猫の病気・介護方法


猫とながーくつきあってきました。
お医者さんでは 教えてくれないちょっとしたこと
私の体験を書いてみます。
なんらかの、お役にたてばいいのですが。


複数種のエサの薦め
獣医さんは よく 同じえさだけを与えてくださいといいます。
しかし、1種類のエサしか食べたことのない猫は イザというときに食べるも
のがなくなります。
例えば、カリカリしか食べない子は胃腸が弱ったり高齢になった時に困りま
す。
柔らかいものや クリーム状のものなど 食べなれさせておいたほうがいい
ようです。

猫は、食べ慣れない食事は必ず吐くと思って下さい、同じものを与えると3
日〜1週間位ではかなくなるはずです。吐き続けるようなら 体質的に合わ
ないと思って下さい。

ある獣医さんのところで、猫間試食会があり、腎臓病のねこのえさなど食べ
てみましたが
はっきり言って、「まずい!」猫が食べないのもあたりまえと思いました・・・。
メーカーものの缶は 人が食べてもおいしいものが多いです。つまり、塩分
が多すぎるのです。
私はねこの口に入るものは、全て食べてみて、塩分のきついものは、与え
ませんでした。


野菜もとろう
野菜も忘れずに。猫は野菜も大好きです。その猫によって好みはマチマチ
ですが
(ジョアンは大根) ハッパは 毛玉を吐くためでなく 胃腸薬としても大事
す。
よく、花屋のかすみ草をあげる人がいますが、農薬が使われていますので
やめたほうがいいかと。猫用草も好みがあるようです。ジョアンは麦とか、
ねこじゃらしが好みです。花屋さんや、ペットショップで売られている猫草は
食べてくれませんでした。
食べない草は、ほんとに無視します。便秘にさせないためにもお薦めしま
す。

食べられない時(水分補給)
具合が悪く、食事が取れない時、若い時でもありますね。うちには、薬も注
射器もない
どうしうよう?パニックになったことがあります。口に含ませるシリンダー(注
射器)の変わりとして、文具店で扱っているお習字用のスポイトを使いまし
た。
赤ちゃん用のものがあるそうですが、我が家の周辺では手に入りませんで
した。
与え方。
普段与えているペットフードをすりつぶして、お湯にとかして、スポイト・注射
器で口に流し込みます。あくまで水分補給と考え、同時にちょっとでも 飲み
込んだらラッキーぐらいな感じです。
よくばって、沢山いれようとしないこと。
今はネットで、シリンダーも療法食も買えますので、あくまでも急場の凌ぎ方
としてどうぞ。

便秘
猫も年をとると、お尻の筋力がなくなってきて 排泄が 大変になってきま
す。
長時間力むと、上からも吐いてしまいます。
長時間トイレに踏ん張っていたら、お尻に 植物性の油をつけてあげるとい
いようです。
また、便秘のひどいときは、少量の牛乳などを飲ませて、柔らかくさせてし
まうという強行手段もありますが、口からもどすなどして、ぐったりしてしまう
こともありますので、加減が必要です。
ジョアンはアイスクリームをいつもより多めに(おやつに食べてました)、ま
たは 練乳1さじで ゆるくなります。これは即効性の手段です。常食では
ありません。
獣医さんではマーガリン薦められました。(塩分がどうなんでしょうか?)

ヨーグルトをよく食べさせてました。腸がグルルって動きますよ。量は加減
が必要です。

便秘2日めくらいなら 自宅でも、ぬるま湯の浣腸で、水の力ででてくるよう
です。
植物性の油など、少量まぜると、さらにいいようです。
老猫は筋力がないので、押し出す力がありません。
肛門部が膨らんでいたら、便のある印。ソノヘンをマッサージして、送りだす
ようにしてあげてください。グイグイ押してると、猫も出したいので協力してく
れます。
力んでて ちょっとでもでてきたら、指でゆっくり、ひっぱりだしてしまいましょ
う。
4日も続くと堅くなりすぎて、水だけでは無理です。お医者さんでマッサージ
や浣腸で出してあげましょう。但し、獣医さんでの浣腸は、猫がぐったりして
いまいますので、注意してあげてください。
便秘でつらい間は、食欲も落ちます。力むので相当疲れるようです。
切れ痔になり出血したりもします。

注意 上記の処方は老猫の便秘についてであり、腎臓病や糖尿などから
の便秘の対処法ではありません。


便の押し出しマッサージ  準備中
自力で排便できない老猫のための、押し出し法
まとめております。


老猫ジョアンの食事
ペットフードをまったく食べられなくなってから、ジョアンの食事は 舐められ
るもの。でした。
主食は「カスタードクリーム」です。クリームシュー グラタンソースなども与
えますが生クリームは牛乳のせいか吐いてしまいます。
あとは「マグロ」の赤身のお刺身。柔らかく、消化もいいです。
マグロが食べられない日でも、カスタードクリームは舐めてくれます。
1度火の通ったもののほうが、吐かないようです。
焼肉、薄くスライスしたお肉に栄養ジェルを巻いて与えたりもします。
ジョアンの状態の良い時は、お肉食べてくれました。
最後はシリンダーで「カロリーエース」を与えてました。


目が見えない猫との共同生活
 目が見えないと、匂いが頼りです。ただ、容器にえさを入れておいても食
べてくれない時があります。鼻にマグロをくっつけて、口を開けてもらって、
与える時もあります。
目の見えなくなった当初は、ぶつかって歩いています。
我が家では、クッション.ザブトン ぬいぐるみ総動員で居間から餌場・トイレ
への通路に
ぶつかっても、怪我しないようにガードをしました。
しばらくすると、感覚的に覚えてきて、ひげさぐり で器用に歩いています。
家具の配置は絶対
変えないでください。
ひも状のものは、絡まる危険がりますので、置かないでください。

匂い消しを使わないで。
お部屋の消臭剤・特に絨毯の消臭剤は使わないでください。絶対に猫の
通り道にはダメです。ヒゲと匂いで判断しています。猫が混乱して、動けなく
なってしまいます。ねこベット、トイレも綺麗すぎると、そこがどこだか、わか
らなくなります。
アロマオイルなども、ほどほどに。



トップへ
トップへ
戻る
戻る