小説、私の花物語のなかの「へびのだいはち」
に書いてある、信州の山の中の小さな温泉宿の、宿の小さな男の子と壺井栄さんです。
 壺井栄さんと、塵表閣2代目主人と、3代目女将です。
1954年6月撮影

  壺井栄のおいたち
明治33年(1900)8月5日、香川県小豆島,醤油の樽職人である岩井藤吉、妻アサの五女として坂手村(現在小豆島町坂手)に生まれた。

高等小学校卒業後家運が傾いたため、郵便局や、村役場等に勤め、傍ら文学書を読む。大正14年(1925)同郷の壺井繁治をたよって上京、彼と結婚した。

夫の繁治や黒島伝治、佐多稲子、宮本百合子などのプロレタリア詩人、作家の影響をうけ、昭和13年(1938)処女作「大根の葉」を文芸に発表作家生活に入った。

以来「暦」「初旅」「妻の座」「母のない子と子のない母と」等、300篇にのぼる作品を発表し、新潮文芸賞、児童文学賞、芸術選奨文部大臣賞、女流文学賞などを受ける。

中でも昭和29年(1954)木下恵介監督の手で映画化された「二十四の瞳」は一躍有名となった。

昭和42年(1967)6月23日67歳、東京で没した。
 
 
     
   
   
   


 山の湯と壺井栄について