イメージ画像

むくみについて

働き盛りの女性に大きなストレスとなる「むくみ」

脚や手がむくんでだるかったり、重ったるい、 朝、顔がはれぽったかったり、まぶたが開かない 。 ふだんよく経験する「むくみ」。 とくに女性は脚のむくみで悩む人が多く、 これは、ストレスフルで時間の不規則な現代の ライフスタイルと深くかかわっています。どんなメカニズムで起こるのか、 日常生活でできること、 病院での治療法も含めて、 じっくり解説しましょう。

気になる症状はありませんか?

  • 夕方になると脚も重くなりだるさが強く集中できない
  • 帰宅しても絵指輪が外れない
  • 午後になると靴がきつい
  • 靴下の後がくっきりついてしまう

むくみの症状とは

「むくみ」とは、血管外の細胞と細胞の間に、余分な水分がたまった状態のことをいいます。。体内では、まず心臓から送り出された血液は、動脈を追って全身をめぐりまこのとき、血管壁から酸素や栄養分を含んだ水分がしみ出し、細胞に栄養を送り届けますもその後、水分は静脈へと戻りますが、静脈の流れが悪いと戻りきれず余った水分が「むくみ」となってたまるのです。
水分の90% は静脈に戻りますが、残りの水分と余った栄茸分、老廃物などはリンパ管を通じて運ばれます。むくみは、このリンパの流れが悪くても起こります。

むくみが生じやすい人

体調や状態によってもくみが生じやすくなります。

筋肉量が少ない女性

日頃、ほとんど運動はせずに仕事もデスクワークがメインという人は余分な水分を押し戻す筋肉のポンプが弱くむくみやすくなります。

ストレスフル

現代人は、多くの人がたくさんのストレスを抱えていますが、ストレスによって血管が収縮し血流が滞り、余分な水分が溜まることによりむくみます。

低血圧

心臓から血液を送り出す力が弱いために水分が戻りにくくなりむくみます。

無理なダイエット

若い女性は、どうしても過剰なダイエットを繰り返します。血液中のたんぱく質が足りなくなり、むくみが生じます。

妊娠中

女性ホルモンのバランスが崩れくみが生じやすくなります。重症の場合は、妊娠中毒症に重症化します。

更年期

女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが崩れます。むくみだけでなく冷えやのぼせといった症状が複合的にあらわれます。

このページの先頭へ