ガラスに穴を開ける方法

ステンドグラスHP ルオー工房は東久留米でステンドグラス教室を開いています


ガラスに穴を開けるにはどうすればよいでしょう?

5mm厚のガラスに直径5mm位の穴を開ける場合で説明しましょう。


ドリル

刃先としては、ダイヤビットを用意します。
左から円筒形ビット径1〜1.5mm
円錐形ビット(小)径3mm
円錐形ビット(大)径5mm
ホームセンターなどで売っています。

円筒形ビットの代わりに、細い先端に玉のついた上のようなビットも使える。(プロクソン1.0mm)


ドリルビット

円筒形ビット詳細写真
1〜1.5mm位の細いビットが一番穴を開けやすい。(お勧めは1.4mm。)太いビットは時間がかかるので避けます。細すぎると折れやすい。
先のとがった円錐形ビットよりも先の平らな円筒形のビットのほうが開けやすい。先端のダイヤ面がガラスを削るからです。最初円筒形ビットで穴を開け、円錐形ビットで拡大します。


ビット>

円錐形ビット(小)詳細写真


刃

円錐形ビット(大)詳細写真


穴開け機

ドリルでもできないことはないが、扱いにくいので、このようなルータ−を使うと便利。力が強いのがよい。これは「ジョイロボ」というルータ−(製造元サンフレックス)。ホームセンターで買えます。ジョイロボの場合、回転スピードは最低が適当。(チャックが水で錆やすいのでチャックの中にグリースをつけて使いましょう。)


ガラス

このガラスに穴を開けてみましょう。厚さ5mm

7
穴あけ

最初、円筒形ビット(又は先端玉ビット)をとりつけ、水をかけながら、ビットの先をガラスに45度にあて、しっかりと窪みをつける。この時、ごく軽く押し当てることがビットを長もちさせるこつ。

8
穴あけ

窪みができたら、直角に立てて押し込んで行きます。

9
穴あけ

1分位で穴が開きます。径2mm位の穴になります。

10穴あけ

円錐形ビットで穴を拡大します。円錐形ビット(小)を取付けたところ。

11穴あけ

押し込みます。

12穴あけ

押し込み完了。

13
穴あけ

このような径3mm位の穴となりました。

14
穴あけ

さらに拡大するために、円錐形ビット(大)を取付けます。

15
穴あけ

押し込みます。

16
穴あけ

押し込み完了。

17
穴あけ

このようにきれいな穴があきました。

.


ステンドグラスHP ルオー工房は東久留米でステンドグラス教室を開いています

参考:面取り用研磨ビットの作り方