Handmade Tools3
←tools2

てづくりツールとその製作方法 V

HOME↑


このページは、筆者がつくった以下の工具・冶具についての作り方や、使い方、そのポイントを説明します。

  てづくりツール:パート V    は下記の内容でこちら
木製クランプ  あちら製・ちょっとレトルトな感じで、面白い仕掛けのクランプ (Mar.'14)
ドリル・サンダー 電ドル・スタンドを利用したサンダー、リブの厚み出しに有効。 (May '14 )
チェロ用ベンディングアイロン チェロのリブ幅に対応する幅と熱量が必要になります。

◇ 木製クランプ
バイオリン製作研究会時代の知人で、facebook仲間でもあるS氏のページで見たものだが、今まで、日本製にはなかった仕掛けのもの。かつ、レトルトな雰囲気があり、とても魅力を感じた。 真似して作って売ったら著作権違反になるだろうが、ひとつ、ふたつ、テスト製作ならまず問題はないだろう。



こちらがオリジナルのもの


上下2本のボルトで締めるこんなものも・・・。
  愛用品の国産品・各種クランプ

締め付ける仕掛けの多くはネジ式、
黒い大きいのと小さいもの、ブルーのものがレバーのあおり式?
シャフトはホームセンターで・・・。
2.8mm × W-18mm × L-910mm で1本=110円。
 
  この程度のものは、図面ではなくボール紙のテンプレート(型紙)から・・・。
右側の斜めになっているレバーを直角の方向に上げると
回転軸のところで半径の大きな円に変化し、
それで割ってある当て木を押して締める仕掛け。
 

オリジナルのものは、下側の固定バーが太くて、
ボクがいままでつくってある内型の30mmの穴に入らない。

この鉄材が純鉄だったのでスプレーのラッカーを吹きつけ、塗ったのだが、
その塗膜の厚さの分だけきつくて楽に動かない。
やむなく、せっかく塗ったラッカーは剥がす羽目に・・・。

簡単だけど、しっかりと締め付けられる。
なぜ、国産品にこの仕掛けがなかったのか、不思議でならない?
 

◇ ドリル・サンダー

このドリルサンダーは、もともとボクが敬愛してやまない、アメリカ・オレゴン州の製作者ヘンリー・A・ストローベル氏の著書「ヴァイオリン・メイキング・ステップ・バイ・ステップ」の中にあった説明写真の道具。

当時でも、現代でもこのような工具は日本にはまだありません。

筆者も、もともとの仕事柄(内装業)、バイブレーター式の、上下・左右、
そして小さな円運動をするハンディな電動サンダーは持っていたのですが、
カエデ材のリブの削り出しまでにはとうてい使えない代物。

国産品では、大工さんや塗装屋さんが床磨きに使う、大型のベルト式のサンダーはあるのだが、あれではきっと、薄いリブ材が引きちぎれてしまうだろうと思う。

 氏の著書のこれは、リブ(側板)材の厚み出しに非常に有効という書き方をしていて、ビットをよく見ると、ペーパーの継ぎ目をつくらないように、斜めのバイアスで接いである。
きっとこれは、あちらの、DIYの市販品のペーパーというように見えるのです。

ヴァイオリンのリブは、堅木のカエデ材を板厚1mmほどに削り出すのだが、
これがなかなか大変な作業です。

プレカットされたリブ材でも、2.0〜2.5mmほどあり、ましてや小生のように原木から切り出して・・・ということになると、さらに大変です。

ある程度、厚みがあるものなら、あるいは柔らかいヒノキやスギ材なら、
カンナでシコシコと仕上げられるのだが、堅木の、広葉樹のカエデ材、
しかもフレーム(ヴァイオリン杢という斑模様)入り。
斑模様がそのように入っているということは、木の組織や繊維が、
模様の通りにうねっていることになります。

そのため、純目と逆目とが混在していて、大変、カンナはかけにくいのです。

 それで、ほんの僅かずつであっても、時間をかけてスクレーパーで削りだしたり、手作業のサンディングで均一に削りだしてきたのです。

ヘンリー氏は、このサンダーで1mmに近づけたら、
後はスクレパーで仕上げするように勧めている。


 この回転軸には、インパクト・ドライバー用のソケット
(19mm と 21mm)を流用。


このソケット転用のアイディアは、製作仲間のKIKI・Hayashiさんのサイトに有り、それをそのまま利用させていただきましたので、
このページの中から感謝させていただきます。


ニユニクロ・メッキされたものは一つ千数百円ほどしましたが、
こちらは安物、二つで千円程度。


ここで使うドリルは、230Wという小型の安もの。
その力率を考慮して、大きい方のソケットを19mmタイプ、細い方を13mmとした。

ちなみに、KIKI・Hayashiさんは19mmと21mmと、一ランクずつ太め。

ボクの場合は、ドリルスタンドが中国製の安物だったし、
小型だったからトルクの小さい分、ソケットの直径を小さくしたわけです。

でも、均一に削るためには太い方が理想です。


写真は、スタンドの万力にくわえさせて固定するための板
(・・これ、お正月に食べた紀文のカマボコ板 = ネッ、焼き印が押してあるでしょ!)をベース板に貼り付けているところ。
 
ペーパーは、以前から愛用している住友3M社のもの。
このメーカーは、ご覧のように、金剛砂に、不思議な、フニャフニャした、波目のランダム模様がほどこされていて、そのために、実に、目詰まりしにくい仕掛けがしてあるのです。

その、裏面が粘着式のものと、そうでないものをここでは使いますが、粘着でないものは、写真の後ろに置いてあるスプレー糊を一吹きすれば、まったく問題ありません。
 
 ちなみに、このソケット、二つで1k円程度。

 面倒だったのは、ペーパーをソケットにセットする際、簡単に差し込めて、ペーパーが固定できるように、鉄ノコでその溝をカットするとき。

鉄ノコでゴシゴシと切りながら、 『俺は、絶対に牢獄からの脱出はできないだろうなァー・・・』と、考えながらの作業でした。

鉄ノコでカットした溝は、いちばん上まで届かず、その分、写真のようにいちばん上の部分は斜めにカットして使います。

それは、ソケットをシャフトに取り付けるための6角ボルトの頭が中にあるためでした。
   

また、このように、リブだけではなく、内型の成型や直角出しにも使用。

このテーブルを箱形にして、ごく小型の掃除機をセットすれば
「吸塵装置つき」という、贅沢な仕様に変身します。
◇ チェロ用ベンディング・アイロン チェロの側板を曲げるだけの幅が必要
100Wの半田ごてを流用

幅と熱容量をカバーさせるのには水道管を利用
3mmベニヤで曲げ具合の実験・非常に具合よく曲げられます。

ご承知のように、ベニヤは木目が縦目・横目が交互に積層されている。
つまり、それくらいの板が楽に曲げられればカエデ材のリブだって問題ないはず。
同じ廃品としてスチームの電気ストーブがあった。
これは家族が風邪になったら際、スチームを一緒に炊き込み、
風邪が早く治るように考えた家内の考え。

ただ、石油のファンヒーターが全盛になったら、ほとんどお蔵入り・・・。
これにはトースターなどに使われている400Wの石英のヒーターが使われている。
ただ、ご覧のように、石英のヒーターでは
残念ながら電極が上下についてしまうことが最大の欠点。

こちらもテストしてみたが、問題なく曲げることができた。
なお、こちらは400Wとちょっと太い暖房・給湯用の太い水道管を利用。

太さといい、熱容量といいぴっったしカンカン!
   

tools2

Page Top ↑

HOME→

**

HS