手元供養

このように考えたことはないですか?

1.亡くしてしまった最愛の幼い子供、連れ合いを身近に感じていたい
2.お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを身近に感じたい
3.お墓参りに行きたいが、遠方のため、すぐに行けない
4.住宅事情により仏壇をおくスペースがない
5.地震など災害の際、いっしょに連れて出たい
6.仏さまの胎内でやすらかでいてほしい

手元供養

手元供養とは、一般的な葬送の方法である寺院への納骨、または納骨を行ったうえにさらに遺骨(遺灰)を自宅等で保管し、慰霊の場を身近に置いて故人を偲ぶという概念を指します。近年の価値観及び生活スタイルの多様化により葬儀においては家族葬や樹木葬、海洋葬などといった新しい変化が現れ、それと同時に供養のあり方についても新しいかたちが現れました。
故人を偲び、感謝の心を捧げ、大切な人といつまでも一緒にいたい、語りたい。形式にとらわれない自分なりの温かいご供養をお手伝いします。

手元供養のすばらしさ

1.生死・供養に対する考え方の変化
近年、死に対し宗教的供養を望まない人々が増え、従来の形式に替わる供養の方法が求められています。従来の墓地への埋葬に限らず、散骨・樹木葬といった、自然葬や花供養が社会的に容認され、故人の生きた証を残したいという要望が増えています。

2.社会的事情による変化
少子高齢化・子供がいない・息子、娘一人・単身者などの増加により、継承を前提とする「お墓制度」に対応できない家族が増加し、また後継者に負担を掛けたくないといった気持ちや不景気に伴う個人資産の減少、介護費用の負担などにより、平均250万円とも言われる葬儀費用の負担が大きいことも上げられる。さらに都市部での住宅事情によって仏壇を置かない家庭が増えており、手元供養は場所をとらないことからたくさんの方に支持されています。

3.精神的安心感
残された遺族が身近な人の死によって受ける精神的なもの(喪失感・罪悪感など)等から自発的に克服するきっかけとして手元供養を選択されています。

厨子について

055厨子
◇とても小さなお厨子です◇


材 質:天然杉本柾目
大きさ:高さ105×幅82×奥行82o



サービス情報 (画像の回り込み方法2)

大日如来・阿弥陀如来・釈迦如来


仏師:舟谷喜雲原作
材質:純銀製
種類:大日如来・阿弥陀如来・釈迦如来
高さ:約2.6p


ご遺品の収納例

手元供養 コインなどで底面のネジ式蓋を外します。
手元供養 遺骨・遺髪など思い出のものを入れます。
手元供養 蓋をしっかりと閉じ、フエルトを貼ります。
手元供養 ◇収納品        本体、ケース、納骨ガイド、フエルト


価格について

地金価格の変動によります。お気軽にお問い合わせください。