信濃屋@多治見

場  所 岐阜県多治見市上野町3-46
TEL    0572-22-1984
アクセス 多治見駅を降りたらターミナルを左へ進む、ユニー多治見店のある交差点に出たら
線路沿いの道を線路に沿うように左へ進んでいき、2つ目の踏切を渡ると右手にすぐ。
徒歩6分。
系  統 名古屋のうどんや信濃屋で先代が修行で、現在もうどんやさんで二代目
営業時間 11:30-14:00売切れまで
休  日 日〜火曜日休
席  数 卓4 小上がり4×2 座敷8×2
その他常連さん用の小上がりが奥座敷にあると店頭に表示されて
いるが、誰もが当然納得している。
駐車場 8台
値  段 2002.09
      ころかけ並600円          支那そば並800円
 
        うどん並600円


2品以上1人で注文するともうひとつのものを小で作ってくれもする
 
コメント うどん
ぱっと見はころかけと同じようだがこちらは生姜が乗っておらず葱のみ。
柔らかいのだが歯がもちっと麺にあたり口の中が心地よくなる。つゆは
出汁が効いていて絡みが良くていいですねぇ〜。

ころかけうどん
柔らかいのにこしがありもちっとしていて柔らかい。麺自体の味がとて
もよくいいです。出汁の効いたつゆは色の割にはしょっぱくなく濃厚感
もあり、麺とよく絡みつるつると入って行きます。かなり太いのにいくら
でも入っていきいいですねぇ〜。

次は支那そば、平打ちの麺は透き通っていてかなり腰がある。それな
のにスープとの絡みもよくてうまい。思っていたより動物系が効いてい
てそこにかつお等の魚系が合わさりとてもよかった。ころ、支那そばとも
また来て食べたい!。
(2002.09)


ころかけ並
うどんがもっちもちで太さが細めのマスカラか太目のボールペンの軸
程度あり、柔らかでもこしもありあぶらっけの全く無い冷たいうどんの
たれと良くくっついている。
薬味はしょうが・白ごま・浅葱で具が無いが、余計な具は必要ない。
先代は前の晩の最終放送のラヂオの天気予報から、湿度や温度を
按配に加えた麺を作り朝寝かせ昼から提供していたが、二代目もそ
れを守っている。
先代は地元では偏屈でも知られ子供が「まずい」と一言いおうものな
ら、代金はもらわなかったりしたというが、こだわりの職人として尊敬
されている。

支那そば並 800円
1日70〜80杯、かつおだしに豚の味がするわずかに脂の入ったスープ。
麺はあたかもきしめんのようで透明感のあるレモン色で幅は1cm前後。
独特の硬さとこしがあり長めの麺である。麺とスープと刻み葱だけの
すっきりした構成。二十年来の憧れの店だったが、また是非食べたい。

注意
店先の小上がりは昔の日本人のサイズそのままなので(お店自体かな
り古い)体格の良い人はテーブルに座るか注意が必要。
その席は隙間風も入ることがあります。
(平成14年冬 鬼権 記)

一 覧 トップへ