手元供養

今日は何の日?



2月15日


記念日
→春一番名付けの日

クローズアップ!
はじめて「春一番」という言葉が使われるようになったことを記念する日。
春一番とは、春本番に先だって数日間にわたって吹く南からの強い風のことです。
気象庁では「立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、初めて南よりの強風が吹き、気温が上昇する現象」と定義しています。元々は壱岐や瀬戸内海の漁民の間で使われていた言葉でしたが、気象用語になってから一般的になりました。