多角形ランプ組立ての道具 「カクダ−」

あなたの工房にはカクダーがありますか?
工房に1台置いておきたいツールです

ステンドグラスHP ルオー工房は東久留米でステンドグラス教室を開いています


ルオー工房美術研究所での長年の経験から誕生したツールです。(実用新案、意匠登録)
多角形(多面体)ランプ、テラリウム、万華鏡の組立てに便利な道具です。
お休みランプ、星型ランプなど小さいピースのランプ組み立てにも威力を発揮します。ランプの組み立てが格段に早くなります。



●多角形ランプやテラリウムの組立ての時、隣接するガラスピースどうしを正確な角度で支えてくれる道具がほしいと思ったことはありませんか?

●「4角形なら90度、6角形なら120度に決まっている」などと思わないで下さい。ピラミッドの隣接する面と面の角度は90度ではありません。正三角形を4面組んだようなピラミッドなら隣接する2面の角度は109度です。あらゆる角錐は裾が開くほど2面の角度はだんだん180度に近付いてゆきます。
では、どのように角度(2面角という)を計算すればよいのか?そしてその角度にどう支えたらいいのか?

●これを解決したのが「カクダー」です。ガラスピースの下隅の角度とランプの角数とにより三角関数を用いて、ピースどうしの正確な2面角を計算し「角度表」にしています。計算しないでも表により角度がすぐわかりますから、後は簡単、角度を合わせてネジでとめ、ハンダ付けをしましょう。
「角度表」はカクダーに付属しています。

(なお、付属の角度表には3〜15角形についての数値が示されていますが、16角以上の角度表と、54度以下についての詳細を追加角度表にしています。)

●単なる角度固定器としてもカクダーは便利です。90度、120度など一定の角度に金属板を曲げた道具が売られていますが、カクダーは1台でどんな角度でも自由に簡単にとめられます。分度器を使っても正確に角度固定をするのは意外に難しいものです。カクダーを1台手元に置けば解決します。

.

カクダーの使い方

6角ランプを組み立てる場合を例として説明します。
まず、ガラスピースの下隅の角度Aを分度器ではかります。75度と読み取れました。

 ランプの角数Bは6ですから、角度表でA75度とB6角の交点の角度127度を読み取ります。

カクダーを127度に合わせてネジで固定します。

机の端にカクダーを置き、銅箔を巻いたガラスピースを2枚ならべ、
角と角を突き合わせるように、手で合わせながらハンダ付けします。

次に、カクダーを裏返して、外側をハンダ付けしてください。

このように、2枚づつハンダ付けしたものを3組作り、組合わせ、全体をハンダ付けします。角数が多い場合には、3〜4枚ずつをハンダ付
けしてから組合わせます。形を正確に決めることができ、作業が楽で簡単です。

●注意---ガラスの形状に不揃いがあったり、ハンダ付けに多少のずれがあったりしますと、3組をぴたりと合わせるのが難しくなる場合があります。このようなおそれがあるときは、2枚のハンダ付けを上下2点だけの点付けにして(外側のハンダ付けもしない)、3組の組み合させをしてください。ずれが出ましたら、点付けのハンダをとかして微調整をしながら組み立ててください。

カクダーを置くとき、このように鉛の重しなどで左右からはさむと、
作業がやりやすい。


万華鏡での使用例


万華鏡の6角の筒を作る場合、、このように細いピースを6枚組み立てるのは、角度固定のツールがないとなかなか難しい。カクダーを使って2枚ずつハンダ付けしてから、組立てると簡単です。



星型ランプ作品例

まずカクダーを使って5角錐を12個作ります。次に12個の
5角錐の底面どおしの角度は117度と読み取れますので、
カクダーの外側で5角錐を支えながら組立てます。

作者 新井美穂さん

材質  木材、アルミ、真ちゅう、ステンレス  開き時の板部分の寸法 18.5cm x 22cm

価格4500円    製造元 ルオー工房

ご注文の詳細は  「カクダーご注文方法」  をご覧ください。  


 ステンドグラスHPガラス工芸教室案内    ステンドグラスランプの設計手順    ランプ設計便利表

 このページへのリンクはご自由に。