ワークショップ



教師&コミュニティワーカーのためのワークショップ    お問合せ・お申込み 


日程        200134()             9301630(昼休み、休憩を含む) 

会場        世田谷文化生活情報センター/セミナールーム
参加費     8千
定員        25 (通訳付)

学校では総合的学習の導入を前に、また、コミュニティでは子どものココロを開き、コミュニケーション能力を育成しようと、演劇をどう青少年の教育や生活に生かすのかの試みが模索され始めています。演劇人が直接青少年に教える一過性のものではなく、長期にわたって安定して活かしていくためには、教師やコミュニティの大人たちこそが媒体となって担っていく必要があります。演劇人から、教師やコミュニティの大人たちへ、そして子供たちへ、どうリレーされていくのかを集中的に学びます。


English Drama Workshop
英語教師&イングリッシュスピーカーのためのワークショップ
 
                      
                                         Further Information・Application 


Date & Time: 1st March (Thursday) & 2nd March (Friday) 2001, 18:30-21:30 (2 nights)
Place:         Olympic Memorial National Youth Center (Odakyu line, Sangubashi Station. 5 min.walk)
Fee:            8,000 yen (maximum 25 participants
Instructor:   James Brining, Director & Artistic Director, TAG Theatre Company

This two-day workshop will present an overview of techniques and exercises utilised in theatre but which can be easily adapted for use in English language classes. The workship is open to theatre professionals who wish improve their acting and directrial skills, to teachers and students of Drama, and to teachers of English. Instruction will be in English. No English to Japanese interpretation is available.

演劇はつよい!?のトップページに戻る