。まとわり付くとろりとしたスープと麺すすれば至福のひと
時が流れていく、こりはうひゃひゃ〜。
刻んだ燻製鶏の入ったチャーハンも鵜舞。

から揚げハーフ。

M 「ハーフでこの量ならレギュラーならどのくらいですか?」
店主「もう少し大きいのが9個です」
M「え”?大きいのが9個???」
凄すぎる〜。
次回はラーメンとチャーハンレギュラーと唐揚レギュラーを食べてみたい。

とここで本日終了〜、いい一日だったなぁ〜。

2005年8月10日

朝いったん起きてネットをしているうちにまたねむくなり気がつくとえらく時間がたっているではないか。
食べに行く時間がほとんど無くなっていた、急いでチェックアウトし新大阪に向かう。新幹線には間に
合ったが構内で食べる時間が無く駅弁の鱧ご飯を食べながら帰還〜。