宇多田&大黒が夢の共演

実力派ボーカリストの大黒摩季(31)と人気シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(18)の夢の共演が実現した。12月12日発売の大黒のニューアルバム「O(オー)」の収録曲「PROMISE“I DO”」に宇多田がゲスト参加したもの。レコーディング中のスタジオで偶然出会い、その場で収録したという劇的な共演で、宇多田が他アーティストの作品に参加するのは初めてとなる。

運命の再会


夢の共演を実現させた宇多田ヒカル(左)と大黒摩季  日本を代表する女性シンガー2人の共演は、アルバムの1曲目にいきなり登場する。ジャケットに記された曲名は「PROMISE“I DO”featuring UTADA HIKARU」。大黒のハイトーンボーカルに、宇多田のハスキーボイスが絡み合う超豪華ソングになっている。

2人が出会ったのは昨夏、大黒が宇多田の所属するレコード会社「ヴァージン」に移籍してきた直後のこと。東京・赤坂の同社ロビーでばったり出会い、話し込んでいるうちに宇多田が初めて買った日本人アーティストのCDが大黒のものであったことを告白。大黒も宇多田のデビュー時にその声の存在感に驚き、ラジオのレギュラー番組でいち早く紹介したことなどさまざまなエピソードが飛び交い、すっかり意気投合した。

その後、2人の親交はあまり知られていなかったが、今夏「O」を収録中だった大黒と新曲制作中の宇多田が同じスタジオで偶然に再会。「それなら」と宇多田が一肌脱ぐことになり、コーラスアレンジやフレーズのアイデアも出しながら夢の共演が実現した。大黒はその時の様子を「偶然レコーディングスタジオが隣だったことから盛り上がって宇多田ヒカルちゃんが参加してくれた曲もあったりして、まあ盛りだくさんな濃ゆ〜いアルバムになりました」と興奮気味に話している。

宇多田が他アーティストの作品に参加するのは今回が初めて。「PROMISE―」は今のところシングルカットされる予定はないが、偶然の出会いから生まれた曲が大きな注目を浴びることは確実だ。

大黒「ハウステンボス」で年越し

大黒は12月31日に長崎のハウステンボスで開催されるカウントダウンイベントに出演。当日は午後11時15分からステージに立ち、2002年へのカウントダウンを行う。来年1月25日からは全国ツアー(4都市6公演)を行う。また、宇多田は日本に帰国中で現在、新曲のレコーディングを行っている。

2001.11.14 スポーツ報知