横浜市港南区

桜台合気道クラブのホームページ

横浜港南区を拠点とする桜台合気道クラブの公式ページです。
活動の紹介を通して、合気道の魅力をみなさんに少しでも感じて
いただければ幸いです。



15周年記念演武大会 (2008年12月6日 横浜日石ホール)


 桜台合気道クラブは、合気道自由が丘道場(多田宏師範・九段)で稽古に励んでいた
今崎正敏師範(七段)により、平成6年7月に創立され、横浜市港南区を中心に活動を始めました。
 また、多田宏師範の主宰される合気道多田塾の一員として、毎月の多田塾研修会(本部道場)、
及び年一度の多田塾合宿にも参加し、研鑚を積んでいます。

● 合気道の「気」は元気の「気」!
桜台合気道クラブでは、体力や性格も異なるメンバーがお互いを尊重し、調和のとれた充実した稽古ができるように心がけております。今崎師範のもと、元気のよい子供たち、技に磨きをかける 中学・高校生、キャラクタ豊かな老(?)若男女の成人たちが、それぞれのコンディションにあわせて合気道を楽しんでいます。

「明るく楽しいけいこ」をモットーに、 幅広い年齢層の男女が道場狭しと稽古に励んでおります。
日頃の稽古では、まず、元気にあいさつすることや感謝することの気持ちよさを学び、転がって全身を地面(畳)にふれさせることの楽しさを感じることから始めます。そして、自然と一体になった無理のない動きができるように、技を繰り返し反復しながら稽古します。
さらに、相手にとらわれない技が自然に出るように、日本武道の伝統を追い求め、その精神を生活の中に活かします。
メンバーは自分のペースでそれぞれの方法で楽しんでいます。 合気道には「試合」といわれるものはありません。厳しい競争社会にあって、私たちはいたずらに優劣を争うのではなく、立場の違う相手を稽古を通して、ともに歩み、調和し、向上していく仲間 と考えます。その中で生まれた和気あいあいとした雰囲気こそが私たちの道場の大切な宝です。

合気道の「気」は元気の「気」。みんなの「気」(いのちの力)をさらに大きく育てること。それが、私たちの活動のテーマです。



稽古風景(子どもクラス)



稽古風景(大人クラス)