フュージングでお皿を作ります

ステンドグラスHP ルオー工房は東久留米でステンドグラス教室を開いています

白いガラスを丸く切り、その上にガラスを好きな形に切って並べます。鳥がとんでいるようにおきました。
電気炉に入れて800度で焼成します。すると、このようにガラスが溶け込んで平らな丸板になります。これをフュージングといいます。
つぎに皿にするための陶器の型を用意。
型のうえにのせます。
電気炉に入れて少し低めの温度700度で焼成し、このように落としこみます。これをスランピングといいます。
鳥の柄がついた皿が完成しました。