profile 内とそのペットたち HOME

これは、ほんの一例です。  スズメバチはこちら   ツマグロヒョウモン・チョウはこちら   プロフィールに戻る     ホームに戻る

猫は、アメリカン・ショートヘヤー、名前は「ヨル」。

ときどきいなくなったりすると、家内は夜中でも顔色を変えて、懐中電灯を携え、「ヨールー、ヨールーッ、」と、となり近所を探し回ること何度か。

きっと近所の人たちも、「隣の奥さん、夜なのに『ヨル〜』だって騒いで、どうしたんでしょうね」なんていわれているかも・・・。


ウサギは、ミッフィー。

孫娘が飼いきれなくなってもってきたものだが、家内にとってはネコもウサギも一緒のペット。

当のウサギでさえも、自分がネコの姉妹だと勘違いしているくらい、とても仲良し。
ひっくり返して寝かせておけば、1時間は寝ています。

パンの耳を干したものを補助食にしていますが、そのためか、やや肥満気味だと家内はいっています。
とりわけ、ミッフィーはだっこが好き。

なぜか、家内もペットを相手にすると、孫たちと会話するように「幼児語」で話しかけています。
「ほら、ミッフィーちゃん、おとうちゃまがおちゃちんをうつちまちゅからネー」。
 

目は、ストロボの影響で赤目に写っているけど、実際は黒。

2004年 2月 我が家の一員だったミッフィーも喉頭ガンで逝去!

同年・秋には、真っ白な四郎も同じような病気で天国に・・・。 

家内共々、二匹の御霊に安らかであれと、手厚く葬る。

それ以降は、ウサギとしてはロップイヤーのロッキーだけ・・・。

2006年 7月 11日、最愛の家内は胃ガンのため他界。

こんなささいな写真でも、いまではボクたち生活の一端でもあったわけで、こんなものでも想い出深いもの。 

同年 秋、長女にあずけたロッキーも、家内の後を追うように逝去。

アメ・ショの「ヨル」(1991年生まれ)だけがいまだ健在。

'09年 12月 22日、アメショのヨルちゃんも悪性リンパ腫で逝去、享年18年半。
猫としてはたいへん高齢で、人間なら100歳を超えてるでしょう、私の手の中で息を引き取りました。
スズメバチでさえ、家内にとってはペット?
それは、3、4年前の、ある年の初夏のこと・・・。

わが家の二階、西側に洗濯物を干すための巾2.3m、長さ5.4mの、細長い木造のベランダがあります。

その北側、天井の片隅に、なんとスズメバチが巣をつくり始めたのです。

心配したのは小生。

万一、洗濯物を干したり取り込んだりする際、家内が刺されでもしたらそれこそ大事件。

そこである日、『あの巣、取ってあげようか?』といったのです。そうしたら、『ううん、大丈夫だからいいよ』と、ニッコリ顔で答えるのです。

巣は、はじめはテニス・ボールほどしかなかった物ですが、日増しに大きくなっていきます。

初秋近くになったら、巣は、もうラグビー・ボールほどになり、それに比例して働きバチの数もグンと増えていきました。

いよいよ秋も深まり、自然界の、ハチのエサである虫の生息数が減っていくと、彼らはさらに凶暴になることが知られています。

そのため、ときおりテレビや新聞で、「子供が遠足で刺されて重体」とか、「年寄りが刺されて死んだ」というようなことも報じられています。


駐車場の二階・ベランダにできたスズメバチの巣
(08.7.24 : 撮影)
だから、テレビで知った注意事項を家内に伝えたのです。

一度目より、二度目に刺された場合、ショック症状におちいり死に至ることもあることや、
また、彼らは近づく外敵に対して、何段階かの警告を発するから、その見極めをよく判断して注意するように、などなどです。

最初、彼らは自分のテリトリーに外敵が一定の距離に近づくと、
2、3匹がスクランブルをかけてきて、かなり近くまで来て「ブンブン」と威嚇します。

このとき、そっと後ろに下がれば、彼らはそれ以上襲うことはありません。

もし、それ以上近にづくと、こんどは外敵の真正面に来て、「カチン、カチン」と牙を鳴らします。

このときも同じで、そっと下がるのがいいのです。

さらに近づくと、目の前にきて、尻尾から相手の目を狙って毒液をかけるのです。
その毒液には、さらに、「外敵がきたーッ!」と、仲間を呼ぶ一種の「攻撃フェロモン」にもなっているのだそうです。

それでも巣に近づいたら、今度は襲いかかってきて、本当に刺すわけです。

そのころ、わが家のスズメバチは、いわゆる凶暴なオオスズメバチではなく、
やや温和しいキイロスズメバチということも分かったのですが、
それでも相手はスズメバチ。

『ねぇ、ボチボチ取った方がよくない?』と、家内に伺いをたてたのですが、相変わらず『ううん、大丈夫よ!』でした。

その上、『あの子たちは、洗濯物を干している私の脇を、
「お母さん、行ってきます」というように出かけ、「ただいまーッ」って、ブーンと帰ってくるのよ』とまで・・・。

テレビの特集では、スズメバチは鳥の唐揚げが大好物だから、子供の遠足のお弁当には、
スズメバチを呼び寄せるようなものは注意した方がいい、というようなことも報じられていました。

それで、家内はトンカツや、鳥の唐揚げのかけらをベランダに置いたり、ハチミツを水で少し薄めた物を置いたりもしたのです。

『折角さーァ、あの子たちにエサを準備してやったのに、全然、食べたり、飲んだりしてくれない』と、
それはそれはもう、ガッカリした表情でボクにいうのです。

そんなことがありましたが、小生の心配をよそに、結末はあっけなくやってきました。

晩秋のある日、オオスズメバチに駆逐されたものか何かの理由で?巣だけを残して、ハチたちは急にいなくなったのです。

さて、小生は子供の頃、よく近所の悪ガキなどと一緒にアシナガバチの巣をとり、その幼虫を鍋で炒って食べたりもしました。

戦後の食糧事情が悪かったときでもあり、イナゴや、シマガエルなども含め、そんなものまでもが貴重なタンパク源だったのです。

だから、たとえスズメバチでも、巣を撤去する程度の自信はありました。

白っぽい帽子をかぶり、その上からレースのカーテンでも被り、隙間のないようにします。 
彼らは、まず、黒いものに向かって攻撃を仕掛ける、という習性があるからです。

そのような出で立ちで、掃除機を使い、一定の距離を置いて、一網打尽に吸い取るのです。

それまでも、ラン栽培の温室内につくったアシナガバチの巣は、何度も、そうして獲ったことがあったのです。

家内が没して早二年、6月には三回忌の法要も済ませましたが、巣は未だ健在。

小生自身が洗濯物を干しに行くたびに、この、空っぽになった巣を見上げ、そんな、懐かしい想い出にひたることもできます。

蝶のツマグロヒョウモンも含め、 きっと、家内の前世は、虫語が分かる昆虫だったのではと思うぐらい、
ただの虫さえも彼女は愛していたのです。(08.7.24 : 追記)

プロフィールに戻る    ホームに戻る