本学園の教育は、仏教精神に基づき『幼稚園教育要領』に準拠しながら、御仏の子どもとしての『生活体験と多様な遊び』を基本に、総合的に教育計画を立案し、実践しています。
 また、子どもたちを取り巻く環境の変化をとらえながら、これからの社会に対応できる能力を育成していくことが大切だと考えています。
 そのためには、お子様一人一人の生活体験を豊かにし、仏教の教えでもある思いやりと感謝の心を育て、体力・知力を身につけて『生きる力』を自分で培えるように援助していきます。
 この理念に基づき
≪みほとけの教えのもとに、善悪の判別のつく英知を持ち、雑草のごとき生命力のある子を育てよう≫という念願を掲げ、下記の指導目標を立てています。

子どもの遊びには大きく分けて2つあります。

この2つのバランスが取れてこそ初めて子どもたちの望ましい成長が見られるのです。

こばとへようこそ!

クルクルまわるところと
まわらないところがあるね

どうしてかな?

こっちは、いしがめ…
こばとの教育理念
御仏讃(集会)  …  感謝の心や挨拶を身につけることは人間としてとても大切なことです。
みんなで集まってみ仏様のお話を聞く時間を設けています。
自然に「ありがとう」、「ごめんなさい」の気持ちが身についてきます。
歩く保育  …  家庭で少なくなった歩くこと。体力作りのために自然とふれあうために
水曜日にお弁当を持って園外へ。
茶道教室  …  年長さんになると毎週お茶を楽しむ時間があります。
ゆったりとした雰囲気の中で頂くお菓子とお茶。
「おさきに」、「どうぞ」というゆずり合いの心を学びます。
外国の先生
と遊ぼう
 …  外国人の先生と話したり、クイズをしたり、歌ったりして遊びます。
体力作り  …  鉄棒、ボール遊び、プール遊びなど幼児期に適した体力作り
を先生と一緒に行っています。
毎週木曜日にはコスモスポーツクラブの先生が来てくださいます。
その他、盆踊り、七夕、お泊り保育、作品展、音楽会、お誕生会など年間行事もたくさんあります!



園の主な活動内容

糸を引っ張ったら
足が動くんよ!
すごいでしょ!

見てみて!カエル!

こばとの指導目標

見つけるおもしろさを楽しむ子ども
不思議さに気づき考える子ども
認め合う仲間に入れる子ども
元気で頑張る子ども

昨年度は下記のような目標に向かって頑張ってまいりました
令和2年度 焼山こばとの目標
「ものを大切に」の気持ちをはぐくんでいきます

 少し破れた服も次宛をしてもらったり、直せるものは直して使うなど、ものがすぐに手に入らなかった昔の日本は生活品だけでなく、いろいろなものを大切にしてきました。
 それがいつの間にか経済の発展と共に、安価な商品がいつでも手に入るようになりました。安いし壊れても仕方がない。また次を買ったらいいねとついつい思ってしまうほど、物があふれた時代になっています。
 そんな時代に生まれてきた子どもたちだからこそ”ものを大切にする”という意味を日常生活の中で感じてほしいと、先生が「大切に使ってね」と声をかけたり、園の中で壊れたり、破れてしまったものを直しながら使うことで、言葉だけでなく、物の大切さに気付いてもらえるように心がけてきました。このような取り組みを一つ一つ積み重ねていくことで「壊れてしまったけど、なおるかね?」とものを大切にしようとする気持ちの芽生えにもつながってきていると感じます。
これからも、このような気持ちを育てることができるように、活動を継続していきたいと思います。

 

子ども同士でより良い関係が築けるような支援を心がけます
私達大人を見て、いろいろなことを学びとってもらえるような挨拶を交わしていきます