宇多田「Distance」510万枚突破
タイトル曲のシングルカットも決定

宇多田ヒカル
宇多田ヒカル
 3月28日に発売されたシンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(18)のセカンドアルバム「Distance」の出荷枚数が、国内外を合わせて510万枚を突破したことが11日、発表された。国内出荷は465万枚。台湾、香港などアジア8地域で45万枚を出荷した。所属レコード会社の東芝EMIによると、日本記録となる967万枚を売り上げたファーストアルバム「First Love」とほぼ同じペースだという。

 また、同アルバムのタイトル曲でもある「DISTANCE」が急きょ、7月25日にシングル発売されることになった。同曲は各FM局にリクエストが殺到。チャートでも1位を獲得し、ファンからシングルカットの要望が殺到していた。

 オリジナル曲に加え、Remixバージョンなどを収録しており、東芝では「アルバムを買った人にも、シングル作品として楽しめる内容になる予定です」としている。

2001.05.11 スポーツ報知