TOPネジのカタログ管用ねじ

管用ねじ(くだようねじ)

管用ねじ

・水道管などの接続に用いられるネジで、機械的接合を主目的とする管用平行ねじ(JISB0202 ISO228/1)と、
ネジ部の対蜜性を主目的とする管用テーパーねじ(JISB0203 ISO7/1)があります。

・管用平行ねじもテーパーねじも基準山形は、ウィットねじに準じており、
呼び径は、1/16〜6インチまで規定されている。

 

管用平行ねじ

ネジの種類は管用平行おねじ(記号GAまたはBを付ける))と管用平行めねじ(記号G)で表され、
精度は有効径の寸法許容差により等級がA級とB級に分かれ、B級はA級の二倍の公差となっています。
記号は、オネジのみに付けられます。

 

管用テーパーねじ

ネジの種類は管用テーパーおねじ(記号R)と管用テーパーめねじ(記号Rc)および
管用平行めねじ(記号Rp)で表され、精度の等級別種類はとくにありません。
この平行めねじ(Rp)は、「管用平行ねじ」に規定されている平行めねじ()と寸法許容差が異なるため、
別のねじとして扱われます。ねじの組み合わせは、RとRc、またはRとRpです。

下記に示した管用ねじ(GとR)は、1982年に改正されたJISで規定されています。
それまでは、1966年のJIS規格(PTやPFなど)が使用されており、今でも「呼び」が残っています。
少なくとも1/8、1/4、3/8などの小口径管用ねじでは、前JIS(1966年JIS)と現JIS(1982年JIS)は
全く同じ呼びが異なるだけです。

 

現JISと前JIS対照表

ねじの種類
前JISでの呼び
現JISでの呼び
管用平行おねじ
PF
G(Aまたは
Bを付ける)
管用平行めねじ
PF
管用テーパおねじ
PT
管用テーパめねじ
PT
Rc
管用平行めねじ
PS
Rp

 

用途と特徴

・管用テーパねじは、おもに水道管などの接続。また、真空配管では、
低真空〜中真空の領域にしか用いることができません。 このため、プルドン管、熱電対真空計、
真空スイッチなどの測定子や、低真空配管系が主な使用箇所になります。

・一方、管用平行ねじは、あまり真空配管には用いられませんが、平行ねじをフランジに接続し、
その間をOリングでシールするような使い方もあります。