Nゲージ蒸気機関車>蒸機の紹介>汽車会社製Cタンク

汽車会社製Cタンク

Cタンク

2013.1.2

汽車会社製(KSK)Cタンクとしては、過去のトミー/トミックス製品が有名でした。
現在ではワールド工芸からも3種が発売されており、一応複数メーカーの品を比べることができます。

[1]  


横から

K.S.KタイプCタンク K.S.KタイプCタンク トミー/トミックス
(拡大写真)
南薩鉄道5号機 南薩鉄道5号機 20tCタンク ワールド工芸
(拡大写真)
三井埠頭5号機 三井埠頭5号機 20tCタンク ワールド工芸
(拡大写真)
1C1タンク 汽車会社35t 1C1タンク ワールド工芸
(拡大写真)

プラ量産品はトミー製のCタンクのみです。当時のモーターの大きさの都合で車体はやや大きめにデザインされていますが、全体的には今見ても小柄な模型です。
ワールド工芸の3種は1/150スケールを意識したキットで、さらに小さくなっています。もちろん自走します。

写真の南薩鉄道5号機と三井埠頭5号機は、特記ない限り2012年製の2代目リニューアル品です。
最後の35tタンクのみ、先輪と従輪のついた1C1タンクで、具体的な実物モデルは表明されていません。

前から

K.S.Kタイプ 南薩5号機 三井埠頭5号機 35tタンク
K.S.Kタイプ
(拡大写真)
南薩鉄道5号機
(拡大写真)
三井埠頭5号機
(拡大写真)
1C1タンク
(拡大写真)

一番大きいトミーのCタンクですが、ボイラーは一番細くなっています。
南薩鉄道5号機は、他のタイプよりもサイドタンクが低い(小さい)のがわかります。

後ろから

K.S.Kタイプ 南薩5号機 三井埠頭5号機 35tタンク
K.S.Kタイプ
(拡大写真)
南薩鉄道5号機
(拡大写真)
三井埠頭5号機
(拡大写真)
1C1タンク
(拡大写真)

上から

K.S.Kタイプ K.S.Kタイプ
南薩5号機 南薩鉄道5号機
三井埠頭5号機 三井埠頭5号機
1C1タンク 1C1タンク

1C1タンクはサイドタンクの容量が大きく、南薩鉄道5号機や三井埠頭5号機のサイドタンクに比べ、厚みがあります。


[次ページへ→]

[1]  

「Nゲージ蒸気機関車」トップページに戻る