ド ラ ゴ ン 規 約


(前文) 当初、レッドドラゴンフライは、つくば市内の教員が立ち上げたチームでしたが、メンバーの輪が広が

りました。風に吹かれ、群れをなして飛んでいる「赤とんぼ」のままでいれば、やがて消え去る絶滅危惧種。

チームが今後とも継続・発展するための土台として、この規約が役立つことを祈ります。

 

第 1章 総則

 

第1条 この団体は レッドドラゴンフライ(以下はRDF)と称し、サッカーの楽しみを味わいながら、

会員相互の友愛と親睦を深めることを目的とする。


第2条 本団体は前条の目的を達成するため次の事業を行う。

()筑波学園サッカーリーグおよびつくばシニアサッカーリーグへの参加

()古河マスターズ等の各種サッカー大会への参加

()会員相互の友愛と親睦を深めるための企画の実施

 

第 2章 機関

 

第3条 本団体に次の機関をおく。

()ドラゴン会議(会長が招集する不定期会議)

() 事務局(RDFの実質的な運営にあたる中心機関)


第4条 ドラゴン会議は、RDFの顧問機関で、会長が招集する

第5条 事務局は選出された役員で構成する。但し、役員の再任を妨げない。

 

第 3章 役員の構成と役割

 

第6条 円滑な団体運営を図るために次の役員をおく。

()会長が1名、副会長(親睦顧問)が1名

()リーグ評議員が2名、シニア運営委員が

()リーグキャプテンが1名、シニアキャプテンが1

()幹事として、会計が1名、備品・ユニフォーム担当が1名、広報連絡担当が1名 監査が1名


第7条 各役員は次の業務を担当する。

() 会長はRDFを代表し、団体を総括する。副会長は会長を補佐する。

()リーグ評議員、シニア運営委員は当該の会議にRDFの代表として出席する。

また、登録業務(登録・スポーツ安全保険・つくば市体育協会)を担当する。

()キャプテンは試合におけるメンバーの選定および交代、ゲーム方針等を指示する。

() 幹事は、RDFの会計、備品・ユニフォームの管理、広報連絡、監査等を担当する。


第8条 リーグの要請により幹事チームとなった場合は、必要な役員で対応する。

第9条 会計は、年度ごとに会計報告を行い、会長の承認を得なければならない。

第10条 役員の任期は4月1日から翌年3月31日までの1年とする。

 

第 4章 入会及び退会・除名

 

第11条 RDFのメンバーは1年ごとに入会・退会の意思を、メールまたは掲示板で表明する。

表明期間は1/1〜1/7とし、表明がない場合は退会とする。

第12条 新規入会はメンバーによる推薦とスポーツ安全保険加入・つくば市体育協会の登録、

会費納入の3条件をクリアしなければならない。

第13条 RDFの名誉を棄損、あるいは本団体の目的に反した行為等があった場合は除名とする。

会長がこれを決める。

 

第 5章 会計

 

第14条 本団体は年会費、寄付金その他をもってこれにあてる。

第15条 年会費は35歳未満が4,000円とし、35歳以上が5,000円とする。

途中加入も同額とする。また退会等による会費の返納は一切しない。

第16条 会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

第 6章 その他

 

第17条 本規約の改正はドラゴン会議において決定する。

第18条 細則を別に定める。

第19条 この規約は2015/04/01より施行する。





 

RDF レッドドラゴンフライ  運営細則()   

                                    


            ド ラ ゴ ン 細 則

(目 的)

第1条 本団体の規約に基づき運営するにあたり、執行と業務の円滑な運営を具体化するための

規則を定めることを目的とする。

 

(備品の管理)

第2条         備品の種類および管理については次のようにする。

()チーム用品  ビブス・ボール・予備のユニフォーム・作戦ボード等

()審判用具   審判ユニフォーム・ホイッスル・カード等審判業務に必要なもの

()救急用品   緊急時の初期対応に必要な薬品等

チーム用品はキャプテンが管理する。審判用具と救急用品は試合ごとに担当者を決める。

担当者間で必ず引き継ぎを行い、次の試合があるまで適切に管理する。

シーズン末に、審判用具・救急用品は備品・ユニフォーム担当に返却する。


第3条 救急用品は年で交換、チーム用品および審判用具の耐用年数は年程度とする。

 

(備品の購入)

第4条 備品の購入は次のようにする。

()キャプテンが備品・ユニフォーム担当と相談し、年間の予算内で購入する。

()購入後に、領収書と引き換えに会計から購入代金の支払いを受ける。

()購入した備品には「RDF」と記名し、購入年度を明示する。

     

(会議への参加)

第5条 会議への参加者には次のように配慮する。

()筑波学園リーグの評議員会、つくばシニアリーグの運営委員会等の出席には1回につき

最大1000円の旅費日当を支給する。通常は1回につき500円とする。

()複数参加した場合は、分割支給する。

人参加なら、1000円÷2=500円   人参加なら、1000円÷3300

()会議への参加は負担が偏らないように分担する。

 

(審 判)

第6条 審判は次のように分担する。品格をもって行うよう努める。

(1)年間1人1回以上の審判を分担する。割り当ては広報連絡担当がする。

(2)審判は必ず審判服を着用する。試合後の審判報告を行う。

(3)審判技能の向上に努める。


(怪我・事故等の補償)

第7条 試合参加にかかわる怪我・事故等の補償はスポーツ安全保険で対応する。

()保険金申請の手続きは、怪我・事故の当事者が行う。

()相手が怪我等をした場合の補償で、保険の範囲を超える場合は当事者が対応する。

原則として、チーム対応はしない。


(各種大会への参加)

第8条 各種大会への参加は、次のように取り扱う。

()参加費は原則として参加者が人数割で支払いをする。

()事前に参加の希望を募り、責任者を決めて、参加する。

()古河マスターズの参加には参加費の一部を補助する。

 

(弔慰金)

第9条 現役メンバー本人の死亡については弔慰金を支出する。

()役員代表が出席し、チームとしての弔意を示す。

()おおむね10年以上のメンバーには5,000円、10年未満には3,000円を目安とする。

 

(会 計)

第10条 会計については次のようにする。

()出納記録、領収書の保管は年とする。

()会費の未納者の債権は年とし、それ以降は損金として取り扱う。

()会計の監査は3月に行う。会計報告は文書で4月に行う。

 

(積立金)

第11条 記念企画等を行うための積立金は次のように扱う。

()企画責任者に積立金の総額を支給する。

()積立金の使途明細については立案企画者本人が報告する。


(会議の開催

第12条 事務局の会議は3月に行う。役員の改選はそのとき行う。

第13条 細則の改正は事務局において決定する。

第14条 必要に応じて、総会を行う。過半数をもって成立とする。

 

(附 則)

 
この細則は2015/04/01から施行する。

 



    参 考 ■   2017シーズン

 

会長 菊池 修  副会長(親睦顧問) 渡辺 治    

リーグ評議員 岡野勝則  山田和郎  シニア運営委員 羽生琢美 野口克美


リーグキャプテン 藤江信幸   シニアキャプテン 澤畑徹朗 

幹事 会計:野口克美  備品・ユニフォーム:坂本 修  広報連絡:野口克美  監査:五上順平