手元供養

今日は何の日?



6月8日


記念日
→成層圏発見の日

クローズアップ!
1902年(明治35年)、フランスの気象学者,テスラン・ド・ボールが観測用の気球をあげ、大気中の気温の変化から成層圏の存在を発見した。大気圏は高度10〜15kmを境にして、下が対流圏・上が成層圏に分かれている。また、空気が対流して雲が生じるのが対流圏で、成層圏は雲がなくいつも快晴である。