オーダーメイドのアルミ枠 

装飾用のアルミ枠とはちがいタッピンネジを縦にねじこむ構造で、
細身で強力なアルミフレームを実現しました。重量あるものをしっかりと支えます。
ステンドグラスパネルの枠に最適。 看板、POPにも使えます
寸法通り加工して送りますので、面倒なフレーム取付け作業が一気に解消します。

ステンドグラスHP ルオー工房は東久留米でステンドグラス教室を開いています 


      

ステンドグラスの場合で説明しましょう。

コパーテープのステンドグラスは強度面からどうしても金属の外枠をつけたいところです。真鍮枠がよく使われますが、金属のこで寸法通りに切ったり、ハンダ付けしたり一苦労します。強度のある金属枠を簡単につけられないものでしょうか。これを解決したものがオーダーメイドのアルミ枠です。
あなたのパネル寸法に合わせて切断し、組み立て寸前の形で発送いたします。あなたはネジを4か所とめるだけで完成です。

次のようなすばらしい特長があります

○面倒な金属枠の寸法切りをしなくてよい。
○ハンダ付けの手間が要らない。
○女性の手でも簡単に組み立てられる。
○すっきりした細身のモダンな外観。
○軽い。
○とりはずしが簡単。
○つなぎ部分がはずれたりすることがなく、強度が強い。
○鎖でつるのが簡単。
ラッカー塗装により好きな色で使用できる。
○鉛線のステンドグラスでも、枠部分が半田を含めて7ミリ以下であれば使えます。

アルミ枠の素材はこのようなものです。中央の丸穴はネジ受け穴です。


細身ですが強固な断面です。


断面寸法
厚さ7ミリ以下のパネルに使えます。
呑込み3.5ミリです。


どのように組み立てるか・・・


 


 


(1)このように、横枠aを縦枠bではさむように組み立てます。a,bの長さはあなたのパネルの寸法に合わせて切断します。
切断加工後、一旦ネジを入れて組立てを確認してから分解し発送します。

 

(2)bの端にはネジの通り穴をあけてありますのでこれを通してaのネジ受け穴をねらいます。受け穴には1回ネジ(タッピンネジ)を入れてはずしてありますので、ネジあとがついています。

 

(3)ドライバーでネジをしめます。

 

 

(4)しまりました。

 

(5)鎖で吊りたいときは、鎖取り付け金具をはさんでしめます。

 

実際にはパネルをはさんで、このようにネジをしめます。

(参考)ネジは径4ミリのステンレス製タッピンネジを使用。ネジの通り穴はbの端から5ミリの位置に中心を置く径4ミリの穴をあけてあります。

実際のパネルにつけてみましょう。


パネルのまわりにアルミ枠をおきました。ネジ、鎖つり金具もおいてあります。
パネル寸法は45x55cmです。アルミ枠価格は2500円です。


取り付けたところです。鎖もとりつけました。


窓に鎖で下げてみました。

がたつき防止の方法

パネルと枠の間の隙間によるがたつきを止めたいときは、簡単なのはこのようなゴムクッション(網戸用)をホームセンターなどで売っていますので、パネルの裏に切って押し込んでください。組み立て前にパテをところどころにつめておく方法もあります。
ただし、1メートル以上の長さで使うときはパテまたは接着材で固定することをお勧めします。

カラーを変えて使いたいとき

アルミ色でなく、色を黒くしたいときはダーク(チャコール)グレーまたはブラックのスプレー塗料(ラッカー)で着色してください。

 
ラッカーで、このように黒くする。

 
パティーナの色とマッチします。
 

サイズ別価格、注文方法はこちら

このアルミ枠はルオー工房美術研究所の開発(特許出願済み)したオリジナル製品です。
ここ以外では販売していません。

ステンドグラスの他に、看板、額縁、POP、プレゼンボード、サンドブラストパネル等のフレーム制作
に使えます。屋外看板にするときは上下の穴をパテでふさぎ、アルミの切り口にクリアラッカーを塗布
して下さい。 

ルオー工房美術研究所
東京都東久留米市本町4-19-16


ステンドグラスHPガラス工芸教室案内

このページへのリンクはご自由に。
看板・サイン
WEB SHOP 探検隊